記事一覧

ファイル 586-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したビロウドイシビルです。
同定に自信なし。日淡好きが間違えそうな、スナヤツメ種群でありません。
ちなみに、スナヤツメ種群は、無顎類なため、日淡どころか、魚類ですらありません。

ファイル 586-2.jpg
伸縮とくねるのが好きなようです。イシというよりは柔軟。

ファイル 586-3.jpg
小さめな個体。かなり特徴があるのに、何か書けそうで、書くことがない…。
最近、ちょっと時間の使い方が下手で、あれもこれもやりかけになっています。
カワニナ丸最後の記事も、書こう書こうと思って1週間。うーん。あかんなぁ。

ファイル 559-1.jpg

日曜0時過ぎに、琵琶湖畔でシゲさんが見つけた、コウガイビル亜目の一種(未同定)です。
昔は梅雨時の洗い場などで、たまーに見かけたのですが、最近は見ていませんでした。
クロイロコウガイビルかなぁと思ったけど、色だけで同定はいい加減すぎるので未同定に。

ファイル 559-2.jpg
掴んだら小さくなりました。イワトコ釣りの餌にするには小さいのでリリース。
妙に写真が白いのは、ホワイトバランスを知らない間に、MAXにしていたからです。
おそらくシゲさんがビワナマ釣った後に、興奮して気付かずに触っていたのかも。

ファイル 554-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したミミズ綱の一種(未同定)です。
フクロイトミミズかと思ったのですが、それよりは遥かに大きい。
オヨギミミズ目かなぁ。よくわからなくなりました。

ファイル 535-1.jpg

愛知県の海で撮影したチゴケムシです。
なんとなく食べられそうな虫だなぁ。良い出汁が出そう。
他に写っているのは、タテジマイソギンチャクと、ダイダイイソカイメンかな。

ファイル 519-1.jpg

愛知県の海で採集したシロボヤです。

ファイル 519-2.jpg
モアイです。
これからも地味につまらないことを書いていきます。

ファイル 511-1.jpg

愛知県の海で採集したアメフラシです。
予想できたことですが、バケツに入れたら、海水が紫色になりました…。

ファイル 511-2.jpg
上から撮影。何の意図もない写真です。

ファイル 477-1.jpg

三重県の海で撮影したヒザラガイです。
これを見て恐竜をイメージするのは何故だろうか。三葉虫ぽいからかなぁ。

ファイル 466-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したウズムシ目の一種(未同定)です。
そもそも同定できるレベルの写真ではないですね。琵琶湖で捕ったものだから、
またビワ何とかウズムシとか、ちょっと固有種を期待したけど、きっと永久未同定…。

ファイル 446-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したヒラタビルです。
同定は全く自信なし。この平田ビルは20階建てくらいです。

ファイル 446-2.jpg
のびま~す。面積は広くなるけど、天井は低くなりますぅ。

ファイル 446-3.jpg
お口とお尻を合わせて、連絡通路が出来ました。快適な平田ビル。

ファイル 375-1.jpg

昨夜、三重県の汽水域で採集したアマクサアメフラシです。
同定に自信なし。汽水域へ塩水を汲みに行ったら、コンクリート護岸の斜面に、
大きなのがいたので捕ってみました。海ではよく見かけますが汽水域では希です。

ファイル 375-2.jpg
引っくり返してみました。なんだかよくわかりません…。

ファイル 375-3.jpg
適当すぎる撮影です。猫が座っているようにも見えます。
同じ場所では冬にフレリトゲアメフラシがたくさんいましたが、
それと入れ替わるように、このアマクサアメフラシが、あちこちにいました。

ニホンイサザアミ、イソコツブムシ類、ゴカイ類などが、たくさん泳いでいて、
汽水域にもようやく春が来たという感じでした。魚は上から軽く見ただけ、
ボラ、スズキ、シマイサキ、ウロハゼ、ビリンゴ、ウキゴリ、スミウキゴリ、
マハゼ、アシシロハゼ、チチブ、ヌマチチブ、カマキリ(アユカケ)、
イシガレイなどが見られました。なかなか良い。そろそろ汽水魚採集も本格始動か。