記事一覧

ファイル 568-1.jpg

2011年7月17日はシゲさんと多景島でカワニナ採集です(命懸けシリーズ?)。
沖の白石で日焼けし、2週間経っても、まだ太ももが赤く、痒くてたまらない。
しかし、潜水採集できるのは、せいぜい9月末まで。一気に潜り溜めしておかねば…。
沖の白石の次に潜りたいのは多景島。タケシマカワニナが捕りたいからだ。
この島は昨年に、沖の白石とセットで、チャーター船(5万円÷9人)で行った。
定期船もあるが、1日1本で滞在時間は30分。これでは採集なんて出来るわけが無い。

3連休にカワニナ丸で行こう。mさんとtさんとtさんは都合が悪い。pさんは時間的に無理。
uさんは断られた(普通の反応)。sさんはカヤックやボートの経験者で自信がありそう。
しかも、断る理由が見つからずに保留ときた。OKしてくれそうな感じ(ニヤリ)。
最悪は1人で行く気だったので助かったぁ。旅は道連れですね。目的地は三途の川付近。

16日06時。徹夜で漁港へ海水を汲みに行く。困ったことにバスポンプが壊れていて、
サンダルで海へ入って、20L(12本)+1L(1本)=250Lを手で運ぶ。そして右肩を壊す…。
16日08時。天気予報を見る。沖の白石での経験から、風速4m以上なら中止。
天気予報Aは、03~08時は2~4m。09~16時は5~7m。風向は東。
天気予報Bは、03時と06時は1m。09時は4m。12時は1m。15時は2m。風向は北西。
両方の予報に共通するのは、早朝だけはイケルということである。17日の早朝に行くぞ!
sさんに電話する。17日03時に彦根市のコンビニで待ち合わせることに決定だ。

16日15時。徹夜の限界で寝る。16日21時に起きる。睡眠は取った。準備をする。
17日00時30分頃に家を出る。一般道を超~っ安全運転で、彦根市に02時15分頃に着く。
まずは多景島に近くて、駐車が出来て、カワニナ丸を膨らませることが出来る場所を探す。
ぜんぜんなーい。小河川の脇なら、なんとかなるかなぁと思案しつつ、コンビニへ。

sさんは遥々岡山から先に着いていた。おはよう。ちゃんと寝たかと聞くと、無睡だとぉ。
私は寝たが右肩が痛く、左目は痙攣でここ数日は、視点が合わないことも(病院行け)。
カワニナ丸の注意点を話す。荷物がほとんど乗らないから、大きなフィンとかは、
入らないよと話したとき、あることを思い出した。。。おれフィン持って来るのワスレタ!
しかも、フィンだけじゃない。シュノーケルとマスクも忘れた。素潜り用具一式を(焦)。
何やってんだわしは。sさんに前途多難と言われる。そのとおりです。でも行くぞ。

とりあえずコンビニだ。コンビニに売ってるかもしれない。かもしれない論のフル活用。
売ってた!シュノーケルとマスクは…。フィンはない。03時に売ってる店なんてない。
このシュノーケルとマスクは前に使っていたが、シュノーケルは排水弁が無くて、
すいとんの術みたいなもの。マスクは水が入るし、硬くて食い込み、ゴムは耳が痛くなる。
安物をフル活用する私だが、あまりにダメで、家に放置した代物。それを1580円で買う。
その気持ちわかりますか。フィンはないので靴だけ。それで多景島を潜る人って(乾笑)。

もういい。私はどんな悪い状況も乗り越えて来た。ブログに書いても伝わらないけど(辛)。
時間が無い。行くぞ。小河川の脇へ駐車。まわりは家が多い。エアポンプがうるさいので、
03時にやれる状況ではない。場所を探す。琵琶湖沿いに良いところを発見。そこへ駐車。
ここで今回の航行予定が決定。八坂町→多景島→八坂町(片道5.3kmで往復10.6km)。

カワニナ丸を膨らます。後部座席の背もたれは、注入口が壊れていて、空気が入らず。
しかも、沖の白石で本体から切れたので、ビニールテープで止める(爆)。まぁいいや。
長袖・海パン・靴・ライフジャケット・手袋を装着。日焼けが怖いので麦藁帽子も。
数日前に、太ももを日差しから隠すため、ホームセンターでタイツを探したが、
売っていなかったので、パジャマのズボンを履く(笑)。カワニナ丸の組み立て終わり。

カワニナ丸を琵琶湖の岸へ運ぶ。よく見ると底部分の空気が少し抜けている。
これも沖の白石から戻ったときに、空気が抜けてぺったんこになっていた。
それから何もせず、この日を迎える(爆)。どうするかsさんと相談。sさんの顔が暗い。
止めようと言い出すのが怖かったので、大丈夫だと言って琵琶湖へ浮かべる(無根拠)。

