記事一覧

ファイル 212-1.jpg

三重県の汽水域で採集したヒラアオノリです。
海藻ぽく見えますが汽水藻です。ヤマトシジミの多いところに生えていました。
写真の藻が捕れた場所へ昨日夜に行き、ヒラアオノリとシラウオも捕れました。
塩分は舐めたら淡水(おそらく塩分3‰以下)に近かったです。淡水藻?

ファイル 211-1.jpg

汽水域で採集したケハダヒザラガイです。
どこかで捕ったマガキと一緒に、私の汽水魚水槽へ侵入したものと想像されます。
非意図的な飼育です。それも汽水魚飼育の面白いところです。

ファイル 197-1.jpg

三重県の汽水域で採集したオゴノリです。
この海藻をバケツで洗うと、ガンテンイシヨウジやモズミヨコエビが出てくるので、
ついたくさんむしってしまいます。サンゴタツも出るイイポイントです。

ファイル 197-2.jpg
水槽に入れてもカニさんの餌になるのか、しばらくすると消えてしまいます。

ファイル 193-1.jpg

三重県の汽水域で採集したイイジマヒラムシです。
飯島さんだと思いますが、間違っていたらすみません。

ファイル 193-2.jpg
飯島さんの裏側を見た気がします。引っくり返してすみません。

ファイル 193-3.jpg
のびま~す。きも~い。飯島さん。。。すみません…。


追記 2009年9月13日
nishiさんのご指摘により、イイジマヒラムシではなさそうです。
多岐腸目の一種(未同定)と変更しました。ご指摘ご教授ありがとうございました。


追記 2023年1月26日
ぷらなさんにニセスチロヒラムシ類(Pseudostylochus属)と教えて頂きました(感謝)。

ファイル 187-1.jpg

三重県の汽水域で採集したアマモ(リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ)です。
汽水域にコアマモは多いのですが、このアマモはなかなか見られません。
水槽に植えると忽ちタカノケフサイソガニやユビナガホンヤドカリに食われてしまいます。
写真のアマモの場所は、埋め立てするとか聞いたけど、今どうなっているんだろう…。
汽水に行きたいなぁ~。そろそろミズグチの看板が見たくなってきたぞ(謎)。