記事一覧

ファイル 111-1.jpg

三重県の汽水域で採集したヌカルミクチキレです。
こんな小さな貝を捕って撮っているときは、魚が何も捕れていない証拠です(笑)。
魚が色々と捕れているときは、貝をバケツに入れる余裕すらありません。

ファイル 111-2.jpg
こちらは愛知県産です。ソフトクリームのようです。甘そ~う。
滋賀で買った雑魚の佃煮にモノアラガイ類が混じっていて、
食べましたが、ガリッじゃりじゃりオエッって感じでした…。
ヌカルミクチキレも殻ごとだと、それに近そうなので、体調に余裕のあるときに、
つぼ焼き風にして、甘いかどうか確かめてみようと思います。

ファイル 106-1.jpg

2008年10月12日に和歌山県の汽水域で採集したイガカノコ(イガカノコガイ)です。
この場所はK先生に教えて頂きました。この個体は有棘ですが9割ほどは無棘型でした。

ファイル 106-2.jpg
同所的にカノコガイも見られました。イガカノコの個体数は多かったです。

ファイル 106-3.jpg
引っくり返すと野球のグローブみたいですね。

ファイル 100-1.jpg

三重県の汽水域で採集したキセワタ(キセワタガイ)です。
きよめ餅みたいに見えますが巻貝です(謎)。軟体部が貝殻を覆っています。

ファイル 100-2.jpg
なんかに似ている気がするけど、何かわからない…。

ファイル 92-1.jpg

愛知県で採集したヒラドカワザンショウです。
土曜にマゴコロガイさんに某干潟にて教えて頂きました(感謝)。

ファイル 92-2.jpg
色々写っていますが、ヒラドカワザンショウ、カワザンショウ、
ヒメハマトビムシ、ニホンドロクダムシくらいじゃないとか思います。
汽水水槽に入れても死んじゃう汽水生物は本気で同定する気が起きなかったり…。

ファイル 77-1.jpg

三重県の汽水域で見られたクリイロコミミ(クリイロコミミガイ)です。
mさんが見つけた個体を撮影したのですが、なんでこんなにピンボケしてるかなぁ…。

ファイル 77-2.jpg
コンクリート片の裏にいました。もう撮影することもないかな。
汽水魚水槽に入れられる貝だったら捕りに行くんだけどなぁ。