記事一覧

ファイル 1190-1.jpg

2016年8月15-16日は要芽さん、ぽにょさん、さわださん、西村で琵琶湖でした。
目的はウナイワ捕り、カワニナ捕り、シライシ号で沖の白石へ(命懸けシリーズは続いていた!)。
15日21時前に要芽さんと私は名古屋から車で米原駅へ。23時前に着いてぽにょさんこんばんは。
あれ?さわださんがいない。電車に乗り遅れて30分ほど遅刻…。ウナイワニナ捕りを終え、
いつもの北船木へ。あれこれ書きたいことはあるが、長くなるので今回は割愛します。
夜明け前に4人でシライシ号に空気を入れます。今回は風波なしで最良な状況。安全度は高い。
乗船するのは、ぽにょさんとさわださんです。要芽さんと私は安全に逝くためのサポートです。

ファイル 1190-2.jpg
夜が明けたら練習です。おぼつかない。それでも私は死ぬかもしれないと散々伝えたし、
色々な用意をして手伝ったので、どうなろうがこっちに責任はない。「逝って来いっ!」
とシライシ号を手で押す。その時の2人は、もう行くんですか? という悲壮な表情だった。
その顔は一生忘れないからな。思い切り死んで来い。シライシ号は2人用の棺です。

岸から要芽さんと見守るが、沖の白石よりもどんどん左へ移動して行く。写真下段を見て下さい。
多景島の方へ向かっている。多景島と沖の白石を間違えているんじゃないか。もう声は届かない。
沖の白石と荒神山の位置を見ながら、逝けよと言ったのに。電話をするが電波の届かない
ところのメッセージ。ラインを送るが一向に既読にならない。もう何もすることが出来ない。

駐車していた近くで、カヤック乗りの方がいたので、話しかけてみた。
その方はカヤックでビワマス釣りをするそうです。2人がゴムボートで沖の白石へ、
さっき逝きましたと言うと、真顔で戻った方がいいなどと、注意を受けましたが、
電話は通じないし、もうどうしようもないし、私はカワニナ丸とシライシ号で、
2回行ってるし、竹生島なども行ったし、たぶん大丈夫ですよ。ちゃんと逝きます。

5~6時間ほどやることがなく、要芽さんと2人で移動して、適当な場所へ潜って、
タテジワカワニナを捕る。沖の白石へ着いたら連絡が来ることになっていたが、
予定時刻を過ぎても連絡は無し。こちらから電話しても2人とも通じない。
私が行ったときは、電波はあったのに、電話会社によっては、通じない場所なのかな。

ファイル 1190-3.jpg
北船木へ戻って仮眠することに。要芽さんが先に寝つき、いびきが凄く、寝るのを諦めた…。
沖の白石の方を眺めながら、シライシ号を探すが見つからない。もう逝ったのかなぁ。
そんな頃の写真を、さわださんから、翌日に頂いた。この4枚を見ると順調だったみたいね。

ファイル 1190-4.jpg
車の中はいびきが鳴り響き、外は炎天下でやることがない。東屋で沖の白石を眺める。
沖の白石から北船木は北西方向にあるが、西へ移動している小さな点を見つけた。
まさかシライシ号じゃないよね。電話が鳴る。ぽにょさんからだ。「もう1.5kmくらいです」
「こっちへ向かってこないので、シライシ号じゃないと思ったわ。東風に流されたのかな」
「えっ順調にそっちへ向かっていると思いますけど」そんな会話はとてもホッとした。
行きも帰りも、目的地よりも左へ移動していることに、気が付いていないようだった。


出航時と帰航時の動画です。小さな点だったものが、パドルの動きが見えるまでに近付く。
要芽さんを起こして、2人を御迎えします。ここは極楽浄土です。大変にお疲れ様でした。
時間的にも予定通りで、大きな問題なかったそうです。漁船に岸へ戻れと注意されたとか。

ファイル 1190-5.jpg
8,575円のシライシ号は、また大きな成果を上げてくれました。安物買いの命儲け。
立派なシライシカワニナとチクブカワニナです。2人も満足そうでよかったです。
それじゃその勢いで次潜りま~す。4人で潜ってナガタニシやビワメラニアなどを採集。
要芽さんは水深8mくらいに潜っていて、私たちとは次元が違うと思いました。
私は6mくらい、さわださんは5mくらいで、カゴメカワニナを捕っていたのですが、
ぽにょさんは4~5mでバテていて、みんなで励ましましたが、ガゴメカワニナは捕れず。

