お名前
メール
タイトル
コメント
画像
JPG・GIF・PNGの10MB(100000KB)以下で大きさ自由!
URL
pass (英数字8文字以内)
文字色
あっと言う間に9月下旬 / maiky / 返信

こんばんは。
西村さん、昨日はお世話になりました。
寝不足で今日は捌くまでで終了。
昨日のカメラ見直しましたがあの箇所だけ録画出来てませんでした(汗
幻になりましたのでmaikyの与太話と思って下さい。

2018/09/20(木)21:17 No.2945 
Re: あっと言う間に9月下旬 / 西村
2018年9月19日は三重県でmaikyさんと潜りました。お疲れ様でした。
21:40〜22:55頃(75分)、1080m歩いて行き、1180m泳ぎ、74m歩いて戻りました。
ウナギは15〜20匹は見たのですが、70cmを超える様なのは見かけませんでした。
5匹突いて4匹取り込みでした。動画 https://youtu.be/cp-41arUldw
maikyさんは1m以上のウナギを目撃されたと…。次は録画だけではなく、捕って下さーい。

2018/09/20(木)21:35 No.2946
Re: あっと言う間に9月下旬 / 西村
下から2番目を焼きました。オーブントースター+魚焼きホイル+霧吹きです。
No.2922でしくじったので、鉄板トレイを外して、上火だけで焼きました。完成まで72分。
小骨は気にならず、臭み全く無し。身が薄い個体なので、食べ応えは弱いですが、美味しかったです。

2018/09/20(木)21:35 No.2947
琵琶湖で雑魚釣り / sugiura / 返信

この週末は西村さんに琵琶湖を案内していただいていました。高校生の時から憧れていたデメモロコ琵琶湖型が見られて感無量でした。

2018/09/18(火)18:38 No.2936 
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / sugiura
大きなビワヒガイです。普段用水路の個体ばかり見ていたのでこの迫力はとても印象に残っています。

2018/09/18(火)18:40 No.2937
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / sugiura
全体の一部の釣果です。この季節らしい個性的な魚がたくさん見られました。

2018/09/18(火)18:41 No.2938
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / sugiura
釣ったデメモロコたちは美味しく頂きました。実物を見て思いましたが琵琶湖型は濃尾型に比べてフォルムが直接的でガッチリしていて異質な雰囲気を感じました。
2018/09/18(火)18:46 No.2939
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / 西村
2018年9月16日はsugiura君と滋賀県でした。お疲れ様でした。
午前中は琵琶湖博物館へタニガワナマズ展示を見に行きました。
記載者の田畑さんと1時間以上も、あれこれ意見交換させてもらいました(感謝)。
お人柄から合わせて下さっているのもあると思いますが、私の考えと近くて安心しました。
左手近くにあるのは、工房うむきさんの日本の鯰手ぬぐいです。記載者にお譲り出来て良かったです。
博物館を出る直前に、るりさんとばったり、そのすぐ後ろから渡辺勝敏先生。すごい鉢合わせで驚きました。
お二人とお別れしてから、某魚を狙って探すも、オイカワとオオクチバス類くらいで、空振りでした。
その後にカワニナ類を狙って、内湖などを探すも、1個体も捕れない。博物館で運使い過ぎたかなぁ…。

2018/09/18(火)20:00 No.2940
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / 西村
sugiura君がデメモロコ琵琶湖型が見たいということで小物釣り。あまり苦労なく釣れました。
写真はフナ類(ニゴロブナ?)です。他にカネヒラ、オイカワ、ブルーギル、ヌマチチブが釣れました。

2018/09/18(火)20:00 No.2941
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / 西村
釣れ過ぎて飽きて来たので別の場所へ移動。写真はコイ導入型です。
他にフナ類(ギンブナ?)、カネヒラ、ヒガイ(ビワヒガイ型)、スゴモロコ、デメモロコ琵琶湖型、
ナマズ、ブルーギルが釣れました。ここにもデメがいるとは思いませんでした。

