記事一覧

ファイル 1543-1.jpg

サザナミカワニナ Semisulcospira davisi Sawada and Nakano, 2021
新種記載されました。さわだ君が筆頭著者です。とてもおめでたいです。
第二著者の中野さんは存じ上げませんが、お二方とも大変にお疲れ様でした。
浦部先生がブログでわかりやすく解説されています。原記載のリンクもあります。

写真は模式産地の月出で採集したサザナミカワニナです。解説を書き進めてみましたが、
シンタイプからレクトタイプを指定し、それは不明種でイボは未記載種でと難解なので、
ようするに、イボカワニナと呼ばれていたものは、サザナミカワニナになったんです。
日本産カワニナ属の現生種では、26年ぶり(1995年以来)の新種発見ということですね(凄)。

さわだ君にはビワメラニアの分類やるなら、全種の模式標本を必ず確認しなさいと、
くどいくらい言い続け、2019年にイボのシンタイプ画像を見せてもらったときに、
あぁやっぱりなと思いました。これハベやん。琵琶湖ならばヤマグチかぁ。
それから1年余りで、こんなに素晴らしい論文を、2人で書き上げるとは驚きました。
ベタな調べなあかんところ、みんなやったんで、これなら論文通すしかないやろ感が、
伝わって来ました笑。その分だけ S. multigranosa を不明のままにするしかないよね。

ファイル 1543-2.jpg
イボカワニナと呼ばれてきたものは、種群(種複合体)だろうと思っています。
そのうち深場にいて、胎殻の大きいものが、サザナミカワニナとして新種記載されました。
それ以外も複数に未記載種の疑いが残っています。写真の9個体は広義のイボです。
左上なんかは逆くの字イボと、さわだ君と呼んでいるもので、サザナミとは全然違います。
カワニナ図鑑のイボのページを、サザナミに書き換えるだけでは、事が済まないのです。
そのためカワニナ図鑑は、このブログ記事のリンクだけ張って、放置を続けます。

コセイの方が早く新種記載されると思っていましたが、次々にハードルを作られるので、
発見から10年半も経ちました。それでも諦めずに挑んでくれるさわだ君には感謝しています。
今後も全解明・川蜷の呼吸で、病まない程度に頑張って下さい。引き続き応援しています。

ファイル 1541-1.jpg

2021年1月15日夜~16日未明は、さわだ君、かおるさん、ささき君、西村で採集しました。
1箇所目。クロダカワニナの記録がある場所。私が先に着いたので、1人で探すが全くいない。
3人が到着。こんばんは。カワニナのバッドニュースと、グッドニュースを教えてもらう。
バッドは落胆したが想定内です。グッドの方はとても喜ばしい。近いうちに拝読できるはず。
2箇所目。初めての場所。ニセマツカサガイ三重県中部型とマツカサガイがいました。
3箇所目。ミナミメダカくらいしか見られず。クロダカワニナは諦めて干潟へ向かいました。

ファイル 1541-2.jpg
実は1月2日未明に川ですべって、左の乳首上付近を強打し、泣きそうな痛みで悶えました。
あっ肋骨が折れたなと思いましたが、打ち身によるじわっとした痛みは我慢できて、
特定の動きをしなかったら、激痛はなかったので、採集をそのまま続行しました。
後で色々と調べると、第三肋骨と第三肋軟骨の間くらいが、折れたか変形したと思います。

それから2週間経ちましたが、通常時の痛みはゼロですが、肋骨を動かすと痛みが走ります。
特にくしゃみは肋骨をよく動かすので、もう花粉症が始まった私には辛いです。
病院へ行けよと言われそうですが、過去に肋骨を折った時に、何か手当するわけではなく、
レントゲン撮って折れてる確認して終わりだったのと、感染症で困っている中に、
肋骨折ったくらいで行きたくなかったのと、病院が大嫌いというのが行かない理由です。

