記事一覧

ファイル 1488-1.jpg

愛知県の公園のトイレで撮影したセボシジョウカイです。
公園のトレイ水栓は、センサーではなく、手動回転なため、コロナ禍では怖い。
そのため利用していませんでしたが、この時期は虫がいるので、見に行ってみました。

ファイル 1488-2.jpg
こんな感じで頭上にいると、アレぽくて驚きます。公園周辺はアレがたくさんいて、
踏みそうで怖いくらいでした。凄い速さで移動したり、小さな果実を食べていました。

ファイル 1487-1.jpg

愛知県の山で撮影したヨツメトビケラです。
黒いとアレぽいです。1週間くらい前に、パソコン(デスクトップ)で作業していると、
エアコンから何か音がするなぁと思ったら、太ももにバシッと何かが降って来て、
驚いて近くを見ると、クロ〇キブリ(終齢幼虫)がぁ。机や椅子を退けて探すも見失いました。

ドレンホースから侵入したようです。これまで何度かドレインホースから侵入されているので、
全ての排出口には網を被せてありました。排出口を確認しに行くと、網が破れているぅ。
劣化なのか誰かが悪戯で破ったのか。すぐに塞ぎました。部屋にホイホイを仕掛けました。

数日後にパソコンで作業していると、パソコンの中からアレが這って出てきました(驚)。
近くにあったタオルで、潰してやろうと構えるも、タオルとパソコンが汚れるなぁとか、
数秒ほど躊躇してしまって、その間に再びパソコン内に入られ、逃げられてしまいました。
パソコンを解体する時間も無かったので、アレのいるパソコンに向かって作業続行。
翌日に解体しましたが、もうどこかへ移動しているようでした。

またパソコンで作業していると、カーペットの隙間から、ササッと壁を這うアレがぁ。
驚かさないよう、ゆっくり後ずさりしてからダッシュ。吸引力が自慢のコードレス掃除機を、
慌てて取って戻って来ました。まだいる。左手にシェービングフォーム、右手にダイソン。
泡で動けなくして、吸うという作戦。近付いたら急に動き出し、机の下に逃げ込まれたっ。
机とキャビネットを動かし、コードの束を確認するも見つからない、また逃げられたか。
カーペットの隙間に入り込んでいるかも。潰してやろうと足踏みし続けると、
ふらふらとよろけた感じで、アレが目の前に。ダイソン出番だっ。超必殺吸引拳。

クリティカルヒット。ゲージ半分持ってったが、油断は禁物。入る空間があるということは、
出る空間もある。這い出してくるかもしれない。モーターを動かしながら屋外へ移動。
ゴミ袋を開いた状態にして、その上からおそるおそるダストケースを開ける。
ゴミだけで落ちてアレが出て来ない。あれっと思った瞬間に、落下して高速で走り出すアレ。
超圧殺。ぷちゅ。長い戦いだった。西村のパソコン周りに平和が訪れた。ホイホイどうしよう。

ファイル 1486-1.jpg

愛知県の山で2020年4月29日に撮影したキチマダニです。
同定に自信なし。マダニが密です。とツイートしたら、沢山の反応を頂きました。

ファイル 1486-2.jpg
山道から20mほど外れた場所に、オイカワムツさんが潜り、見ていた私と車へ一緒に戻り、
何か足に虫が付いているというので、私が確認したところ、マダニが密っていました。
マダニの幼虫玉を食らったようです。これでも一部は払って落ちているそうです。

ファイル 1486-3.jpg
左方へ歩くとすぐに山道があります。この間で寄生されてしまったようです。
私はズボンの裾を靴下の中に入れ、一歩も山側へは入らないようにしていました。
近年はちょっとした山林や草むらで、マダニやツツガムシを警戒することが、
当たり前になっています。この感じだと山道も危なく、虫除けスプレーも使うべきでした。

この場所は25年くらい前から、何度も行っていますが、人と会った記憶が無いです。
この日はコロナ逃れか、車が何台も出たり入ったりして、家族連れが無防備な状態で、
山道を歩いていました。地元で山仕事されている方を除くと、15人くらい見かけたかも。
ここなら人との接触はないだろう、マスクを付けずに新鮮な空気を楽しめるだろう、
そういう人が山に集まるようです。コロナと同等にマダニも怖いのでお気を付け下さい。

