記事一覧

ファイル 953-1.jpg

愛知県の海で採集したミドリイガイです。
塩分が高いところへ行かないからか、私はあまり見かけない。
潰れているのはヨーロッパフジツボかな。これ見るとケミカル臭しそうな場所だね。

ファイル 947-1.jpg

愛知県の海でkさんが採集したトリガイです。
ハマグリ捕りの副産物。私も捕りたいと探したが捕れなかった…。

ファイル 947-2.jpg
現場で種類が分からず、でもどっかで見たことがある。そんな感じの名前だろうなぁと、
頭の引き出しを開けていたら、ウチムラサキというのが出て来た。内側が紫なので、
もう間違いないと。こういう誤同定が地元で定着すると、方言に変わるのかも。
kさんが捕るときに鎌で割れたので、ハサミで細かく切り、汽水魚たちの餌にしました。

ファイル 905-1.jpg

三重県の海で撮影した二枚貝綱の一種(未同定)です。
写真が悪いのと、付着物が多くて、同定できませんでした。手作りハンバーグ風。

ファイル 796-1.jpg

愛知県の海で採集したムラサキガイです。
先日と同じ海産です。海と書きましたが、正確には河口の脇にある前浜干潟です。
そこへ隣接する河口干潟(汽水域)はここで、その間は50~100mで浜繋ぎです。

海(前浜干潟)では、アサリ、ハマグリ、シオフキ、マガキ、バカガイ、サルボウ、
カガミガイ、ムラサキガイの8種類を確認。汽水域(河口干潟)ではアサリ、ハマグリ、
シオフキ、マガキ、ヤマトシジミ、ユウシオガイ、サビシラトリ、ウネナシトマヤ、
オキシジミ、コウロエンカワヒバリガイ、イソシジミの11種類を確認しました。

海側は今回が初めてです。汽水域側は何度も採集していますが、バカガイ、サルボウ、
カガミガイ、ムラサキガイは未確認。これは塩分環境による二枚貝類相の違いでしょう。
そして私は汽水域(塩分17‰以下)で、サルボウ、カガミガイ、ムラサキガイを、
1度も捕ったことがありません。たった50~100mの違いですが、とても大きな違いです。

何が言いたいか。海と汽水域は違う。干潟はみんな汽水域ではないということです。
某省の汽水・淡水魚類レッドリストにしても、明らかに海産魚だろうと思われるものが、
数多く載っていたりしますが、海と汽水域の混同や、行き過ぎた拡大解釈が気になります。
内湾・汽水・淡水魚類レッドリストになってやしないかと。弊害が無いとよいですけど…。

ファイル 796-2.jpg
この「ムラサキガイ」は「ムラサキイガイ」との混同がネット上に散見されます。
ワラスボとチワラスボ、タヌキモとノタヌキモ、シムラとニシムラ。みんな違う(笑)。
愛知県RDB2009には、「近年生息が確認できない。大型種で殻は目立つが、
死殻さえ稀である」とあります。この個体は愛知県産です。捕ったときは驚きました。

家に帰って「干潟の絶滅危惧動物図鑑(2012)」を読むと、伊勢湾・三河湾では、
少数個体が復活とあったので、再発見ではなかったですが、一応k先生にご報告しました。
先生によると、伊勢湾・三河湾の二枚貝類の復活は、フジナミガイが出ないと、
本物ではないそうで、今度はフジナミガイを捕ってみたいなと思いました。

ファイル 796-3.jpg
ムラサキガイ3個体とバカガイ(幼貝)を入れていた、ジッパー袋の中にいました。
おそらく一番大きなムラサキガイに入っていたかな。カギヅメピンノだと思いますが、
同定に全く自信がありません。上2個体が雄で、下2個体が雌ぽい。2ペアでいたのかも。

ファイル 796-4.jpg
割と綺麗に撮れていた雌です。甲の丸さと光沢が良い感じ。

ファイル 796-5.jpg
永遠にあいこのジャンケン中。ムラサキガイは海で捕りましたが、持ち帰った3個体を、
汽水魚水槽へ入れてたところ、1個体は1日で食べられ、1個体は3日ほどで死んで食べられ、
1個体は行方不明です。このカニさんも4個体とも行方不明です。やっぱり汽水だからね。

ファイル 694-1.jpg

数時間前に愛知県の汽水域で採集したイガイダマシです。
外来種です。これまで貝殻ばかりでしたが、これは生きていました。
潰してみたらマヨネーズのようでした。お好み焼きに付ける気は無いですが…。

ファイル 694-2.jpg
2週間前に狙っていたアベハゼも捕れました。3個体持ち帰り。
この場所は初めてでしたが、コウロエンカワヒバリやチチュウカイミドリガニなど、
ここも病んでました。この採集で無理をして、腰の完治日が伸びたと思います。

ファイル 694-3.jpg
塩分は7‰あたりでした。マハゼとボラが多く、スジエビモドキと思って
持ち帰ったエビさんは、ミゾレヌマエビでした。塩分が低い証拠ですね。