記事一覧

ファイル 645-1.jpg

愛知県の港で撮影したスズメです。
一番左下のスズメは呑み過ぎたのか。その上はほろ酔い中か。

ファイル 622-1.jpg

あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
写真は昨日、三重県の畦でuさんが、手づかみで採集したコガモです。
このかわいいカモさんが、その後にどうなったかは、皆さんの想像通りです…。

ファイル 617-1.jpg

愛知県の公園で撮影したカワラバトです。
コンクリートの多い場所でよく見かけるハトです。この近くの糞害はひどいです。
歩いていても、いつ糞が降ってくるのかと、ちょっと身構えてしまいます。

ファイル 617-2.jpg
ネコやハトは外来生物ですが、動物愛護法があるため、なぜか守られています。
かわいい系の外来生物を、自然環境と天秤にかけると、前者に傾くことが多いようです。
人に好かれた生物は、たとえ外来生物であっても、住みやすい日本となっております。
ブラックバス類やブルーギルが、かわいい系ではなくて、本当に良かったなと思います。

ファイル 591-1.jpg

滋賀県の河川堤防で撮影したアオダイショウです。
たいてい、あっヘビか。という程度で、あんまり気にしていなかったのですが、
種類を気にして見ると、普通種らしいのに、アオダイショウはなぜか遭遇しない。
そんなときに現れたので、ダッシュで車にデジカメを取りに行き、戻って撮った1枚です。
ヘビさんが逃げないように見張っていて下さったのはmさんです。そう。カワニナ丸の。

どうやらカワニナ丸は、私が思っている以上に、読んで下った方が多いようです。
私は冒険家ではないので、これまで通りに、生き物の記事を書いていきますよ。
だいぶサボったので、溜まっている未同定シリーズを、またはじめようかなと思います。


追記 2011年10月20日
white-wingsさんにヤマカガシであると教えて頂きました(感謝)。

ファイル 589-1.jpg

琵琶湖の港で撮影したハシブトガラスです。
ハシボソガラスがいそうな場所なのですが、ここにも都市適応の鳥が生息していました。

ファイル 589-2.jpg
どこかに嘴が隠れる形で写っています。この通船に何度乗ったことか。
昨年10月9日は1日に2回も乗りました。琵琶湖の水温がそろそろ潜水限界になりそうです。
今年はウエットスーツも手に入れたので、昨年のように低体温症は避けられるかな…。