2018/09/18(火)20:00 No.2942
Re: 琵琶湖で雑魚釣り / 西村
琵琶湖産のスゴモロコです。口髭でコウライモロコと識別できないことが分かると思います。
在来の琵琶湖や移入の関東で捕れたらスゴモロコ、それ以外はコウライモロコみたいな、
産地同定している人が多い印象ですが、両者は形態・遺伝の両面で、識別はほぼ無理です。
そのため新種記載の早いスゴモロコとして、まとめて扱うべきだと思います。
系統的には鈴鹿山脈より東西に、2つのグループに大別されたるめ、西はスゴモロコとすれば、
東は名無しですが、それも亜種を分かつようなものでもないと思います。

2018/09/18(火)20:01 No.2943
質問 / 川原 / 返信

一級河川の中流域でとりました。サイズが小くて、種類がわかりません。
わかる方お願いします。同じ場所で、ギギとイシガメをとりました。

2018/09/17(月)22:53 No.2932 
Re: 質問 / 西村
カワムツだと思います。
ヌマムツの疑いもありますが、もう少し鮮明な写真で、細部を確認する必要があります。
2018/09/17(月)23:28 No.2935
自宅前でドジョウ捕り / きんぶな / 返信

現在自宅の水槽には、三重県のドジョウしかいないため、地元産のドジョウを1匹確保するため、自宅前の田んぼ周辺で採集しました。

最近は、以前にも増して、カラドジョウの比率が高まったような気がします。

2018/09/17(月)10:04 No.2930 
Re: 自宅前でドジョウ捕り / きんぶな
1匹目は、髭の長さからも、明確にカラドジョウとわかりますが、こちらのように微妙な個体も中にはいます。

2018/09/17(月)10:06 No.2931
Re: 自宅前でドジョウ捕り / 西村
海に近い干拓地などにいるドジョウ類のほとんどは、放流起源ではないかと思います。
その中でもカラドジョウは定着して、増えやすいのかもしれませんね。
2018/09/17(月)23:24 No.2934
Re: 自宅前でドジョウ捕り / きんぶな
西村さん、コメントありがとうございます(*^^*)

今回の採集では、カラドジョウじゃない方のドジョウを捕りたかったので、残念でした。

カラドジョウに追いやられて、日本のドジョウの住み場所がなくなるのは、寂しいです。
2018/09/19(水)07:39 No.2944
土砂降り小物釣り / 西村 / 返信

2018年9月9日は魚類自然史研究会へ行くつもりだったのですが、それが緒事情で取り止めになって、
濃尾平野で小物釣りしました。狙っている魚はあったのですが、ずっと空振りなのでのんびりと。
1箇所目は初めての場所。タモロコとブルーギルばかり。ここのは移入のE1かホンモロコ×E2かもしれない。

2018/09/11(火)06:26 No.2919 
Re: 土砂降り小物釣り / 西村
2箇所目は何度か来たことがある場所。ニゴイ類が2匹釣れる。土砂降りでやる気が無くなった。

2018/09/11(火)06:26 No.2920
Re: 土砂降り小物釣り / 西村
3箇所目は初めての場所。フナ類(オオキンブナ?)、オオクチバス類、ブルーギルばかりが釣れる。
それもワカサギ針セットには、フナ類は大きめなので、仕掛けがめちゃくちゃ。更に土砂降りでやる気が無くなった。

