記事一覧

ファイル 1229-1.jpg

2016年11月12日はストレス限界で、衝動的に1人で採集に行きました。
1箇所目は愛知県です。クロダカワニナとチリメンカワニナが捕れました。
目的はミズゴマツボでしたが、簡単には捕れませんね。これではストレスが無くなりません。

ファイル 1229-2.jpg
本当は来週に行く予定だった岐阜県へ。すぐに捕れました。この場所のことは後述。

ファイル 1229-3.jpg
せっかくなので三重県へ。チリメンカワニナです。近くの川にはA型がいるのにB型ぽい。

東海三県という括り方は、散々話題になっているでしょうが、、無理があると思っています。
東海は京都から見た東の海で、主に東海道のことであって、岐阜県は海と東海道がありません。
また、岐阜県と愛知県は中部地方、三重県は近畿地方で、地方が違うものを一緒くたです。
そのため東海三県のことを、東海地方と呼ぶのも、どうかなと思っています。
トウカイナガレホトケドジョウの分布は愛知・静岡県。これはその通りです。
トウカイコガタスジシマドジョウの分布は三重・岐阜・愛知・静岡県。岐阜県が微妙ですね。
トウカイヨシノボリの分布は三重・岐阜・愛知県。こちらも岐阜県が微妙ですね。
こんなことが書きたい記事ではなかったのに、まだストレスが抜けていないのだろうか…。

ファイル 1229-4.jpg
さて、本題です。2016年10月22日に淡水貝類研究会の第22回研究集会へ行きました。
その際に「論田川に生息する縦肋の多いカワニナの正体に迫る」という発表を拝聴しました。
こちらにも同タイトルがありました。同じ内容+αを発表されたのでしょう。
結論的にはタテヒダカワニナのようですが、私には発表中からイボカワニナに見えました。
そこで発表者の顧問に、親殻を見せて頂きました。やはりイポぽい。何となくコセイぽいのも。
ただ、クリーニングが確りし、生体の特長が掴み難い。そこで捕りに行くことにしたのです。

論田川(岐阜市)へ着き、適当に覗くと、ごろごろいる。手に取るとイボにしか見えない。
岐阜市は堅田漁港(琵琶湖北湖の沖島北側と推測)産のカワニナ類が、ホタルの餌として、
数年前まで大量に放流されていて、現在は問題視する指摘があって、中止したようです。
発表ではその堅田由来が生き残り、この川で定着しているのではないかとの推測でした。
堅田に捨ててある貝山は、何度か見に行きましたが、ここにあるカワニナ類は、
ほとんどはカゴメで、僅かにイボが混じり、タテヒダは見たことがありませんでした。
その時点で堅田から、タテヒダが岐阜市に定着するのは、考え難くなってきます。

発表では遺伝子解析で、タテヒダと近縁としていましたが、僅かに異なるようでした。
近縁であってタテヒダではない。それはイボではないだろうかという私の推測です。
また、この発表では同定の拠り所として、主に日本産淡水貝類図鑑(1)を利用していました。
この本のタテヒダの殻は縦肋数からオオウラで、生体の本栖湖産はハベと思われます。
更にイボは殻も生体もハベで、この本には1個体もイボが掲載されておらず、
解説文もイボとハベを混同している感じです。ようするに、教科書が間違っています。

岐阜市のカワニナ情報はもっと酷いです。
「岐阜市に生息する淡水産貝類」 2012年
図2-9はタテヒダとありますがイボ、図2-10はイボとありますがカゴメです。
Semisulcospira decipiens (Westerlund) タテヒダカワニナ
Semisulcospira decipens multigranosa Boettger イボカワニナ
Semisulcospira decipens reticulata Kajiyama & Habe カゴメカワニナ
この学名の書き方はおかしいです。タテヒダの亜種としてイボとカゴメがあることになり、
琵琶湖という同所に生息し、亜種関係が成立するわけがなく、イボとカゴメは、
decipens が不要です。また、亜種関係があると主張するのであれば、
タテヒダは Semisulcospira decipiens decipens と表記しなければなりません。
また、Boettger は属名を変更しているため、(Boettger) と表記する必要があります。
「岐阜市の自然情報」 2014年
上記の「岐阜市に生息する淡水産貝類」を基に作られたようで、同じところが間違いです。
「岐阜市版レッドリスト・ブルーリスト2015」 2015年
学名は正しく成っています。上記2つと同じ画像なのに、イボとカゴメが逆転しています。
この場合だとタテヒダはイボ、イボはカゴメです。カゴメは合っています。

教科書と岐阜市の情報が、こんな状態なので、高校生たちは間違って当然なのです。
ただ、タテヒダとイボは非常に近縁で、同種内の多様性かもしれないことは注意が必要です。
しかし、形態的にはタテヒダやイボと、区別できるものが、ほとんどなことも事実です。
記載はイボよりもタテヒダの方が早く、同種と見なさずに、イボの存在を認めるのであれば、
形態的に正確な同定をしなくてはいけません。それがこれまでの文献では出来ていません。
写真は論田川の個体ですが、タテヒダあれば次体層の縦肋数が、ここまで多くはありません。
また、タテヒダよりも螺層角が狭く、殻口が小さく、螺肋が強く、胎殻が大きいです。
これらは琵琶湖で何度も捕っているイボの特長に合致します。イボで良いでしょう。
但し、両種の模式標本を確認しているわけではないため、従来の定説による同定です。

ファイル 1229-5.jpg
論田川の個体はほとんどイボでしたが、写真のように気になる個体も捕れました。
親殻形態はタテヒダやホソマキにも近く、琵琶湖で捕ったらイボと同定するかは疑問です。
タテヒダよりは縦肋が弱く、胎殻はやや大きく、何となくイボとの中間型のようにも見えます。
この個体がタテヒダであれば、論田川には多数のイボと、僅かなタテヒダが生息している。
そんな仮説も立ちますが何とも言えません。ビワメラニアの同定はこんなのが多いんです。
イボであろうがタテヒダであろうが、外来なのは間違いないため、対策が必要かもしれません。
とりあえず「論田川に生息する縦肋の多いカワニナの正体」の多くはイボが私の結論です。

コメント一覧

maiky - 2016/11/15 (火) 10:34 edit

こんにちは。土曜はお手間をお掛けしました、ありがとうございます。
見せて頂いたロンダのカワニナはインパクトが大きかったですよ。
どっから見てもイボ。こんな移入の場所が増えないことを祈ります。

西村 メール - 2016/11/15 (火) 18:57 edit

maikyさん。コメントありがとうございます。
2回も忘れて遅くなってしまいましたね。私も当初間違えていましたがロンデンみたいです。
この川は長良川へ流れるため、下流全域に広がらないことを祈るのみです。