ファイル 568-2.jpg
04時45分頃に八坂町を出発(多景島も八坂町なんだけどね)。私は前部座席に乗る。
凪で良い感じ。sさんはカヤックやボートの経験者で、自信がありそうなので、任せてみる。
ぜんぜ~ん進まない。カワニナ丸が回転するし、進む方向が無茶苦茶。これはマズイ。
帰りは風波が今より強くなるだろうから、今のうちに練習しないと、本当に死ぬぞ…。
推進力が私のだいたい1割しかなく、進む方向が定まらない。ほとんど私が漕ぐことに。

沖の白石のときと違って凪で、漕いだら漕いだ分だけ進む。何て楽なんだろう。
sさんは力一杯に漕いでも、思うように進まないので、だんだん喋らなくてなって来た。
8~9割は私が漕ぎ、ぼんやりしていた多景島を、06時30分頃に捉えた。かっこいい島だ。
06時40分頃に桟橋へ上陸。2時間5分も掛かった。09時以降の風波が怖いので、
09時に八坂町へ戻るならば、逆算すると07時頃には、多景島を出ないといけいない。
すると採集時間は20分以下。これなら定期船(滞在時間30分)で来た方が長いやんか。

ファイル 568-3.jpg
多景島は見塔寺の敷地で、入島料200円が必要なため、とりあえず見塔寺へ行く。
こちらが来るのをわかっていたかのように、美人の尼さんが登場(多景島は有人島よ)。
昨年よりふくよかに? これから採集許可の交渉するので、口が裂けても言えませんが…。
200円を払う。桟橋から潜って良いか尋ねると、少し渋い顔をされたが、許可はもらえた。
お賽銭箱にケチの私が100円を投入。金額が低いと、やっぱりダメと言われそうだから(笑)。

多景島の案内放送が大音量で聞こえる中、桟橋へ戻って、採集の準備をする。
そのとき尼さんが桟橋へ(緊張が走る)。今回の許可は特別だからね。と念を押された。
昨年と全く同じだ(昨年も特別って言ってたね。とは口が裂けても言えませんが…)。
昨年もお世話になりましたと言うと、尼さんも私のことを思い出してくれたようだ。
そして、尼さんが立ち去るとき、島に美人がいたとブログに書きましたよ。と言うと、
完全にスルーされたが、歩きながら笑顔がこぼれていた。よしっ。これで採集できる(爆)。

ファイル 568-4.jpg
sさんは大きなフィンを着けて潜る。いいなぁ。私なんて普通の靴だよ。
やっぱりシュノーケルとマスクはヒドイ。これはザ・安物だね。形だけの代物。
靴だと素足よりも、バタ足が進まない。でも岩礁に素足は、確実に傷だらけになる。
手で掻いて潜る。フィン無しでは水深3mが限界。sさんが話しかけて来ても、
フィンがなくて、水中で静止できなく、岩にしがみ付く。それでも一生懸命に約1時間。
私の目的のタケシマカワニナは64個体、チクブカワニナ33個体。十分だ。ホッとした。
sさんはタケシマカワニナ17個体、チクブカワニナ39個体。フィンに靴が勝った瞬間だ(笑)。

ファイル 568-5.jpg
さぁ、八坂町へ戻るぞ。桟橋に戻って、琵琶湖を見渡す。白波が立っている(苦笑)。
立派なバスボートに乗ったバサーが、桟橋にいる私たちに向かって、話し掛けてきた。
バサ:それゴムボートか。
西村:そうです。
バサ:波高いけど、それで戻れるか? これでも波高くて怖いのに。
西村:大丈夫です。2週間前はもっと高い波で、沖の白石へ行ってました。
バサ:うへぇ。まぁ水温は高いし、転覆しても死にはしないわな。乗せてやろうか?
西村:大丈夫です。GWは竹生島へ行ってました。水温10℃でした。
バサ:うへぇ。これよりゴムボートの方が、波には安定して良いのかもなぁ。
西村:これしぼんでいるところがあるので、穴開いているかもです。
サバ:うへぇ。まぁ気をつけてな。
西村:明日の新聞を見て下さいね。
などとやり取りをする。とても親切なバサーさんで、お気持ちだけ頂きました。
私も同じ立場なら、同じこと言ったかも。波高いときに、普通はほっておけないです。

さて、写真上を見て下さい。ビニールテープで止めていた後部座席は、
当り前のように外れてしまい、右上のような状態に。この状態で後部座席に乗ると、
バルブのところが背中を突いて痛く、バルブが開く恐れも高いため、サンダルを装着(爆)。
背もたれはサンダル(カイ○ズで買った498円のクロッ○スもどき)ということに。

