記事一覧

ファイル 879-1.jpg

2013年8月31日にオイカワムツさんと琵琶湖へ素潜り採集してきました。
30日夜の天気予報を見ると、台風と秋雨前線の影響で、31日昼から数日は荒れる予報。
こりゃもう今行くしかない。お盆に一緒に行く予定で、ダメになったワムさんへ電話する。
今から行くぞっ。先週の私は南湖だったので、綺麗なところに潜りたい。そんな欲求が充満。

02時45分頃に琵琶湖(北湖)へ到着。1箇所目はウナギ狙い。05時15分頃まで潜る。
その結果は写真掲示板へ近々。夜が明けて地図で適当に場所を決めて目的地到着。
何だか見覚えがある場所だけどまぁいいか。ワムさんは車で仮眠。私も徹夜で眠いが、
潜りたい欲求は抑えられず。2箇所目。海パンで入って気付く。やっぱりここ既採集場所だ。
それでも胴長では捕れない、潜ってこその種類が捕れて、なかなか良い成果が出ました。
南湖と違って、成果が出なくても、水が綺麗で、生物は豊富なため、癒されて楽しいっ。

3箇所目。写真の場所へ。ここは魚採集で何度か行ったことがあるのですが、
毎回突っ込み入れています。キャンプは出来るんだねと。でも発音はキヤンプで良いかも。
これで連想するのはキャノン。こちらはキヤノン表記で、キャノン発音が正しいようです。
きゃりーぱみゅぱみゅは、実はきやりーぱみゆぱみゆとか、そんなの無いよね…。

ファイル 879-2.jpg
浜に到着。この日はだいたい水温27℃くらいで、気温も24℃くらいあって楽でした。

ファイル 879-3.jpg
潜ります。水草が多く、100mは沖に出ても、まだ浅くて、つまらないので、すぐに終了。

ファイル 879-4.jpg
4箇所目。ちょっと風が強くなって、琵琶湖が荒れてきました。岸は波が叩きつけるので、
護岸から琵琶湖へ飛び込んで入水。こんなことが出来るのは、水温が高い夏だけです。
底の方が泥濁りで、どうしようもなく、底の見える綺麗な場所を求めて、泳いで移動。
波は更に高くなり、ぜんぜん進まないし、シュノーケルでの呼吸時に、水が入ってむせる。
ワムさんは以前に波酔いしていたので、何度も大丈夫かと尋ねるが、問題ない様子。

水深4~5mへ潜ると、ナガタニシがいた。家で飼育中なので、捕る必要はないが、
つい手に取ってしまう、不思議な存在感(写真右)。このナガタニシは琵琶湖固有種で、
最も浅いところで捕った個体は水深約2.5m。通常は4m以深でしか見られない。
ワムさんにはナガタニシを捕ったら、琵琶湖の素潜り一人前と言ってあった。

ここらあたりにナガタニシいるから捕れ。ワムさんに言う。底まで水深約4.5mの場所に、
ワムは挑戦するが、2.5mも潜ると耳が痛いと浮上。うまく耳抜きが出来ないらしい。
ちなみに、私のマスクは鼻のところが硬くて、鼻をつまんでの耳抜きは出来ません。
それでも潜れるのは慣れかなぁ。ワムさんは何度繰り返しても、底まではいけない。
浮いて見守る私も、波に煽られて、吐きそうになるほど、波が高くなってきた。

私が潜る。ナガタニシを見つけた。ピンポイントで、ここにいるから、捕って来いと言う。
ワムさんは潜る。耳の痛みに耐え、苦痛そうにナガタニシまで到達し、掴もうとしている。
もう少しだ。早く掴んで浮上しろっ。4~5回くらい掴み損なって、諦めて浮上した(残念)。
その後も、このあたりにナガタニシがいると、私が湖底を指差すが、ワムさんの体は、
向かってくる波に抵抗する力も無くなったようで、どんどん岸の方へ流されて行く。

浅いところにも、ナガタニシがいるかもしれないと、私が水深約3mを探すが、全くいない。
これ以上は無理かなと思って、打ち寄せる波に、流されるかのように岸へと戻った。
結局ワムさんは捕れなかったが、あの高波の中で、何度も挑戦し、頑張ったと思います。

ファイル 879-5.jpg
私が捕ったナガタニシは逃がしました。今回は時間の都合もあって、これで終わりです。
09時半頃に琵琶湖を離れます。写真は琵琶湖流入河川。普段は左から右へ流れますが、
高波の影響で逆流していました。奥の護岸に当たる白波は、左方へ向いています。
私にとっては、久しぶりに、ゆる~い琵琶湖でしたが、徹夜ということもあってか、
帰って雑用し、16時頃から約12時間も寝ていました。高波は思ったより体力使うのかも。
北湖は未採集地域の方が、多くなった気も。そろそろベリーハードは必至な、
奥びわ湖パークウェイからの崖下りしないといけないか。やっぱり山は嫌だなぁ…。

コメント一覧

maiky - 2013/09/01 (日) 22:04 edit

こんばんは。
ナガタニシカッコいいです!
多分カゴメが隣にいても最初に採るでしょう(笑

西村 メール - 2013/09/02 (月) 22:56 edit

maikyさん。コメントありがとうございます。
ナガタニシはカワニナに勝さる唯一の巻貝ですね。
水槽内で生まれたナガタニシは、ヒメタニシ成貝くらい大きくなりました。
世代交代したらいいなぁ。でも捕って持ち帰えられなくなるのも寂しい。

オイカワムツ - 2013/09/10 (火) 13:33 edit

この間はお世話になりました。
あれでゆるい採集というのだから流石としか言いようがありません…(笑)
あれほど協力していただいたのにあと一歩のところでナガタニシが捕れなかったのはやはり自分の力不足だと思うので次回での目標としますね!

西村 メール - 2013/09/11 (水) 22:36 edit

オイカワムツさん。コメントありがとうございます。
これから冷たくなって、同じことやっても、ハードになるよ(笑)。
ナガタニシも時間が経てば経つほど、レベルが上がってゆく。次こそ捕ろう!