2018/09/11(火)06:26 No.2921
Re: 土砂降り小物釣り / 西村
琵琶湖で8月5日に捕った72cmの腹側 https://tansuigyo.net/a/gao2/img/2867.jpg は先月に食べて、
「フィッシュロースター(両面)+魚焼きホイル+霧吹き」で57分。脂度数4+美味度数3=75点。臭みは全く無しでした。
今回は腹側を「オーブントースター+魚焼きホイル+霧吹き」で作りました。
68分(素焼き42分+霧吹き11分+たれ焼き13分+その他2分)。脂度数3+美味度数3=60点ですが、
皮と身の間に臭みが残っていて-20点で、40点でした。七輪で作ったとき以来の、久しぶりに後味の悪い不快な臭みでした。
同じ個体の腹側と尾側なのに、この臭みの有無の原因は、焼きが甘いことにあります。素焼きで42分も焼いていますが、
皮が反り返ってM字のようになってしまい、底に接する場所は焦げ、浮いている場所は、なかなか焼けない状態になり、
接する場所の焦げが酷くなってきて、浮いている場所は、もういいだろうと、焼くのを諦めてしまいました。
そして霧吹き11分で蒸し焼き状態にし、たれ焼き13分でたれをよく染み込ませたのにも関わらず、臭みは消えませんでした。
上下火で早く焼こうとせず、上火だけで1時間半くらいかけて、皮を確り焼くべきでした。最近は蒸しで臭みを消していたので、
確り焼くことが少しいい加減でした。でも、このような大型個体は、小骨が太くて大きく、蒸しは使えません。
骨抜きは少しでも蒸し過ぎると、身の中に骨が埋まってしまい、特に大型個体は身を崩さない抜けないのです。
今年中に中型個体を「オーブントースター(上火)+魚焼きホイル+霧吹き」で再挑戦してみたいです。

2018/09/11(火)06:27 No.2922
Re: 土砂降り小物釣り / maiky
こんにちは。
雨が続き濁りもなくならずモヤモヤシーズンになりました。
まさに焼き一生ですね。焼いた後のオーブンの臭いが気になりますがどうでしょうかね?
2018/09/11(火)13:00 No.2923
Re: 土砂降り小物釣り / きんぶな
タモロコは、私が毎日水槽で観ているのと、違うタイプっぽいですね!

産地によって、なんか外観が違う気がする魚です(*^^*)

写真は、今年8月に採集して、現在飼育中の三重県北部よりの個体です。

2018/09/12(水)00:36 No.2924
Re: 土砂降り小物釣り / きんぶな
こちらは、昨年、アブラボテも生息する岐阜県の某水路で採集して、現在飼育中の個体です。

8センチくらいですが、老成した雰囲気があります(*^^*)

2018/09/12(水)00:45 No.2925
Re: 土砂降り小物釣り / 西村
コメントありがとうございます。

maikyさん。モヤモヤは台風が来る前に想像していたのですが、やっぱり行けばよかったと後悔中です。
しばらくは琵琶湖しかないですね。報道によると長野県大桑村の伊奈川で土砂崩れが発生し、そこから下流は濁りが強く、
伊勢湾へ流れた後も、近くの汽水域は潮汐で、泥水が逆流して濁りが取れない。そして秋雨前線でもう最悪な状況ですね。
オーブントースターでウナギは何度も焼いていますが、ここまで臭みが残っていたのは初めてでした。
底の鉄板が熱くなりやすく、ウナギが大きくて重いため、皮側を下にした場合に、よりM字の接する場所だけ焦げてしまい、
浮いている部分は焼けないようになりました。フライパンで焼いたのと似た感じです。フィッシュロースターでも、
鉄板を下に敷いたら、同じことが起こっていたと思います。焼いた後の臭いは問題ありません。すぐにでもパン焼けるほどです。

きんぶなさん。私の方はおそらく移入のタモロコで、きんぶなさんのは三重や岐阜では在来のタモロコE2ぽく見えますね。
https://tansuigyo.net/a/gao/T20160629225659.jpg ざっくりE1はホンモロコに近くて細長くて口髭が短め、E2は太短くて口髭が長めです。
口髭の長さが確認できませんが、E1よりも太短い印象はありますね。特に尾柄高が違うのかなと思っています。
2018/09/12(水)08:01 No.2926
無題 / white-wings / 返信

おまたせしました。
このところ仕事が忙しく、先日まで北米にいました。

メギスの同定できそうな写真がようやく撮れましたのでアップします。

メギスは小さいので、アベハゼ水槽に入れていたのですが、
アベハゼをボコボコにし始めたので、苦労してカキ殻がら取り出し、大型魚の水槽に投入。
しかし、そこではジャンボクロホシマンジュウダイが幅を利かしており、
逆に襲われる側に…。ゆえに多少ヒレがぼろぼろになっています。

