記事一覧

ファイル 732-1.jpg

岐阜県の上流域の川原で採集したヤマビルです。
噛まれたことは無いですが、独特の動きで、近寄ってくるのは、かなり怖いです。

ファイル 717-1.jpg

愛知県の田んぼで撮影したウマビルです。
アボカドマスタードではありません。うまくないです。つんつくつんしてもいけません。

ファイル 703-1.jpg

知多半島の海で採集(採水)したタンクの生き物のサシバゴカイ目の一種(未同定)です。
先日はタンクの中に、ミズヒキゴカイと思われる個体が、勝手に育っていました。
触っていたら、気持ち悪くなって、水槽へ放り込みました。写真を撮り忘れて後悔…。

ファイル 688-1.jpg

愛知県の海で採集したマダラウロコムシです。
こういうよくわからない生物は、隠蔽種群なことが多いので、同定に自信なしです。
一般的な認識としては、鱗のあるゴカイみたいなので、良いのでしょうね。

ファイル 688-2.jpg
ちっこい個体です。上と同種か怪しいですが…。
きっと、マダラウロコムシ属の一種、マダラウロコムシ種群、と書いたところで、
漢字は勝手に省略されて、マダラウロコムシだと、思われちゃうんでしょうね。

世間一般に、通説や常識は受け入れられる。一歩進んだ説は凄いねと関心される。
二歩進んだ説はほとんど理解されない。この二歩進んだ説を書くと、何言ってるの?
と言う感じで処理され、苦労と苛立ちが残ります。それをわかっている賢い人たちは、
一歩か二歩戻って、世間一般に合わすのですが、私にはそれが出来ないんですよねぇ。
何年も経った後で、二歩進んだ意味がようやく伝わる。その頃にはそれが通説や常識に。
苦労して草刈りして、道を作る方の気持ちも、わかって欲しいと、少し愚痴ってみました。

ファイル 648-1.jpg

三重県の海でkさんが見つけて私が採集したヒダビルです。
最初は何の仲間かすらわからなかったのですが、干潟の図鑑という本で、
りゅ○こさんらが、紹介されていたような気がして、パラパラと捲ったら判明しました。
鳥の餌になるとは驚きです。胃まで達する前に、食道へ寄生されたら怖いです…。

ファイル 648-2.jpg
水槽に入れてみました。居心地悪そうに動き回っていました。何となく格好いい。