記事一覧

ファイル 370-1.jpg

滋賀県の溝で採集したフトミミズ科の一種(未同定)です。
以前にもフトミミズ科の一種(未同定)は紹介していますが、
それとは別種だと思います。とにかく長くて太い。
伸縮するミミズ類の全長ってどうやって測るんだろう…。

ファイル 370-2.jpg
元の字みたい。ミミズが這ったような字です。

ファイル 370-3.jpg
当然ですが釣り餌です。ここまで大きいミミズは、ウナギには大き過ぎるくらいですが、
これを2本付けたもので、昨年イワトコナマズを釣りました。今年も来月あたり釣るぞ!

ファイル 363-1.jpg

岐阜県の中流域で3人で採集したシマイシビルです。
どこでもいるヒルです。少し前まで国務次官と呼んでいました。

ファイル 363-2.jpg
魔法の杖はこうして作られています。

ファイル 295-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したチロリ属の一種です。
普通にチロリかな。砂底で塩分はかなり低いところにいました。

ファイル 244-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したカニヤドリカンザシ(カニヤドリカンザシゴカイ)です。
汽水域を中心に見られる外来種です。これがいると病んでる水域のイメージが強いです。

ファイル 244-2.jpg
コウロエンカワヒバリガイ、カニヤドリカンザシ、ヨーロッパフジツボと、
全て外来種の愛知県の汽水域です。この日はウネナシトマヤを素手で、
一生懸命に捕っていた方がいて、話しかけたら中国人でした。
私も岐阜県生まれだから、愛知県にいたら国内外来人か。はぁ~。

ファイル 208-1.jpg

一昨日、三重県の塩分の高い汽水域で、sさんが採集したスジホシムシです。
うーむ。この形状で言いたいことはわかる。

ファイル 208-2.jpg
でも抑えるんだ。抑えるんだーっ。ふぅ。

さて、狙っていたバルストラノオガニですが、捕れたのは捕れたのですが、
再同定した結果。本物のマキトラノオガニでした。。。バルス!