お名前
メール
タイトル
コメント
画像
JPG・GIF・PNGの10MB(10000KB)以下で大きさ自由!
URL
pass (英数字8文字以内)
文字色
今回もダメでした / 西村 / 返信

2019年2月9日未明は濃尾平野で採集しました。狙いは「イワトコナマズ近似種」とやらです。
私にとっては、これを捕ることで、タニガワナマズ一連の件が、終わる気がしていますが、今回もダメでした。
ネット上に歯が割れたナマズを釣られている画像を見つけ、その川を下流から遡りながら850mほど探しました。
ここは2018年11月17日にmaikyさんと探したのですが、ナマズ3匹を目撃するだけで終わりました。
今回はナマズ6匹を目撃して、2匹は捕獲、2匹はネットを被せたけど逃げられ、2匹は追えずに逃げられました。
ナマズ捕りにラバーネットが初めて使えると思いました。

2019/02/10(日)18:04 No.3540 
Re: 今回もダメでした / 西村
1匹目。横から撮影。普通のナマズです。

2019/02/10(日)18:04 No.3541
Re: 今回もダメでした / 西村
1匹目。鋤骨歯帯。これではイワトコナマズ近似種と言えません。

2019/02/10(日)18:04 No.3542
Re: 今回もダメでした / 西村
2匹目。横から撮影。普通のナマズです。右目が欠損し、左目が白濁して、眼が見えないと思います。
髭も欠損して、下顎付近に傷があるため、おそらくルアー釣りなどで、深手を負ったまま、逃がされたのでしょう。

2019/02/10(日)18:05 No.3543
Re: 今回もダメでした / 西村
2匹目。鋤骨歯帯。繋がっています。赤くなっているところは、針による傷かもしれません。

2019/02/10(日)18:05 No.3544
Re: 今回もダメでした / 西村
ナイルティラピアの川にもナマズがいたことを思い出して行ってみました。
ナマズはいませんでしたが、ナイルティラピアは普通に見られました。ここは例年通り水温が高い。

2019/02/10(日)18:05 No.3545
Re: 今回もダメでした / T.Naga
西村さん、お疲れ様でした。ご一緒できずすみませんでした。
これは決着をつけねばなりませんね。
ナイルの川にナイルが普通にいるのは大変複雑ではありますが、
安堵感があるのは偽らざる事実です笑
2019/02/11(月)11:51 No.3548
Re: 今回もダメでした / 西村
T.Nagaさん。コメントありがとうございます。お気持ちに感謝です。
ここは数が少ないので、確率的に難しい気がしています。
人目が多いので、深夜しか難しいですし、この日も凄い目で見られました。
3月以降になればウナギ釣りの外道で釣れますし、初夏になれば水路などで、
一度に数匹が見られることもあり、そういうところで探した方がいいのかも。
ナイルの川は、いつも通り、異常でした。安堵感はありました。

2019/02/11(月)18:08 No.3549
ヒメハゼ属の一種 / ももの天然汽水 / 返信

こんばんわ、もも(の天然汽水)です。
八重山から持ち帰ったヒメハゼ属を比較できそうな画像にまとめました。
当初、2種類と思っていたヒメハゼ属でしたが、実際にはよく分からず、比較画像を作りましたが、やはりよく分かりませんでした。
日本語名の方は『日本のハゼ』を、学名の方は魚類写真資料データベースを参考にしてます。

@はご教授下さいました通り『日本のハゼ』の一種-4で間違いないと思いますが、Dも『日本のハゼ』では一種-4とされている種なのではないかと思いました。
AはBと同種だと思います。ただDとABは、各鰭が濃い赤色を示すこと、体側の黒色斑が黄色斑と重なること、尾鰭上部に赤色斜帯があることから同種のようにも思えましたが、体高の違いもあって実際にはよく分からないという結論になりました。

Cも体高がピカイチで低くて、色の出方も淡いことからヒメハゼ属の一種-1とも思ったんですが、やはりよく分かりませんでした。

2019/02/08(金)19:14 No.3533 
Re: ヒメハゼ属の一種 / ももの天然汽水
飼育上の問題から右向きしか撮れませんでした。申し訳ないです。

