記事一覧

ファイル 1542-1.jpg

スーツからの脱出の苦い経験から、色々と検索したり、良い方法はないかと模索しました。
ファスナー部分にロウ(ワックスペン)をたっぷり塗って、開閉すると滑らかに動きました。
そこでドライスーツへ入って、指だけでファスナーを閉めてみました。苦労しましたが、
何とか閉められました。しかし、開けられない。ファスナーがとても硬いのです。
引っ掛ける場所はないかと探し、タオルが掛けてあった、S字フックに引き紐を通して、
体ごと動かしてみました。するすると開く。あんなに硬かったのに。これは使える。

22日夜にスーツから脱出できなくなった現場へ。S字フックを引っ掛けられる場所を探します。
バックドアのダンパーは位置が高く、折れそうなのと、ドアが閉まって挟む恐れもある。
バックドアのドアストライカーは位置が低くて、膝が地面と擦る感じが気になる。
ここは頑丈で良いのだけどなぁ。そおか。後部座席にもドアストライカーがあったはず。

ファイル 1542-2.jpg
1人で着てみました。するすると閉められた! 川から上がって、するすると開けられた!
S字フックは固定されていないため、体を動かして力が一番加わる位置を見つけて、
後は引くだけで動く。止まったとしても、また動く位置を探せばいい。簡単で力要らず。
2回の着脱が容易に出来ました。これで交番へ駈け込まなくて済みそうです。
検索すると先駆者がおられました(凄)。ただ、ダンパーがこの位置にある車限定ですね。
ドアストライカーはほとんどの車にあるのではないでしょうか。これでドライスーツを、
一人で着脱できるようになったので、前のような問題は避けられそうです。

ファイル 1542-3.jpg
検索するとファスナーにシリコンスプレーを付けると良いという情報がありました。
あまり考えずに試してみました。硬くなりました。二度と使いません。だまされた。
ロウは付けるのが面倒なのと、ポロポロ落ちてスーツ内を汚し、端っこの方に溜まるので、
出来れば使いたくないのですが、専用のワックスは少量で高そうですし、
これからもロウを塗ることにします。これ在庫処分で50円+税だったと思います。

ドライと称していても、首や手首から多少の水が入って、上着は濡れると思っています。
12月6日濡×、12月19日僅○、12月26日乾◎、1月4日乾◎、1月22日濡×、1月23日濡×。
どんな動きの時に侵入するのか、思い当たるところが無くて、濡れるものとしておきます。
手首のゴムがもう割れてきました。直さないといけないかなぁ。今後も手探りが続きます。

ファイル 1540-1.jpg

ドライスーツは2020年12月4日に届き、家でファスナーの開閉を自分で出来ました。
12月6日はさわだ君、12月19日は自分、12月26日はささき君、1月4日はオイカワムツさんに、
開閉してもらいました。自分で2/5回の開閉を経験。これまでファスナーにワックスペンは、
2回塗って滑りをよくしています。それがこんなことになるとは思いませんでした…。

1月10日夜は汽水域と淡水域で2回潜る予定。昼寝もして、温水8Lを用意し、準備万端。
1人で170kmほど車を運転して川へ到着。気温-1℃と寒いが、風も弱くて、水も澄んでいる。
川へ入る場所へウエイトやフィンなどを置く。川から上がる場所の近くへ駐車する。
ドライスーツを着る。入る場所へ歩いて行く。ウエイトやフィンなどを装着して入水。
干潮から潮が上がるのに合わせて、川を下から上へ泳ぐという算段です。
ウエットスーツでは何度もやっているので、要領は掴めていて危険性は低いです。
最近はウナギ捕りの夢を見始めていたのと、ドライ2本潜りを試したくて楽しみでした。