2018/09/09(日)20:38 No.2917 
Re: 無題 / 西村

お疲れ様です。追加写真ありがとうございます。大きくなりましたね。
背鰭の鰭条数は何とか数えられますが、左から3番目が棘か軟条かが、同定キーとされているため、
それを判別することは出来ませんでした。こういう場合はフラッシュ撮影すると、確認が容易になることが多いです。
2棘だとすれば24軟条くらいでしょうか。メギスは25軟条とされているため、
1本足りませんが、数え間違えやこの程度の変異幅はよくあることですね。
リュウキュウニセスズメは3棘21〜23軟条で、3棘とすれば23軟条ということで当てはまります。
しかし、メギス科だとしたら、ここまで鱗数が多そうなのは、メギスくらいだと思います。
汽水魚は混泳の相性が難しいですよね。それでなくても餌やりを忘れると、急にぼろぼろにされていたりと。
2018/09/10(月)06:41 No.2918
Re: 無題 / white-wings
西村様
同定ありがとうございます。
実はフラッシュ写真も撮っているのですが、
写りが悪いためにボツにしていました。

しかし、よく見るとキーは見えているっぽいですね…

2018/09/13(木)07:47 No.2927
Re: 無題 / 西村
フラッシュ写真ありがとうございます。
うーん。棘か軟条かは私の目からは難しいです。
側線有孔鱗数は55枚程度(鰓蓋-背鰭基底後端)+?枚(臀鰭中央-尾鰭)に見えます。
この多さからでも、メギスで良いと思います。未記載種や未報告種も疑いだすと、写真では難しいと思います。
ただ、ネットでメギスを画像検索すると、だいぶそっくりなのが出てきますよね…。
2018/09/14(金)07:33 No.2928
Re: 無題 / white-wings@熱帯中毒者
西村様。
ありがとうございます。

カスミフグと思われていた個体(みどりのネットの上で撮影)は、
しましまが出てきました。スジモヨウフグでした。
モヨウフグ属のちびで、泳ぎ方があきらかに他と違う個体(写真は掲載していない個体)は、ワモンフグになりました。
腹にすじが入っている黒豆は、もしかしたら同様にワモンフグかもしれません。

またそのうちにアップします。
2018/09/14(金)08:53 No.2929
Re: 無題 / 西村
みどりのネットはとりあえずスジモヨウフグに変更します。
他はそのままにしておきます。また教えて下さい。
2018/09/17(月)23:20 No.2933
九州遠征? / T.Naga / 返信

出張で九州に一泊で行くことになり、夜がフリーなら行くしかない。
と準備していくものの、時間があまりなく、思うように成果を得られませんでしたが、
貼らせていただきます!

かねてよりずっと見たかったアリアケギバチ。幼魚を狙うも採れず。
奇跡的に大きな個体が採れたのでつれてきました。
ケースに入らず、水槽に…。
西村さん、ならびにRKさんには沢山のご助言を頂いた
にも関わらず、夢半ば。
採集力低いなぁ。

2018/09/04(火)01:43 No.2901 
Re: 九州遠征? / T.Naga
カネヒラが結構入りました。本当はザ・九州!というタナゴに
出会えたらよかったですが…
夢半ば。
採集力低いなぁ。

2018/09/04(火)01:47 No.2902
Re: 九州遠征? / T.Naga
アブラボテもいました。ヤリタナゴに会いたかったです。
夢半ば。
採集力低いなぁ…。

2018/09/04(火)01:49 No.2903
Re: 九州遠征? / T.Naga
ずっと欲しかったムギツクは採れました!
ドンコとオヤニラミもいました。
やはり同所的にいるんですね!

