記事一覧

ファイル 1377-1.jpg

2018年8月18日はさわだ君、ササキ君、西村で琵琶湖に潜りました。
日本第五のタニシ科(オオナガ)、某二枚貝類、カワニナ類を狙いました。

1箇所目、海パンマン、09:37~10:52(1時間15分)、1210m遊泳。
写真の右側はさわだ君、その他は私が採集。何とか捕れたものの数がいない。

2箇所目、海パンマン、12:31~13:25(54分)、195m遊泳。
ここは水温躍層が凄い。0~1mは25~28℃、1~5mは24~26℃、6m以深は20℃以下。
海パンマンで6m以深は5秒が限界で、水面に浮上してから、岸へ戻って温まってました。

3箇所目、海パンマン、ササキ君と西村と休憩、さわだ君だけ遊泳。特に何も捕れず。

ファイル 1377-2.jpg
4箇所目、海パンマン、16:39~17:20(41分)、1210m遊泳。
ナガタニシが7個体捕れました。水深5~6mはおらず、3.5~4.5mにいました。
さわだ君とササキ君お疲れ様でした。2人とも深く潜れるし、弱音を吐かないので凄いです。

ファイル 1377-3.jpg
左から3つは4箇所目のナガタニシ。右から2つは1箇所目のオオナガぽいもの。
並べると違いがわかるかと思ったら、全てナガタニシにしか見えなくなりました。
一番右の個体はまだよくわかりません。ヒメタニシにも似ていますが、何か違う感じです。

ファイル 1377-4.jpg
全て茹でました。胎殻が出たのは左から2つだけでした。これはナガタニシですね。


3週末連続で琵琶湖に潜りましたが、オオナガ探しはもういいかな。深潜りはしんどいです。
他に気になる二枚貝が2つほどあるため、それはまた狙ってみたいと思っています。

ファイル 1376-1.jpg

2018年8月12日は要芽さんと潜りました。
1箇所目は琵琶湖です。モリやコセイが捕れました。思っていた成果は無し。

ファイル 1376-2.jpg
2箇所目も琵琶湖です。オトコタテボシガイがたくさんいました。
変なヌマガイを捕って、これも変異の範囲だろうと、逃がしたのですが、
後日にK先生からある情報を教えてもらって、ワーッ!!シマッタ!!ってなりました。

ファイル 1376-3.jpg
3箇所目は余呉湖です。緑水で潜るのに躊躇しましたが、要芽さんと一緒だと、
これはさすがに止めようかぁ、という感じにならず、決行してしまいます。
この謎のパワーに何度助けてもらって、良い成果に繋がったことか。感謝です。

タテボシガイとオトコタテボシガイが捕れ、もしかして未報告しゃないかと、
K先生に伺ったら既知でした…。「御勢久右衛門・川合禎次・紀平肇. (1978)
余呉湖利水に伴う水質・水理の変化と水生生物に及ぼす影響調査報告書.
第4章余呉湖の底生生物. 近畿農政局湖北農業水利事業所.」は凄いです。
余呉湖でナガタニシ、マルドブガイ、カラスガイ、イケチョウガイまで捕れてる。
純イケチョウガイが残っていてくれないかなぁ。これらはたぶん移入でしょうが…。

ファイル 1376-4.jpg
2箇所目でコレを1個体捕りました。胎殻は出ませんでした。

ファイル 1376-5.jpg
日本第五のタニシ科かもしれないと思っています。どうでしょうか。
比較写真として左がナガタニシで右がオオタニシです。


水深は4.5mほどで、岩礁ではないですが、礫底です。ナガタニシは泥底に多いです。
琵琶湖でオオタニシは希で、流入河川は近くにありません。コレそうじゃないのかなぁ。
胎殻を確認したいので、また狙ってみます。でも、深潜りしまくって、1個体だから無理かも。

