記事一覧

ファイル 749-1.jpg

2012年10月14日に三重県の汽水域で採集したコブシアナジャコ Upogebia sakaii です。
「伊谷行 (2012) コブシアナジャコ. 日本ベントス学会(編), 干潟の絶滅危惧動物図鑑
 海岸ベントスのレッドデータブック. 東海大学出版会, p. 183.」によると、
コブシアナジャコの分布は、和歌山県、徳島県、高知県、鹿児島県、沖縄県とあります。
また、本州,四国の産地は5ヵ所以内。すなわち、和歌山県、徳島県、高知県で5ヵ所以内。
私が捕った写真の個体は三重県産です。おそらく北限・東限を更新したと思います。
三重県の他水域でも、見かけた記憶があるため、まだ見つかるかもしれません。

ファイル 749-2.jpg
本種の特徴である、鉗脚の上面が深紅で美しく、鋭い棘が目立ちます。

ファイル 749-3.jpg
正面から見ると、何かとぼけた顔をしています。

ファイル 749-4.jpg
腹側から撮影。汽水魚水槽に入れてから、背側を撮影していないことに気付きました…。
こういう分散できる生物は、黒潮影響地域の沖縄県から茨城県(もしくは福島県)までの、
どこで見つかっても、不思議ではありません。ただ、基礎的な記録は必要かもしれません。

ファイル 728-1.jpg

愛知県の一時的水域で採集したホウネンエビです。
シーモンキーを彷彿させます。分類で目は同じようですが遠縁みたいです。
シーモンキーことブラインシュリンプは、ビール酵母(粉末)とスピルリナを与え続けると、
これと同じような感じになります。それはやや大きめのヨウジウオ類の餌になります。

ファイル 685-1.jpg

愛知県の海で撮影したイワフジツボです。
もう底取りゲームです。イワフジツボの塊は、手で簡単に剥がれました。
それで出来た隙間に、今度は誰が居座るのか。カルシウムたちの戦いは続きます。

ファイル 682-1.jpg

愛知県の高い塩分の汽水域で採集したキスイタナイスです。
この種類は、私の範囲内(17‰以下)で、かなり狙っていた、時期がありました。
1度だけ捕れて喜んだのですが、写真を撮る前に、バケツ内で行方不明(不覚)。
それから全く捕れず。範囲外には、たくさんいることが、わかったのですが…。

キスイタナイス。この和名はどこで区切るかで、意味が変わってくるのが面白い。
ビワで切るのかビワコで切るのか。緊急企画の和名シリーズもこれで終りです。
キスイタナイスは種群のようですが、将来的にこの和名はどうなるのでしょうね…。

ファイル 663-1.jpg

愛知県の高い塩分の汽水域で採集したアメリカフジツボです。
右腰の肉離れが治りかけて、再び断裂した感じで、想像していたより苦しんでいます。
それでも採集欲は抑えられず、先日、無理して汽水域へ。痛いを連呼しながら採集。
塩分17‰以下だろうと思って、一応塩分を測ったら22‰で、余計に痛みが走りました…。

ファイル 663-2.jpg
採集した生き物の一部です。アメリカフジツボ、コウロエンカワヒバリガイ、
ミナトオウギガニ、カニヤドリカンザシゴカイ、イガイダマシ、全て外来生物です。
更にイガイダマシはみんな死んでいたので、外来生物同士のニッチ争いがあったのかも。
他にヨーロッパフジツボ、タテジマフジツボなども。この場所も病んでいた。お大事に。