記事一覧

ファイル 395-1.jpg

前回は食べられなったカワニナ。滋賀県の水路で捕ってきました(苦笑)。
フトマキカワニナもたくさん捕ってきました。写真はその一部です。よーく見て下さい。
ハベカワニナ、タテジワカワニナ、クロカワニナの要素が入っているように見えます。
さぁ、どれをフトマキにしようかな(爆)。悩んだ結果。一番左のがフトマキに決定!

ファイル 395-2.jpg
左から、カワニナ、フトマキカワニナ、ナンゴウカワニナ、ナカセコカワニナです。
カワニナはミスジカワニナではないか、という突っ込みは、ナシでお願いします。
フトマキはナンゴウにそっくりの個体だと、並べた後で気付きました(失敗したなぁ)。

ファイル 395-3.jpg
塩茹で2分。爪楊枝で綺麗に掘り出せました。よしっ食べよう。
カワニナは本当に美味しいのかな。しかし、ちょっと待て。前回の経験を経て、
一番口にしたくない物体が、たくさんフトマキに入っているのが見えるぞ。

ファイル 395-4.jpg
食べる前に恐る恐る解体してみました。胎殻(胎児殻・胎貝)さんたちの登場です。
なんだかヤッターメカが、メカの素を食べて、ビックリドッキリメカが出た感じです。
タイカク、タイカク、タイカクって言いながら行進。メカは硬いです。バリッジャリ。
これを口にするんだから、ドロンボー一味が自爆スイッチを押すようなものです。
それでも4種ともきっちり食べましたよ。これはもう自虐食です(ドクロ雲)。

カワニナ
 歯応えは良いが、やや苦い。胎殻あり。
フトマキカワニナ
 歯応えは良いが、やや苦い。胎殻あり。
ナンゴウカワニナ
 歯応えはやや硬く、やや苦くて、それ以外の味は薄い。胎殻あり。
ナカセコカワニナ
 歯応えは普通で、極めて苦くて、それ以外の味は薄い。胎殻あり。

えーっと、全部に胎殻が入っとるやんか。メス(ハズレ)ばかりよく選んだもんだ。
肝心のカワニナは、意外にもフトマキとほぼ同じ味で、違いは感じられなかったです。
これまで私が食べた12種と比較しても、カワニナの味は中間的な位置だと思います。
ナカセコは苦さで舌が痺れるくらいでした。これまで食べたカワニナ類の多くは、
苦味があったけど、極苦はナカセコだけなので、これは毒立種として認めます。
それでカワニナとフトマキは同種です。あぁ私は「日本産淡水貝類図鑑1」に踊らされたな。
でも、まだ食べてないのがあるんよねぇ。もう十分頑張ったよと誰か止めて(苦笑)。

ファイル 394-1.jpg

滋賀県の中流域で採集したナンゴウカワニナです。
これもオオウラカワニナと同じ生息地和名で困ってしまうのですが…。
典型的な個体は、他のカワニナ類と比べて、もこもことしています。
ナカセコカワニナと同様にナンゴウカワニナも、あまり興味がなかったのですが、
捕ってからとても興味が湧きました。これは色々な意味で面白いです。

ファイル 394-2.jpg
まだ若い個体です。

ファイル 394-3.jpg
軟体部です。どの種類も軟体部はよく似ていて、
カワニナ類の同定には、使えないかもというのは、わかった気がしました。

ファイル 394-4.jpg
全員集合です。写真2枚の中央付近の長い個体だけは、ハベカワニナです。
同所にはチリメンカワニナがたくさんいました。チリメンはどこでもいるなぁ。

ファイル 394-5.jpg
さて、面白いのはここからです。
これらが捕れたのは同じ狭い場所ですが、なんかバラバラのようにも見えますね。
左下と右下の個体を見て下さい。次体層に弱い縦肋(縦の筋)がやや斜めに走っています。
この2個体は見方によっては、細長くて特徴の弱いナカセコカワニナのようなのです。
中央下は次体層に弱い縦肋はなく、それとは違う螺肋(横の筋)が走っています。
記事最初の写真の個体は、不明瞭な細脈だけで、はっきりしたものはありません。

中央下と右下の個体は、体層の膨らみが全く異なります。
右下の個体はナカセコと言っても良いかもしれないものです。
それでは、この写真の12個体は、ナカセコとナンゴウが混じったものなのでしょうか。

「びわ湖の底生動物」でナカセコは、宇治川に生息するとだけあります。
これはナンゴウのいる瀬田川に、ナカセコの存在を認めていないことになります。
「日本産淡水貝類図鑑1」では瀬田川・宇治川・淀川・琵琶湖疏水に分布し、
かつては琵琶湖(南湖)にも分布していたという記述があります。
また、ナカセコのページにある琵琶湖疎水産は、ナンゴウにそっくりなのです。

