記事一覧

ファイル 1353-1.jpg

2018年3月に新種記載された化石5種を実見することが、2018年5月12日の主目的です。
さわだ君が記載された松岡館長にアポを取ってくれて、11時にお会いすることが出来ました。

ファイル 1353-2.jpg
記載論文の写真と実物は、殻口の位置などの違いによって、ナカムライが僅かに細く、
シュードムルチグラノーサのモコモコ感が弱いなど、若干違うようにも見えましたが、
基本的には想像範囲内でした。現生種も展示されていましたが、イボはカゴメでした。
松岡館長の解説を拝聴し、いくつか形態差異などについて質問をさせて頂いて、
このページも見て頂き、私見もぶつけましたが、やはり全て現生種に酷似すると思います。

仮に5種を新種と認めて従う場合は、現生の酷似個体をどう扱うか問題が残ります。
現生にはいないと主張しても、酷似個体とどう違うかを、説明する必要があるでしょう。
化石種と思われていた種が、現生していたとする場合は、現生種が5種増えることになります。
現在でも混乱しているのに、中間型もいますから、ますます混乱することでしょう。

カワニナ類の世界では「若干違う=同種」で、その違いは変異幅と呼びます。
記載論文にある変異幅だけではなく、産地や個体数を増やすと、実際はもっと広いと分かります。
それが実際の変異幅で、化石の専門家である松岡館長に、現生種をもっと知って調べるべき、
というのは違うと思います。限られた時間と予算で、異分野の奥底まで知ることは不可能です。

化石種と同形態のものが、本当に現生種に存在しないか、照合する作業において、
形態のプロやスペシャリストに巡り合えなかったことは、とても残念だと思いました。
そこで私は、まだアマでありながら、スペシャリストのさわだ君を、プッシュしておきました。
これで化石種と現生種という異分野の接点において、慎重さと正確性が向上した、
新展開が期待できると、今から楽しみです。私もサンプリング等で、協力出来たら幸いです。

ファイル 1353-3.jpg
松岡館長にお願いして、貴重なパラタイプも、拝見させて頂きました。厳重な管理でした。
ホロタイプとパラタイプの一部を拝見した感想は、5種全てシノニムだろうと思いました。
但し、現生種の祖先かどうかは判然としません。例えば形態的にナカムライは、
ホソマキと同種と見なせることは出来ても、ナカムライは絶滅していて、別系統から新たに、
ナカムライに酷似した形態が誕生し、それをホソマキとして認識する可能性もあるためです。

ファイル 1353-4.gif
この場合に類縁関係はないが、平行進化や収斂進化などと呼ばれる現象によって、
ホソマキ祖先種が、たまたま絶滅したナカムライに、そっくりに進化して現生する場合、
分子系統学的には異種でしょうが、形態重視の分類学的には同種ということになります。
そのため形態差異が変異幅に収まる場合は、祖先は無視してシノニムと言えます。
希にホロタイプ(及びパラタイプ)が全てで、それと違えば別種だという意見もありますが、
カワニナ類の場合は、実際の変異幅が広くて、実態とかけ離れていると思います。

気が付けば2時間20分も話していました。長くなってすみません。勉強になりました。
松岡館長は人望が厚く、相反する意見にも耳を傾ける、とても良い方だと思いました。
更に貴重な標本を、快く拝見させて頂き、長時間にわたって、意見交換させて頂きまして、
本当に感謝しています。豊橋市自然史博物館では5月27日まで展示され、
その後は金庫で厳重保管されるそうですので、ご興味のある方はぜひ行ってみて下さい。
松岡館長とさわだ君に感謝です。今後ともよろしくお願いいたします。

コメント一覧

さわだ - 2018/05/18 (金) 15:30 edit

西村さんにはカワニナを一から教えていただき、これまでたくさん議論させていただきました。今回も僕が館長さんを前にタジタジしている中、しっかりと話を進めていただき、ありがとうございました。
今まで西村さんをはじめ、色々な方にたくさんお世話になったのだから何かしら研究をやって、人類のカワニナの知識を増やさればなと思っています。
あまり気張りすぎるとどこかで糸が切れてしまいそうなので、陸貝などに寄り道しながら、気長に研究をやっていけたらなと思います。
今後もよろしくお願いします。

maiky - 2018/05/19 (土) 17:33 edit

こんにちは。
凄いですね!ホロタイプやパラタイプを見せて戴けるなんて。
いろいろ難しそうですがカワニナ好き同士で知識が深まればカワニナさんたちも
浮かばれますよね。今後に期待です。

西村 メール - 2018/05/20 (日) 15:55 edit

コメントありがとうございます。

さわだくん。私は付き添いの身分で、出過ぎた対応になっている気もしたけど、
貴重な良い機会だと思ったので、ぼやっとさせず、核心をつく発言もしていました。
本当は私がキムラカワニナとして、顕名記載する能力があれば良かったんだけど…。

maikyさん。事前にさわだ君が交渉してくれたお蔭で、貴重な標本を拝見出来ました。
知識が深まりつつある中で、しれっとシニノムが登場すると、更に色々と大変になるので…。

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
  ↓コメントに句点「。」を含ませて下さい。
コメント
削除キー