お名前
メール
タイトル
コメント
画像
JPG・GIF・PNGの10MB(10000KB)以下で大きさ自由!
URL
pass (英数字8文字以内)
文字色
冬の石垣島・予告編 / white-wings@スマホ / 返信

潮が良さそうなので、ふらっと石垣島に行ってきました。
掲示板発おめみえもありますよ!

まずはスマホ写真から、タメトモハゼ。

2019/01/21(月)18:58 No.3464 
Re: 冬の石垣島・予告編 / white-wings@スマホ
私の写真が「ヒメツバメウオ」のところに掲載されています。
(メインはクロホシマンジュウダイ)
あれはモノダクティルス・セバエというアフリカのヒメツバメウオ類で、
購入ものなので、掲載の削除をお願いします。

よくみると、クロホシマンジュウダイの背後にヒメツバメウオも写っている感じがしますが、
あれは海で採集した海水魚なので、あの1枚に「淡水魚」はクロホシマンジュウダイだけです(笑)。
2019/01/21(月)19:27 No.3465
どっちかな? / 川原 / 返信

琵琶湖近くの用水路で捕りました。
このタナゴはカネヒラかタイリクバラタナゴかどちらの幼魚か分かりますか?

2019/01/21(月)17:49 No.3462 
Re: どっちかな? / 川原
ミスりましたー

2019/01/21(月)17:51 No.3463
何とか飼育用に1匹採集できました! / きんぶな / 返信

1月19日(土)の早朝に、三重県の某河川へ採集に行って来ました。
採集できたのは、ほぼ、カワムツばかりでしたが、何とか1匹だけアブラハヤ?が捕れました(*^^*)

まだ自分は、タカハヤとの区別がイマイチできませんが、この個体は、どちらになるでしょうか?

2019/01/20(日)01:32 No.3457 
Re: 何とか飼育用に1匹採集できました! / きんぶな
あと、オイカワは、かなり痩せていました。

2019/01/20(日)01:33 No.3458
Re: 何とか飼育用に1匹採集できました! / 西村
私も三重県へ行く予定だったのですが、中止になったのでうらやましいです。
鱗の感じから、一見はタカハヤに見えるのですが、尾柄高が低いことから、アブラハヤだと思います。
ただ、タカハヤとアブラハヤは割と難しく、真横から鱗が数えられる、鮮明な写真がないと、断定的なことは言えません。
もしもあったら貼って頂けるとありがたいです。他はオイカワ、カワムツ、フナ類(ギンブナ?)のようですね。
2019/01/20(日)04:20 No.3459
Re: 何とか飼育用に1匹採集できました! / きんぶな
西村さん、コメントありがとうございます(*^^*)

自分は、ウエダーを持ってないので、長靴以上の水深がある場所には入れませんでしたが、何とか魚の溜まり場所にタモ網を入れることができて、少しは採集を楽しめました。

やはり同定は難しそうですね、水槽写真ですが、写真を貼っておきます。

2019/01/20(日)15:15 No.3460
Re: 何とか飼育用に1匹採集できました! / 西村
追加写真ありがとうございます。側線上方横列鱗数が数えたかったのですが無理でした。
瞳が大きく、尾柄高が低く、尾鰭の切れ込みが深いなどからアブラハヤぽいのですが、
尾鰭基底中央に黒斑があり、体側に縦帯が無く、側線下方に暗色斑が明瞭など、タカハヤぽさもあります。
側線上方横列鱗数が数えられないため、曖昧な傾向的な特徴から、どこを重視して判断するかになりますね。
https://tansuigyo.net/a/cb/c-471.jpghttps://tansuigyo.net/a/cb/c-468.jpg は同じ場所で捕ったのですが、
未だによくわかりません。交雑しているというならば、とてもすっきりしそうですが…。
タカハヤとアブラハヤは典型的な個体を除いて、識別難易度は最上位だと思っています。
2019/01/21(月)00:41 No.3461
同定をお願い致します / あおき / 返信