これは狙い通り!(タナボタ)

2018/09/04(火)01:50 No.2904
Re: 九州遠征? / T.Naga
西村さんから宿題を頂いていたので、カワバタモロコを採りに。
すごく深くなっており胴長不可。タモもいつものタモと違って扱いづらい。

採れるには採れますが、目標数に全く足りない。

モツゴ…かな。あとツチフキも採れました。
が、宿題は不十分。
採集力…低すぎるなぁ。

九州最高。これでは終わらない。
西村さん!九州行きましょう!!(多分10回目くらいの懇願)

2018/09/04(火)01:54 No.2905
Re: 九州遠征? / 西村
T.Nagaさん。ありがとうございます。眼福です。短い時間で狙っていたアリアケギバチが捕れたら十分じゃないですか。
これで私が九州へ行く必要が無くなったような笑。九州はネムリミミズハゼ(1匹でいい)、アリアケヒメシラウオ(1匹でいい)、
カワバタモロコ九州種(数欲しい)、ツチフキ(数欲しい)は捕りたいですけどね…。どれも容易ではなさそうです。

アブラボテも九州らしい感じですね。カワバタモロコは思っている通りの形態をしているのでホッとしています。
写真は上が愛知県産、下がYさんに頂いた九州産です。IさんとH線と読んでいる場所が違うと思っているのですが、
Iさんは卒業して手を引いてしまったし、おそらく両方とも記載済なので、別種だろうけど、しばらく放置されるのかな。

ツチフキは九州(佐賀・福岡県)と山陽(広島・岡山・兵庫県)が在来と思われ、これはカゼトゲタナゴとスイゲンゼニタナゴとほぼ同じ分布です。
山口県という空白地域があって、分布が連続的ではありません。山陽産(あちこちに移入している)と比べて九州産は、
頭部に対して瞳孔径が大きい。体高や尾柄高が低い。尾鰭の黄色みが強く、暗色横帯が太くて濃い。雄の背鰭に欠刻がある。
こうした違いが種・亜種を分かつものか、数を見ないと分かりませんが、写真だけで九州か山陽か、何となく区別できるので、
そうしたものはたいてい後に、違うということが科学的に証明されているので、自分の同定眼を過信しています笑。

ところで、No.2903のアブラボテ以外の魚は、何と認識されていますでしょうか。
背鰭分岐軟条数が数えられそうな写真はありますか。ザ・九州!というタナゴに出会っていると思うのですが…。
万が一にも移入のシの可能性もあるため、もう少し種類の特長がはっきりわかる写真が拝見したいです。

2018/09/04(火)07:01 No.2907
Re: 九州遠征? / T.Naga
西村さん、早速のご返信ありがとうございます!
アリアケギバチはマーブルの幼魚から育てたい思いがありました。
とりあえずこの子を大切にしつつ…九州へ行きましょう!!笑

この中にザ・九州が!!!?
水槽から保護して写真に収めてみます。少しお時間ください!
2018/09/04(火)08:04 No.2908
Re: 九州遠征? / T.Naga
お待たせしました。
アブラボテ以外の魚、計3匹をお送りします。写真もうまくないですが、
よろしくお願いします。

2018/09/06(木)18:00 No.2910
Re: 九州遠征? / T.Naga
この2匹だと思います。

2018/09/06(木)18:02 No.2911
Re: 九州遠征? / T.Naga
もう1匹よく見ると違うなと思う子がいました。

2018/09/06(木)18:05 No.2912
Re: 九州遠征? / 西村
T.Nagaさん追加写真ありがとうございます。お手数お掛けしました。
申し訳ありません。私の間違えです。タビラにしては背鰭軟条数が多いです。全てカネヒラだと思います。
色による幾つか傾向的な特徴が、鱗のバクテリアによって消えたり見辛くなり、体型異常を起こしている個体もいますね。
この時期に産卵管が出ているのは、気になっていましたが、確認させてもらって良かったです。
やはりタナゴ類は、色や体形での同定は難しく、計数形質を確り数えないといけないと、改めて思いました。
2018/09/06(木)22:20 No.2913
Re: 九州遠征? / T.Naga
同定してくださりありがとうございました!
やはり九州リベンジの必要性を強く感じました!
2018/09/06(木)22:33 No.2914
ナガレホトケドジョウ嶺北産 / 西村 / 返信

