記事一覧

ファイル 1504-1.jpg

2020年7月19日は琵琶湖でさわだ君と彼女さんと西村の3人でカワニナ採集しました。
この時期は夜明けから湖岸に、バサーとコイサー(鯉釣り人)が多くいて、
昼になれば湖上は、ウインドサーフィンや水上バイク(一部は水上暴走族)がいるので、
静かな夜に潜りたいのだけど、さわだ君の宗教上の都合で、夜明けからになりました。

ファイル 1504-2.jpg
04時30分に待ち合わせ。すでに駐車場所が密。湖岸にはバサーがいて潜れませんでした。
1箇所目。別の場所。早朝で水温24℃くらい。私はウエットスーツ。さわだ君はドライスーツ。
彼女さんは岸で見守ります。あのカワニナを狙いました。水深3mくらいでごろごろいたので、
私が捕らなくても、さわだ君がたくさん捕れるだろうと思って、カワニナ捕りよりも、
ニセマツカサガイ琵琶湖型を狙うも、ぜんぜんいない。何とか1個体を捕りました。
2箇所目。過去に琵琶湖流入河川で、変なハベカワニナを捕った場所へ案内するも、
コイサーがいて近付けず。やっばり。その近くでヤマトカワニナなどを拾って終了。

ファイル 1504-3.jpg
3箇所目。水上暴走族が我が物顔で、乱暴な運転をしています。沖にはウインドサーフィン。
潜るのをためらいましたが、どこに潜るって相談すると、私とさわだ君は優柔不断で、
決まらないので、腹を決めました。私は今年初の海パンマン、さわだ君はドライスーツ。
海パンマンは潜りやすいけど、湖底は冷たくてキツイ。沖へ250mほど泳いだら、
水上暴走族が近づいて来て、お互いの目が合い、私の周りを円を描くように走行して、
絶対にわざとだと思いますが、波を起こして、泳ぎ難くして去って行きました。
おそらく俺の走行の邪魔だから、ここで泳ぐな轢くぞ、という警告なのだと思います。
湖底もホソマキカワニナばかりで、セタシジミが捕れたくらいだったので終了。

ファイル 1504-4.jpg
4箇所目。さわだ君が行きたがっていた場所。私はバサーが多くて無理だと言ったけど…。
現地へ着くとバサーが多くて泳げる隙間がない。遠くの方にも立ち込んでいる。やっぱり。
7月中旬~8月下旬は深夜でも、バスボートがいるので、昼間なんてとても無理なのです。
駐車場から少し離れた、崖を下ったところならば、入れるというので2人で潜ることに。
崖を下ったらバサーがいました。それも4人も。均等に並んでルアーを投げています。
私はルアーが届かない位置まで沖へ泳ぎ、横へ移動してバサーのいない場所へ。
水深4~5mへ潜るまでに、水温躍層が3つあって、上層約24℃、中層約22℃、下層約20℃。
上層でも冷たさを感じているので、下層では凍えて長くいられない、辛い場所でした。
ここは海パンマンにはまだ早かった感じです。潜りやすくても長く潜っていられない。

ファイル 1504-5.jpg
ニセマツカサガイ琵琶湖型と思ったのですが、何か細長いのでタテボシガイかと思い直し、
同定を試みているうちに、じっとしていて寒くなってきたので、捨ててしまった個体です。
後にヒラガマノセガイかもと思って、Y氏に伺いましたが、ニセ琵琶だろうと(同定感謝)。
今年こそはヒラガマノセガイ(オトコタテボシガイ)を捕りたいです。
動画です https://youtu.be/gR8YfVOVPbU
ここでさわだ君らとは解散。お疲れ様でした。彼女さんが岸で見守ってくれるだけで、
何だか安心感があって良かったです。さわだ君の採集力の高さは毎度驚かされます。

話は変わって↓カワニナ亜属のミトコンと核を調べた論文が、先週出版されていました。
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ece3.6523
数年前から風聞で、大まかなことは知っていましたが、面白い内容です。
チリメンカワニナ(キタノカワニナ型)でも触れていますので、よかったら読んで下さい。
カワニナ亜属は定説ではカワニナ、チリメンカワニナ、クロダカワニナの3種。
クロダカワニナはヤマトカワニナ亜属だと思われるので省きます。
つるつるのカワニナ、ひだひだのチリメナカワニナ。縦肋の有無で識別されていました。

