記事一覧

ファイル 392-1.jpg

昨日は10円硬貨と1万円紙幣で有名な平等院へ行ってました。

ファイル 392-2.jpg
天気予報は大雨。その通りで土砂降り。風も強かったです。
濁度も高いというか藻濁りで、ウナギは釣れないだろうなぁと思いました。

ファイル 392-3.jpg
右の方に修学旅行ぽい中学生集団。こんな土砂降りでも決行されて大変そう。
それにしても私はなぜ宇治へ行ったのか。勘の鋭い方ならわかりますよね…。

ファイル 392-4.jpg
帰りは滋賀県草津市の某博物館へも行きました。1996年のオープンした年から、
何度か拝館していますが、巻貝の標本展示をまじまじと見たのは初めてでした。
たくさんの標本があって、2つが気になりました。フトマキカワニナはヤマトカワニナ、
オオウラカワニナはタテジワカワニナ(他の可能性もあるけどオオウラではない)です。

大丈夫か!琵○博!っと思いました。たいていの水族館では、魚の誤同定を見つけても、
指摘しないで黙っているのですが、1996年からこの展示は変わっていないと思われ、
14年間もこの状態だと考えたら、何か嫌な気持ちになり、一応学芸員に伝えておきました。
貝類担当のMさんが確認に向かわれたそうで、フトマキカワニナはヤマトカワニナで、
オオウラカワニナはよく調べないとわからない、との留守電を頂きました。
他の展示も皆さんで見直した方が良いかも、という気持ちを込めてこの記事を書きました。

コメント一覧

かっちゃん メール URL - 2010/05/25 (火) 00:45 edit

おや、平等院とは珍しいですね。

僕は鈍いほうなので・・・(笑)

ちなみに平等院を撮影するなら午前中が良いです。
午後は逆光になるので。

西村 メール - 2010/05/25 (火) 21:57 edit

かっちゃんさん。コメントありがとうございます。
本当に珍しいです(笑)。午前中はさくっと用が済んだので、撮影は12時過ぎでした。
昔は琵琶湖にたくさんいた淡水魚が、まだいることでも有名なので、興味はありました。