結論を言うと、ナカセコ(1929年記載)とナンゴウ(1995年記載)は同種で、
ナカセコの細長いのを、ナンゴウとしたのではないかということです。
典型的なナカセコと比べると、確かに典型的なナンゴウは違って見えます。
それでも1箇所でとても多様な形状があり、両者の中間的という感じのもいることから、
この不明確で些細な違いが、分化途上なのか、生態型なのか、わかりませんが、
差し詰め、ナカセコカワニナ(ナンゴウカワニナ型)とするのが良いかもしれません。

オオウラカワニナでも書きましたが、少なくともナンゴウはS先生が教えて下さった、
独立種としては怪しいシリーズの1つだと思います。色々とご教授頂いた内容から、
私が深く言及すれば、ハベカワニナによく似ているのは、ナカセコカワニナ、
タテジワカワニナ、ナンゴウカワニナ、クロカワニナ、フトマキカワニナ、
そしてクロダカワニナと6種います。ハベカワニナを含めて7種です。
ハベを細分化すれば7種になり、おもっきりまとめれば、ハベ1種になります。

淡水魚で言えばヒガイが良い例です。
現在はカワヒガイ、ビワヒガイ、アブラヒガイの3種いるとされていますが、
「日本のコイ科魚類」でヒガイは細分化されていて、短頭型(トウマル)、
正常型(普通ヒガイ)の内湖型と外湖型、長頭型(ツラナガ)、
黄褐色のもの(アブラヒガイ)、淡紫褐色のもの(カマドヒガイ)の5型2亜型がありました。
後に短~長はカワヒガイ(琵琶湖以外)とビワヒガイ(琵琶湖)の2亜種(後に2種)にされ、
アブラヒガイは独立種とされました。カマドヒガイはしばらく謎だったのですが、
ビワヒガイとアブラヒガイの交雑が、カマドヒガイではないかとされています。
しかし、遺伝的にはビワヒガイとアブラヒガイはほとんど違いがなく、
単純に黒ぽいのをアブラヒガイと呼んでいるだけかもしれないのです。

このヒガイの件と同じように、ハベも独立種までは達していないが、
典型的なのを見比べた場合に、何か違うのでフトマキと呼んでみたり、
色々な呼び方になっているだけかもしれないのです。
今はまだ独立種に成り切れていない、とでも表現すれば良いでしょうか。

こんなのどこでもいるハベだ。ハベの中にある型だ。と分類学的に扱われるより、
15種ものビワカワニナ亜属という独立種が、琵琶湖淀川水系の局所的にいるとすれば、
ここにしかないフトマキだとする方が、琵琶湖淀川水系の環境を守るためには、
極めて大きな役割があると思います。そうした意味では成功だと思いますし、
少なくとも他と変わったのが、局所的にいることだけは、はっきりしているため、
こうしたものを、環境をひっくるめて、大切に守って行くべきだと思います。

あぁ長々と真面目に書いてしまった。気付けば1時間超もこの記事を書いてる。
なんかビワカワニナ亜属のまとめみたいですが、まだ全種を捕っていないので、
その後にまた何か書きたいなぁ(そもそも捕れるのか?)。潜水採集するの怖いよぉ~(笑)。

ファイル 393-1.jpg

京都府の中流域で採集したナカセコカワニナです。
琵琶湖にはもういないビワカワニナ亜属に、最初はあまり興味なかったのですが、
S先生のプッシュもあって、スジ淀川でも捕るかという適当な気持ちで行きました。
タイプロカリティーで捕るのは、面白くないし、気が引けたので、別の場所を探し、
土砂降りの中、適当に川へ入って、5分も掛からず、あっさり捕れました。

ファイル 393-2.jpg
ナカセコを捕って見て、なんだハベカワニナの丸っこくなったやつやん、と思いました。
S先生によると同水域にハベもいるそうですから、種としては成立するのでしょうね。
でも、後でわかりました。ナカセコは間違いなく独立種だと(謎)。