しかし、縦肋の有無は系統とは必ずしも合致せず、形態的にも中間型がいることから、
この識別方法は使えない可能性が高くなりました。そして今回の論文を参考にすると、
L1~4は地理的分布によって分かれています。これを新種記載済みの種に合わせると、
L1はキタノカワニナ、L2はカワニナ、L3は?、L4はチリメンカワニナかハコネカワニナ。
こんな感じになりますが、キタノカワニナは模式産地の函館周辺が調べられていないため、
何とも言えないところはありますが、この傾向から見てL1はキタノカワニナでしょう。
カワニナは模式産地の奄美大島が調べられているため、L2はカワニナで間違いないかな。
L3は韓国産で私はよくわからないです。たぶん記載されていそうな想像はしています。
L4は横浜のチリメンカワニナ1876年、芦ノ湖のハコネカワニナ1883年で、難しいところです。
チリメンカワニナA型とB型は、おそらくA型はキタノカワニナ、B型はカワニナかなと。

但し、これらは模式標本のDNAが調べられたわけではありません。
これまで日本産カワニナ属の既知種で、模式標本のDNAが調べられたのは皆無です。
貝殻しか残っていないので、調べることができません。この先も無理でしょう。
分類学的には模式標本が唯一無二の基準で、整理には形態的な精査が必要になってきます。
敵の支城を全て制圧し(遺伝的なアプローチなどで外堀を埋める)、本城を味方の兵で、
取り囲んでも(99%確実)、敵将(模式標本)を討たないと完了(分類学的な整理)しません。
逆に言えば支城制圧などせずとも、敵将さえ討てば良いとも言えます。変な比喩ですが…。
今はカワニナ亜属の分類学的な整理は、支城制圧がある程度は済んだ感じでしょうね。
最終的に敵将を討つのは、センスのある形態屋さんです。その出現を待ちましょう。

ファイル 1501-1.jpg

2020年6月27日は琵琶湖でさわだ君とカワニナ採集しました。
コロナの影響もあって、2月23日から4カ月ぶりに会いました。相変わらずで良かったです。

1箇所目。道路から琵琶湖へ10mほど雑草があるところを、さわだ君がドライスーツで、
歩いて戻って来たら、マダニが付いていて、うげーっとなりました。こんなところいるぅ?!
しかも、オオスズメバチやアブまでもう出ているし、琵琶湖岸は危険な場所です。
かつてすぐ近くの琵琶湖内で、さわだ君の頭を旋回する、スズメバチ類から逃げました。

私はウエットスーツに着替えて、岸へ10m移動してマダニをチェック。付いていない。
ダイビングマスクを装着した時にブチっと音。頭を締めるゴムバンド2本のうち1本が破断。
車のカギをスーツ内に入れて、着替えてしまったので、予備を出すのも大変なので、
そのまま潜ることに。これって潜っている最中に外れないだろうか。不安です。

ダイビングベルト(下)に変えて3カ月。その間に2回もバックルが開いて外れました。
1回は泳いでいる最中に外れて、慌てて付け直しました。もう1回はウナギを取り込むとき、
立って網袋に入れていたら外れて、おもりごと川に落ちました。スーツケースベルト(上)は、
泳いだり立ったりしている際に、1度も外れて落ちたことはありません。100均優秀です。
深くに潜ってダイビングベルトが外れたらどうしよう。もしも落としたら回収不可能。
9000円くらい捨て置くことに。しきりにバックルを確認。マスクも千切れないか確認…。

琵琶湖は浮遊物が多くて3m底が見えない。まとめると、空中からはスズメバチ、
水中はマスク壊れて外れそう、ベルトが信用できない、透明度が悪い、戻るときはマダニ。
心配事が多過ぎて(特にベルト)、潜っている最中に、恐怖感が出てしまいました。
いつもは4~6mの深潜りの場合、30~40秒ですが、15~20秒が限界になっていました。
狙っていたカワニナ類は、ほとんど捕れませんでした。さわだ君は捕れていました。

ファイル 1501-2.jpg
2箇所目。ここは潜りたくないなと思ったので休憩。動画撮影することにしました。
泡が出ているように見えるのはさわだ君です。40~50秒は潜っていました。
しかも濁りが酷かったようですが、ちゃんと狙っていたカワニナ類も捕っていました。
2016年7月に会ったときと比べると、潜る技術も凄い進歩だなと感心しました。

ファイル 1501-3.jpg
3箇所目。ここは過去に潜って、洗濯機のような変な流れで、死ぬかと思った場所です。
実際に3人の不幸があった場所でもあります。何度かさわだ君と来ていますが、
危ないので止めたり、大荒れだったりで、潜らなかった琵琶湖でも有数の危険な場所です。
そんな場所も今日は凪で静かでした。この時を逃したら、またしばらく潜れない。
一番危なかった場所は避け、比較的に安全そうな場所だけ潜ることにしました。

