記事一覧

ファイル 544-1.jpg

愛知県の海で採集したニッポンモバヨコエビです。
ニッポンやニホンと付く和名は、外国の近縁種類と区別するためか、増える一方です。
ニホンイシガメ、ニホンアナグマ、ニホンアマガエル、ニッポンバラタナゴなど。
最近ではウナギをニホンウナギと呼びましょうと提唱された方もいますが、
外国もにいるし、和名の基本は不変であるべきなため、私は今のところウナギを使います。
なんでもかんでも日本を付け過ぎです。そのうちニッポンニホンコクになりそうです。

ファイル 525-1.jpg

愛知県の海で採集したフトメリタヨコエビです。
同定に自信なし。ヒゲツノメリタヨコエビの特徴を強くした感じですね。

ファイル 518-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したフロリダマミズヨコエビです。
ナリタヨコエビがたくさんいる中で、変なのが混じっているなと思い、
水温が低い時期だけ湖岸に寄るらしい、アナンデールヨコエビかと期待したのですが、
どうも外来生物のフロリダマミズヨコエビのようです。そんなに甘くないか。

ファイル 518-2.jpg
あんまり萌えないなぁ。高水温になる前にアナンデールヨコエビが捕りたい…。

ファイル 468-1.jpg

三重県南部の汽水域で採集したヨコエビ目の一種(未同定)です。
ポシェットトゲオヨコエビかなと思ったのですが、何か違う気がしたので未同定。
この何か違う。大事なんですよね。未記載種を見つけるスタートはここです。
何でも彼んでも、違うとか言い始めると、相手にされなくなるでしょうけど…。

ファイル 427-1.jpg

琵琶湖の湖岸で採集したナリタヨコエビです。
汽水性ヨコエビ類ですら、同定が難しいのに、淡水になるとお手上げに近いです。
湖岸でも伏流水が出ていそうな水温の低いところで捕れました。