2018年9月1日夜〜2日昼はササキ君と福井・滋賀県で採集しました。大変にお疲れ様でした。
一番狙っていたナガレホトケドジョウ嶺北産が捕れて良かったです。3匹は九州のOさんへ生体安着。
3匹は山梨のM先生へエタノール、4匹は東京のIさんへホルマリンを、差し上げることに成っています。
未知の集団でしょうから、少しでもこの集団のことが、色々とわかると嬉しいです。

2018/09/04(火)00:26 No.2897 
Re: ナガレホトケドジョウ嶺北産 / 西村
1箇所目、福井県嶺北の川、胴長、ナガレホトケドジョウ狙いも空振り、アジメドジョウS型が捕れました。
2箇所目、福井県嶺北の川、胴長、ナガレホトケドジョウが10個体捕れました。
3箇所目、福井県嶺北の川、胴長、ナガレホトケドジョウが3個体捕れました。
4箇所目、福井県嶺北の川、胴長、クロダハゼ類(トウヨシノボリ型)が捕れました。
5箇所目、琵琶湖、海パンマン、03:15〜04:12(57分)、1530m遊泳、イワトコナマズ狙うも1匹も見られず。
6箇所目、滋賀県の水路、普段着、スナヤツメ種群や二枚貝が捕れました。
7箇所目、琵琶湖、海パンマン、06:58〜07:47(49分)、696m遊泳、貝捕り。5〜7mの深潜り30回ほど。
8箇所目、琵琶湖、海パンマン、09:09〜10:13(64分)、911m遊泳、貝とヒガイ捕り。
かなりしんどかったです。珍しく高速道路で帰りました。4箇所目です→ https://youtu.be/UHIotTzckRE

アジメドジョウ(S型)です。10cm超えています。かこっいいです。
20個体くらい捕りたかったのですが、3個体しか捕れませんでした。また捕りに行きたい。

2018/09/04(火)00:27 No.2898
Re: ナガレホトケドジョウ嶺北産 / 西村
ピンボケですがどう扱えばよいか難しい魚です。私見ではクロダハゼ類(トウヨシノボリ型)です。
「写真探索・釣魚1400種図鑑」で言うところの「ヨシノボリ属の1種1」だと思いますが、
若干違うところもあるため、よくわかりません。明瞭な形態差異がないのに細分化し過ぎなんです。

2018/09/04(火)00:27 No.2899
Re: ナガレホトケドジョウ嶺北産 / 西村
スナヤツメ種群です。北方種と南方種は、明瞭な形態差異が見つかっていないけれど、
生殖隔離があるし、同所的に見られるため、分けるべきですね。

2018/09/04(火)00:27 No.2900
Re: ナガレホトケドジョウ嶺北産 / ケタケタ
で、出たー!日本海側のオオヨシ似のトウヨシだー!って感じですね(笑)
今はそうでも無いですがオオヨシノボリに出会うまではよく騙されました…。
今でも扱いはモヤモヤしますね。

アジメ迫力ありますね。また彼ら(と彼らが多産する素敵な清流)に出会いたいです。
2018/09/07(金)14:46 No.2915
Re: ナガレホトケドジョウ嶺北産 / 西村
ケタケタさん。コメントありがとうございます!

そうなんです。日本海側のオオヨシ似のトウヨシです。過去記事にも迷って、
2択の丁半サイコロ転がしたような、エイヤー同定してあるものがあります。
過去の https://tansuigyo.net/a/gao/T20080907185021.jpg 引っ掛け問題です笑。
宍道湖型と呼ばれていた集団で、トウヨシベースに隠し味でオオヨシ足しました。みたいなものでしょうね。
ヨシノボリ類は交雑しまくって、遺伝子浸透しているので、種の垣根が曖昧なんですよね。

アジメは迫力ありました。G型でこんな大きいのは捕ったことがありません。
このS型とG型も交雑しているところがあるようで扱いが難しいです。
口髭の皮弁が異なると思っているため、数捕って見比べたかったのですけどね。
2018/09/08(土)00:24 No.2916

- JoyfulNote - .