こんばんは。
これはなんという魚でしょうか。
カマツカに似てますね。
手賀沼周辺で釣りました。
よろしくお願い致します。

2019/01/19(土)23:27 No.3454 
Re: 同定をお願い致します / 西村
ツチフキだと思います。詳しく書けませんが、国外外来種の方かな。
2019/01/19(土)23:43 No.3455
Re: 同定をお願い致します / あおき
ツチフキ、ありがとうございました!
2019/01/20(日)00:39 No.3456
フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう / 返信

 新年あけましておめでとうございます。9月下旬頃タニガワを投稿させて頂いた、あじめどじょうです。先日関東方面へ行く機会があったので、ついでに甲信越エリアで採集してきました。

ヒメドジョウです。
相変わらず沢山いました。安定した低水温、豊富な餌、捕食者の少なさ等、生息しやすい環境でした。さらなる拡散が懸念されます。

2019/01/17(木)00:45 No.3444 
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
カマツカです。
恥ずかしながら系統の判断がつきません。そもそも在来系統はどちらなのか、移入の個体はいるのか、その影響はどうなのか等気になることばかりですが、同定できず妄想しようにもできない状態です(笑)。ご教授頂けると幸いです。

2019/01/17(木)00:59 No.3445
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
同一個体、上からです。

2019/01/17(木)01:01 No.3446
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
同一個体、腹側です。あまり良い写真が撮れず申し訳ございません。

2019/01/17(木)01:11 No.3447
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
メインターゲットのヒガシシマドジョウ(東限集団)です。ヒガシシマはシマドジョウ属内でも分布域が広く様々な面で変異に富むので面白いです。

また、偶然かもしれませんがポイントではオオガタスジシマドジョウの方が多く採れた点が気になりました。4倍体種は生態的に有利になることがありますので、特殊な集団なだけに注意が必要であるように感じました。

2019/01/17(木)01:30 No.3448
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
同一個体、上からです。
2019/01/17(木)01:31 No.3449
Re: フォッサマグナ地域にて / 西村
あじめどじょうさん。本年もよろしくお願いいたします。歯の割れていないタニガワナマズは良かったです。
今冬は歯の割れているナマズの捕獲を目標にしています。岐阜なんちゃら魚類に従うと、イワトコナマズ近似種ですね。
某ブログでは同じ場所で、歯の割れたナマズを捕ってタニガワとし、歯の割れていないタニガワを捕ってナマズとしていました。

脱線してすみません。ヒメドジョウは私も2017年3月に捕らせてもらいましたが、うちの水槽では1年半ほど生きました。
生息しやすい環境はもちろんですが、水温をクリアすれば、割とどこでもやっていけそうな気もしました。

カマツカは難しいですが、私の印象だけから言えば、Group 1、Clade A、Group A と呼ばれる種類だと思います。
昨年の魚類学会でTommyさんは、ポスター発表でGroup Aを使っていましたが、ここでは従来のグループ1を使います。
関東で在来はグループ3ですが、移入のグループ1と、割と高い確率で交雑しているようです。
写真の個体は https://tansuigyo.net/a/link7-15.html の腹鰭先端と臀鰭起部の関係において、
グループ1のように見えるのと、口も小さめで吻が尖っています。また、砂模様と呼んでいるのですが、
胸鰭の暗色点列がグループ1は繋がる部分が多く、グループ3は繋がらず砂を散らしたように見えます。写真の個体は前者です。
また、口髭長がグループ1は短く、グループ3は長い、唇にある乳頭状突起は、グループ1は短く、グループ3は長い傾向があり、
それらなどを鑑みても、グループ3の要素が少なく、グループ1だろうと思います。ただ、交雑まで考えると複雑です。
カマツカ種群は自然分布域のグループ1とグループ2ですら交雑するため、同所的にグループ1、1.5、2がいる場所があります。
関東はグループ3が在来だとして、移入でグループ1.5が入っている疑いすらあり、それと交雑していたら脳味噌バーンです。

