記事一覧

ファイル 1699-1.jpg

2022年10月22日は琵琶湖とその周辺でさわだ君とカワニナ拾いしました。
1箇所目。人目が多くてやり難い場所だったので諦めて、2時間近くカワニナのお話。
2箇所目。過去にビワコドブシジミを捕ったことがある場所。全くおらず。

ファイル 1699-2.jpg
3箇所目。狙っていたクロダカワニナは非常に少ない。左からトキタマカワニナ、
クロカワニナ、クロダカワニナ、ハベカワニナ、カワニナ種群(チリメンカワニナ形態)。
こんなの全部一緒やんと思った方。正常です笑。私達が異常なのです。

ファイル 1699-3.jpg
4箇所目。さわだ君と初めて会った2016年7月24日の5箇所目です。
「ここのカワニナは未だに種類がよくわからない。ハチ並に怖い」と書いています。
6年3箇月経ちました。さわだ君はサザナミカワニナなどを新種記載して、
すっかりカワニナの人になりました。前とは違うスキルで改めて同定してみましょう。
「よくわからない」でした。私も同じです。クロ要素は強そうに見えるけどね。

ファイル 1699-4.jpg
5箇所目。過去に縦肋の弱いモリを捕ったことがある場所。
さわだ君はドライスーツ、私はウエットスーツ、11:38~12:14(36分間)に潜りました。
もう少し長く潜るつもりでしたが、さわだ君が見当たらなくなったので探していたら、
陸へ上がっていました。深く潜ると鼻のあたりが痛くて、潜れなくなって上がったそうです。
私は血まで出た経験があるサイナススクイーズ(副鼻腔痛)です。気持ちわかる。
動画 https://youtu.be/Xv506v43CT0

右上がさわだ君、左上が私の採集。縦肋の弱いモリは捕れませんでした。
同定大会をして下の7種類がいることがわかりました。右4つはまぁいとして、
左3つは典型的な個体を除いて、識別できる自信が無いです。
私はナガタニシ属の一種を捕ったのですが(白いバットの中央付近)、
さわだ君にヒメタニシだと言われ、いやいやヒメタニシは何個体かいたけどこれは違うよ、
と意見が合わず、どこかでヒメタニシを捕って、比較することになりました。

ファイル 1699-5.jpg
6箇所目。3箇所目のすぐ近くでヒメタニシを捕って比較してみました。
ナガタニシ属の一種で合っているということを、さわだ君も認めてくれました。
何がどう違うと言われると、変異幅のことを考えると、私も困ってしまうのですけどね。
ここで解散です。お疲れ様でした。楽しかったです。魚捕り何もしていなかった…。
いつものことですが、さわだ君とは採集よりも、立ち話している時間の方が長い気がする。

ファイル 1697-1.jpg

滋賀県でさわだ君が採集したコハクオナジマイマイです。
滋賀県では移入だそうです。私は陸にいる貝には興味を示さないようです。

ファイル 1693-1.jpg

2022年9月25日は琵琶湖とその周辺でした。
カワニナ採集は予定していませんでしたが、暇だったのでカワニナを撮影しました。
カワニナの生態撮影は楽でいいね。小魚は上から適当に撮影してもうまく撮れない。

ファイル 1693-2.jpg
カワニナ種群(チリメンカワニナ形態)とヒメタニシですね。
琵琶湖の浅場で捕れたヒメタニシを、ナガタニシと誤同定している場合が多い印象です。

ファイル 1693-3.jpg
カワニナ種群(チリメンカワニナ形態)とハベカワニナです。
このあたりはクロダカワニナもいたはずだと思っていたら、右から4番目はそうかも。

ファイル 1691-1.jpg

2022年9月10日は琵琶湖でさわだ君とカワニナ採集、11日はmaikyさんとうな潜りしました。
1箇所目。待ち合わせ時刻の30分ほど前に到着したので、1人でカワニナ採集しました。
日中は石や消波ブロックの裏に隠れている個体が、夜になると上へと這い出てきます。
特にヤマトカワニナ系はその傾向があって、とても捕りやすくなります。
ここはトキタマカワニナが多く、ヤマトカワニナが少し混じる程度でした。