さて、前置きが長くなりましたが、ようするに、ハマグリ捕りできる体じゃないんです。
出来るだけ肋骨に負担のない体勢で、鎌を使って短時間集中で10個体を捕り、
その後は座ったり、人の様子を見に行ったり、たまに鎌入れして休みました。
さわだ君はひたすらハマグリ掘り、かおるさんはハマグリ掘りと時々マテガイ、
ささき君はマテガイと少しハマグリ掘りを狙い、予定していた時間を大きく超えて、
約2時間半も干潟にいました。鎌にはビニールテープで、グリップを作りました。
これがあると、すっぽ抜けなくて、握力も弱くて済み、少し掘るのが楽になりました。

ファイル 1541-3.jpg
陸へ上がり、私は左手がビニール手袋の中まで水が入る。匍匐前進したときに、
頭部右半分に波がかぶって、耳から砂が出てきました。さわだ君は胴長水没でした。
左がさわだ君とかおるさんの成果。カガミガイはどうするんだろうなぁ。
右はささき君の成果。マテガイは好きだけど、砂抜きが完全に出し難いのと形がねぇ。
私のハマグリ10個体のうち、5個体はさわだ君にあげました。いつものことです。
4箇所目へ行く話もあったのですが、睡魔との闘いに負けて、帰れなくなりそうだったので、
ここでお別れました。お疲れさまでした。楽しかったです。みんなよく頑張りました。
3人はクロダカワニナの場所へ向かったようです。その後の消息は不明。

ファイル 1541-4.jpg
半日ほどシルト抜きして、いつもの茹ハマにしました。身の中には感じませんが、
外側に少しシルトが付着しているので、1日ほどシルト抜きしておくべきでした。
美味しいですが、考えながら食べると、ハマグリとしては、味と食感は中です。
出汁は5個にしては水を入れ過ぎたので、少し薄めですが美味しいです。
しばらくレンジでチンして楽しむことにします。

ファイル 1536-1.jpg

琵琶湖流入河川(河口域)で、さわだ君が見つけたカドヒラマキです。
ヒロクチヒラマキとの関係が微妙でしたが、こちらによると両者は別種のようです。

ファイル 1536-2.jpg
ざっくり、丸っこいのはヒロ、角ばったのはカド、中間型はカドのようです。
右はカドで良いとして、左は中間型のように見えるので、カドということでしょうかね。

ファイル 1534-1.jpg

2020年12月12日23時頃は濃尾平野の汽水域で、ささき君とシジミ捕りしました。
魚捕りのついでに拾った感じです。ヤマトシジミがささき君の3倍くらい捕ったのですが、
私は同じ場所で11月に捕って食べたので、1食分を残して後は譲りました。

ファイル 1534-2.jpg
1日弱ほど砂抜きをして、茹でて汁と身に分けました。
汁には醤油・ネギ・溶き卵を入れて、さっとかき混ぜて、卵スープにしました。

ファイル 1534-3.jpg
身は醤油に付けて食べました。美味しかったですが、11月よりも身と出汁の両方が、
薄い感じがしました。寒しじみ(1~2月)に近づいたので、美味しくなっていると思ったのに、
ちょっと残念な気持ちになりました。でもあまり苦労なく捕れるのでありがたいです。

ファイル 1533-1.jpg

2020年12月06日は滋賀県で、さわだ君、かおるさん、西村で採集しました。
1箇所目。新調したドライスーツを試します。私はドライスーツを使うこと自体が初体験です。
さわだ君に道具や扱い方など指導してもらいました(感謝)。さわだ君は胴長でカワニナ採集。
かおるさんは見守る係。琵琶湖は水温12~13℃、気温10℃くらい。晴れで弱い日差しがある。
私にはウエットスーツで、1時間くらい余裕な状況ですが、普通の人には辛いかもしれません。

