記事一覧

ファイル 1382-1.jpg

2018年9月23日はsugiura君と琵琶湖に潜りました。
狙っていたウナギが捕れなかったのでカワニナ捕り。これで307(潜水135)箇所に。
上段はヤマト、タテヒダ、タテヒダ、下段はモリ、フトマキ?、ハベ。

ファイル 1382-2.jpg
フトマキ?の胎殻無し。ヤマトとハベを混ぜて、体層の肋を無くしてみましたみたいな個体。
そんな個性を表現しなくてもいいのに。胎殻はハベだけ出ましたが、これも困ったちゃん。
胎殻だけ見せられたら、ヤマトって言いそうだぞ。こういうの多過ぎて片付かない。

ファイル 1381-1.jpg

2018年9月16日はSugiura君と採集に行きました。
私の好きな琵琶湖博物館へ行きました。とても興味深かったです。

ファイル 1381-2.jpg
1996年開館から同じ展示物だと思いますが、その頃から学名と和名が記されています。
Semisulcospira (Biwamelania) nakamurai は2018年に新種記載されました。
記載者の松岡さんによると、和名は今後に和文誌などで付するそうです。
新種記載されていない22年前から、勝手に想像で学名を記して展示。
それが2018年の新種記載では当たった。和名は未だにないのに、これも未来予測?
タニガワナマズ(仮称)ですら、浅知恵を振りかざして、攻撃する人がいるくらいなので、
学名と和名がないのに、22年前から記すのは、マズイと思いますよ。くわばら、くわばら。

ファイル 1381-3.jpg
2016年に書きましたが、少し変化がありました。オオウラカワニナは誤同定のまま。
ヤマトカワニナは学名が記されていました。Biwamelania niponica とあります。
まず、学名はイタリック体(もしくは他と区別できる表記)にするべきですが、
ヤマトカワニナというのと同じ書体で、改行だけでそのまま記されています。

Biwamelania niponica はヤマトカワニナ属ヤマトカワニナ種という意味です。
オオウラカワニナに記されている Semisulcospira (Biwamelania) ourense は、
カワニナ属ヤマトカワニナ亜属オオウラカワニナ種という意味です。
この場合にBiwamelaniaを属か亜属のどちらにするかという問題が発生します。

ヤマトカワニナを除いて、オオウラカワニナなどの展示物は、亜属で統一されていました。
この場合はヤマトカワニナも属ではなく、亜属にしないと、分類的整理が出来ません。
すなわち、この場合の表記は Semisulcospira (Biwamelania) niponica が正しいです。
それでも属にしたい場合は、他の展示物の表記も、全て属に変更する必要があります。

ファイル 1381-4.jpg
博物館を出てから、内湖などでカワニナ採集を試みるも、ヒメタニシばかりで空振り。
小物釣りして夜になり、二枚貝の新規開拓へ。藪漕ぎして、菱だらけの場所を歩いて、
小雨の中でまあまあ頑張ったのですが空振り。左はそこでSugiura君が捕った二枚貝です。
別の場所へ。私は休憩。Sugiura君がメンカラスガイを捕りました。かっこいい。
でもなんかなぁ。納得できない成果でした。水草の少ない冬にまた行きたくなりました。

ファイル 1379-1.jpg

2018年9月2-3日はササキ君と福井・滋賀県でした。
写真は福井県で採集したカワニナです。左2個体は川産で、右2個体は水路産です。
川産は丸っこく、水路産はすーっとしています。カワニナ属は流れが速いところほど、
丸っこくなる傾向があります。ナカセコカワニナなんかは典型なのかな。

ファイル 1379-2.jpg
滋賀県の水路産です。一部はマツカサガイで、他はニセマツカサガイかもと思ったのですが、
Yso君のご指摘で、全てマツカサガイとのことでした。属から違うのに同定が難しいです。

ファイル 1379-3.jpg
この日の2箇所目潜り。ひそかにもっと薄っぺらいのを探していたのですが、
オトコタテボシガイがいると捕ってしまう。久しぶりに水深7mくらいまで深潜りしました。
マスクが顔に食い込んで痛いし、水から上がると、鼓膜がぺこぺこ音がするし、何度も出来ない。

ファイル 1379-4.jpg
3箇所目潜り。ここは水深1~2mにオトコタテボシガイの大きいのがいる不思議なところ。
6年ぶりに潜ってみましたが、同じ状況でした。ここなら冬場も捕れるね。


2日経ったのに、まだ耳が変な感じがする。水深7mはもうしばらく潜りません。

ファイル 1378-1.jpg

2018年8月25日はササキ君と琵琶湖に潜りました。
採集2日前に寝相が悪かったのか、右足脹脛に痛みが出て、階段とかキツイ状態に。
この状況で沖島へ行くのは迷いましたが、寒くなってから行くのもキツイと思って決行。

