お名前
メール
タイトル
コメント
画像
JPG・GIF・PNGの10MB(10000KB)以下で大きさ自由!
URL
pass (英数字8文字以内)
文字色
西表そのさん / ささき / 返信

最初は海側から入っても面白かったのですが、採れるのが同じ種類ばかりなのでんん?となってきます。西表に来たのに種類が少なすぎる…と。カスミハゼを同定してくれた方とお話をしているうちに、どうやらもっと塩分が低いところの方が面白いようだ、と知り汽水最上部から攻めてみることにしました。

ナンヨウタカサゴイシモチ。いっぱいいました。酸欠に弱くジップの中でふらふらになっていました。

2020/04/06(月)22:17 No.4975 
Re: 西表そのさん / ささき
ゴマフエダイが群れでたくさんいました。彼らのホームはここなんですね。

2020/04/06(月)22:22 No.4976
Re: 西表そのさん / ささき
ヒトミハゼ。このへんは西表で捕らなくてもいいような気がしますが、それはそれとして初なので捕れてうれしいです。
ただ泥の中のやつは網に入るまで存在を感知できないので、捕っただけでは得るものが少ないですね…。

2020/04/06(月)22:24 No.4977
Re: 西表そのさん / ささき
ノボリハゼ!ぼんやりと捕っておきたいなあと思っていた魚が捕れました。
お腹が緑色だとは知りませんでした。きれいでした。

2020/04/06(月)22:29 No.4978
Re: 西表そのさん / ささき
タメトモハゼは採捕禁止なので写真しか記録する方法がありません。写真の中に6匹います。いいところでした。

2020/04/06(月)22:38 No.4979
Re: 西表そのさん / ささき
後から考えたらこれも塩分低めのところだったなあというウチワハゼ。後輩が捕ってくれました。障害物は少なそうでしたが…どういう気持ちでそこにいたんでしょうか。

2020/04/06(月)22:48 No.4980
Re: 西表そのさん / ささき
イズミハゼ。魚なんておらんやろ、と思わせる小さな水たまりの中にいました。本当に悪環境に強いんですね。

2020/04/06(月)23:02 No.4981
Re: 西表そのさん / ささき
ヒナハゼです。ヒナハゼですが、えらいごついですね…。サイズも大きく、最初はヒナハゼだと思っていませんでした。ヒナハゼ、ですよね?


他にもオオウナギ・アカボウズハゼ・ミナミトビハゼ・テンジクカワアナゴ・オカメハゼ・マングローブゴマハゼ・ヤイマヒラ・クロヨシ八重山集団・ナガノゴリ・スナゴハゼ・コモチサヨリ・カワヨウジ・テングヨウジ・オオクチユゴイ・ヒメツバメウオなどを見てきました。西表はとりあえずこれでおしまいです。

2020/04/06(月)23:09 No.4982
Re: 西表そのさん / 西村
カスミハゼを同定した方がつわものっぽい。採集禁止の魚はアクションカメラの出番です。
イズミハゼはタヌキハゼだと思います。他の同定はヒナハゼを含めて合っていると思います。
これだけ色々な魚を拝ませてもらって、オオウナギという文字に一番ピクッっとしたので病気です…。
2020/04/07(火)07:22 No.4988
西表そのに / ささき / 返信

西表は汽水ハゼも面白いだろうと思って河口域にも行きました。西表の道路事情により中盤までは河口から遡上して魚を探していました。
ツムギハゼ。実物はわずかにピンクがかって見えました。ツムギハゼがこんなにいる!と喜んでいました。最初の方は。
ちょっとかじってみても良かったかなあと思いました。

2020/04/06(月)21:24 No.4969 
Re: 西表そのに / ささき
インコハゼ。背鰭の伸び方はどちらかというとオウムの冠羽を想起させます。
たくさんいて色もきれいで個体ごとに特徴があるのでいい魚です。泥底の巣穴に潜るみたいですね。

2020/04/06(月)21:29 No.4970
Re: 西表そのに / ささき
ミナミヒメハゼだと思ってます。塩分高めのとこが好きみたいです。
大量にいたのでなにか別の魚が混じっていないかな?と思って数捕まえましたがどれも同じに見えました…。

2020/04/06(月)21:34 No.4971
Re: 西表そのに / ささき
ハスジマハゼ。どういう進化でこんな水玉模様を手に入れたのでしょうか。謎です。ファッショナブルですがコワモテなので女子受けはそんなによくなさそうです。
1個体しか取れなかったので生息環境などはよくわかりませんでした。