ファイル 1691-2.jpg
さわだ君が到着。ウナギはいないと思うけど、やすを持って入水。さわだ君は徒手採捕。
海パン、10日19:35~20:22(47分間)、387m遊泳。先週末にハリーさんへお貸しして、
大量の水が出て来た水中ライトに、防水ゴム部分へグリセリンを塗って隙間を無くし、
使って見たところ、5分くらいで暗くなって浸水。水を抜くとしばらく使えましたが、
何度も消えかかるので、別の水中ライトと交換しました。これはもう駄目でしょう。

ウナギは全く見られないので諦めて、カワニナ採集に切り替えようと岸へ近づいた時に、
やすで右足脹脛あたりを誤って刺して出血。ダイビング用ソックスも貫通していました。
こういう怪我には成れているのでカワニナ採集を続行。写真はその時に捕った個体。
ホソマキとタテヒダの中間型、ハベ、ヤマト、トキタマという感じでした。

ファイル 1691-3.jpg
2箇所目。海パン、10日21:15~21:45(30分間)、298m遊泳。さわだ君はドライスーツ。
ここは狙っている種類がいて、それだけを探し続けましたが、私は捕れませんでした。
左が私の成果ですが、6個体は目的の種類ではないです。右がさわだ君でこちらも捕れず。
この採集で琵琶湖淀川水系調査は402箇所で、そのうち潜水は200箇所となりました。
余呉湖3+北湖179+南湖11+内湖5+瀬田川2=200箇所潜り。瀬田川を増やしたいなぁ。
動画 https://youtu.be/8Gpexr_g6ns

3箇所目。今年3月に何も捕れなかったが、昔に興味深い個体が捕れていたので、
時期を変えて再び狙います。岸沿いを歩いて探してみる。すると右足に激痛(イタイ!)
コンクリートの破片から錆びた針金が飛び出し、それがサンダルを貫通して右足裏に刺さる。
引き抜いてからはあまり痛くなく、またよくある怪我だと流そうと思っていたら、
さわだ君から破傷風の心配をされる。錆びた釘とかは危険。病院へ行った方がいい。
ワクチンを打った方がいい。体験談も説明してくれる。最悪は死ぬこともあるらしい。
とても不安になる。ただ、病院が大嫌いなので、この場での判断は持ち越すことにした。

ファイル 1691-4.jpg
4箇所目。さわだ君の案内でトキタマカワニナの模式産地へ移動。
記載論文にある場所と少しだけ違いました。記載論文の場所はヤマトがほとんどでした。
00時も過ぎて解散となりました。さわだ君お疲れ様でした。楽しかったです。
その後にmaikyさんと合流。5~6箇所目はウエットスーツでうな潜りして帰宅となりました。

ファイル 1691-5.jpg
左は1箇所目のタテヒダ、中央は2箇所目のハベかなぁ、右は4箇所目のトキタマ。
11日夜にさわだ君から足のお怪我お大事にとあって、もうこれは病院へ行くしかない感じに。
私は大丈夫だと思っても、心配してくれる人を、安心させるためにも行くしかないです。
ちなみに、やす(これも鉄錆)で刺したところは化膿して痛くなっていました。

病院へ行きました。受付整理券入手→受付→整形外科→症状記入→外科へ行けと→
2階へ移動→再び症状記入→看護師問診約20秒→医師診察約45秒(目視のみ)→1階へ移動→
セルフ精算機→注射約45秒。約1時間55分。これで医療事故は起こらないのだろうか。
沈降破傷風トキソイドの注射は、コロナワクチンの何倍も痛かったです。それも10分くらい。
子供の頃に4回もよく我慢したと思う。翌日に副反応なのか歯痕舌が出来て少し痛む。
それでも落命の危機を脱したのであれば良かったです。病院はしばらく行きたくないでーす。

ファイル 1690-1.jpg

岐阜県の道端で撮影したナミコギセルです。
現地ではナミギセルかなぁと思って、家へ帰ってキョウトギセルかもと思って、
さわだ君に教えてもらったらナミコギセルでした。同定に感謝です。

ファイル 1690-2.jpg
桜にミノムシのように、ぶらさがっていました。