記事一覧

ファイル 1443-1.jpg

2019年9月7日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2箇所でカワニナ拾いしました。

8月22日から急性上咽頭炎による、関連症状に苦しめられ、だいぶ良くなったものの、
9月7日も鼻水で鼻声、時々咳が出る、左耳が中耳炎で、鼓膜が張ったような状態。
鼓膜は鼻水の侵入によって、伸びて弱くなっていて、破れる恐れもありました。
それでも潜りましたよ。1箇所目でコセイカワニナぽいのは捕れました。

ファイル 1443-2.jpg
2箇所目です。左がmaikyさん、右が私の成果です。
動画です→ https://youtu.be/TBoQcTYJoR8

ファイル 1443-3.jpg
カゴメカワニナだと思います。左の変だね。

ファイル 1443-4.jpg
1箇所目は13個体のうち、7個体から胎殻(54%)が出ました。
2箇所目は14個体のうち、2個体しか胎殻(14%)が出ませんでした。
しかも、カゴメぽいのの胎殻は小さい。なんでだろうねぇ。

8日明け方に帰宅して、体調悪化も予想していましたが、大丈夫だなと思って、
飯を食べていたら、歯の詰め物が取れて、硬いものが食べられなくなりました。
7日夜から上咽頭炎の飲み薬が切れていましたが、そのせいもあるのか、
鼻水と咳がやや悪化し、左耳の中耳炎は少しだけ張りが弱くなりました。
今日歯医者へ行ったら、治療に後5回は来て下さいと。もう長引くのは嫌だーっ。

コメント一覧

white-wings - 2019/09/11 (水) 16:37 edit

こんにちは。

うちの大学の分類学の教授が
「種の定義はない」「DNAも『形質』の一部」なんて言っていたのを思い出しました。
分類に限界はあるでしょうね。
しかし、それがデフォで出てくるカワニナは怖いです。

お体を大事にしてください。
私も扁桃腺まわりが弱く、扁桃炎やヘルパンギーナ、鼻風邪をよくもらってしまいます。

西村 メール - 2019/09/11 (水) 21:52 edit

white-wingsさん。コメントありがとうございます。
わかります。昔ならば亜種と思われるものが、種に格上げされたりして、
分類は執筆者と掲載誌の裁量だなと思います。形態で分類しているので、
そこにDNAが重要な形質(根拠)として、入ってくるのはおかしいのですけどね。
カワニナは分類学というタンスでは、整理できない疑いもあるため、
別の整理方法を創設するか、整理を諦めるしかないような気もします。
ありがとうございます。white-wingsさんもお気を付け下さい。
扁桃腺は私も子供の頃によく熱を出していましたので気持ちわかります。