2020/04/06(月)21:40 No.4973
Re: 西表そのに / ささき
カスミハゼ。オスの成魚のイメージしか頭になかったので、最初は同定できませんでした。宿舎にいた汽水に詳しい方に同定していただきました。感謝です。

2020/04/06(月)22:01 No.4974
Re: 西表そのに / 西村
ツムギハゼは有毒と無毒があるらしいけど、他の魚は全てが調べられたとは思えないので、
あまり食べられていない魚は勇気がいるね。汽水の成果はあまりと言っていたが十分なような。
ミナミヒメハゼが捕ってみたい。今年に入ってももさんのお蔭で、捕ったことが無いことに気が付いた。
2020/04/07(火)07:15 No.4987
西表そのいち / ささき / 返信

溜めていた写真を貼らせていただきます。
3月中旬に西表島に行ってきました。目的はゴクラクハゼでした。この前屋久島で捕ったゴクラクハゼがどうも気になったので、南方の集団の形態を見ておきたかったのです。
横ビューです。
色が薄いほうが西表産です。同じところに置いておいても西表の方は白いままです。
色が薄いのとかぶるかもしれませんが、頬部の模様も西表のほうが赤っぽく、線の密度が薄いです。

この西表産個体の特徴は沖縄のゴクラクにもありましたが、色が薄いとか、模様の密度が薄いとか、ちょっと微妙ですね。

2020/04/06(月)19:07 No.4962 
Re: 西表そのいち / ささき
上ビュー。
黒いほうは先ほど投稿したシロウオ採集の時に取れた福井のゴクラクです。

屋久島で捕ったゴクラクの違和感は、幅の広い頭部によるものでした。
ですが本州のと見比べてみると、本州のもふつうに太かったです。勘違いでした。
「上から見たとき、ゴクラクの頭部はヨシノボリ類に比べて細い」というのは小型個体にのみ当てはまるのかなと思いました。

ただ西表産の方が背鰭前方鱗が少ない気はします。測ってはいませんが。

今回の遠征では西表の環境に対応しきれず、ゴクラクハゼは1河川でしか見つけられませんでした。大型といえる個体はこの写真のみです。うーん、悔しいなあ…。

2020/04/06(月)19:18 No.4963
Re: 西表そのいち / ささき
せっかく西表に行ったので、渓流域にも行ってきました。
小河川でもシマヨシが優先しているなあという印象でした。
シマヨシも形態結構違います。ややこしくて申し訳ないのですが、これは石垣島のやつです。

まず体側面の鞍状斑が薄いです。アオバラかと思いました。
あといわゆるルリ斑が頬にも結構入っています。アヤヨシかと思いました。
そして頬のシマも弱いです。琉球列島集団はミミズ斑が太いなんて言われていますが、写真の個体は薄く弱いです。ただこれには結構個体差があり、本州集団並みのシマをもつ個体もいました。

2020/04/06(月)19:34 No.4964
Re: 西表そのいち / ささき
わざわざ渓流まで行った目的その1。今までの南西諸島遠征でなぜか見つけられなかったルリボウズハゼです。
西表にはたくさんいるという話を聞いていたので正直舐めてましたが本当に苦労させられました。

まずなぜか上から見えない。潜らないといることにすら気づけません。
そして逃げるのが異常にうまい。彼らは普段何と戦っているのでしょうか。ある日は2時間かけて3匹しか取れませんでした。西表も3月の渓流は冷たかったです。
正直トラウマです。

2020/04/06(月)19:46 No.4965
Re: 西表そのいち / ささき
ナンヨウボウズハゼ。こいつらも逃げるのはうまいですがルリに比べたらかわいいものです。3月ですが求愛している?オスも見られました。

西表にいる間に他の渓流性ハゼ類の目撃情報もいくつか聞きましたが、場所を聞いたら生半可な気持ちで行けるところではありませんでした。マニアの乱獲が脅威らしいですが、西表に関しては大丈夫なんじゃないかなあとすら思いました。

2020/04/06(月)19:54 No.4966
Re: 西表そのいち / ささき
クロミナミハゼ、のはずです。好む環境がわからず、見るだけでおしまいになってしまいました。

2020/04/06(月)20:20 No.4967
Re: 西表そのいち / ささき
前後しますが、西表に渡る前に捕まえた石垣のフナ類です。産地的には大陸由来の系統らしいです。この時期なのに稚魚が多くいました。

