記事一覧

ファイル 30-1.jpg

三重県東紀州地方の汽水域で採集したトゲノコギリガザミ(ノコギリガザミ)です。
こんなのが深夜に突然出てくると驚きます。夜行性で昼間に見たことはありません。
浜名湖あたりだとドーマンと呼ばれ、このサイズだと8,000円くらいするかも。

ファイル 30-2.jpg
怪獣みたいなハサミをしています。見るからに挟まれたくないですね。
私は軍手した上から手を挟まれ、なかなか取れなくて、男泣きしそうというか、
このままだと痛みで気を失いそう、と思ったほど痛かったことがありました。
これが素手だったら自ら手の一部を裂くしかなかったことでしょう。
この鉗脚でアサリまで潰すらしく、大袈裟でもなく握力は万力並でしょう。
更に対象物にめり込みやすい構造で、危険度は極めて高い生物です!

ファイル 30-3.jpg
この日はアカテノコギリガザミも捕れました。
ノコギリガザミ類は他にアミメノコギリガザミの計3種いるのですが、
私には同定が難しくて「よくわからん!」と終わらすこともあります…。
ここでトゲノコギリガザミとしている個体ももしかしたら違うかも。

ファイル 30-4.jpg
これは三重県北勢地方の汽水域で採集し、一昨日も同じ川で見つけました。
こんなデカイのが意外と町の川で見られたりするのですが、
普通は夜に行かないと出遭えないので、あまり知られていないようです。

ファイル 30-5.jpg
このときはモクズガニと一緒に味噌汁にしました。
カニ味噌はそこそこの味で、2つあるハサミは非常に美味しい。
後は食べるところがほとんどなくて、しゃぶるだけみたいなもったいないカニです。
モクズガニはカニ味噌の部分しか食べないのでもっともったいないカニです。

茹でて食べたこともあるのですが、このノコギリガザミ類の特徴として、
泥の多いところに棲んでいるため、体の隙間から泥が出てくることがあるのです。
奇麗に洗ったつもりでも出てきたりします。洗うにしても切がありません。
また洗っているうちにハサミが簡単に落ちるので悲しい気持ちになります。

同様にモクズガニのハサミにある毛をどこまで奇麗に洗うかというのも迷います。
このノコギリガザミ類とモクズガニの味噌汁も底の方に泥ぽいのがありました…。
近年は泥をもう見たくないため、ノコギリガザミ類とモクズガニは、
捕れても持ち帰らないので、さらにもったいないカニになっています。

コメント一覧

要芽 - 2008/07/16 (水) 00:25 edit

ノコギリガザミはカッコいい!

一度捕まえて来て割り箸と戦わせましたが、割り箸が真っ二つ。
身近なカニとしてはこいつらが最強だと思います(笑)。

味の方はモクズの方が美味しかったかも・・・。

美代 - 2008/07/16 (水) 08:29 edit

すごいすごい、ほんとにカニだらけ(笑)ノコギリガザミって沖縄とか南の方にしかいないってイメージがあるのですが、中部にもいるんですね。
藻屑ガニ・・・種類はわかりませんが子供の頃に汽水域のない神奈川の浦賀湾に何故かいたので、捕まえて水槽に入れてたら、翌朝居なくなっていました。同様にナマコも居なくなってました。犯人は母。甲殻類・ナマコ酢大好きで朝起きていないと騒いだら「美味しかったわよ。」と言われました・・・。

西村 メール - 2008/07/17 (木) 00:03 edit

コメントありがとうございます。

要芽さん。割り箸ならまだいいですよ。私なんて軍手していても出血しましたよ(痛)。
値段ノコギリ味モクズです。私はイシガニとタイワンガザミだけでいいかも。

美代さん。ノコギリガザミは東京湾にもいるようですよ。
モクズとナマコって同じ塩分環境だとどっちか死ぬような気が…。
美味しかったわよって(笑)。普通は食べ物としてみてしまうのでしょうね。

美代 - 2008/07/17 (木) 20:54 edit

排水以外の淡水流入はない湾ですから塩分濃度は思いっきり海です。小学生の時でさえなんでこんなところにモクズガニが居たのかフシギに思っていたんですが爪には確かにフサフサの毛があったのを覚えています。誰か川にでも行って捕まえてきたの捨てたんでしょうかねぇ?

以前、東京湾の沖提でぷかぷか泳いでいるクサガメを見つけたことがあります。娘が触りたがったのでアミで掬って1回捕まえましたが、食べないものはリリースなので、海に帰しました。後でカメマニアの人に聞いてみたら、「流されたんだろうから保護して淡水に戻してやれよ。」と言われました。
当時・・・カメの種類がわからなかったんですよ。だから海にもこんな淡水っぽいカメが居るのかなと思っていました(^^;)

西村 メール - 2008/07/18 (金) 22:31 edit

美代さん。モクズガニは産卵期の放浪雄かな。東京湾の沖提だと塩分30‰くらいあるでしょうね。そういう塩分の高いところだとさすがに見たとこがないですが、ナマコとクサガメは汽水域で何度か捕ったことがあります。アオサの中からスッポン類が出てきたことも。クサガメとミシシッピーアカミミガメは特に汽水域でよく見かけるので、流されて来たと考えるよりは、棲んでいるのかもしれません。淡水魚の場合でもあると思われますが、海を一時的に使って移動し、分布を広げている可能性も高いため、そのまま海に戻すのは正解だったと思いますよ。