記事一覧

ファイル 1604-1.jpg

2021年9月11-12日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
1箇所目はmaikyさんご所望のナガタニシ属の一種を狙います。
海パンで潜りましたが、冷たいけど何とかなりそう。夕方で底の方は暗くて見えない。
ライトを使ってもスポット的に明るくなるだけで、広く探すには不向きでした。
水深4~6mを何度も潜りましたが、見つかりませんでした。ここいると思ったのだけど…。
写真はニセマツカサガイ琵琶湖型とサザナミカワニナなどです。右2つは同定保留中。

ファイル 1604-2.jpg
ニセマツカサガイ琵琶湖型も上中と下では、だいぶ印象が違います。

ファイル 1604-3.jpg
2~3箇所目はウナギ狙いでした。4箇所目はウナギとナガタニシ属の一種を狙いました。
ウナギをぶら下げた状態で、5~6m潜りを何度も続けて、浮上時の抵抗がしんどかったです。
ナガタニシ属の一種はぜんぜんいないのですが、あっもしかしてと思ったのがこの時。
浮上途中で息は苦しいですが潜行したら、オオクチバス類が暴れて泥を巻き上げ、
見えなくなりました。仕方が無いので、このあたりだろうと思うところで、握って浮上したら、
手にはヌマガイの殻がありました。再び潜る力は残っていなかったです…。
ヒメタニシではないと思ったのですが、ナガタニシ属の一種の殻の疑いはあります。
動画です https://youtu.be/rbcjAUjdi2M

ファイル 1604-4.jpg
1箇所目の胎殻です。左は何なんだ。クロカワニナとヤマトカワニナ肋型の中間は、
場所によっては見かけますが、クロタカワニナとヤマトカワニナ結節型の中間ぽい。
クロやヤマトにしても、胎殻の暗色帯が細く、縦肋が弱い気がする。余呉湖にいそう。
右は予想通り過ぎてつまらない、大きな胎殻が出てきました。好きな貝ですけどね。

ファイル 1595-1.jpg

2021年8月22日は濃尾平野の汽水域で、魚捕りのついでにヤマトシジミを拾いました。
初夏のヤマトシジミの続きです。6~7月中旬(夏・梅雨)には捕りませんでしたが、
この日は気温31℃と夏の暑さで、秋ぽさは全くありませんでした。

ファイル 1595-2.jpg
いつもと同じように、錆びた網に乗せて、1日ほど砂抜きしました。
水から茹でました。白濁具合が弱い。味噌を入れてひと煮立ち、ネギを加えました。
汁を飲むと味が薄い。シジミの味も薄い。ただ、身が大きくプリプリはしていました。
佃煮など濃い味付けする料理だと、夏のシジミは向いているかもしれません。

ファイル 1590-1.jpg

滋賀県の道端で撮影したヤマタカマイマイです。
ニッポンマイマイだと思ってツイートしたら、すぐに誤同定の指摘を頂きました(感謝)。

ファイル 1589-1.jpg

2021年8月15-16日はささきくんと琵琶湖で採集しました。
ウナギ捕りついでにカワニナ拾いもしました。1箇所目。やすを岸に置いて採集。

ファイル 1589-2.jpg
捕ったカワニナ類は、海パンのファスナー付きポケットへ入れているので、
浮きながら入れていると、前のが出て来てしまうため、あんまりたくさんは捕れません。

ファイル 1589-3.jpg
左がナガタニシ、右がヒメタニシです。よく似ていますよねぇ。
琵琶湖で捕ったヒメタニシを、ナガタニシだと思っている方が、ネットで散見されます。
岸近くで潜らずに捕ったら、まずヒメタニシです。浅いところにナガタニシはいません。
私がヒメタニシとしているものも、シナタニシの疑いはあるのですけどね。

ファイル 1589-4.jpg
2箇所目。ウナギも捕れておらず、体力もあったので、予定より遠くへ泳ぎました。
右上はモリカワニナと思っていますが、典型的ではないので難しい個体です。
胎殻はヤマト2個体からしか出ず。寄生虫がいくつか出てきました。時期的に多いのかな。

ファイル 1589-5.jpg
1箇所目の胎殻です。左はナカセコみたいなカワニナ種群(旧来チリメン形態)、
中央はクロカワニナ、右は親オオウラの胎殻タテヒダですね。大浦産ではないです。

ファイル 1585-1.jpg

2021年8月1日はmaikyさんと琵琶湖で採集しました。
ウナギ捕りついでにカワニナ拾いもしました。この場所は前から行きたかったのですが、
駐車してから容易に湖へ入れる場所が無く、少し諦めて後回しになっていました。
今回は遠くに駐車してから、ウナギを探しながらどんどん泳いで、目的水域へ辿り着きました。

海パンに引っ掛けた網袋に、61.5cmのウナギが入って、股下で動いています。
左手にライト、右手にやすを持った状態です。潜行しようとすると、股下のウナギが抵抗し、
重く感じます。5mくらいまで潜って、底近くを横へ移動すると、水草が絡んできます。
やすを持った状態の右手だけで拾う。大変です。普段の海パンマンよりも息が持ちません。
コセイカワニナを見つけたのですが掴みそこなう。その後に潜る体力は無くなりました。
動画です https://youtu.be/lEIdJTa1Ix0

ファイル 1585-2.jpg
モリカワニナ、ヤマトカワニナ肋型、タテヒダカワニナです。
車へ引き返す体力を残すと、これが限界でした。もう少し深潜りしたかった…。
胎殻は左端からしか出ませんでした。初夏ならば他の個体からも出たのかなぁ。