ファイル 1485-1.jpg

ツイッターがきっかけで2016年7月24日にさわだ君と初めて会いました。
ビワメラニアの研究はやめておけ。難解過ぎて何の成果も出ない。人生を棒に振る。
それでも本気でやるというので、浅学菲才ながら私が知っていることを伝えました。

それから4年足らずで国際誌に筆頭著者で論文掲載。おめでとう! 内容は移入です。
ビワメラニアの分類学的な整理という意味では、まだ第一歩かもしれないですが、
この業績によって、カワニナの研究しているさわだ君という認知が広まり、
より多くの情報と人脈に恵まれて、研究も加速することでしょう。これからも応援します。

写真は初めて会った日に撮影。深い場所に慣れておらず、深くなる前に横へ移動する様子。
今はもっと沖の方で潜っています。その後にこの場所は何度行ったのだろうか…。

ファイル 1485-2.jpg
移入ということで、芦ノ湖で2011年に捕ったハベカワニナです。

ファイル 1485-3.jpg
さわだ君に2016年に案内してもらった室池産です。何種類もいるようです。

ファイル 1485-4.jpg
こちらも2016年に採集した岐阜市の論田川産。イボで良いかと。
カワニナ亜属(カワニナ・チリメンA・チリメンB・キタノなど)は、もっとあちこちに、
移入しているでしょうが、在来や移入の証明が難しいね。私が生きている間にあの記載を…。

ファイル 1484-1.jpg

愛知県の公園で4月に撮影したチョウ目の一種(未同定)です。
4月と言っても昨年です。トイレの壁にいました。この公園も最近は行ってないなぁ。

1人で車で出かけ、地元の方と接触せず、家へ帰る。この徹底は難しいですね。
お小は軽犯罪法に触れない程度で可能ですが、お大は平野部だと物陰に隠れる場所が無く、
道の駅などの公共施設や、コンビニのトイレを借りる必要があり、接触の可能性があります。
想定外の事故、怪我や病気などで、現地の方にお世話になる可能性もあります。
家に居れば、お大はし放題、事故は無くて、怪我や病気は自分の住む地域で対処できます。
ただ、お大は軽犯罪法に触れない程度で、可能(琵琶湖で経験あり)なこともありますし、
経験からして事故・怪我・病気は、可能性がゼロではないだけで極めて低いです。

それでは家に籠ると、本当に人との接触が減るのか、風が吹けば桶屋が儲かる気もします。
水槽などの掃除の回数が増え、消耗品が増え、ホームセンターへ行って接触します。
先日もパソコンを長時間やっていたら、突然に椅子が壊れて、家具屋へ行くことになり、
在庫切ればかりで、ネットでも10日も掛ると言われ、ホームセンターで一脚だけ売っていた、
普段ならば絶対に買わない、安物の椅子を買いました。この椅子は長時間だと体に合わず、
また別のを買いに行ったり、腰を悪くして最悪は病院へ。普段通りの使い方であれば、
椅子は壊れず、家具屋とホームセンターへ行かずに、接触の機会を減らせたかも。
スーパーに人が集まるのも、家にいることがほとんどだから、食べ物を何度も買いに、
行く必要が出るわけです。1歩も外に出ず、人による宅配も受けず、生活するのは無理です。

長期戦になることは自明で、ストレスは溜まる一方で、健康にも悪いです。
3密を避ける、食事は持参、ガソリンは現地で入れない、地元の方と接触しない。
これを心がければ、バランスと確率から、採集や撮影は許されると思っています。
初めての経験ですから、今後に考え方が変わることもありますが、自分が自粛しているから、
貴方も自粛しなさい、というストレスをぶつけて来られても、本当はどっちが、
接触機会が少ないか、という一番大事なことを、論理的に説明する必要性を感じます。
4月下旬にまだスタッドレスタイヤです。本当は夏タイヤに変えたい。ここは自粛中です。