オオガタは東海地方でも、古い文献にぽつぽつ出てきますが、定着するのは注意が必要ですね。
ヒガシシマドジョウは割と難しく、分布境界付近でミトコン的にニシシマドジョウで、形態的にヒガシシマドジョウがいるため、
交雑しているのかもしれないですね。そうなると種として分けるべきものか、そもそも両者は形態的に分けられるのかなど、
関東で捕ったシマドジョウ種群は、ヒガシシマドジョウだというのも、乱暴に思えてきています。
それとオオシマドジョウ(4倍体種)とニシシマドジョウ(2倍体種)の中間型が見つかっていて、通常では考え難い交雑もあるようです。
シマドジョウ種群は学名も不明確ですし、魚類検索3みたいに細分化せず、シマドジョウのままにしても良い気すらします。
2019/01/17(木)22:12 No.3451
Re: フォッサマグナ地域にて / あじめどじょう
ご返信ありがとうございます。歯の割れているナマズ、面白そうですね。

 カマツカはいわゆるG1でしたか。生物地理的に重要な地域なのでカマツカはどうなのか気になっておりましたが、やはり交雑を考慮するとややこしいのですね。オオガタスジシマドジョウが見られるということもあり、カマツカG1も琵琶湖由来とかではないと良いのですが。。。

 シマドジョウの分類の是非については、中々難しいですね。メダカではハイブリッド集団(=キタノ)を認識しつつも2種に分類されているので、このような事例との関連も気になるところです。

 オオシマニシシマの中間型というのは模様のことでしょうか?2種の模様については、オオシマは各地で尾鰭付け根の模様がニシシマ寄りの集団が見られますし、琵琶湖では逆もまた然りで識別形質としては使えないのかなぁと思ってしまいます。やはりオオシマの分散過程から考えるとその辺りどうしても複雑になってしまうのですかね。
 オオシマとニシシマの関係や、ドジョウ本に載っているニシ内ヒガシ内での変異。きちんと分類するにはそういった部分の整理も必要になってくるでしょうし、やがてはトウヨシのようにどの集団までが独立できて云々の議論が発生する気もしないでもないです。難しい。。。
2019/01/19(土)00:57 No.3452
Re: フォッサマグナ地域にて / 西村
オオシマとニシシマのソースは、こちらには書けないためDMさせて頂きます。
2019/01/19(土)02:14 No.3453
タモはじめしてみました / T.Naga / 返信

ちょっと温泉でもとふらっと出かけたので川を覗いてみました。
少しだけタモをいれてみようかなー…という気分になったので
ひっそりタモはじめ。

2、3タモを入れてみても川虫しか採れず。
冬は濃尾平野が熱い
っていうのはこういうことかなぁーなんて考えながら
すすめていくと確かな感触。
おおっ
って声出ました。

2019/01/15(火)01:40 No.3431 
Re: タモはじめしてみました / T.Naga
35センチくらいかなぁ…。
タモはじめで最初の魚が鯰とは。幸先がいいです!

はじめて「タニガワナマズ診断」使いました。
おおっ!!
ってやっぱり声が出ました。

本年もよろしくお願いします。

西村さん、タモはじめ行きましょう!

2019/01/15(火)01:45 No.3432
Re: タモはじめしてみました / RK
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。Twitterを見て、この時期に凄いなあと思いました。今年は家のタニガワ、今でも食欲旺盛なので出てきてるのかな。良いタモはじめでしたね!羨ましいです。私は冷たいのが堪えるのでTwitterに誘惑されながら我慢してます(笑)その誘惑より、まずは感染中のインフルと戦います(苦笑)
2019/01/15(火)22:24 No.3433
Re: タモはじめしてみました / T.Naga
RKさん、コメントありがとうございます。
よきタモ初めでした。2019年はRKさんの次くらいに
鯰の神様に愛されるように頑張ります。
今年こそお会いできることを楽しみにいています。
2019/01/15(火)23:07 No.3435
Re: タモはじめしてみました / 西村
T.NagaさんRKさん本年もよろしくお願いいたします。
タニガワナマズ診断は何%だったのだろう。タモはじめでタニガワとは凄いなぁ。ささき君がうらやましがりそう。
ふと思っただけですが、T.Nagaさんの5つのアルファベットは、Tanigawaさんに入ってますね。RKさんお大事に。
2019/01/16(水)00:07 No.3437
Re: タモはじめしてみました / T.Naga
西村さん、コメントありがとうございます。
私的な診断結果です。計測してないところは見比べてみてこっちかなぁ…
とやや期待値を込めた選択をしたかもしれませんが…。

サンプル画像が入っているところが使いやすすぎます。

上流域とは言い難いのが少し気になります。流れ者かな…。
また詳しくお話しします!