底部分の空気が抜けて、張りがありません。とりあえずsさんが空気を入れる。
すると私の耳にシューという音が…。やっぱり穴が開いていた。でも私は焦らない。
カワニナ丸に付属していて、1度も使っていない、補修キットを持って来ていたからだ。
それを開いてみる。ゴム製生地と接着剤が入っていた。ゴム製生地はこの穴に、
明らかに合わず、付けられそうに無い。接着剤をたくさん付けてふさいじゃお~う。
接着剤の蓋を破って押す。出て来ないぞ(汗)。強く押してもダメ。無理やり割ってみる。
中で接着剤が完全に固まっている。全く使い物にならず(滝汗)。うへぇ。大丈夫じゃない!

あのバスボートはもう見当たらない。穴をふさぐものは何かないか探す(焦)。
背もたれに貼っていたビニールテープが目に入った(写真上の右上の白いクシャクシャの)。
一度はがれて、ちょっと水が付いているが、ビニールテープを無理やりに貼ってみる。
sさんが空気を入れる。漏れる(滝焦)。気合で貼り直すと、漏れなくなったぞ(滝喜)。
八坂町へ戻るまでは、絶対に持ちそうに無いが、しばらくは役に立つかも(希望的観測)。
桟橋から笑うしかない、白波を眺めながら、カワニナ丸を浮かべた。八坂町へ戻るぞ!
(後編へつづく)

コメント一覧

maiky - 2011/07/19 (火) 21:54 edit

爆笑しながら読んでますよ。十分臨場感伝わってます!
安物買いに同じ物を買う辛さもわかります(笑
その日は琵琶湖に居ましたが結構波と風ありましたよね?
たぶんいるんだろうなぁと多景島見てましたよ。
私は空気入れ忘れましたよ(爆 文豪西村氏の続き楽しみです〜

スギタ - 2011/07/19 (火) 22:13 edit

補修キットが〜(笑)
カワニナ丸が満身創痍ですが戻ってこられたようなので安心して読んでいられます、
が、毎週このブログの更新がなかったら・・・
今週絶対琵琶湖に行ってる→ブログの更新無し→なんかあったかも!
と、心配しますので採取期間中はブログの執筆をお早めにお願いいたします〜。
てのは冗談で後編楽しみに待ってます!

シゲ URL - 2011/07/20 (水) 00:08 edit

お疲れ様でした。
あれだけ自信あったのに、いざというときに頼りにならなくてすいませんでした。
今までのブログでも読んで「ああ、無茶なことしてるなぁ」って思ってましたけど・・・
正直ここまで酷いとは思ってませんでした・・・
西村さんがマスクもフィンも忘れてきたときには「やった!行かなくて済む!!」とか考えてましたが(笑)
怖いっていうのもありましたけど、「ああ、こんなおもちゃに命預けるのか・・・」って思ってました。
二人とも無事に帰って来たので笑い話とかにもできますが・・・って一部の物が無事ではなかったですが(笑)
その辺は後編を楽しみにしております(笑)

タロベエ - 2011/07/20 (水) 16:45 edit

こんにちは。
ここまでのトラブル面白過ぎ!。無事だったからこそ笑えるけど。
きっと3連休のどれかで三途の川辺りをウロウロとしているのかなぁなんて思っていましたよ。
もうそろそろカワニナ丸ヤバそうな感じ(危険度が上がっている)が漂っているので、新しい船を買い替えたらどうかなぁ・・・。

かっちゃん メール URL - 2011/07/20 (水) 23:24 edit

もはや冒険家という肩書きをつけても良いくらいですね。
毎度ながら、無事で何よりです。
少々の無茶も無事だったからこそ笑えるんですよね。
後編も大いに楽しませていただきたいと思います。

西村 メール - 2011/07/21 (木) 00:02 edit

コメントありがとうございます。

maikyさん。爆笑は何よりもの褒め言葉です。カワニナ丸という安物買いをまたするかも。
スギタさん。何かあっても天国から書きますね。最近は天国もブロードバンドらしいです。
シゲさん。お陰さまで陸地へ戻って来れました。この日は出来すぎだったね。
タロベエさん。新しいの買って下さい。三途の川を渡るのに使おうと思いまーす。
かっちゃんさん。冒険家なのかなぁ。カワニナ捕りしているだけなのですが…。

後編は7割は出来ていますが、無事がバレている感じなので、面白みはないです(笑)。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
  ↓コメントに句点「。」を含ませて下さい。
コメント
削除キー