2020/04/06(月)20:29 No.4968
Re: 西表そのいち / 西村
ささきくん。たくさんのお土産写真をありがと〜う。
写真掲示板のリニューアルが出来ていれば…。待たせて申し訳なかったです。
ゴクラクハゼ2産地は、拝見させてもらいましたが、違いはピンと来なかったです。
ただ、生体を並べて撮るのは、違いを見出すには良い方法だと思いました。
馴染みのない魚たちばかりで、コメントが難しいですが、フナ類は背鰭分岐軟条数が少なめだね。
2020/04/07(火)07:07 No.4986
ヤリタナゴ? / だいき丸 / 返信

淡水魚が全く分からないので教えて下さい。

佐賀県で釣りましたが、ヤリタナゴとカワムツでしょうか?
ご教示願います。

2020/04/06(月)00:22 No.4955 
Re: ヤリタナゴ? / だいき丸
何枚か投稿させてください。

2020/04/06(月)00:23 No.4956
Re: ヤリタナゴ? / だいき丸
これも同じ種類だと思うのですが...

2020/04/06(月)00:24 No.4957
Re: ヤリタナゴ? / だいき丸
これはカワムツで大丈夫でしょうか?

2020/04/06(月)00:25 No.4958
Re: ヤリタナゴ? / 西村
ヤリタナゴとカワムツで全て合っていると思います。体に張りがあって健康的な個体ですね。
2020/04/06(月)07:28 No.4959
Re: ヤリタナゴ? / だいき丸
西村様、お教えいただきありがとうございます。
どれも健康的でした。
2020/04/06(月)23:48 No.4984
3つのイサザ / 西村 / 返信

2020年4月4日はささき君と、琵琶湖と福井県で採集しました。
2月23日を最後に新型コロナウイルス対策で、しばらく採集・撮影は1人で行っていましたが、
車は別々、会話はマスク着用か2m以上離れる、出来るだけ近付かず接触しないなど、
一般的な感染対策をしました。楽しさは少し減りましたが、仕方がないですね。
1箇所目。素潜りする前に、湖岸から撮ったイサザです。
一部初めての場所、03:55〜04:42(48分間)、水温9.8℃、気温4℃、ウエットスーツ、942m泳ぎました。

2020/04/05(日)23:35 No.4950 
Re: 3つのイサザ / 西村
ウナギはゼロ。写真はささき君が採集しました。シロヒレタビラがたくさんいました。
11〜5月に浅場で多く見られますが、今年は多いと思います。動画です https://youtu.be/sZtPEYs8YmI

2020/04/05(日)23:35 No.4951
Re: 3つのイサザ / 西村
福井県へ移動。2箇所目。私はシロウオが遡上する動画を撮ることが目的です。
シロウオは数は少ないもののいるが泳いでいない。3箇所目。ここも目視ではシロウオは見られない。
ダメモトで上流にカメラを沈めて、下流で採集しました。シロウオは普通にいるが、全て物陰に隠れている。
家へ帰って動画を確認するも、シロウオは映っていませんでした。三重県では昼間に泳いでいたのになぁ。

2020/04/05(日)23:35 No.4952
Re: 3つのイサザ / 西村
カマキリ(アユカケ)も捕れました。シロウオの撮影は諦めて、再び1箇所目の琵琶湖へ向かう。
昼間のシロヒレタビラが撮影したい。夜にたくさんシロヒレタビラが見られた場所へ。
4(1)箇所目。ささき君が潜ってくれましたがゼロだったそうです。3時間弱しか寝ていないので、
限界に近付いてきたが、このままでは帰れない。5箇所目。ここは6〜7月にシロヒレタビラをよく見る場所。
カメラを沈める。家で確認したが、写っていたのは、ヒガイ(ビワヒガイ型)、ホンモロコ、ヌマチチブくらいでした。

