記事一覧

ファイル 1584-1.jpg

2021年7月25日はさわだ君と琵琶湖で採集しました。
1箇所目。水路カメラぶっこみ。2箇所目。採集予定の場所が水草ジャングルで諦め。
その近くの別の場所で、さわだ君だけが潜りました。水温も高いし気持ちよさそうです。

ファイル 1584-2.jpg
3箇所目。2021年5月1日に浅コセイのいた場所。海パンマンで私も潜ります。
表層水温30℃くらいでぬるいけど、底層水温20℃くらいで冷たい。
底にいるカワニナ類を捕るには、水温差10℃を繰り返すので辛い。
浅い場所で歩くと、足首は冷水でしびれてきて、それ以上は暖かくてぬるい変な感じ。
普通は30、27、24、21℃と段階があり、ここまで急激な水温躍層がある場所も珍しいです。
岸近くの波消しブロックで、左ふくらはぎを擦って出血。海パンだと生傷が絶えないです。

ファイル 1584-3.jpg
4箇所目。3箇所目の水温差にさわだ君が危険を感じ、ウエットスーツを着ていますが、
私は退路を断つため、ウエットスーツは持って来てもいません。海パンマンで入ります。
水深5.5mほどまで潜りましたが、ほとんど水温差が無くて、ここはとても楽でした。
多くはナガタニシとカゴメカワニナです。どちらも特徴的な好きな貝です。

ファイル 1584-4.jpg
5箇所目。道路から湖岸へ移動する際に、足元のマダニに気を付けるあまりに、
正面を見ていなくて、イバラの棘がまぶたに刺さり、その痛みで斜面を滑り落ちました。
さわだ君に確認してもらうと、イバラは抜けているようでしたが、左膝は内出血になりました。
動画です https://youtu.be/dsaXy24JZnE

夏場の地面に貝を置いて撮影すると、石焼きになって貝が弱ってしまうので、
水に入れた状態で撮影しましょうという主張があります。直射日光が当たっている場所は、
その通りなのですが、日陰はそれほど熱くなく、撮影する短時間で弱ることはありません。
また、元の場所へ逃がす場合は別にして、たいていは持ち帰って、茹でて標本にするため、
どのみち命を奪うことになります。湖水に浸した状態で、カワニナ撮影したら、
波にさらわれるか、転がっていくか、足で逃げられます。苦労した採集が台無しです。

それと水に入れた状態で撮影すると、水面のゆらぎや屈折で比が狂ったり、
細部がわからなかったりで、良い写真が撮れません。水に入れた状態ではなく、
バットや発砲スチロールなど、白い物の上へ置いて撮影すると、黒っぽい貝は、
より黒っぽく写ってしまい、ガンマ補正させないと、まともに見れません。
黒っぽいアスファルトだと、そんなことしなくても、割と綺麗に写ります。
このような状況になるので、今後も貝は地面に置いて撮影すると思います。
但し、元の場所へ逃がす場合は、直射日光が当たっていない場所を選ぶようにします。

ファイル 1584-5.jpg
3箇所目です。左はタケシマによく似た個体です。右は胎殻がデカイです。
このデカイのはこのあたりだけです。今のところこれらはホソマキとして処理しています。
同定の決め手を聞かれると、分布を重視した総合的な判断としか言いようがないです。

ファイル 1581-1.jpg

2021年7月3日はヤマノカミくんと琵琶湖で採集しました。
目的は先日の暗岩の全貌と、そのカワニナ相、ヒラガマノセガイぽいの探しです。
前回と違うのは、弱い風波があり、網を持たず、岸から暗岩まで直行することです。
‏‎14時07分19秒に入水し、ひたすら泳ぎ続けて、‎14時22分53秒に‏444m沖の暗岩へ両足が着く。
15分34秒間も掛かりました。弱い風波でも沖へ泳ぐのは、かなり体力を使いました。
船も凄い速度で通るので、自分の存在をたまにアピールする必要があって、気も使います。

暗岩の全貌を把握すべく泳ぎます。暗岩は波を打った感じで、水深1~3mと高さが変わり、
その山になる部分は、ほとんどの場所で足が着きました。全体の形状は凹の字のようで、
だいたい100×100mほどの広さでした。岸から最も遠い足が着く場所は459m沖でした。
岸から暗岩へ到着するまでは、水深0~4mで、3m程度の場所が多く、底は砂がほとんどです。