ドライスーツを着る前に、発熱インナーを着て、ズボンのポケットにマグマカイロ、
胸にマグマカイロを貼りました。ドライスーツに体を入れて、後はファスナーを閉めるだけ。
右手の力で2/5くらい閉まりました。そこからが進まない。引き紐にタオルを通して、
力任せに引っ張ったら、タオルが千切れてしまいました。ささき君がよくやっている、
トランクのドアストライカーに、引き紐を引っ掛けて、体を動かすと4/5ほど閉まりました。
フルパワーでドアストライカーが折れるかもと思うほど、強く引いてもそこから動かない。
近くにあったガードレールのナットに引っ掛け、思い切り体を動かすと、引き紐の化学繊維が、
少し千切れてしまいました。ここまで20分ほど経つため、ドライスーツ内は暑くて汗だく。
熱中症になる恐れもあります。閉めるのは諦めて、泣く泣くウナギ捕りは中止です。

ファイル 1540-2.jpg
ドアストライカーに再び引っ掛けて、仕方がなく開けることにしました。
少しだけ開いたところで、引き紐の金具が跳ね落ちました。えっ!はぁっ?!
こうなると開いた場所へ、右手や頭を通して、ファスナーを広げるしかありません。
右手はどう頑張っても抜けません。頭も抜けずに息が出来なくなって、危なかったです。
もう1人で脱出することは困難です。首と手首の締め付け、発熱インナーとマグマカイロが、
暑くて苦しめます。もう限界です。ドライスーツを来た状態で車に乗って運転し、
ウエイトやフィンなどを回収。車に乗せるだけで暑くてしんどい。お茶は飲んでいるが、
あまり飲み過ぎると、おしっこさんの問題が出る。お腹が痛くなったりしたら最後です。

川岸にシカがいるようなド○○。23時前で近くに人はいない。スマホで近くの交番と検索。
5分圏内に見つかったので移動。駐在所に車を止めて、汗だくなのにマスクをして、
中へ入ってすみませーんと呼ぶも誰も出て来ない。机を見ると不在の名札立てがぁ。
本部へ電話して事情を話しているうちに、駐在さんが出て来た(居留守かよぉ)。
駐在さんに事情を話す。引き紐の無いファスナーは開けにくいようだが動いている。
少しずつ背中が涼しくなって行く。上半身の脱出に成功。ありがとうございます!
どこから来たの? 何をしようとしていたの? など聞かれた。○川でウナギやカニとか狙って、
潜ろうと思ったらと話しました。密漁者の疑念は払拭されたと思います。ふぅ。

汗だくになった服を、駐在所の前で着替え、落ち着きたかったので、車で少し移動して駐車。
スマホを見ると20分くらい前にささき君から、今日潜る場所への助言DMがありました。
すぐにささき君へ電話して、1時間半くらい愚痴を聞いてもらいました。感謝しています。
もちろん愚痴だけではなく、途中からは研究に関する、難しい話とかもです。
素潜り2本分の体力を残していたので、高塩分汽水域を覗いてから、一般道で帰路へ。
道中は気温-4℃だったので、アイスバーンが怖かったですが、無事に2時間9分で帰宅。

ファイル 1540-3.jpg
同じドライスーツを持っているさわだ君に、金具の写真を送ってもらい(感謝)、
ラジオペンチで何とか直せました。その後に色々と検索して勉強した印象では、
新しいファスナーはエッジが立っているので、何度も開閉を繰り返し、摩耗で滑らかにし、
その後に毎回シリコンスプレーをした方が良いと。ワックスペンは詰まるので、
使用しない方が良いようです。ファスナーの端っこに、白っぽいのが溜まっていました。
とりあえず、開閉を繰り返して、シリコンスプレーを買って、試してみたいと思います。
というか、1人のときは危ないので、これまで通り、ウエットスーツで潜ろうと思いました。

ファイル 1535-1.jpg

2012年02月24日に炭焼珈琲という記事を書きました。
苦くて不味くて最強の眠気覚ましになる飴で、逆に素晴らしいと思ったからです。
その頃まで飴は、コンビニも近くに無いような場所での、非常食のような感覚で、
採集へ持って行っていました。飴を持って行くのを忘れた日は、なぜか採集が上手く行き、
持って行くと駄目という傾向があり、同行者からは、それなら飴持ってこないで下さいよ。
と言われてしまい、飴を買うことがほとんどなくなりました。

