記事一覧

ファイル 621-1.jpg

2011年12月24日の11時30分頃にkさんと干潟で採集しました。
クリスマス・イブに泥と御戯れ。普通の良識ある方であればやらないでしょうね。
潮はあまり引いていないが、汽水域ではそこそこ魚も捕れて、目的は達成しました。
海側で二枚貝を探ると、アサリは僅だったが、ハマグリがぽつぽつと捕れた(おっ)。
23時30分頃であれば、潮はめっちゃ引くので、もっと容易にたくさん捕れるはず。

一旦家へ帰って寝る。雪も降りそうで迷ったが、自虐的で面白そうなので決行。
こんなクリスマスもありでしょう? 23時30分頃に再び同じ干潟へ。本気で掘る。
思ったより捕れない。こんなもんだよね…。ムキになって掘っていると0時に。
気温は約4℃、風が強い、泥だらけ、干潟でメリークリスマ~ス。何か文句あっか(笑)。
2人で3時間も本気でやって写真の貧果。こんなはずじゃなかったんだけどね…。
帰り道はみぞれが降ってきました。ホワイトでもないグレークリスマスだな。

ファイル 621-2.jpg
汽水域で捕れたユビナガホンヤドカリ。触角が極端に長いので、
別の種類ではないかと疑っているが、決め手が無いので、同種だろうね。

ファイル 621-3.jpg
ここでは初めてトリウミアカイソモドキが捕れました。
すぐ名前が出てこず、汽水不足を実感しました。カワニナは過剰だけど。

ファイル 621-4.jpg
写真が私の取り分です。ハマグリ7個体とアサリ1個体。
ちなみに、ハマグリは砂抜きは不要。これまで何度も捕って来てすぐのを食べました。
ジャリっなんて1回も記憶にありません。アサリやヤマトシジミは砂抜きが必要。
ネットで検索すると、出るわ出るわ、ハマグリの砂抜き。ほとんどは思い込みかと。
これをウナギにまで応用して、ウナギの泥抜きなんていうのが、出てきちゃうのかな。

アサリが1個体いたため、汽水を入れたバケツへ、18時間くらい入れておきました。
バケツから貝だけを取り出したところ、砂粒は見つかりません。アサリも無かったみたい。
糞はたくさん見つかりましたが、これを砂と勘違いしているのかなぁ。肝心な味ですが、
アサリは文句無しでしたが、ハマグリは美味しいんだけど、少し干潟風味でした…。

ファイル 489-1.jpg

今更なので、あけ(中略)ます。
今日はちょっと風邪気味で、記事を面白くしようとする、意欲がありません(謝)。
1月2日23時30分~3日03時は汽水域でカワニナ捕りしていました。
マシジミがたくさん捕れるので、そういえばマシジミの味噌汁は
食べたことないなぁと思って、持ち帰ることにしました。
これだけの量が20分くらいで捕れました。ヤマトシジミも少し混じっています。

ファイル 489-2.jpg
十分に砂だしをして、今夜に味噌汁で食べてみました。
味噌は「サンジルシの料亭赤だし」です。これが名古屋人の一般的な味噌かも。
シジミ味噌汁の味は、想像していた通り、汁と身ともに旨みが薄かった…。

シジミやアサリは基本的に殻幅の薄い(膨らみが弱く平たい)ものが美味しいです。
スーパーでは殻幅の厚くて大きいものが、たいてい高価ですが、味は普通です。
それよりも小さくて良いので、殻幅の薄いものを選ぶと、きっと当たりますよ。
そういう基準で言えば、このシジミは殻幅が厚く、大きいだけなんですよね。
まだ冷凍庫に残っているので、次は水少なめで、濃いめの吸い物にします…。

ファイル 489-3.jpg
大晦日の忘年会で余った食べ物たちです。毎年たいてい私の物になっています。
左上から「鮭とば」「里の曙」「しるこサンド」「ミックスナッツ」
「崎陽軒シウマイ」「イカの塩辛」この6品の他に「草加せんべい」と
「ポテトチップス スーパービッグ 500g」は、3日にタロベエさんにもらって頂きました。
開封したので短期間で食べ切れません…。他に「ビール」と「チューハイ」は既呑。

「里の曙」は一昨年の忘年会も、かっちゃんさんが持って来て下さり、
とても美味しい焼酎なのですが、一気に消費するのは難しく、だいぶ残ったため、
昨年1月は私の晩酌に活躍しました。今年も1ヶ月くらいかけてありがたく頂きます。

「しるこサンド」は名古屋名物とも言えるようなビスケットで、
一時期かなり嵌って、たくさん食べていたら、太ったので最近は控えています…。
先日の名古屋風たこ焼きの他にも、名古屋名物はまだまだあります。
私の生まれた大垣にも名物はあります。また機会があったら紹介しますね。

ページ移動