記事一覧

ファイル 1813-1.jpg

2023年11月25日は京都府北部でさわだ君とカワニナ採集です。
某文献にイボカワニナとされているものが、クロダカワニナの誤同定ではないかと思い、
シゲさんからも有力情報を教えて頂いて(感謝)、さわだ君と京都府北部へ行くことにしました。

京都市のさわだ君宅へ向かいます。この時期は紅葉シーズン真っ只中で、
道が混んでいて2時間20分も掛かりました。到着するとさわだ君とかおる(奥)さん。
そしてささき君が。えっ。まず京大11月祭へ。身重で送迎して下さったかおるさんに感謝。
さわだ君、ささき君、西村の3人で、吉田寮を通り過ぎて、淡水生物研究会の展示室へ。
ヤマノカミ君が待っていてくれて案内してくれました(感謝)。わかりやすくて良かったです。
S. libertinaくんがカワニナ類を生体展示していて、貴重な種類ばかりですが伝わったかな。

3人で京都府北部へ。この日のためにスタッドレスタイヤに換えてきました。走り難い…。
1箇所目はカワニナ種群はいるけど、イシマキが多くて肩身狭そうな環境でした。
2~3箇所目はダメ。4箇所目(写真)はさわだ君がクロダカワニナが捕れたと喜んでいたので、
見せてもらったらカワニナ種群でした。うむ。弘法にも川蜷の誤り。

ファイル 1813-2.jpg
5~6箇所目はダメ。7箇所目は本流でカワニナ種群が1個体だけ捕れました。
さわだ君は支流へ入って、カワニナ種群を数個体ほど捕っていました。
8箇所目はシゲさんに教えて頂いた場所。3人胴長で探しましたがカワニナ類はおらず。
私が潜ることに。ドライスーツ、17:26~17:39(13分間)、354m遊泳。
貝殻1つ見つからなかったので、水辺の工事で環境が変わって、絶えたのかもしれません。

ファイル 1813-3.jpg
9箇所目はさわだ君が数箇月前にクロダカワニナを捕った場所。案内してくれて感謝。
前回に見られた場所はほとんどいなかったようで、少し離れた場所で捕れました。
ただ、ここも工事の影響がありそうで、局所的にしかおらず、風前の灯火かもしれません。
10~12箇所目は魚捕りでしたが、12箇所目でカワニナ種群がたくさんいたので採集。

京都府北部から京都市へはささき君に運転をお願いしました(感謝)。
ささき君さわだ君お疲れ様でした。みなさんお世話になりました。良い日でした。
帰宅したのは翌日01時、往路と同じ道で1時間28分、全走行距離は514.2kmでした。

ファイル 1813-4.jpg
某文献でイボカワニナとされているものは、カワニナ種群の誤同定かもしれません。
仮にクロダカワニナだとしても、見つからずに記録も無いので、絶えたかもしれません。
4・7・9・12箇所目の胎殻です。カワニナ種群は4つとも違うようにも見えますね。
分布域的にはL1(キタノカワニナ)ですが、移入もあると思うので何とも言えません。

クロダカワニナの胎殻は、他の地方のと比べると、やや小さくて数が多く、
暗色帯が無いもしくは薄くて細いです。親殻の殻底肋も豊川産のようにやや多いかな。

コメント一覧

さわだ - 2023/11/28 (火) 16:20 edit

今回もお世話になり,ありがとうございました.
京都府北部のクロダはやはり難関でしたね.私も人のことを言えませんが,クロダはカワニナ種群とも琵琶湖の種群とも誤同定される可能性が高いので,文献記録がどこまで信用できるのか,難しいところです。

西村 メール - 2023/11/28 (火) 20:03 edit

さわだくん。コメントありがとうございます。こちらこそです。クロダとイボは外形だけだと、未だに誤同定すると思う。クロダとカワニナ種群も、殻底肋に差が無いのがいるので、どう違うんですか素朴な質問されたら答えられない。母親理論で正判別率は高いのだけどね。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
  ↓コメントに句点「。」を含ませて下さい。
コメント
削除キー