お名前
メール
タイトル
コメント
画像
JPG・GIF・PNGの10MB(100000KB)以下で大きさ自由!
URL
pass (英数字8文字以内)
文字色
関東の汽水から / ももの天然汽水 / 返信

こんばんわ。ももの天然汽水です。
夏がついに姿を現しましたね。某SNS上ではいよいよ汽水が盛り上がってきたような。
こちらも負けないように6月の16、30で神奈川、千葉へ行ってきました。

まずはクロダイの幼魚と一緒に群れていた汽水魚から。

2018/07/02(月)20:15 No.2440 
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
澪筋にて。

2018/07/02(月)20:19 No.2441
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
裏側です。
何が起きているのか分かりません。壊死でしょうか…
汽水で捕れるこやつは必ず寄生されてますね。

2018/07/02(月)20:21 No.2442
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
ボラ以外のボラ類はこのときが初でした。
澪筋から淡水が流れ込む潮溜まりにて。いやあ、小さいですね。

2018/07/02(月)20:26 No.2443
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
千葉です。

まずは狙っていた河川の本流なのですが、、何も捕れず。
ニシキゴイが泥を巻き上げながら逃げていくので足元が見えず捗らない。
かろうじてチチブとボラが入る程度なのに何やら橋の上には釣り人がいる。。
クロダイでもいるんかなあと思っていた矢先に網に入ったのがこれです。

遠路遥々来てこれかと。魚類相が貧相なのはちゃんと理由がありました。

2018/07/02(月)21:23 No.2444
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
河川は諦め、澪筋にて。
クモハゼでしょうか。
塩分は16‰前後です。あまり薄いところでは捕れないハゼですね。

2018/07/02(月)21:32 No.2445
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
浜を流れる排水の溜まりから捕れました。
上から見ててもコボラは分かりやすく捕まえやすいですね。

2018/07/02(月)21:37 No.2446
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
コボラと同所にて。
タイワンメナダと同定して頂いた個体です。残念ながら網に入れていたら死にました。
半径3m程度の排水溜まりにボラ3種と、そこまでは良かったのですが、悪臭が酷く、岸側はボウフラが湧いていました。あとで気付いたことですが、この排水の直上には公衆トイレがありました。
ウェーダーは捨てました。

今回は以上です。

2018/07/02(月)21:54 No.2447
Re: 関東の汽水から / 西村
ももさんいつもありがとうございます。某SNSではいつも大変に刺激をもらっています。
No.2440 モツゴ No.2441-2442 メジナ No.2443 コボラ No.2444 ボラ、オオクチバス類(オオクチバスかな)
No.2445 クモハゼ No.2446 コボラ No.2447 タイワンメナダ種群(A, B, or C) で合っていると思います。

モツゴは汽水域どころか海までいますよ。先日もサツキハゼを捕ったことがある場所で、モツゴが大量に捕れました。
大雨の際に流れてくるようで、おそらく海を移動して、隣の川へ移動しているのではないかと思っています。

メジナはよくわからないですね。片側だけ壊死する状況も想像できないですが、メジナは体色をころころ変えるため、
この黒色も本来持っている体色だと思います。それを変化させる機能が、一部で失われてしまっているのかも。

オオクチバス類の幼魚も汽水域には多いですね。琵琶湖や東海地方のは、フロリダバスとの交雑がほとんどなため、
ノーザンらしい幼魚に、懐かしさすら思いました。

タイワンメナダ種群(A, B, or C)やコボラなどは、なおき師範が同定されたのでしたら、私が何かを言うことはありません。
タイワンは http://hal.ird.fr/ird-01144054/document のFigura 1のCrenimugil sp. A、Crenimugil sp. B、Crenimugil sp. Cです。
Figura 4 Aに分布が記されていますが、日本は調べられていないため、どれかもわからないですし、新たな種類もありえるかもです。