凹の字のへこんだ場所あたりで、湖底から泡が出ているのを目撃ました。
近付いても触っても、水温変化はなかったので、メタンなのでしょうか。わかりません。
ヒラガマノセガイぽいのを探しましたが、ニセマツカサガイ琵琶湖型2個体と、
タテボシガイが山ほどいるだけでした。他にセタシジミぽいのが数個体ほど見られました。
動画です https://youtu.be/BP5KPpKHOyw

ファイル 1581-2.jpg
暗岩全体から無作為に38個体のカワニナ属貝類を採集しました。
前回はフトマキカワニナぽい種類だけでしたが、タテヒダカワニナぽい種類も捕れました(左)。
イボカワニナ種群かサザナミカワニナか、よくわからないのが1個体だけ捕れましたが、
胎殻が出なかったので同定保留中です。中央は西浅井町大浦で捕ったらまずクロだし、
右は高島市高島地区あたりで捕ったらまずタテジワです。でもここは違うんです。

フトマキぽいのは前回のと合わせて、36個体から胎殻が出て、35個体がヤマトそっくりで、
1個体は寄生虫の影響なのか、極小で特徴が出ていないだけで、これもおそらくヤマト系。
フトマキのホロタイプの胎殻とは全て違うものでした。これはどういうことなのでしょうね。
謎は深まりましたが、気軽に行ける場所ではないので、これで調査はひとまず終了です。

ファイル 1580-1.jpg

今日は2021年7月2日です。カワニナ丸で沖の白石!から10年です。
この10年間で瞬間的に、命が危ないと思ったことは、何度もありましたが、
何時間にも亘って、死ぬかもしれないと思い、記憶が鮮明なのは、これ以外にありません。
ようするに、10年間で一番落命の危機でした。サイコロの目に「死」が絶対にありました。
危険度ランキング!は100です。maikyさんは人生で1番辛かったそうです。
体重が2日で2.5kg減ったのは自己最高記録です。今後も塗り替えられないでしょう。

家へ帰ってからも苦しめられました。左眼の痙攣と物が二重に見えることから、
2つの病院へ行きましたが、どちらも原因が不明とされ、2箇月で一旦は治りましたが、
その後に何度も再発して苦しめられました。私は白石病と呼んで持病と思っています。
火傷に近い日焼けで出来た顔のシミは今も残っています。眼も紫外線が原因かもしれません。
これだけ危険を感じて苦しめられても、翌年に行きましたが、もうゴムボは嫌ですね。

10年前に撮影してブログに載せなかった画像をいくつか貼ります。05:00の北船木です。
予定では05:15出航でしたが、maikyさんの遅刻もあって実際は06:30でした。
この1時間半の遅れで、風速7m予報が湖上となり、波で死にかけたと言っても良いのですが、
私も1時間余り仮眠が出来たのと、結果的には生還していますし、良かったのかもしれません。
maikyさんとは危ない目にあっても、死なない気がしています。いつも感謝しています。

ファイル 1580-2.jpg
行きです。この時は白石へ行くことしか頭にありません。

ファイル 1580-3.jpg
期間限定で公開していた動画の4カットです。まだ凪です。

ファイル 1580-4.jpg
帰りです。三角波の突き上げは、未だに体が覚えています。

ファイル 1580-5.jpg
今日のカワニナ丸です。黒のバッグには入らないため、長靴などの下敷きでごめんなさい。
カワニナ丸の完全引退は2011年12月31日で、もう膨らましても壊れている箇所が多くて、
危なくて乗れないのですが、ゴミに出すには抵抗があります。もう少し仮眠してもらいます…。

ファイル 1579-1.jpg

2021年6月27日は琵琶湖でまふゆのうじくんとヤマノカミくんと採集しました。
1箇所目。西村とヤマノカミくんは、某生物を狙って潜る。まふゆくんは見守り。
かなり頑張ったが捕れず。仕方がないのでカワニナ拾い。左が西村、右がヤマノカミくん。
ナガタニシ、ヒメタニシ、カゴメカワニナ、イボカワニナ種群、カワニナ種群など。
2箇所目。まふゆくんとヤマノカミくんが頑張る。西村は休憩。某生物は捕れず。
3箇所目。まふゆくんが頑張る。西村とヤマノカミくんは休憩。某生物は捕れず。
4箇所目。西村だけが頑張る。某生物とカワニナ類を狙っていたがどちらも捕れず。