ファイル 1375-1.jpg

2018年8月4-5日はmaikyさんと琵琶湖に潜りました。
1箇所目。ここは日本第五のタニシ科がいた記憶があり、深潜りするも、殻が捕れただけ。
何も捕らずに水から上がるのは、何か嫌だったので、カワニナ類を拾いました。
チリメン、タテヒダ、ヤマロク、モリ、コセイです。

ファイル 1375-2.jpg
2箇所目。maikyさんがここはいた記憶があるというので、水深5~6mを25回くらい潜りました。
殻がぽつぽつ見られるだけで、生貝が全くいない。なぜだ。とりあえず殻を1つ水揚げ。
ナガタニシよりも丸っこいような。普通のナガタニシのような。よくわかりませーん。

ファイル 1375-3.jpg
3箇所目はウナギ突きの後で、深潜りしようと思いましたが、岩礁ではないので止め。
4箇所目はウナギ突きの後で、10分くらい1~5mで採集。ここも岩礁ではなかったです。

ファイル 1375-4.jpg
4箇所目で捕れた全個体です。上段左からハベ、ハベ、ハベ、ハベ?
下段左からハベ?、タテヒダ、コセイ、コセイ、コセイ?
下段右の個体は、4mくらいの砂泥底で捕れ、次体層の縦肋数が多く見えたことから、
カゴメと思っていましたが、塩素で泥落として数えたら、28本もありました。
だいたい次体層の縦肋数は、コセイ15~24本、カゴメ24~38本です。

ファイル 1375-5.jpg
胎殻はカゴメではなくコセイでした。カゴメよりも浅い場所で捕れましたし、
コセイでも良いのですが、次体層の縦肋数がカゴメと重複することがわかって、
これは使えない計数形質となりました。希に多い個体だとは思いますが…。
その他の3つはハベとしておくしかなさそうな感じです。よくわかりませーん。

ファイル 1374-1.jpg

愛知県の道端で撮影したチャノコカクモンハマキです。
これと同種かもしれないけどね。まぁハマキガ科は種類が多いので…。

ファイル 1373-1.jpg

愛知県の山で撮影したイシマキシロマイマイです。
同定はさわだ君。この和名もチョウシガワメリタヨコエビに通じるものがある。

ファイル 1373-2.jpg
さわだ君が捕った個体。

ファイル 1372-1.jpg

愛知県の道端で撮影したヤナギルリハムシです。
同定に自信はないですが、たぶん合っていると思います。思い入れは無いです。

ファイル 1371-1.jpg

愛知県の海で採集したサヨリです。
上から見たときは、汽水域で見慣れたクルメサヨリかと思いましたが、ここは海でした。

ファイル 1371-2.jpg
7月7-8日の大雨で、伊勢湾流入河川は、大変な水量に成って、未だに木曽川は濁りが取れず、
あちこちの汽水域が淡水化し、汽水魚水槽用の塩水を、汲める場所が無くなりました。
2週間後の7月21日に三重県の汽水域へ行くも、未だに淡水化していて汲めませんでした。
仕方がないので7月22日に愛知県の海(伊勢湾)へ。海は基本的に塩分34~35‰で、
ここは塩分30~32‰が多く、過去に大雨の後に行っても28‰でしたが、この日は26‰でした。
伊勢湾は2週間も経つのに汽水化していました。どれだけ大雨だったか実感しました。

ファイル 1370-1.jpg

三重県の汽水域で採集したチョウシガワメリタヨコエビです。
T.NagaさんAalさん西村の3人で探し、コザヨコエビやヤツメヨコエビと一緒に見られました。
和名から生息地を隠しようがないのですが、この個体は銚子川ではなくS川産です。

ファイル 1369-1.jpg

愛知県の山で撮影したマダニ科の一種(未同定)です。
さわだ君の防護服です。この危なさを忘れちゃダメだ。今月も警戒するぞぉ。

ファイル 1368-1.jpg

愛知県の道端で撮影したセンチニクバエです。
同定に自信なし。ワーってやってます。魚小屋にいたら電撃殺虫ラケットです。