気合を入れて、一番深い場所へ。4m底に着いてから、すり鉢状で1.5mほど深くなっています。
そのあたりはゴミが溜まって、灰色っぽい世界が広がっていました。浮上は5.5mです。
この場所は1箇所目よりは、透明度が高くて、目的のカワニナ類も浅いところにもいるため、
マスクやベルトの不安も忘れて、いつも通りの採集が出来ました。ここは楽しい。

ファイル 1501-4.jpg
さわだ君が捕ったオオタニシとニセマツカサガイ琵琶湖型です。
水から上がった後で、さわだ君が気付きましたが、風も無いのに一発大波みたいなのが、
轟音と共に不定期で岸に打ち寄せていました。やっぱり恐ろしいところでした。
ここでさわだ君とお別れ。またよろしです。動画です https://youtu.be/5vKEa_QAQj4

家へ帰って酒を呑んでいたら、右腕がチクッと。ノミが噛みついていました。
すぐに潰しました。たぶん琵琶湖岸で服か何かに潜んで、家へ着いて来たのだろう。
そういえば、さわだ君が琵琶湖岸で、ヌカカに刺されたと、見せてくれた時に、
羽がないのがちょっと気になった。これもノミじゃないかな。ヌカカだっとしても怖い。

子供の頃にニャーニャーと大きな鳴き声で、ネコが二階の窓から家へ入って来て、
追い出したのだけど、どうやら大量のノミに噛まれて、苦しんでいたようです。
家へノミを撒き散らしました。チクッとする場所を見ると、噛んで血を吸っていて、
潰そうとするとジャンプして、畳の隙間などに隠れる。寝ている間も血を吸いに来る。
1~2週間ずっと噛まれました。殺虫剤とかも使いましたが、全く効果が無かったです。
素肌を晒して歩き、噛みつきに来るところを、全て潰すという人体戦術で殲滅させました。

それから家でノミは一度も見ていませんでしたが、子供の時以来に見てしまったのです。
幸いにも寄って来るノミはもういないため、着いて来たのは1個体だけだったようです。
琵琶湖岸はスズメバチ、アブ、マダニ、ノミ、ヌカカ?に気を付けろって無理でしょ。
琵琶湖へ行く前日は、家でブユに噛まれたし、他にも危ないのがいそう。
海パンシーズンになると、たくさんの人が道路から湖岸まで、サンダルで歩くでしょうが、
大丈夫かなと心配になりました。しかも感染症対策まで必要だなんて辛いシーズンです。

ファイル 1493-1.jpg

2020年6月6日はささき君、ヤマノカミ君、西村で滋賀県でした。
魚の撮影のついでに、カワニナ拾いしました。左4つはホソマキ、右はイボかな。
マルドブガイは久しぶりに捕りました。 https://youtu.be/XyC-THsjLTY

ファイル 1493-2.jpg
帰りにフトマキワニナの模式産地へ寄りました。この風景なんか好きです。

ファイル 1493-3.jpg
右の個体。胎殻はイボぽいけどね。螺層角はホソマキぽいんだよねぇ…。

ファイル 1491-1.jpg

2020年5月30日はヤマノカミ君と滋賀県で採集しました。
1箇所目は琵琶湖流入河川です。分かっていたけど、濁りが酷かった。
何度も泥底に突っ込んだ。動画です https://youtu.be/e5aAobkwM28
こういう汚いところは、クリプトスポリジウム症になる危険性があるようです。

ファイル 1491-2.jpg
泥一面の場所には、カワニナも棲めないようで、これは岸際で捕りました。ハベかな。

ファイル 1491-3.jpg
2箇所目は琵琶湖です。イボ、タテヒダ、ハベかな。他にチリメンもいました。
この日は目的が達成できず、ずっとダメな日でしたが、ここでヤマノカミ君が、
ビギナーズラックだから成せたのか、逆転サヨナラ満塁ホームランを打ちました。

ファイル 1489-1.jpg

2020年5月24日はささき君と滋賀県で採集しました。
琵琶湖流入河川です。ささき君と合流する前に、魚狙いで潜りました。
魚もカワニナもたいしたものは捕れませんでした。全体的にそういう日でした。

ファイル 1489-2.jpg
ここのカワニナも難解です。右4つはホソマキで良いでしょう。
一番左はハベかな。その右2つはホソマキかな。あまり深く考えないでおこう。

ファイル 1489-3.jpg
同じ川の少し琵琶湖に近い場所。チリメン、ホソマキ、クロダかな。

ファイル 1489-4.jpg
2枚目画像の一番左とその次の個体の胎殻です。
左はハベ確定で良いかな。右はホソマキかと思っていたけど、殻底肋が5本はありそう。
胎殻も丸っこくて、色帯があるし、ホソマキぽくない。でもクロダぽくもない。何だ。寝る。