2019/01/16(水)02:04 No.3439
Re: タモはじめしてみました / 西村
ありがとうございます。89%でしたか。これはタニガワでしょうね。タニガワは下流域にも僅かにいます。
2019/01/16(水)22:28 No.3442
Re: タモはじめしてみました / T.Naga
西村さん、同定ありがとうございます!

RKさんからのコメントと西村さんの同定により
2019年初採集はタニガワナマズと相成りました。
今年も楽しみます!
2019/01/17(木)02:41 No.3450
久し振りに確認 / maiky / 返信

こんばんは。西村さん、ワムさんお世話になりました。
皆様のお陰で確認出来ました。久し振りの濃尾デメに感激です。
凄まじい勢いで生息数減らしている気がします。あと何年見れることやら。

2019/01/14(月)17:29 No.3427 
Re: 久し振りに確認 / 西村
2019年1月13日夜〜14日未明は、maikyさんオイカワムツさん西村の3人で、愛知県尾張地方で採集しました。お疲れ様でした。
かつてデメモロコ濃尾型がたくさんいた地域で探しましたが、9箇所くらい網を入れて、ようやく1箇所で5匹捕れました。激減していました。
写真はカワバタモロコとクロダハゼ類(トウヨシノボリ型)です。ウシヨシノボリ(トウカイヨシノボリ)の方が昔は多かったのですが1匹も捕れず。

2019/01/14(月)19:15 No.3428
Re: 久し振りに確認 / オイカワムツ
こんばんは。お二方とも先日はありがとうございました!
冬の濃尾はお魚がたくさん見られて楽しいですね。
デメモロコ濃尾型が無事捕れてよかったです!

私は今回の地域での採集は初めてだったので、現在の様子しか知らないのですが、お二人の話を聞いていると十数年で相当減ってしまっているんだなと切ない気持ちになりました。
もしも出来るなら100年前、500年前の日本で魚捕りしてみたいなーと思うことが度々あります。

2019/01/16(水)01:49 No.3438
Re: 久し振りに確認 / maiky
こんにちは。
西村さん、ついに押してしまった。けむらん亭待ちしてます。
ワムさん、100年たったら淡水魚いないかもね(怖
また10年後ぐらいに確認しに行きましょう!
2019/01/16(水)13:02 No.3440
シクリッド / ナマZUN / 返信

ナガレホトケの返信に書こうかと思いましたが余りに関係無さ過ぎたので別に貼ります。
前捕ったシクリッドの水槽の水換え時にヒーターを切っていたら、予想以上に急激に水温が下がってたようでショック死してしまったので焼いて食べました。
最初はイケると思ったものの、矢張りあの変な風味が...
前に食べた釣りたてよりは薄まってますが、2ヶ月程飼育しても抜けないようです。
鯉などの泥臭さとは違い、排水溝みたいな臭いで濃い味付けでも隠れません。

2019/01/14(月)12:01 No.3422 
Re: シクリッド / 西村
例のメイランディア・ゼブラかな。先日もささき君が捕ったゴマフエダイが、外気の低さでふらふらしていました。
もう少し下がると仮死状態になるでしょうが、呼吸せず動かなくなっても、水温を上げると復活することもあるので、次があれば試してみて下さい。
風味は水槽の臭いも加わっているかも。飼育している生物を食べると、水槽の苔のような臭いがすることがあります。
マガキが死んだ水槽で、クロホシマンジュウダイが死に、それを食べたらマガキの腐敗臭が酷かった。特に腸は食えそうになかったね。
生ごみでポイするよりは、食べたり色々やってみて経験することは、後学のためにも良いと思います。
2019/01/14(月)16:44 No.3426
Re: シクリッド / ナマZUN
この排水溝臭は捕獲したての個体を食べた時に非常に強く感じたので矢張り生息地由来なのかなと思っています。
採集地は温排水が流れ込んでおり工場か何かだと思っていたのですが、調べるとどうも下水処理場の排水だったようで...()
多分これからは二度と食べないです(笑)
2019/01/14(月)22:39 No.3429

- JoyfulNote - .