記事一覧

ファイル 1817-1.jpg

2023年12月9日は琵琶湖で、maikyさん、ささき君、西村で採集しました。
目的はカワニナと魚ですが、カワニナは次の記事、魚は写真掲示板へ載せます。
本当はmaikyさんとタガメ探しの予定でしたが、諸事情で奥の洲探検へ変更になりました。
先週も奥の洲へは行ったのですが、渇水は続いていて、歩いて3洲へ行くことに。
ささき君も参加してくれました。琵琶湖の水位は(2023/12/09 15:10)-0.72mです。

海老江駐車場へ着くと、満車の上に周辺の道路まで、車が列になって停められていました。
先週の10倍以上で、花火大会の近くにでも来たような感じ。ただ、車の出入りは多くて、
すぐに空いて停められました。私達のように採集などの確りした目的があるわけではなく、
物見遊山の方が多いでしょうから、奥の洲へ行って写真を撮って、すぐに戻られるのでしょう。

奥の洲はカワニナ丸(1)カワニナ丸(2)泳ぎで、過去3回行っていますが、
奥の洲の北西側(北西洲)と北側(北洲)にも洲があり、それらは1回しか行けていません。
ここが陸と繋がることは滅多になく、1994年琵琶湖大渇水(-1.23m)では、
関西テレビの動画だと、奥の洲と北西洲は繋がり、北西洲と北洲は繋がっていません。
今回はその北洲へも徒歩での到達を目指しました。深みがあったら終わりな予感…。

奥の洲あたりは「滋賀県琵琶湖のヨシ群落の保全に関する条例」によって、
ヨシ群落保護地区とされています。主に「ヨシ等の採取または損傷」が禁止されていて、
違反者には20万円以下の罰金。そのためヨシ等を損傷しないように気を付けて行動しました。

写真1上は15時過ぎ頃。奥の洲への入り口。モンサンミッシェルとも呼ばれていますね。
左から竹生島、奥の洲、北西洲です。北西洲の奥には葛籠尾崎や海津が見渡せます。
写真1下は奥の洲内から陸方向です。足元にはオニビシの果実がたくさん落ちていて、
私は気を付けていましたが、ささき君とmaikyさんは胴長を貫通して刺さったようです。

ファイル 1817-2.jpg
写真2上は奥の洲から見た北西洲。奥の洲からは陸で繋がっていません。
太腿くらいの水深のところもありましたが、探り探り歩くようにして到達できました。
写真2下は北西洲内から奥の洲方向。特に何もありません。

ファイル 1817-3.jpg
写真3上は北西洲から北洲への移動中。不安でしたが浅いところを探して行けました。
写真3下は北洲内から陸方向。ここは鳥の糞で植生と地面は白くなっていました。
臭いもきつかったので私は先へ進めず。ささき君は一周していました。

ファイル 1817-4.jpg
写真4上は北洲から見た奥の洲(左)と北西洲(右)。日が暮れないうちに戻ります。
写真4下は北洲から見た北西洲と竹生島。夕日と島嶼と湖面が綺麗でした。

ファイル 1817-5.jpg
写真5上は北西洲から奥の洲への移動中。撮影の邪魔になっていたらすみません。
写真5下は奥の洲へ戻って来ました。多くの方が夕日を撮影されていました。
暗くなってから奥の洲の横を車で通ると、ライトを着けている人がたくさんいました。
風景の撮影も厳しいでしょうし、何を目的に夜行されているのか気になりました。


4回の奥の洲採集を地図にまとめました。今回は黄色のところを歩きました。
探検中はほぼ無風で凪でしたが、琵琶湖で湖流が発生していました。
動画 https://youtu.be/BtJb7nOrUa8 これを流れに逆らって泳ぐのは大変そうです。
maikyさんとささき君ありがとうございました。お陰様で良い採集が出来ました。

ファイル 1816-1.jpg

2023年12月2日は琵琶湖とその周辺でS. libertinaくんとカワニナ採集しました。
採集編です。風景編の近江中庄駅からS. libertinaくんを乗せて移動します。
学名がハンドルは珍しい。色々と検索すると、S.は Semisulcospira の省略ですが、
原記載は Melania で女性の名前。libertina は女神Venus(ウェヌス=ヴィーナス)の
沿え名で解放女奴隷のようです。うーん。S. libertinaくんの略称が思いつかない。

