記事一覧

ファイル 1219-1.jpg

和歌山県の汽水域で採集したオオヒライソガニです。
オオヒライソガニとタイワンオオヒライソガニは酷似します。
どちらかわからない幼体は、何度も捕っていますが、同定は困難でした。
比較的に大きな個体を、タイワンオオヒライソガニは捕れて、同定することが出来ました。
オオヒライソガニは、何年も捕れずにいました。今回ようやく捕ることが出来ました。

ファイル 1219-2.jpg
夜に見かけて手掴みで捕りました。捕って腹節を確認して、オオヒライソガニだと確信しました。
持ち帰って調べると、タイワンオオヒライソガニの記載論文(Fig. 2. B)の腹節よりも、
尖っているように見えて自信喪失。そこでツイッターの皆さんの力をお借りし(感謝)、
オオヒライソガニで良さそうだという見解に落ち着きました。

ファイル 1219-3.jpg
これを撮れるまで長かったぁ。

ファイル 1219-4.jpg
これは1枚目左上の個体です。
タイワンオオヒライソガニの疑いもありますが、とりあえずオオヒライソガニとしておきます。
このサイズはたまに捕れますが、想像以上にタイワンオオヒライソガニの割合が多い印象です。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
  ↓コメントに句点「。」を含ませて下さい。
コメント
削除キー