ファイル 1579-2.jpg
5箇所目。まふゆくんは浅場で撮影。西村とヤマノカミくんは、深場を探して沖へ泳ぐ。
某生物は水深5~6mくらいから、見られることが多いらしいので、その水深以降を目指す。
普通は岸から沖へ100mも出ると、水深5~6mになるが、ここは2~3mほどと浅い。
もっと沖へ泳ぐしかない。途中で4mほどの場所もあったが、なかなか深くならない。

200mほど沖へ出ると、船が航行する場所まで来た。泳ぐ人がいるとは思わないだろうから、
いつ衝突するかという恐怖が襲う。過去には潜って上がったら、目の前に船がいたことも。
350mほど沖へ出ると、砂から岩に変わって、むしろ浅くなって来た。どういうことだ。
400mでついに足が着いた(えっ!!)。水深1mほどしかない。こんな沖に浅場があるとは…。
ヤマノカミくんは少し離れた同所に立っていた。水深1~3mで50×50mの暗岩(暗礁)だった。
画像は動画の切り抜きで、湖底に立っている状況です。琵琶湖岸から406m沖です。

ファイル 1579-3.jpg
これ以上に沖へ行くと、戻れるか不安なため、水深5~6mの場所は諦めました。
暗岩でカワニナ類を拾いました。フトマキカワニナですかね。ヤマト要素もあるような。
動画です https://youtu.be/6Yhm_4F04j0

ファイル 1579-4.jpg
200mほど沖でニセマツカサガイ琵琶湖型ぽい個体を捕っていました。もう少し数を捕って、
406m先の岸へ戻ろうと思い、何度も潜りましたが、タテボシガイしか捕れません。
おかしいなぁ。ニセマツカサガイ琵琶湖型がいるところは、複数が捕れるのだけどなぁ。

もしかして、幻のオトコタテボシガイ(ヒラガマノセガイ)ってことはないよね…。
3人で出水管などを確認するも、確り開いてくれずに、よくわかりませんでした。
タテボシガイ老成個体やニセマツカサガイ琵琶湖型の疑いもあります。
この個体はまふゆくんに譲って、精査をお願いしました。いつかわかるでしょう。

ここでまふゆくんとはお別れ。頑張りましたが某生物は捕れなくて申し訳ないです。
6箇所目。ヤマノカミくんとホソマキカワニナなどを捕って解散しました。
某生物は捕れませんでしたが、謎のイシガイ科が捕れ、暗岩を発見できて有意義でした。

ファイル 1579-5.jpg
暗岩で捕ったカワニナ類の胎殻です。初めはフトマキだろうと思っていましたが、
フトマキのホロタイプの胎殻とは全く違う。ヤマトやクロにそっくりでした。
右上の個体をよく見ると、ヤマトらしい大きな顆粒が、消えかかっている感じがします。
フトマキというよりはヤマトに近い。ただ、左上はヤマトではほとんど見られない色で、
次体層の縦肋は消えかかっているものの、顆粒が小さくて6個くらいはありそうです。
フトマキでもヤマトでもない暗岩固有種なのか。それとも交雑種群なのだろうか。
暗岩の隅々までサンプリングすれば良かったと、家に帰ってから後悔しています。
また行きたいけど、406mも沖なのと、べた凪しか無理なので、いつになることか…。

ファイル 1569-1.jpg

2021年6月5日は滋賀県で、まふゆのうじさん、ヤマノカミくん、ささきくんと採集しました。
07~11時は、まふゆのうじさん、ヤマノカミくん、私で某貝狙って、3箇所で頑張りましたが、
まふゆのうじさんが時間切れでお別れ。その後にヤマノカミくんが潜って狙ってみたり、
更に2時間ほどやりましたが、1個体も捕れませんでした。この貝はやはり最高の難易度。

4箇所目はデメ釣り。5箇所目は私が某貝を狙って潜りましたが、思っていた環境ではなく、
早々に諦めました。初めて潜った場所だったので、カワニナを拾って上がりました。
水温が高くなったので、カワニナの数が多く見られて、泳いでいるだけで楽しかったです。
動画 https://youtu.be/EGjuehqqkbY

ファイル 1569-2.jpg
左はホソマキ、他はいわゆるハベですが、右はフトマキにしておきます。
6箇所目はささきくんが加わってくれて、釣りと観察しましたが、狙いの魚は捕れずでした。
皆さんお疲れさまでした。幻の貝では終わらせたくないので、たま狙いたいなぁ…。