ファイル 393-3.jpg
小さな個体です。体層の縦肋が確りしていますね。

ファイル 393-4.jpg
中瀬古くん全員集合。だいたい典型的な個体ばかりですね。
この場所ではチリメンカワニナ7割、ナカセコ3割くらいでした。

ファイル 393-5.jpg
軟体部です。川の流心部は濁流で、危険な状態にあったため、
結局はスジ淀川どころか、魚を捕ることさえ出来ませんでした…。

ファイル 392-1.jpg

昨日は10円硬貨と1万円紙幣で有名な平等院へ行ってました。

ファイル 392-2.jpg
天気予報は大雨。その通りで土砂降り。風も強かったです。
濁度も高いというか藻濁りで、ウナギは釣れないだろうなぁと思いました。

ファイル 392-3.jpg
右の方に修学旅行ぽい中学生集団。こんな土砂降りでも決行されて大変そう。
それにしても私はなぜ宇治へ行ったのか。勘の鋭い方ならわかりますよね…。

ファイル 392-4.jpg
帰りは滋賀県草津市の某博物館へも行きました。1996年のオープンした年から、
何度か拝館していますが、巻貝の標本展示をまじまじと見たのは初めてでした。
たくさんの標本があって、2つが気になりました。フトマキカワニナはヤマトカワニナ、
オオウラカワニナはタテジワカワニナ(他の可能性もあるけどオオウラではない)です。

大丈夫か!琵○博!っと思いました。たいていの水族館では、魚の誤同定を見つけても、
指摘しないで黙っているのですが、1996年からこの展示は変わっていないと思われ、
14年間もこの状態だと考えたら、何か嫌な気持ちになり、一応学芸員に伝えておきました。
貝類担当のMさんが確認に向かわれたそうで、フトマキカワニナはヤマトカワニナで、
オオウラカワニナはよく調べないとわからない、との留守電を頂きました。
他の展示も皆さんで見直した方が良いかも、という気持ちを込めてこの記事を書きました。

ファイル 389-1.jpg

「日本産淡水貝類図鑑1」に「カワニナは本当に美味しい」というコラムがあります。
カワニナはチリメンカワニナやビワメラニアとは、比較にならないほど味が良いそうです。
そこで二番煎じながら確認もかねて、比較してみようと思いました。
(磯○さんの佃煮に混入していたタテヒダカワニナは試食済みですが…)

写真左から、ハベカワニナ、チリメンカワニナ、ホソマキカワニナ、タテヒダカワニナ、
ヤマトカワニナ、ヤマトカワニナ肋型、オオウラカワニナ、クロカワニナです。
全て琵琶湖産です。ヤマトと同種のヤマト肋型が、味が違うか気になるところです(誰が)。

しかし! 家であれほど増えていたカワニナ(たぶん同居のヤマトカワニナに駆逐された)が、
全くいなくなっており、わざわざカワニナを捕りに行く気も起こらず、
今回は今家にいるものだけ食べることに。このネタは次回もあるかもです(少し嫌)。
だって、カワニナの他にも捕っている、フトマキとカゴメ(顆著)も食べていないし…。
シライシカワニナもたぶん捕ったら食べることでしょう。カワニナより美味いかもよ。

ファイル 389-2.jpg
塩茹で2分。水の色が緑ぽくなって、食欲は落ちましたが、人体実験にはよくある現象です。

ファイル 389-3.jpg
爪楊枝で掘り出すと、意外と簡単に綺麗な状態で出てきました。
ヤマトカワニナ肋型だけ途中で切れてしまいました。

ハベカワニナ
 歯応えは軟らかくて良くない。やや独特の磯臭さのようなものがある。胎貝あり。
チリメンカワニナ
 苦味と旨みの両方とも弱い。たくさんの胎貝あり。
ホソマキカワニナ
 やや苦く、旨みはほとんどなく、歯応えもよくない。
タテヒダカワニナ
 食感はマテガイに近くて不味くはない。胎貝あり。
ヤマトカワニナ
 歯応えが良い。旨みは少なくて苦味が強い。
ヤマトカワニナ肋型
 歯応えが良い。僅かに苦味があるが美味しい。
オオウラカワニナ
 苦味も旨みもほとんどない。胎貝あり。
クロカワニナ
 やや苦味が強くて美味しいとは言えない。

総じてウマクナイ。ヤマトカワニナ肋型だけがマシと言えます。
特に雌には胎貝があり、それを噛むとバリッジャリとし、良く噛めば食べられるが、
貝殻の小さいのを食べているだけなので、とても食べ物とは思えない。

貝の蓋に近い部分だけは、全体的に食感がアワビに近い感じがする。
あまりに小さいので、その食感は数回も噛めば消えてしまう。
ヤマトカワニナ肋型だけは次体層より上部は食べていないため、
まともに食べられたのかもしれない。ようするに奥の方は苦くて不味い。

この結果からカワニナの味がたとえ美味しいとしても、
雌で胎貝がある限りは、少し噛んだ瞬間に、やっちゃった感になるはずで、
雄もしくは胎貝の部分を食べないのであれば、美味しいかもと想像できた。