かつて公衆トイレの排水があるところで、色々と珍しい魚が出たのですが、下水でも出来たのか、排水が無くなり、
急に魚が少なくなってしまって、もっと汚水ちょうだいって思ったことも笑。そこは潜ったこともあります(自分を捨てなければ笑)。
2018/07/02(月)23:10 No.2448
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
こちらこそ即レスありがとうございます。
モツゴは持って帰って汽水水槽に入れてみましたが翌日には消えてました。
今回採集したときも雨が降っていたので、本当にただ流されてきているだけなのでしょうね笑メジナの件も納得できました。ありがとうございます。
今回の自分だけかと思いましたが公衆トイレの排水を西村さんも経験されているとは思いませんでした。しかも潜るとは…本当に言葉になりませんね。いったい何が出たのか気になりますが、僕だったら病気になりそうです。
2018/07/03(火)00:41 No.2456
Re: 関東の汽水から / 西村
No.2448はいつも以上に、誤字脱字が酷かったので修正しました。
突っ込みたくなるところを、流して下さってありがとうございます。

排水はイセゴイ、カワヨウジ、モンナシボラ、チワラスボC種、タネハゼあたりですね。
たまに茶色いものが捕れて、これあれだよね。えっ。とかいう会話をしていました。
潜ったときは水位が高かったのと、泥を巻き上げていないので、問題ありませんでした。

これまで潜って一番汚かったのは https://tansuigyo.net/m/diary.cgi?no=873 9箇所目です。
痒くなりました。大腸菌群も飲んだかも。
2018/07/04(水)00:28 No.2457
Re: 関東の汽水から / ももの天然汽水
遅レスですみません。
これは圧倒的な汚さですね…読んでいるだけで痒くなりました。
ここで採集することに対する皆さんの執念のようなものを感じます。
鳥の糞がミジンコを湧かせるのに良いと聞いたことはありますが、ヒトの糞は魚を集めるのですかね。できれば通いたいとは思いませんが。笑
2018/07/06(金)00:03 No.2466
ステルス雨雲 / 西村 / 返信

2018年06月29-30日は三重県で潜りました。
1箇所目。29日22:56〜23:19(23分間)、386m歩いて行き、354m泳ぎ、26m歩いて戻りました。
A川の汽水域で新規ポイント開拓。今年初めて水が温いと感じました。大雨で上流の方から、
放水サイレンが鳴って、躊躇しましたが、すぐに岸へ上がれる安全度の高い場所なため決行。
20〜60cmのクロダイが、次々と出て来て、底の泥を巻き上げるので、視界が悪くなって、
ウナギが探せません。ウナギは小さいのを2匹見て、1匹だけ突きました。

2箇所目。30日00:54〜02:04(70分間)、287m歩いて行き、1320m泳ぎ、244m歩いて戻りました。
B川の淡水域で新規ポイント開拓。雨と雷光。流れは速いが水はあまり濁っていないので決行。
ウナギは多いけど小さいのばかり(100匹は見た)。大きめのを選ぶ。6匹取り込んで、
もう戻ろうと思ったとき、網袋に穴が開いていて(黄色のライトの場所)、2匹逃げられていました…。

4匹を1つの袋に入れ、アンバランスな状態で、潜り始めよりも増水し、速くなった流れに逆らって、
対岸を目指しますが、洗濯機に入れられたような状態で、辿り着けない。3回引き返される。
フィンを全力で動かしているのに、底の景色がぜんぜん移動しない。動きを弱めると流される。
岸沿いを上流へ100mほど歩き、背泳ぎで水面に顔を出し、手も使って必死で、フィンを動かす。
流されながら、何とかヤスが底に着く水深になり、突き刺して支えにし、両手で力任せに移動。
浅場になったら岩を掴みながら、岸へ辿り着きました。やっぱり琵琶湖と違って川は危ないっ。

着替えている最中、割と雨が降っているのに、XRAINには雨雲の反応が全くない。
高度の低いところにあるステルス雨雲だ。3箇所目も行くつもりでしたが、
予想のできないステルス雨雲で、これ以上に増水すると、さすがに危ないので終了。
動画です https://youtu.be/nT9kfSNWQw0

2018/07/01(日)09:55 No.2438 
Re: ステルス雨雲 / 西村
上1匹がA川、下4匹がB川。内臓から釣り針が出てきました。ラインを噛み切ったのでしょうね。

2018/07/01(日)09:56 No.2439

- JoyfulNote - .