2020/04/05(日)23:36 No.4953
Re: 3つのイサザ / 西村
今日はニホンイサザアミの水換えをしました。棚の上段の40cm水槽でカワヨウジ2匹とガンテンイシヨウジを飼っています。
カワヨウジ1匹は冷凍のホワイトシュリンプ、ブライン、ミジンコなどを食べるのですが、他の2匹は全く食べません。
いつか食べるだろうと、だいぶ根競べしましたが、餓死しそうなところまで来たので、私が降参しました。
月1回くらいニホンイサザアミを捕って蓄養しています。これは争うように食べます。人影があると餌を待ち構えています。
ニホンイサザアミはL水槽1つ、塩分3‰くらいで飼育して、水換えは2〜4週間ら1回くらいで十分でした。
餌はビール酵母、スピルリナ、観賞魚用配合飼料数種類を混ぜています。先月に欲張ってニホンイサザアミを、
たくさん持ち帰って、L水槽で蓄養していたら、1週間くらいで全滅。やはり過密はよくなかったようです。
ということで、水槽を2つにしました。たった3匹のために、毎月餌捕り、水槽2つという、何やってんだ感があります…。
どうでも良いですが、琵琶湖のイサザ、シロウオの地方名はいさざ、そしてニホンイサザアミ。3つのイサザが揃いました。

2020/04/05(日)23:36 No.4954
Re: 3つのイサザ / ささき
西村さん、おつかれさまでした。今回もお世話になりました。
1箇所目。水温9.8度でしたが、持ってきたダイソーの温度計は11℃と13℃を指していました。ダメダメですね。
オイカワ・ウグイ・シロヒレタビラ・ウツセミカジカ・イサザ・ウキゴリ・アユ・ブルーギル・ブラックバスを確認しました。
ウナギは見られませんでした。写真はきれいだったので捕まえたアユです。この時期なら持って帰れるかと思いましたが酸欠でダメでした。

2020/04/06(月)18:41 No.4960
Re: 3つのイサザ / ささき
2,3箇所目はシロウオ目的で福井に行きました。
シロウオを探していたためアユカケが入るとは思っていませんでした。人生初アユカケです。
シロウオもしっかり取れました。狙ってとったのは初めてだったので嬉しいです。
石の下にいたということは、産卵準備をしていたのでしょうか。しかし雄2匹が同時に網に入るなど、ちょっと違和感が。

2020/04/06(月)18:52 No.4961
Re: 3つのイサザ / 西村
ささき君。お疲れ様でした。穏やかな日で良かったです。コロナ疲れが少し楽になりました。
https://tansuigyo.net/a/gao/T20140216222836.jpg 氷を割って、水温計を凍っていない中央部へ入れたら、
-0.9℃だったので、これはおかしいと思って、同じ水をこの水温計を含む3つで確認したら、1.3℃低く表示されることが分かりました。
ということは、0.4℃だったわけです。それならば納得できる水温です。これと同じように、仮に9.8℃が正しかったとして、
11℃水温計は表示+1.2℃、13℃は表示+3.2℃、これで使えるのではないでしょうか。
但し、9.8℃よりもずっと低かったり、高かったすると、少し前後するかもしれないですが…。
シロウオはお吸い物に入れました。ほとんど味がしない。でもそこが何にでも合って良いところなのかも。

2020/04/07(火)00:43 No.4985
3月下旬の汽水域 / 西村 / 返信

2020年3月30日未明に汽水域で撮影しました。マサゴハゼです。
写真掲示板をスマホでも投稿しやすいように、スクリプトの改造を試みていて、
それが終わった時に、投稿ネタにしようと思っていたのですが、ネタが古くなるのでもう出します。
Androidで動作確認して改造を終えたとしても、iPhoneユーザーから不具合報告が来そうで不安です…。

2020/04/05(日)22:17 No.4941 
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
アシシロハゼだと思います。

2020/04/05(日)22:18 No.4942
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
ビリンゴだと思います。

2020/04/05(日)22:18 No.4943
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
ウロハゼ2個体(ウロハゼハロウ)です。スミウキゴリも写っています。

2020/04/05(日)22:20 No.4944
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
ウナギです。

2020/04/05(日)22:20 No.4945
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
これもウナギです。

2020/04/05(日)22:21 No.4946
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
シラスウナギからクロコへの移行期が多かったです。

2020/04/05(日)22:21 No.4947
Re: 3月下旬の汽水域 / 西村
3月26日にカマキリ(アユカケ)がいるのに、ウツセミカジカがいないなぁと、何だか少し心配だったのですが、
今回は2個体見つけました。ほっとしました。ただ、例年よりも少ない気がしています。

2020/04/05(日)22:23 No.4948
沖縄の汽水 / ももの天然汽水 / 返信

ご無沙汰しております。
もも(の天然汽水)です。

既に沖縄中毒を発症してからだいぶ経ちますが、なかなか治療には至っておりません。しかしながら徐々にこっちの汽水も奥が深いなあと思うようになり一皮剥けた感じです(自分で言うことではないですね)。
ここ最近の沖縄では某魚しか狙っていないのですが、たまに掲示板未登場種が捕れたりするので、いくつか貼らせていただければと思います。