ぽにょさわだペアとは安曇川駅でお別れです。シライシ号一式はぽにょさんに、
9月末頃まで貸すことになりました。それで今度は竹生島や多景島で逝くと良いですね。
今回は搭乗していませんが、推定すると航行距離は約12.5kmくらいでしょうね。
危険度ランキング!で言えば、「沖の白石 2016」■■■■□□□□□□ 40 くらいですね。
これじゃ生き急いで、沖の白石へゴムボで行っても、命ある状態で戻って来るわけです。
今度は2月、水温10℃以下、風速7m、高波、竜巻、船体に穴、尼さんのお説教有りで。

コメント一覧

ぽにょ - 2016/08/19 (金) 01:09 edit

今回はお世話になりました。
陸のお二方から見たら、かなりまずい状況に見えたと思います笑
そんなことはいざ知らず、ご迷惑をお掛けしました…

夏もしんどいですが、冬はまた違う地獄が待っていそうですね。

西村 メール - 2016/08/20 (土) 00:30 edit

ぽにょさん。コメントありがとうございます。
書きそびれましたが、生還者のmaikyさんにも、ご助言を頂きました。感謝を申し上げます。
これを見ると誰でも行けちゃうように見えますが、今回は色々と準備をし、天気も確かめて、
ゴムボという根本的な問題は別にして、安全に配慮してから、決行することにしました。
ググってここがヒットしても、決して真似しないように。死ぬ可能性はいくらでもあります。

さて、シライシ号一式を貸したのは良いけど、電車だと荷物を陸に置いて行けないという、
問題があることに気が付きました。そうなると車がどうしても必要ですね…。
1人で漕ぐなら荷物も載せられるのかな。次はどこへ行くのかな。今夏に全島制覇かな。

さわだ - 2016/08/21 (日) 16:45 edit

遅くなりましたが、今回もありがとうございました。とても楽しかったです。
シ◯イシに無事に逝けたのは西村さんがいろいろと計算して安全な時間帯を選んでくれたからであって、1人でやってたら確実に逝ってました。圧倒的感謝です。
なんというか、僕のカワニナ人生はほぼ全て西村さんに教えていただいたものでできているので、どう感謝を伝えれば良いかわかりませんが、いつか何かしらの形でお返しできたらなと思っています。
次回もよろしくお願いします。

ぽにょ - 2016/08/21 (日) 19:35 edit

西村さん
一人暮らしをしていますと、車というのは非常にハードルが高い交通手段になってしまいます…
頭数を集めて、というわけにもいかないので悩ましいところです。。

さわださん
今回はどうもありがとうございました。
こんな人間に命を預けていただいて、感謝しかないです笑
機会がありましたらまたよろしくお願いしますね。

さわだ - 2016/08/21 (日) 21:44 edit

ぽにょさん
改めてありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
こちらこそ水に不慣れな人間でご迷惑をおかけしましたが、嫌な顔もせずにご一緒していただいて感謝です。
次回もよろしくお願いします。

西村 メール - 2016/08/22 (月) 07:47 edit

コメントありがとうございます。

さわださん。沖の白石さんがまだ現世でやることがあると判断されたのでしょう。
カワニナの整理はお任せしました。まだまだ今夏にやらないといけないことが残っていますよ。

ぽにょさん。竹生島とかであれば、1人+荷物でシライシ号でしかいけない、
道のない岸沿いの山に置き、戻って2人で竹生島を目指す、という手もあるかなと思います。
動物に荒らされる可能性もなくはないですが…。多景島はそういうところが岸沿いにないため、
布団圧縮袋みたいなのに荷物を入れ、シライシ号で牽引すると良いかもしれません。
重くて沈むようであれば、浮き輪などに乗せるなど、工夫すれば良いと思います。

sage - 2016/08/23 (火) 23:47 edit

アンタらみたいな馬鹿が一人残らず逝ってくれることを望むわ。

西村 メール - 2016/08/24 (水) 00:00 edit

sageさん。コメントありがとうございます。
なるべく早く逝けるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

要芽 - 2016/08/26 (金) 21:02 edit

こんばんは。
西村さん、ぽにょさん、さわださん、その節は大変お世話になりました。
人が行くのを見ると、自分の時以上に緊張しました(笑)。
無事に帰ってこれて本当によかったです。

シライシカワニナも大きな個体が多く、感動しましたよ。

>>sageさん
自分も逝けるところまで逝きたいので、応援してくださいね!

西村 メール - 2016/08/29 (月) 21:41 edit

要芽さん。コメントありがとうございます。遅っ(笑)。また逝きましょーう。