記事一覧

ファイル 149-1.jpg

三重県の葦原でマゴコロガイさんが見つけたオカミミガイさんです。
干潟に着くと、私とiさんは塩分の高い汽水域へ、マゴコロガイさんは葦原に一直線。
葦原でマゴコロガイさんは、オカミミガイさんをすぐに見つけ、探すの早っと思いました。
さすがガタミニストのオカミミガイさんはすごいわと感心した出来事でした。
え?違うって。横のはオオユビアカベンケイガニかと思ったのにクシテガニだった?

ファイル 149-2.jpg
三重県ということで、ここがどこだか、わかる方もおられると思いますが、
ここは思ったより塩分が高いことが判明し、私の興味が一気になくなったのは、
言うまでもありません。水の有余ってる長良川河口堰の水でも引いて減塩して欲しいな。

ファイル 140-1.jpg

三重県の汽水域で採集したスガイです。

ところで、イシマキは一般にはイシマキガイと呼ばれています。
貝類の和名は、ウネナシトマヤをウネナシトマヤガイとしたり、
後ろに「ガイ」をつけるかどうか、色々あって定まっていないようです。
そうかと思うと、マガキとマガキガイは、別の種類なのです。難しいですね。
さて、もうお気付きのように、スガイですが、ガイを抜いたら、
スになっちゃいます。イグサも本来はイなので、ありと言えばありか…。

ファイル 140-2.jpg
オオベソスガイほどべそかいてないのかな。

ファイル 140-3.jpg
岬の先端に佇むスガイ。それを見上げるケフサイソガニ。

ファイル 134-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したカキウラクチキレモドキ(カキウラクチキレガイモドキ)です。
まず名前が長いっ(笑)。水槽にマガキを入れておくと、水槽のガラス面に、
いつのまにかカキウラクチキレモドキがくっ付いていて驚きます。

ファイル 134-2.jpg
こちらは三重県産です。何か「み~つけた」と言いたくなる貝です。

ファイル 127-1.jpg

三重県の汽水域で採集したタケノコカワニナです。

ファイル 127-2.jpg
漆黒でなかなかかっこいい巻貝です。

ファイル 127-3.jpg
たくさんいます。ここはコアマモが多く、とても良い環境なのですが、
今年に入って高速道路建設で工事が始まり、来年には埋められるそうです…。
タケノコカワニナの生息場所は局所的で、絶滅する恐れがあります。

例えば保全を訴えても徒労に終わったり、移植などの痛い保護活動が勝手に始まって、
別の水域にまで環境破壊が行われるなんてこともよくあるので、
こうした件は運が悪かったと今は諦めるしかないかもと思っています。
ただ移植などの痛い保護活動は、地道な啓発で減らすことも期待できるので、
一旦失った自然やそこにいた生物は、二度と元に戻らないことを、
より多くの方が認識されるよう、これからも私はネットを通じて発信し続けます。

ファイル 116-1.jpg

三重県の汽水域で採集したイボニシです。
色々な型や種類がいるようですが私にはわかりません。
マガキを捕ってくるとこのイボニシがよく付いていて、
取り除かないと水槽のマガキが徐々に食われてしまいます…。