記事一覧

ファイル 548-1.jpg

静岡県の某水域でsさんかtさんが採集したヒメミズカマキリです。
恥ずかしながらミズカマキリ類にヒメがいることを知りませんでした。昆虫でヒメは、
ヒメタイコウチを捕ったけど、写真は撮ってない、そして最近は捕ってない…。

ファイル 548-2.jpg
複眼に鋭い眼光というのは合っているのだろうか。今回も気になる言葉です。
たまに話のネタにしているのですが、耳にしたことがある方はスルーして下さい(笑)。
よくあるネタですが、意外と知られていないようなので、とりあえずメモ書き程度に。

先日、高校生レス○ランというテレビ番組を見ていたら、三重県松阪市の隣にある
多気町の高校生が「松阪牛」を「まつさかぎゅう」と言って、とても気になった。
方言指導された方も、きっと「まつさかぎゅう」とは、言わなかったのではないかな。

「松阪牛」これ三重県以外の多くの方が「まつざかぎゅう」と呼びます。
松阪市も「まつざかし」とよく誤って呼ばれていますが、正しくは「まつさかし」です。
松坂慶子さんから始まり、ダメ押しの松坂大輔さんで、誤った読み方が定着したのかも。
そうなると「まつさかぎゅう」になるわけですが、これも間違いなんです。

「ぎゅう」ではなく「うし」と呼びます。飛騨牛も「ひだうし」が正しい読み方です。
牛は市町村の「町」に近いものがあって、東京都の方が養老町を「ようろうまち」と呼び、
どこだそこ?と思ったことがありました。正しくは「ようろうちょう」です。
東京都の奥多摩町は「おくたままち」なので、間違えても仕方がないですよね…。

ということで、「松阪牛」は「まつさかうし」です。大辞泉にもそう記してあります。
しかし、辞書というのは、方言や発音には弱いところがあります。
近鉄の松阪駅へ着くと「まっつぁかぁ~、まっつぁかぁ~」とアナウンスがあります。
地元の方は「松阪」を「まつざか」や「まつさか」どころか「まっつぁか」と呼ぶのです。
北に位置する三重県津市でも「まっつぁか」や「まっさか」と呼んでいました。

ネイティブな発音で「松阪牛」を言えば「まっつぁかうし」になるのです。
そんなこんなの理由があり、三重県松阪市の隣にある多気町の高校生が、
松阪牛を「まつさかぎゅう」と言うのは、とても気になったのです。
普通は「まつさかうし」で良いと思います。まぁどうでもいいんですけどね。
でも、自分の名前を呼び間違えられるのは、気になりますよね?
西村君(せいそんきみ)。苗字だね。こういう突っ込みやると切が無い(笑)。

コメント一覧

スギタ - 2011/05/30 (月) 11:04 edit

ヒメミズカマキリはtさんが2匹採取しました!
恥ずかしながら、まつざかぎゅうだと思ってました(笑)
食べた事がないからって事にしておいてください。

おいかわ丸 - 2011/05/31 (火) 08:30 edit

まつざかぎゅうとまつさかうし、両方聞いたことがあって、
前者が正しいのかと思ってました・・
日本語の読みは大事にしたいです。
ヒメミズカマキリからはじまりとても興味深い記事でした!
古い標本のラベルの日本の地名のアルファベット表記なんかも
結構適当だったりして、いったいどこなのかわからないことが多いです。

りゅうこ - 2011/05/31 (火) 20:18 edit

こんにちは
間違えて発音していました。
ありがとうございます。

西村 メール - 2011/06/01 (水) 00:34 edit

コメントありがとうございます。

スギタさん。tさんでしたか。今日コンビニで「ベビースター 松阪牛肉入り」を見ました。
ぜひお試し下さい(笑)。私もおごりとランチの端肉しか食べたことがありません…。

おいかわ丸さん。言葉は伝われば良いのでしょうが、古い標本のラベルには困りますね。
それが模式標本だと尚更。スイゲンゼニタナゴの Nodogawa River とか。カワニナ類だと、
フトマキカワニナの彦根市磯(ホロ)、磯という地名は彦根市に無く、隣の米原市にある…。
ちゃんと訂正論文を出してくれないと永遠に。そういう面はWebだと簡単ですけどね。
最近だとYusui-mimizuhazeが気になりました。これだとユスイミミズハゼとも読める…。

りゅうこさん。発音はどちらでも良いのかも(笑)。まっつぁかうしおごってください。

Nao - 2011/06/02 (木) 21:55 edit

ご無沙汰致しております。
ミズカマキリ可愛いですね。もう30年以上見ていないです。
そうでしたか『まっつぁかうし』でしたか。すっかり『まつざかぎゅう』でした…勉強になります。
地域性って面白いですね。京都で駅の乗り換え表示に『京阪電車』って書いてあってちょっと違和感でした。なんとなく関東で電車というと路線よりも車両を指す感じがしますので。私は遺伝的には京都ハーフですが(笑)

white-wings - 2011/06/02 (木) 22:37 edit

ヒメをつければ、大体の虫はいます(嘘)。

>古い標本のラベルには困りますね。
どうでもいいですが、「river」「pref.」「mount」の表記は統一していないのがすごく厄介ですよね。
それは現代も同じですが。

あと、昔の人はたまに意味不明な略語やものすごく大雑把な表記もあったりしますね。
「○(の中に)石」とか「東京都○○山」とか・・・
手書きラベルでは汚くて読めないものもかなり多いのが頭の痛いところです。

西村 メール - 2011/06/02 (木) 23:53 edit

コメントありがとうございます。

Naoさん。こちらこそご無沙汰しております。『まつざかぎゅう』で良いと思いますよ。
高校生レス○ランは伊勢弁を使っているのに、松阪牛は違うのが気になったのです。
『京阪電車』は「きょうはんでんしゃ」と読んでしまいそうです。「京滋バイパス」を
「きょうがバイパス」と言ってしまい、滋賀県人に突っ込まれました。

white-wingsさん。ヒメリュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウっているのかな(笑)。
「river」で思い出しましたが、デメモロコは「Kachi River at Nagoya」の記録が
ありますが、名古屋付近に「Kachi」なんてつく川はありません。
「勝川町」という地名はあります。「Kachigawa at Nagoya」と間違えたのでしょうね。
しかし、勝川町に現在デメモロコはおらず、その記録以降は確認されていないようなので、
怪しい使えない記録となってしまう恐れがあります。あぅあぅ…。