ギンポハゼです。
サムネ用加工済みです。イイ感じの成魚だったので捕ったら撮影だけして逃がしました。
なのでやはり比重計の中で撮った写真のみです笑

2020/04/05(日)20:04 No.4935 
Re: 沖縄の汽水 / ももの天然汽水
ドロクイの仲間です。ノーマルぽいですが…
本当に泥を食っていそうな軟泥の場所にいます。
右向きの写真はちょっと撮ってなかったです。。

2020/04/05(日)20:14 No.4936
Re: 沖縄の汽水 / ももの天然汽水
クロヒメハゼと、、、クロハギの仲間でしょうか。
塩分ギリギリですが干潟の澪筋から捕れました。クロヒメがいるところは割と塩分は大丈夫なところが多い印象です。

2020/04/05(日)20:21 No.4937
Re: 沖縄の汽水 / ももの天然汽水
ヒモハゼ属の一種(日本のハゼ.2004)です。
果たして何が違うのでしょうね…

2020/04/05(日)20:25 No.4938
Re: 沖縄の汽水 / ももの天然汽水
最後は4937との比較用にしっかり写ってるクロヒメハゼです。

今回は以上です!

2020/04/05(日)20:32 No.4939
Re: 沖縄の汽水 / 西村
ももさん未登場種ありがとうございます。好きな魚をとことん追うときが一番楽しい気がします。
それが遠方の沖縄ということで、治療には散財の恐れも伴うのですが、なかなかやめられないですよね。
毎度塩分にも気を使って頂いて感謝です。同定は私があれこれ書くことでもないですが、
ギンポハゼ、ドロクイ、クロハギとクロヒメハゼ、ヒモハゼ属の一種、クロヒメハゼですね。
ドロクイやリュウキュウドロクイは、塩分的に厳しいという話を聞いていたので、範囲内に来るのですね。
クロハギは幼魚で特長が弱く、計数形質が近似種と似通っていて、かなり難しいですが、合っているような。
ヒモハゼ属の一種は日本のハゼによると、両背鰭間の間隔が狭い、体側の縦帯が途切れるとあったので、
比較で普通のヒモハゼを貼ります。背鰭間隔はかなり違いはありますが、縦帯は微妙な感じですね。

2020/04/05(日)21:55 No.4940
Re: 沖縄の汽水 / white-wings@熱帯中毒者
ももの天然汽水様。

おお、ヒモハゼの一種は何度か目撃するも、
網の目から逃げて悔しい思いをする魚でした。
くやしいので、沖縄本島に飛びます。

コロナ自粛なんて知りません。
2020/04/05(日)22:25 No.4949
Re: 沖縄の汽水 / ももの天然汽水
西村さん
同定ありがとうございます。ドロクイはともかくクロハギは分かる気がしなかったのでご意見が聞けて良かったです。

ドロクイは塩分高めの所に多いのですね。高めのところにもいましたが画像の個体は割と薄いところでした。サッパコノシロと近いイメージなのかもしれません。
ヒモハゼの比較画像ありがとうございます。分かりやすいですね。ヒモハゼ属の一種はこっちのヒモハゼと比べると胴回りが細くて小さいです。ちなみにほぼ淡水の潮溜まりでヤゴと一緒に捕れたのでかなり塩分に無頓着ぽいです。

white-wingsさん
レスありがとうございます。
自分も初めて網に入ったヒモハゼ属の一種は網目から抜けて逃げました。この個体もタモでは捕れなかったので素手で掬いました。本土のものよりも細いし小さいので普通に底引きしても抜けます。
沖縄本島にもいるのでしょうかね。成果期待しております!
2020/04/06(月)23:19 No.4983
魚の種類を教えてください / 大阪人 / 返信

今日も息子とガサガサへ行って来ました。

タカハヤのような魚が捕れたのですが間違いないでしょうか?

2020/04/05(日)18:58 No.4932 
Re: 魚の種類を教えてください / 大阪人
あと、3pくらいある大きなヤゴが捕れました。

2020/04/05(日)18:59 No.4933
Re: 魚の種類を教えてください / 西村
タカハヤで合っていると思います。ヤゴはわかりません。
2020/04/05(日)19:32 No.4934

- JoyfulNote - .