記事一覧

ファイル 99-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したヨツバコツブムシです。
ダンゴムシみたいで気持ち悪いですか。そうですか。私もそう思います。

ファイル 99-2.jpg
汽水域に落ちていた流木。射撃の的のように穴だらけ。
この流木を割るとたくさん出てきます。

ファイル 99-3.jpg
ニホンドロクダムシかタイリクドロクダムシぽいのと豪華共演。
タイトルは「潟の上のドロ」 ドォーロ ドォーロ ドロッ さかなの餌♪

ファイル 68-1.jpg

三重県の汽水域で採集したムロミスナウミナナフシです。
特にコメントのしようがない小型の甲殻類ですが、名前が長いと何か重みがあるような。

ファイル 62-1.jpg

汽水域で採集したユビナガホンヤドカリです。
河口域のヤドカリ類はほとんとが本種が独占しています。水槽では長生きします。

ファイル 62-2.jpg
色々な巻貝の貝殻を背負っています。一番右はセキモリかな。

ファイル 62-3.jpg
通称ナニアミにガンテンイシヨウジと一緒に見られました。
大量のユビナガから左利きのを探しているのになかなか見つからない(謎)。

ファイル 48-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したハサミシャコエビです。
干潟の泥が多い場所にある石を引っくり返すとたまに見つかります。

ファイル 48-2.jpg
まだ小さな個体。泥まみれのことが多いので、奇麗な写真がありません。
一応ヤドカリ下目に分類されています。まぁ宿なしヤドカリみたいなものですね。

ファイル 26-1.jpg

三重県の河口域で採集しました。ヨコヤアナジャコは砂礫の混じる場所、
アナジャコは泥深い場所に多い気がします。これがヤドカリの仲間かと言われると、
ヤドカリ下目としか答え難いのですが、エビよりはヤドカリに近い仲間のようです。

ファイル 26-2.jpg
ヨコヤアナジャコやアナジャコを捕るとたいてい引っくり返して、
マゴコロガイさんが寄生していないか確認するのですが、
今のところ釣餌として売られている個体しか見たことがありません。
私が行くような塩分の低いところに、マゴコロガイさんはいないのかも。

アナジャコ類はウナギ釣りの餌としてよく使われていますが、
釣餌屋さんを覗くと三重県中部以南ではヨコヤアナジャコが多く、
愛知県ではアナジャコが多い印象があります。
これは分布的に両者の生息密度とも重なるので、
きっと近場の河口域でサンドポンプで捕ってきたのを、
地元の釣餌屋さんが買って消費しているのでしょうね。

希にアナジャコ類を釣餌に買う私としては、
乱獲してないよね?外国から輸入してないよね?など気がかりだったりします。
実際のところどうなんでしょうね。釣餌を使うにも色々なことが私は気になります…。