2019/02/08(金)19:15 No.3534
Re: ヒメハゼ属の一種 / 西村
真横で背鰭が開いた最高の写真だと思います。ありがとうございます。私も勉強になります。
「日本のハゼ2004」のうち、ヒメハゼ属の1種-1、ヒメハゼ属の1種-3、ヒメハゼ属の1種-4の3種類が、未だに学名と和名の所在が不明。
そのうちヒメハゼ属の1種-3は、細長くて赤色が目立つなどで、他の種類のと識別は可能そうなので、ここでは考えないことにします。

私はABDはヒメハゼ属の1種-3だと思います。第一背鰭の黒色斑が濃くて大きくて、、腹鰭が全体的に黒色です。
ヒメハゼ属の1種-4は「魚類写真資料データベース」では「ミナミヒメハゼ属の1種2」だと思います。
https://tansuigyo.net/a/gao/x/594.html と https://tansuigyo.net/a/gao/x/596.html は同じかもしれません。
Cはヒメハゼ属の1種-1と思うのも分かります。ただ、体側から尾鰭に並ぶ5つの黒色斑が、ヒメハゼ属の1種-1の方が、明瞭で小さいように思います。
また、Cは背側に鞍掛紋が明瞭ですが、ヒメハゼ属の1種-1はそうは見えません。おそらくヒメハゼ属の1種-1ではなさそうです。
Cは第一背鰭が欠損しているのと、第二背鰭も少し乱れている感じなため、ヒメハゼ属の1種-3の特長が薄くなっただけの個体かもしれません。

問題は@ですね。色彩的な特長を全て薄くした感じ。A〜Dよりも吻長が長い、第一背鰭の黒色斑が小さい、第二棘が遊離しているなど。
わからないですね。ミナミヒメハゼですかねぇ。すみません。わからないのに、わかったふりして色々と考察してみました。
2019/02/08(金)22:15 No.3536
Re: ヒメハゼ属の一種 / ももの天然汽水
早速のご返信ありがとうございます!
折角の良アングルではあるんですが、酷い画質で申し訳ない気持ちです。
自分も分かった気になって考えているので、他の方の、ましてや西村さんの意見を聞けるのは大変参考になります。どうしても結論が出るものではないと思うので…

@は背景画像が悪くて体色が見辛いかもしれません。もう1枚比べられそうな同個体の画像を貼らせていただきます。第一背鰭にうっすらと赤→白→黒の色彩と黒斑があって、特に臀鰭において黄色と黒色の境界がはっきりしているところがミナミヒメハゼ属の一種-5(日淡会:ヒメハゼ属の一種-2)に近いと思いました。AやBDの臀鰭は、黄色と黒色の境界が不明瞭で、焦げ茶色になるようです。あとの違いは腹鰭の色の違いとか、西村さんと同じ意見です。

Cですが、なるほどです。見ていたポイントが体型に絞られていたなあと思わされました。
こうした似た種類を比較するときにどこを見たらいいかなどはまるで分からないので、やはりちゃんと意見を伺っておいて良かったです。

2019/02/09(土)00:00 No.3538
Re: ヒメハゼ属の一種 / ももの天然汽水
よければサムネ用にお使い下さい。

2019/02/09(土)00:08 No.3539
Re: ヒメハゼ属の一種 / 西村
ももさん追加写真ありがとうございます。なるほど。@〜Dは同種のように見えます。
ネットに出せない資料を使って、ももさんとはダイレクトメッセージで議論しました。

「魚類写真資料データベース」
ミナミヒメハゼ属の1種1=南西諸島にいるヒメハゼ? https://tansuigyo.net/a/gao2/img/2993.jpg
ミナミヒメハゼ属の1種2=「日本のハゼ」ヒメハゼ属の1種-4の雄
ミナミヒメハゼ属の1種3=ミナミヒメハゼかな。
ミナミヒメハゼ属の1種4=体側の斑が引っかき傷のような種(日本のハゼには未掲載)
ミナミヒメハゼ属の1種5=「日本のハゼ」ヒメハゼ属の1種-4の雌
ミナミヒメハゼ属の1種6=クロヒメハゼかな。
ミナミヒメハゼ属の1種7=18463はクロヒメハゼかな。18476はミナミヒメハゼかな。