先日にさわだ君とかおるさんに、スーパーで買った名古屋名物の詰め合わせを、
持って行った際に、あっそういえば、炭焼珈琲があったなと思い出しました。
次回があれば持って行こう。そう思っていました。いつもの買い物で炭焼珈琲を見つけ、
家へ持ち帰って、何年かぶりに食べてみました。なんじゃこりゃ。全く別物やないかっ。
インパクトが無い。苦味が弱くて、優しい甘さで、コーヒーの香りがするだけの飴。
こんなのどこでもあるやろがいっ。逆の意味で不味くなってるわ。

2012年の炭焼珈琲とパッケージを比較してみる。ちょっと違うぞ。
旧「深いコーヒーと香り 際立つ苦味」 新「香り際立つ、深い味わい」
苦味をやめて、香りと味に重きを置いている。苦味が一番の売りなのに何やってんだ。

ファイル 1535-2.jpg
2012年の炭焼珈琲よりも、無骨さが弱まっている。色も薄くなっている。
甘ったるさと硬さが少し抑えられているので、水あめの割合が増えているのかもしれない。
万人受けする特徴の無い飴に変わっていました。とても残念です。もう買いません。

ファイル 1532-1.jpg

琵琶湖や川へ潜る際に、夏は海パン、それ以外はウエットスーツで十分でした。
しかし、maikyさんが11~4月(6箇月間)は、ウエットスーツでは寒いからという理由で、
潜りに付き合ってくれません。そこでドライスーツを買いましょうよと説得するも、
何か微妙な反応。仕方が無いので、私が先に買って、寒くない世界へ連れ込もうかと。
私も冬にウエットスーツは、1箇所目だと余裕でも、濡れたのを着る2箇所目はきつい。
本当は2~3箇所潜りたいのを、1箇所に絞っていたのもあって、ドライスーツ購入を決断。
購入する前に、さわだ君、ささき君、おでっせいさんに、ご助言を頂きました(感謝)。

ファイル 1532-2.jpg
2020年10月31日にドライスーツを発注し、届いたのが12月4日でした。
ドライスーツ(72,380円)+フルオーダー(3,000円)+ウエイト1kg×5(5,100円)=80,480円
何とか一人で着脱できました。排気や給気など、まだわからないことがあって怖い。
今週末にレクチャーをお願いしています。首と手首がまあまあ締め付けられて、
そこが汗でびっしょりになりました。真冬以外に私が使うと暑くて倒れそう。

ファイル 1531-1.jpg

日本産カワニナ科図鑑は、2010年09月01日に当ブログの記事として公開し、
2010年11月30日にWebサイトとして開設しました。本日で開設から10年が経ちました。

ざっくり、2010~2013年までは、画像を増やして、文章を変更していました。
私の能力ではネットで私見を記すのが精一杯で、カワニナ属の分類学的な整理や、
コセイカワニナの新種記載を、やって下さる方はいないかと探していました。

2014年にTさんがカワニナ研究をしたいということで、協力することにしました。
論文化される前に、カワニナ図鑑へ新知見を載せると、優先度の問題などが発生するため、
邪魔にならないよう、文章の変更を止めて、画像だけをせっせと増やす方針にしました。
しかし、2015年に予算申請が通らず、カワニナ研究は立ち消えと成りました。

がっかりしていた2016年に、さわだ君がカワニナ研究をしたいということで、
同様に文章の変更は止めて、画像だけをせっせと増やす方針を継続することにしました。
この6年間で文献探しや採集、さわだ君らとの議論、遺伝や化石の論文も出て、
大きく変わりました。カワニナ図鑑には、今では間違っている文章や整理があります。

新分類への道筋は出来たかもしれませんが、現生種の分類は1995年から止まったままです。
今ではカワニナ図鑑を、大幅に変更したい気持ちでいますが、今も研究を頑張っている、
さわだ君の足を引っ張ることになります。さわだ君はきっと大成すると信じています。
もどかしいですが、今後もしばらくは、画像をせっせと増やすだけになりそうです。