1~2箇所目は撮影のみ。3箇所目は初めての場所、ドライスーツ、13:38~13:58(20分間)。
アンクルウエイト0.5kg×2は、琵琶湖のカワニナ採集でも、潜りやすいことがわかった。
足が浮かずに少し沈むので、フィンで水面をバタバタと叩かず、推進力が上がる。
潜っても水面へ足が引っ張られる感覚が無く、普通に移動できて浮上時に頭から上がれる。
よって、ウエットスーツに近い動きが出来る。但し、干して乾かすのに2日間は掛かる。

ファイル 1816-2.jpg
ナガタニシ、タテボシガイ、ササノハガイ、タテヒダカワニナ、イボカワニナ、
サザナミカワニナだと思います。ケショウカワニナも混じっているかもしれません。
動画 https://youtu.be/0gfttawu0Xc

ファイル 1816-3.jpg
4箇所目は4年前にさわだ君に案内してもらった、クロダカワニナが生息する場所。
了解を得てS. libertinaくんが採集。クロダカワニナはまだ生息していました。
縦肋が確りしているのは、イボカワニナではないかと、その場では思っていたけど、
今見ると何とも言えないなぁ。胎殻を確認したいところ。左下はカワニナ種群。
他はオオタニシとミナミタガイかな。鉄分の付着が酷くてわからないと逃げ口上。

ファイル 1816-4.jpg
5箇所目はS. libertinaくんが採集。狙っていたタテジワカワニナが捕れました。
6~7箇所目はヤマトカワニナ種群。8箇所目は写真のモリカワニナを捕りました。
トキタマカワニナとオオウラカワニナぽいのもいます。ここで私は岩で滑って、
左手小指付近を強打。非常に痛かったですが、男の子なので我慢(ジェンダーバイアス)。
全ての採集を終えて、S. libertinaくんを駅へ送って、お疲れ様でした。楽しかったです。

家へ帰ってだんだん左手の痛みが強くなる。寝ていても痛みで起きてしまう。
赤くなって腫れてグローブ状になってきた。病院大嫌い男の子ですが、骨が折れていると、
色々なところに報告の必要があるので休日診療へ。折れてませんでした。捻挫全治1週間。
2日経っても少し痛みと腫れで、小指が手の平に着けず、グーとチョキが出来ません。
このままでは、じゃんけんに勝てる気がしないので、早く治って欲しいところです。

ファイル 1816-5.jpg
3箇所目の胎殻です。左はイボカワニナ、中はサザナミカワニナ、右はタテヒダカワニナかな。
タテヒダはあまり自信がないです。昔ならばイボとして処理していたと思います。

ファイル 1815-1.jpg

2023年12月2日は琵琶湖とその周辺でS. libertinaくんとカワニナ採集しました。
その前に気になっていたところを、1人で撮影していたので、風景編として記事にします。
1箇所目は米原市磯です。琵琶湖の水位は撮影時(2023/12/02 09:50)-0.69mでした。
2023年5月21日と比較すると、磯(写真下)は露岩している部分が広いです。
磯沖暗岩(写真上)はもしかすると、磯沖洗岩になっているかもと、淡い期待をしていましたが、
それは見られず、4つある灯標の基礎が、2つ露出(写真中央)していました。
ちなみに、写真上は多景島、磯沖暗岩、虹、竹生島です。

ファイル 1815-2.jpg
2箇所目は奥の洲です。カワニナ丸(1)カワニナ丸(2)泳ぎの3回行ったことがあります。
今は渇水で道が出来て、歩いて行けるようです。写真上はよく見ると2人が奥の洲にいます。
写真下を見ると洲は3本あり、奥の洲の奥の洲(西)にも、渇水が進むと陸と繋がりそうです。