私の結論的には
「日本のハゼ (2004)」ヒメハゼ属の1種-4
「魚類写真資料データベース」ミナミヒメハゼ属の1種2
「魚類写真資料データベース」ミナミヒメハゼ属の1種5
は同種です。
2019/02/10(日)18:12 No.3546
Re: ヒメハゼ属の一種 / ももの天然汽水
西村さん、ありがとうございました。
ヒメハゼ属は雌雄差が割とはっきりと出ることを考えると、あの2種はやはり同種なのかもしれませんね。他の種についても、色々な知識の引き出しから判断されていてやはりさすがだなと感じました。
今日はミナミヒメハゼを捕りに採集行ってきましたが、塩分的にも範囲外、捕れるのはヒメハゼのみという惨敗に終わりました。属全体が南方系の種でもあるので簡単には極められそうにありませんが、まだ沼は深そうですし今後もまた一緒に考えていただけたら幸いです。
2019/02/10(日)22:20 No.3547
魚名を教えてください。 / まる八 Home / 返信

ご無沙汰しています。まる八(石田達八)です。
愛知県の農業用水が流れ込んでいる池で採取しました。
60cmの水槽に入れています。
此から少しずつ淡水魚の名前を覚えたいと思います。
同定、宜しくお願い致します。

2019/02/07(木)22:11 No.3531 
Re: 魚名を教えてください。 / まる八 Home
水槽に入れる前の写真が見つかりました。
宜しくお願い致します。

2019/02/07(木)22:28 No.3532
Re: 魚名を教えてください。 / 西村
モツゴだと思います。
春になると水槽のガラス面とかに産卵します。
2019/02/08(金)20:49 No.3535
Re: 魚名を教えてください。 / まる八 Home
ありがとうございました。
2019/02/08(金)23:40 No.3537
2019年の目標を1つ / T.Naga / 返信

西村さん、本日はありがとうございました。
おかげさまで目標の1つ。はやくも達成させていただきました。

30パーセントくらい、いるかなぁ。でいるところがさすがの西村さんでした。
他には1年3組のアカザを採ることが出来、感無量です。

西村さんとのタモはじめ。サイコーでした!

トウカイナガレ採集には中村さんにもたくさん助けて頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました!

2019/02/03(日)16:10 No.3521 
Re: 2019年の目標を1つ / 西村
2019年2月3日はT.Nagaさんと静岡県と愛知県で採集しました。
お疲れ様でした。中村さんありがとうございました。
1箇所目。静岡県。いきなり狙っていたトウカイナガレホトケドジョウが登場。
加えてアカザC1-3、カワヨシノボリG5まで捕れて、ほくほくでした。
2箇所目。静岡県。そこへ行く前にお金のかかりそうなトラブル。クロダカワニナ採集。
今度はトウカイシリーズのトウカイコガタスジシマドジョウをT.Nagaさんが捕る。
3箇所目。愛知県。カマツカ種群を2匹捕る。写真の個体はG2でいいかなぁという気がしています。

2019/02/03(日)17:12 No.3523
Re: 2019年の目標を1つ / 西村
これはG1.5のような気がします。もう少し精査します。

2019/02/03(日)17:12 No.3524
Re: 2019年の目標を1つ / T.Naga
西村さん、ありがとうございます。

カマツカ…難しいですねぇ。難しいのばっか!
車中のお話も大変ためになりました。ハンバーガーが4口で消えたのは
おもしろかったです!笑

今後ともよろしくお願い致します!
2019/02/03(日)17:32 No.3526
兵庫と京都 / ささき / 返信

こんばんは、ささきです。
1月下旬に後輩とタンのつくドジョウを捕りに行ったのですが、道中また同定しづらい魚が出てきてしまったので貼らせてください。

タンと同所のカマツカです。論文によればG1のみが分布するはずなのですが、どうもG2が混ざっているような気がしました。
右のほうが寸づまっているような...

2019/02/03(日)00:31 No.3515 
Re: 兵庫と京都 / ささき
腹面です。腹鰭以後の長さ、口ひげの太さ、口の大きさ共に差があるように見えます。

2019/02/03(日)00:35 No.3516
Re: 兵庫と京都 / ささき
これも同水系です。見慣れたギンブナとは口のつき方がちがうような、でも個体差と言われれば納得いく範囲のような。
フナ類は、再分類されるのを待った方が賢明なんでしょうか?

