記事一覧

ファイル 1786-1.jpg

2023年9月10日はさわだ君と東海三県でカワニナ採集しました。
04~08時頃はそれぞれ別の場所で効率良く採集し、08時半に岐阜県で合流予定。
1箇所目、愛知県、ストビューで見てたのとは全く違う光景でスーパー藪。
意を決して藪漕ぎする。この向こうに池があるはず。岸辺まであと5mくらいの所で、
足元が悪くなって、高いヨシが密で、腕が痒くなってきた(ウルシに触れた?)ので断念。

2箇所目、愛知県、草とクモの巣だらけの小川を、100mほど這って進むも成果なし。
3日くらい前に補修したばかりの胴長、左足から浸水して萎える。
3箇所目、愛知県、三面コンクリートでおらず。4箇所目、愛知県、汽水域で何もおらず。
4箇所目、愛知県、下水に近い場所で、何もおらず。ここまで成果なしで焦ってきた。

ファイル 1786-2.jpg
6箇所目、愛知県、約4mのコンクリート壁に絶望感。上流側に持参したトラロープを、
ガードレールに括って川へ垂らす。予備胴長を履いて下流側へ移動。
4m壁をお尻を付けながら降りる。ドバーンとなったが何とか川に入れた。
採集していると急にお尻が冷たくなる。胴長の尻部分が破れて大量浸水で萎える。
狙っていたカワニナもおらず。トラロープで登る。成果なしで愛知県は終了…。
写真はカワニナ種群。これはたくさんいました。

ファイル 1786-3.jpg
7箇所目、三重県、魚目的で覗き見。8箇所目、三重県、何もおらず。
9箇所目、岐阜県、さわだ君と待ち合わせの時間より早く着いたので1人で採集。
ここは昔に何度か採集したことはあるが、そのときはカワニナ類に興味はなかった。
タテボシガイとクロダカワニナを採集。まあいるだろうね。このあたりに多い種類。

さわだ君が合流。成果を確認し合って議論。この時間が一番楽しかったりする。
私が愛知県で成果を出せなかったので、さわだ君はその同じ水系へ1人で調査へ。
私は寝不足と頑張りすぎてへとへとだったので帰路。結局はさわだ君も成果なし。
この地域は絶滅したのかもしれない。大変にお疲れ様でした。

コメント一覧

さわだ - 2023/09/12 (火) 11:34 edit

今回もお世話になり、ありがとうございました。
ご協力いただいたこともあり坊主は避けられましたが、カワニナ採集でこれほど苦労したのは初めてでした。ですが今回の調査で、カワニナが想像以上に減少しており、正しく環境評価を行うためにも分類をしっかり整理する必要があることが把握できました。引き続きよろしくお願いします。

西村 メール - 2023/09/13 (水) 00:43 edit

さわだくん。コメントありがとうございます。
こちらこそ楽しい時間を過ごせました。
河川のカワニナ採集は夏秋にやるものではないということが分かっただけでも収穫です。冬春ならばもっと楽に調査が出来ていたと思う。センダングサの種子に困らせられるけど。琵琶湖よりも人為的な環境変化が激しいので、人知れず消えて行くカワニナ類を守るためにも、正しい分類による評価が必要だね。その道筋を頑張ってください。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
  ↓コメントに句点「。」を含ませて下さい。
コメント
削除キー