記事一覧

ファイル 1450-1.jpg

2019年10月19-20日は琵琶湖で採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2回潜り4箇所でカワニナ拾いしました。
1箇所目。岸から100mほど沖に出ても、水深4mくらいで、カゴメとかはいなかったです。
コセイとハベの区別がつかないものが多くて困りました。
https://youtu.be/v4q-M2em4uE

ファイル 1450-2.jpg
2箇所目。ここは水草だらけで、岸から200mほど沖に出ても、水深4mくらいでした。
ふわふわの泥に、ヒメタニシだらけで、そこにハベぽいのがぽつぽつと。

ファイル 1450-3.jpg
浅場はコセイかハベかよくわからないのが、お楽しみ中でした。
https://youtu.be/zxB8vJ3uJEw

ファイル 1450-4.jpg
胎殻です。よくわかりませーん。整理するのはまた今度にします。

ファイル 1448-1.jpg

2019年10月6日は滋賀県でさわだ君と採集しました。
2人で南湖に潜りました。maikyさんのウエットスーツのお古を、
さわだ君が欲しいということで、それを着て入水です。私のもそろそろ買い替え時。

ファイル 1448-2.jpg
私はヒメタニシくらいしか見られず。さわだ君はメンカラスガイ生貝を捕っていました。
私が捕れて同行者が捕れないが、よくあるパターンで、その逆を出来るようになった、
さわだ君の成長に、私はもういらんなと思いました。まだ治らぬ副鼻腔炎のせいかも笑。
動画です https://youtu.be/Axk60VREt1s

ファイル 1448-3.jpg
瀬田川へ行きました。琵琶湖病でも瀬田川で採集がしたい!
これを思い出して、時間がない中、やってもらったのですが、指さす必要は無いし、
しゃがむ場所も違うし、眼帯無いし、とてもクオリティの低いものですみません。

ファイル 1448-4.jpg
中二病の聖地とは違う場所で、カワニナ採集しました。
ヤマトカワニナとチリメンカワニナ(この表記正しいのだろうか)です。

ファイル 1448-5.jpg
琵琶湖博物館で常設展は観覧せず、難しい話をしてきました。ありがとうございました。
さわだ君が京都で買って来てくれた3人分の手土産。なぜか1つ余ってしまいました…。

ファイル 1446-1.jpg

2019年9月27日夜~28日夜は、ささき君と三重県で採集しました。
そのついでに海でタカラガイ拾いをしました。海パンを海で使ったのは何年ぶりだろう。
海パンマン、水温25℃くらい、小雨、16:04~16:49(45分間)。私は11個体を捕りました。
写真はメダカラ、オミナエシダカラ、ハツユキダカラ、シボリダカラだと思います。
ささき君は頑張りましたが、結果は出ませんでした。

ファイル 1446-2.jpg
軟体部が出ているときに、さっと掴んでパワーで、肉抜きできないものだろうか。

ファイル 1446-3.jpg
メダカラは途中で飽きてきました。

ファイル 1443-1.jpg

2019年9月7日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2箇所でカワニナ拾いしました。

8月22日から急性上咽頭炎による、関連症状に苦しめられ、だいぶ良くなったものの、
9月7日も鼻水で鼻声、時々咳が出る、左耳が中耳炎で、鼓膜が張ったような状態。
鼓膜は鼻水の侵入によって、伸びて弱くなっていて、破れる恐れもありました。
それでも潜りましたよ。1箇所目でコセイカワニナぽいのは捕れました。

ファイル 1443-2.jpg
2箇所目です。左がmaikyさん、右が私の成果です。
動画です→ https://youtu.be/TBoQcTYJoR8

ファイル 1443-3.jpg
カゴメカワニナだと思います。左の変だね。

ファイル 1443-4.jpg
1箇所目は13個体のうち、7個体から胎殻(54%)が出ました。
2箇所目は14個体のうち、2個体しか胎殻(14%)が出ませんでした。
しかも、カゴメぽいのの胎殻は小さい。なんでだろうねぇ。

8日明け方に帰宅して、体調悪化も予想していましたが、大丈夫だなと思って、
飯を食べていたら、歯の詰め物が取れて、硬いものが食べられなくなりました。
7日夜から上咽頭炎の飲み薬が切れていましたが、そのせいもあるのか、
鼻水と咳がやや悪化し、左耳の中耳炎は少しだけ張りが弱くなりました。
今日歯医者へ行ったら、治療に後5回は来て下さいと。もう長引くのは嫌だーっ。

ファイル 1441-1.jpg

2019年8月17日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
ウナギ狙いのついでに、軽くカワニナ拾いしました。

ファイル 1441-2.jpg
ハベ、タテヒダ、ヤマト、モリでしょうね。

ファイル 1441-3.jpg
モリの胎殻。ここや周辺のは他産地よりも小振りで、もしかするとモリではないかも…。