記事一覧

ファイル 639-1.jpg

愛知県の汽水域で採集したサシバゴカイ目の一種(未同定)です。
ゴカイ類はこの他に6種類ほど未同定があります。汽水域ではカワゴカイ類が多いけど、
この灰色で弱々しいゴカイ類はあまり見かけないです。単に弱っているだけなのかも…。

ファイル 633-1.jpg

知多半島の海で採集(採水)したタンクの生き物のカンザシゴカイ科の一種(未同定)です。
カニヤドリカンザシゴカイぽいのですが、棲管の丸みが弱くて交差しているのと、
河口域や内湾というよりは、流入河川が無い漁港で、塩分の高めだったことから、
近縁種なのかなぁと。ヤドリカンザシって言われれば、そうですか。と言う感じです。
虫体の細部を確認していないので、いわゆる永遠の未同定になりそうな写真ですね。

ファイル 614-1.jpg

三重県の海で採集したウミケムシです。
水面近くを泳いでいました。どっちが表なのかわかりません。

ファイル 614-2.jpg
随分昔に、採集に一緒に行った仲間が、これに刺されて、最初は平気な顔をしていたけど、
1時間くらいして苦しみだし、病院行きな感じだったけど、意地で乗り切ったのを見て、
ウミケムシはかなーり危険な生物だと認識しました。皆さん刺されたら素直に病院へ。
そんなこと言う私も病院へは行かないでしょうけどね。だって結局は自然治癒だもん。

ファイル 595-1.jpg

静岡県の河川で採集したグロシフォニ科の一種(未同定)です。
ヒラタビルの近縁種じゃないかと思っていますが、私に取っては無知の生物です。
希にカワニナ類に着いていますが、これはチリメンカワニナに着いていたような。
こういうよくわからないの、まだまだあるんですよ。つまらないのがまだまだ続きまーす。

ファイル 586-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したビロウドイシビルです。
同定に自信なし。日淡好きが間違えそうな、スナヤツメ種群でありません。
ちなみに、スナヤツメ種群は、無顎類なため、日淡どころか、魚類ですらありません。

ファイル 586-2.jpg
伸縮とくねるのが好きなようです。イシというよりは柔軟。

ファイル 586-3.jpg
小さめな個体。かなり特徴があるのに、何か書けそうで、書くことがない…。
最近、ちょっと時間の使い方が下手で、あれもこれもやりかけになっています。
カワニナ丸最後の記事も、書こう書こうと思って1週間。うーん。あかんなぁ。