記事一覧

ファイル 1857-1.jpg

2024年3月30-31日は琵琶湖でカワニナ採集しました。
1箇所目、一部初めての場所、ドライスーツ、22:14~23:06(52分間)、1370m遊泳。
前回の紫外線照射がもやっとしたまま終わったので、今回は採集してから行いました。
赤紫色は付着藻類だと思います。緑色に光るのが気になるところです。

ファイル 1857-2.jpg
肋の頂上が全て緑色に光るかと言えばそうではないです。

ファイル 1857-3.jpg
2箇所目、一部初めての場所、ドライスーツ、00:21~01:10(49分間)、933m遊泳。
肋に関わらず体層が緑色に光っている個体もいます。この違いは何なのでしょうか。
茹でてから紫外線照射をしましたが、ほとんどの個体で蓋の外側と足が緑色に光りました。
軟体部は種類や個体による差は少ないと思われました。生時の殻は何かあるかも。

ファイル 1857-4.jpg
1箇所目の胎殻です。種の要素を星で表しました。①はクロで良いと思います。
②はクロの中にトキタマ要素が少しあって、場所が違えばタテジワとするかもしれない。
③は余呉湖のクロぽい感じで、イボとヤマトの要素も少しある感じです。
④はクロの有肋型みたいな感じ。⑤はイボっぽいけど胎殻2つだけにヤマト系の暗色帯。
⑥はイボでいいかなと思わせておいて、親殻と胎殻の両方でコセイぽさも僅かにある。
琵琶湖のカワニナ属はみんなこんな感じです。これをどう同定したらいいんですかぁ。

ファイル 1856-1.jpg

岐阜県の川で採集したタガメ種群です。
確か小学4年生の時、父、私、同級生の友人と兄の4人で、車に乗せてもらい、
魚や水生昆虫など捕りに、名古屋市中村区?の田んぼ近くの水路へ行き、
同級生の友人がタガメ1個体を捕り、滅茶苦茶に自慢されて、悔しかった記憶があります。
ただ、本当にタガメだったかは不確かで、今は中村区に田んぼは無いと思います。
確か小学5年生の頃、祖父にデパートの屋上で、1匹3000円で買ってもらって、
短期間ながら飼育した記憶があります。普通の子供と同じくらい好きな生き物でした。

ファイル 1856-2.jpg
だんだん興味関心が日淡だけへ偏り、いつの間にか水生昆虫は卒業していました。
何十年も毎週末のように水辺へ入っていますが、なぜかタガメには出逢いませんでした。
山(丘陵地・台地)が長く苦手で、平野で採集していたので、確率が低かったのかもしれません。
それが2022年12月30日に写真の個体が捕れました。昔であれば行かない山でした。
初めて捕ったという感動はあったものの、子供の頃ほど心躍る感じはなかったです。

ファイル 1856-3.jpg
撮影後に逃がしました。冬眠していた個体でしょうね。タガメは遺伝的2系統が知られ、
日本にはどちらも生息し、分布から生殖隔離があって、別種関係にあると思われます。
分類学な再検討はされておらず、両種の形態差異もまだ分かっていないようです。
Kirkaldyia deyrolli をタガメとした場合、もう片方は学名や和名は不明です。
写真の個体が本当にタガメなのか、もう一方の種かは、現状で同定することは難しいです。
そのためここでは「タガメ種群」としました。2種のうちのどっちかという意味です。

ファイル 1855-1.jpg

愛知県の公園のトイレで撮影したエグリヅマエダシャクです。
飛ばないでくれ、飛んでもこっちに来ないでくれと思いながら、用を足す状況。

ファイル 1854-1.jpg

愛知県の公園で撮影したニレハムシです。
街路樹を食べる害虫みたいですが、弱々しい感じの甲虫ですね。

ファイル 1853-1.jpg

滋賀県の道端で撮影したリンゴコカクモンハマキです。
熟語をばらすと林・檎・小・角・紋・葉・巻ですかね。似た種類が見つかると、
そこにまた熟語がくっついて、更なる長大語へと成長して行く。だれか止めて…。