2019/02/03(日)00:46 No.3517
Re: 兵庫と京都 / ささき
これは兵庫南部の池で捕ったものです。イチモンジだと思っていますがどうでしょうか。

2019/02/03(日)00:51 No.3518
Re: 兵庫と京都 / ささき
タン...のような、タンではないような。そんな個体たちです。自分たちでは骨質盤を確認できませんでした。
1,2はオオシマ(あるいは未記載種)だと思っています。
4,6はきっと同一個体ですね。ミスです。

他にも30個体近くのオオシマ(とされているもの)の写真を撮り、観察もできたのでだいぶ勉強にはなりました。

他にはアブラボテ・ヤリタナゴ・タイリクバラタナゴ・カワムツ・ドジョウ・ギギ・シマヒレヨシノボリ・カワヨシノボリを確認しました。

投稿は以上です。同定よろしくお願いします。

2019/02/03(日)01:15 No.3519
Re: 兵庫と京都 / 西村
橙色と黄色っ。照明の影響かな。
3515-3516.カマツカ(グループ1)だと思います。腹鰭先端と臀鰭起部の位置関係や、
胸鰭の模様などG1ぽいけど、吻がやや短くて変な感じもあるね。TさんがG1というので信じましょう。
3517.フナ類(ギンブナ?)だと思います。体高がやや高く、背鰭分岐軟条数がやや多く、背鰭第一棘もやや長いので、
二倍体ブナではない気がするけど、フナはわかったふりして同定すると、未来で恥をかくので止めておきます。
3518.イチモンジタナゴだと思います。口髭や側線鱗数など、特長の多くが確認できないので、断言できないけど…。
3519は全てシマドジョウ種群だろうね。分布からオオシマドジョウということで逃げます。
2019/02/03(日)16:29 No.3522
Re: 兵庫と京都 / T.Naga
ささきくん、精力的に採集されてますね!
見習いたいところ、見習わなくちゃいけないところ、たくさんあります。
ありがとうございます。

西村さん、先ほどはありがとうございました。
Tさんが万が一僕だとしたらすみません。
うちのG2とはなんとなく違うなと思っただけの素人同定ですから…冷汗
生意気言ってすみませんっ。
2019/02/03(日)17:29 No.3525
Re: 兵庫と京都 / ささき
西村さん、同定ありがとうございます。
言われてみればみんな妙に黄色っぽいですね。でも肉眼でもこんな感じです。
西村さん宅のタンの写真を送ってもらったとき、黒くて逆にびっくりしました。

今回の京都北部はなんだか判断に困るやつばかり捕ってしまいました。
成果的には空振りだったみたいですね。残念です。

イチモンジ嬉しいです。体高低いですね。4月に九州に行くので、その時には迷わずに同定できそうです。

T.Nagaさん、ありがとうございます。時間があるのは学生の特権ですね。満喫してます。
頂いたイワトコ元気です。浮上性の人工エサも食べるので驚いてます。
自分もカマツカ飼育してみます。トウカイナガレもうらやましいです。
2019/02/03(日)23:39 No.3528
Re: 兵庫と京都 / 西村
Tさんはカマツカの先生です。紛らわしい書き方ですみません。

2019/02/04(月)07:47 No.3529
Re: 兵庫と京都 / T.Naga
ささきくん イワトコかわいがってくださりありがとうございます。
またご一緒させてください!

西村さん ほっとしました笑 たまたま車中で会話したばかりだったので、
勘違いでよかったです!
2019/02/04(月)14:03 No.3530
やりぼて? / たいち / 返信

こんにちは!

数年前の写真を整理していたら、ヤリボテっぽい魚の写真が出てきたので貼らせていただきます.
ヤリもボテもたくさんいる場所だったので、いてもおかしくない環境かなと思います。

写真を撮った当時は何も気づきませんでした笑

2019/02/02(土)17:41 No.3514 
Re: やりぼて? / 西村
ヤリボテで合っていると思います。後ろの人も注目してますね。
臀鰭に朱色で、背鰭と臀鰭の鞘状鱗が両種の中間ぽいですね。
2019/02/03(日)16:03 No.3520
Re: やりぼて? / たいち
コメントありがとうございます。

言われてみると,後ろの人も注目してますね笑
背鰭と臀鰭の鞘状鱗は盲点でした。ここも一つの判断材料になるのですね。
2019/02/03(日)22:11 No.3527

- JoyfulNote - .