記事一覧

ファイル 1412-1.jpg

2019年3月2日はmaikyさんとスーパーマーケットを巡回してきました。
2016年(#1 #2 #3)、2017年2018年と毎年恒例です。
1店舗目は朝5時に行きました。少し早過ぎたかもしれませんが、商品名と価格の表記が無い…。

ファイル 1412-2.jpg
2店舗目と3店舗目は問題表記なし。

ファイル 1412-3.jpg
3店舗目はハマグリに混じって、アサリが入っていたけど、これは仕方がないかも。

ファイル 1412-4.jpg
4店舗目と5店舗目も問題表記なし。
真空パックされたハマグリも確認しましたが、問題表記はありませんでした。
2016年が無茶苦茶だっただけで、2019年は問題が何もなかったです。
もうパトロールする必要ないかも。ハマグリ警察の役割は終わったのかもしれません。

ファイル 1412-5.jpg
1店舗目でコブヨコバサミの宿に良さそうなアカニシが、他の貝と一緒くたに、
トロ箱に入って売っていたので、maikyさんと一緒に購入して、分けることにしました。
いくらか聞いたら4000円とか言われたので、高価な貝を除いてもらって2160円で購入。
私は大きめのアカニシ数個とアカガイ1個体を持ち帰り、茹でて佃煮にしました。
出来立ては磯臭さが強くて、うぉっと思ったけど、1日たれに漬けて寝かしたら、
磯臭さはほとんどなくなったけど、凄く硬くなりました。まぁ酒のつまみには丁度良いです。
コブヨコバサミのいる水槽に、アカニシの殻を入れたら、早速新しい宿を使っていました。

ファイル 1411-1.jpg

2019年2月26日はNHK名古屋のトクサツガガガ展へちらっと行きました。
10分も居られなかったのですが、大変に楽しめました。最高に良いドラマです。

ファイル 1411-2.jpg
エマージェイソンがデカくてカッコよかったデース。
シシレオー、ゲンカ将軍、戦闘員は、うたコンへ出張中でした。

ファイル 1411-3.jpg
このシーン好きなやつ。ダイナマンはリアタイ世代。

ファイル 1411-4.jpg
これ一部もらえました。クソコラです。

ファイル 1410-1.jpg

2019年2月17日はももの天然汽水さんと愛知県の汽水域で採集しました。
潮があまり引かず、塩分20‰ほどあり(私の範囲外はやる気が無になる)、
軽い採集だったのですが、初見のキセルハゼが捕れてしまいました。

エドハゼかなと思ったのですが、何か違う、あれキセル、まさか、とりあえずキープ、
どっちにしても範囲外だし。そのことはすっかり忘れ、範囲内に移動して、採集に没頭。
撮影時にやっぱりキセルハゼだとわかったときに、うわーっと思いました。

ファイル 1410-2.jpg
おそらく愛知県でキセルハゼは2例目で、この場所は記録がありません。
何か役に立つかなと思って、昔からお世話になっているところへ持って行き、寄贈しました。
TさんやUさんとも久しぶりにお会いできて良かったです。

ファイル 1410-3.jpg
左はエドハゼ、右はキセルハゼです。次は範囲内で捕るぞぉ。

ファイル 1409-1.jpg

愛知県の川で撮影したチュウサギです。
アオサギの奥で、白い粗相をされている方です。ダイサギではないと思うけど自信なし。

ファイル 1409-2.jpg
愛知県の池。水際の樹木が糞で真っ白。原因の多くはカワウでしょうが、サギ科もいました。

ファイル 1408-1.jpg

愛知県の道端で6月に撮影したチョウ目の一種(未同定)です。
作り物の様です。怪しいアクアフレッシュ。ブログのネタが在庫切れ…。

ファイル 1407-1.jpg

2019年2月3日は静岡県でT.Nagaさんとカワニナ採集しました。
天竜川水系の磐田市です。このあたりが東限でしょうね。浅い川にぽつぽついました。

ファイル 1407-2.jpg
細長いのから丸っこいのまで。何となく琵琶湖へ行った感があります。

ファイル 1407-3.jpg
殻底肋は8~9本ありますね。今年初のカワニナ捕りでした。

ファイル 1406-1.jpg

酒のつまみに煮干しを食べようと、パックを傾けて小皿に乗せたら、細長い小魚を見つけました。

ファイル 1406-2.jpg
この小魚は原材料名に記されていませんでした。

ファイル 1406-3.jpg
ヨシかな。曲がり具合がツルヨシのような気もするのですが…。

ファイル 1405-1.jpg

愛知県の道端で6月に撮影したハエ目の一種(未同定)です。
草履のようなハエですね。よく見かけるのですが、種類までは興味が及びません。

ファイル 1404-1.jpg

2019年1月5日に三重県の汽水域で採集したテッポウエビ属の一種Fです。
捕った瞬間に初顔のテッポウエビ類だと思い、家へ持ち帰って撮影し、水槽へ入れました。
吉郷英範(2009)を確認すると、テッポウエビ属の一種Fに酷似している。
分布は沖縄島と西表島とある。捕ったのは三重県です。吉郷さんに尋ねてみたところ、
よく似ているが、歩脚の棘を要確認とのとこ。写真から確認しようとしましたが、
ピンボケだったり、隠れていたりで無理でした。でも別の種類が思いつかないんだけどねぇ。

ファイル 1404-2.jpg
後日に水槽から牡蠣殻や砂利を取り出して、探してみましたが見つかりませんでした。
確認する手段が無くなったので、暫定的にテッポウエビ属の一種Fと同定しました。

ファイル 1403-1.jpg

三重県の汽水域で採集したカイゴロモです。
スガイが生まれ、カイゴロモが付着し、スガイが死んで、終わりなはずのに、
ユビナガホンヤドカリが宿にして、再び動き出した、スガイ殻とカイゴロモ。