1.下半身は普段着で、上着だけ濡れても良い、長袖Tシャツに変える。2.ドライスーツに入る。
3.ウエイトベルト2つ、ウエイト12.5kg装着しましたが、重くて腰骨が痛くなってきたので、
10kgに減らしました。4.ウエイトベルトに網袋を付ける。5.フード、グローブ、フィン、
カクションカメラ、シュノーケル+マスクを装着する。6.琵琶湖へ入ってバルブから排気する。
ウエットスーツとあまり時間が変わらない気がする。価格は5倍以上しますけどね。

泳ぐと頭と手は濡れるので、一時的に冷たさを感じるが、胸のあたりは暖かいため、
すぐに気にならなくなる。ウエットスーツよりも、少し硬いというか、スムーズではない。
足が浮きやすくて、フィンの推進力が弱くなりやすい。ただ、大きな差ではない。
初めのうちウエイトは、浮いて潜り難かったため、少しスクイーズが起こるほど、
何度か空気を絞り出して抜いたら、10kgが重く感じ、湖底からの浮上が辛くなった。
スクイーズが起こる手前まで空気を抜き、ウエイトは8~9kgくらいで良い気がした。

遠浅の場所だったため、水深3.5mほどしか潜っていないが、底に斜めで泳ぐ体勢は、
足の空気による浮力から、踏ん張っていないといけないため、少しだけ余計な体力を使う。
浮上する際も、スムーズではないため、フィンで底が蹴り難いなど、不安要素が増える。
これらは慣れれば気にならなくなると思うが、湖底近くでの滞在時間は短くなった。
息を止める→下降→湖底を横移動→浮上→呼吸という一連の時間(頑張った場合)は、
ドライスーツ(20~25秒)、ウエットスーツ(30~35秒)、海パン(35~40秒)くらい。

ファイル 1533-2.jpg
陸へ上がったら、左側のフィンが裂けて、バックルが割れていた。
ウエットスーツのブーツよりも、ドライスーツのブーツの方が大きいため、
ストラップバンドの長さを最大にする必要がありました。
シュノーケル+マスク、カクションカメラ、ウエイトベルト2つ、フィン、グローブを外す。
さわだ君にドライスーツのファスナーを開けてもらうと、スーツ内に空気がすっと入って、
凄く解放感があったので、スクイーズするほど、空気を抜き過ぎていたのだとわかった。

ドライスーツから体を出すと、上着はまあまあ濡れて、下半身のズボンもしっとり。
首と手首の両方から、水の侵入があったのだろうと思います。上着を脱ぐ。少し寒い。
タオルで上半身・頭・手を拭いて、濡れていない服を着る。ここでようやく落ち着く。
うーん。私はウエットスーツでいい気がした。あまり新鮮さや感動が無い。

ウエットスーツと比べてドライスーツの良さは、下半身が湿る程度で濡れないので、
着替えがその分だけ楽。40分ほど潜ったが、寒くないので、長く水に入っていられる。
ドライスーツと比べてウエットスーツの良さは、スムーズに動ける、足が浮き難い、
長く潜れる。ドライスーツは胸に吸気バルブがあるため、川の浅瀬で流されたときに、
石にぶつかって壊れる気がした。水中で紐などに引っかかったときも危ない気がする。
動画 https://youtu.be/qv-odzQhok4

ファイル 1533-3.jpg
ホソマキカワニナ、タテヒダカワニナ、ハベカワニナ、イボカワニナ種群、ヌマガイ。
イボカワニナ種群はなかなか良い個体でした。これも早く整理されると良いのだけど。
2箇所目。さわだ君の研究用に、カワニナがいる場所へ。使える場所かは微妙でした。
3箇所目。魚がいない。4箇所目。動画撮影。そして解散となりました。お疲れさまでした。

さわだ君には、使い方や管理方法など、色々と教えてもらい、お陰様で無事に潜れました。
やっぱり海パンが最強だなと。ドライスーツを買ったら、冬場は一択かと思っていましたが、
ぎこちない動きで、安全にウナギが捕れる気がしないので、場合によってはこれまで通り、
ウエットスーツも使おうと思います。慣れればドライスーツに移行するのかなぁ。