ファイル 1815-3.jpg
近江中庄駅です。S. libertinaくんと合流。
ここまで濃い色の虹は久しぶりだったので撮影しました。

ファイル 1815-4.jpg
虹の根本が竹生島です。この日は小雨が降ったり止んだりの繰り返しで、
北陸地方の初冬に多い不安定な天気で、朝から夕方まで虹が何本も見られました。

ファイル 1815-5.jpg
夏場に水面下だった場所が、渇水で露出していました。
水のないところにカワニナ類も見られ、渇水と乾燥が続けば死んでしまうことでしょう。
南郷洗堰が出来る120年くらい前の琵琶湖は、もっと水位変動が激しかったと思うので、
それを生き抜いて来た生物には、渇水による悪影響の程度は低いかもしれません。
ただ、このままだと人は取水制限で、少し水止めたろか。が現実になる恐れもありますね。

ファイル 1814-1.jpg

愛知県の河川敷で撮影したルリミズアブです。
前に撮影したキアシセスジオドリバエかなと思ったら違っていました。

ファイル 1813-1.jpg

2023年11月25日は京都府北部でさわだ君とカワニナ採集です。
某文献にイボカワニナとされているものが、クロダカワニナの誤同定ではないかと思い、
シゲさんからも有力情報を教えて頂いて(感謝)、さわだ君と京都府北部へ行くことにしました。

京都市のさわだ君宅へ向かいます。この時期は紅葉シーズン真っ只中で、
道が混んでいて2時間20分も掛かりました。到着するとさわだ君とかおる(奥)さん。
そしてささき君が。えっ。まず京大11月祭へ。身重で送迎して下さったかおるさんに感謝。
さわだ君、ささき君、西村の3人で、吉田寮を通り過ぎて、淡水生物研究会の展示室へ。
ヤマノカミ君が待っていてくれて案内してくれました(感謝)。わかりやすくて良かったです。
S. libertinaくんがカワニナ類を生体展示していて、貴重な種類ばかりですが伝わったかな。

3人で京都府北部へ。この日のためにスタッドレスタイヤに換えてきました。走り難い…。
1箇所目はカワニナ種群はいるけど、イシマキが多くて肩身狭そうな環境でした。
2~3箇所目はダメ。4箇所目(写真)はさわだ君がクロダカワニナが捕れたと喜んでいたので、
見せてもらったらカワニナ種群でした。うむ。弘法にも川蜷の誤り。

ファイル 1813-2.jpg
5~6箇所目はダメ。7箇所目は本流でカワニナ種群が1個体だけ捕れました。
さわだ君は支流へ入って、カワニナ種群を数個体ほど捕っていました。
8箇所目はシゲさんに教えて頂いた場所。3人胴長で探しましたがカワニナ類はおらず。
私が潜ることに。ドライスーツ、17:26~17:39(13分間)、354m遊泳。
貝殻1つ見つからなかったので、水辺の工事で環境が変わって、絶えたのかもしれません。

ファイル 1813-3.jpg
9箇所目はさわだ君が数箇月前にクロダカワニナを捕った場所。案内してくれて感謝。
前回に見られた場所はほとんどいなかったようで、少し離れた場所で捕れました。
ただ、ここも工事の影響がありそうで、局所的にしかおらず、風前の灯火かもしれません。
10~12箇所目は魚捕りでしたが、12箇所目でカワニナ種群がたくさんいたので採集。

京都府北部から京都市へはささき君に運転をお願いしました(感謝)。
ささき君さわだ君お疲れ様でした。みなさんお世話になりました。良い日でした。
帰宅したのは翌日01時、往路と同じ道で1時間28分、全走行距離は514.2kmでした。

ファイル 1813-4.jpg
某文献でイボカワニナとされているものは、カワニナ種群の誤同定かもしれません。
仮にクロダカワニナだとしても、見つからずに記録も無いので、絶えたかもしれません。
4・7・9・12箇所目の胎殻です。カワニナ種群は4つとも違うようにも見えますね。
分布域的にはL1(キタノカワニナ)ですが、移入もあると思うので何とも言えません。

クロダカワニナの胎殻は、他の地方のと比べると、やや小さくて数が多く、
暗色帯が無いもしくは薄くて細いです。親殻の殻底肋も豊川産のようにやや多いかな。