ファイル 1378-2.jpg
過去に潜って二枚貝がたくさんいた場所へ。写真はたった21分間での成果です。
上がササキ君、下が西村です。琵琶湖淀川水系は303(潜水134)箇所調査しましたが、
オトコタテボシガイが水深0.5~3mという浅さで、たくさん捕れるところは他に知らないです。

ファイル 1378-3.jpg
2箇所目です。左がササキ君、右が西村の成果です。ここも21分間潜りました。
1箇所目と比べるとタテボシガイの割合が高いですが、それでもまあまあ捕れました。
ここはカワニナ拾いもしましたが、大変に興味深い個体が捕れました。

ファイル 1378-4.jpg
タテヒダ、イボ、チリメン、ヤマト、ハベ?、その中に変なのが混じっています。
浅場の岩の上にいました(下方動画有り)。シライシカワニナにそっくりだと思いました。
ここでは不明種とします。ヤマト似という意見も頂いたので、各部を確認します。

沖島のヤマトのほとんどは結節型で、殻口を手前に向けた場合の体層は、
顆粒を縦肋として数えると3~5個です。写真左下から4番目のは4個です。
不明種は縦肋や顆粒はなく、螺肋が6本あります。顆粒が繋がって、螺肋化したとしても、
3~5本じゃないと不自然です。この数え方だとシライシは6~8本が多いです。

不明種は殻頂に近いほど、顆粒になって、ヤマトぽさがあるようにも見えます。
しかし、ヤマトは殻頂に近いほど、顆粒として分離せず、縦肋になることが多いです。
不明種とヤマトは逆です。また、不明種の顆粒はヤマトよりも楕円形になっています。

螺層角はヤマトよりも狭く、丸っこいよりも、細長い印象を持ちます。
殻色はヤマトのほとんどが黒色なのに対して、不明種は赤黒いです。

ファイル 1378-5.jpg
胎殻です。眠くて撮影がいい加減だったので、こんなものしかありません。
ヤマトに近いようにも見えますが、シライシ要素も入り込んでいるような。
そもそも両者の胎殻は似ているし、私は胎殻だけで同定できるとは思っていませんが…。

沖島では今回の不明種に似た個体も過去に採集しています。これです。
体層は螺肋化していますが4本です。殻頂に近いほど、顆粒として分離せずに縦肋です。
しかし、螺層角や殻色は不明種に近いです。胎殻はヤマトそのものな感じがします。
これはヤマトの変型で良いかなと思っています。不明種はその程度が甚だしいだけかな。
結局はよくわかりませんが、一部の人たちが見たら、未記載種って言われそうです。


二枚貝拾いよりも、もっとちゃんとカワニナ採集すればよかったと、後悔先に立たずです。

ファイル 1377-1.jpg

2018年8月18日はさわだ君、ササキ君、西村で琵琶湖に潜りました。
日本第五のタニシ科(オオナガ)、某二枚貝類、カワニナ類を狙いました。

1箇所目、海パンマン、09:37~10:52(1時間15分)、1210m遊泳。
写真の右側はさわだ君、その他は私が採集。何とか捕れたものの数がいない。

2箇所目、海パンマン、12:31~13:25(54分)、195m遊泳。
ここは水温躍層が凄い。0~1mは25~28℃、1~5mは24~26℃、6m以深は20℃以下。
海パンマンで6m以深は5秒が限界で、水面に浮上してから、岸へ戻って温まってました。

3箇所目、海パンマン、ササキ君と西村と休憩、さわだ君だけ遊泳。特に何も捕れず。

ファイル 1377-2.jpg
4箇所目、海パンマン、16:39~17:20(41分)、1210m遊泳。
ナガタニシが7個体捕れました。水深5~6mはおらず、3.5~4.5mにいました。
さわだ君とササキ君お疲れ様でした。2人とも深く潜れるし、弱音を吐かないので凄いです。

ファイル 1377-3.jpg
左から3つは4箇所目のナガタニシ。右から2つは1箇所目のオオナガぽいもの。
並べると違いがわかるかと思ったら、全てナガタニシにしか見えなくなりました。
一番右の個体はまだよくわかりません。ヒメタニシにも似ていますが、何か違う感じです。

ファイル 1377-4.jpg
全て茹でました。胎殻が出たのは左から2つだけでした。これはナガタニシですね。


3週末連続で琵琶湖に潜りましたが、オオナガ探しはもういいかな。深潜りはしんどいです。
他に気になる二枚貝が2つほどあるため、それはまた狙ってみたいと思っています。