記事一覧

ファイル 1693-1.jpg

2022年9月25日は琵琶湖とその周辺でした。
カワニナ採集は予定していませんでしたが、暇だったのでカワニナを撮影しました。
カワニナの生態撮影は楽でいいね。小魚は上から適当に撮影してもうまく撮れない。

ファイル 1693-2.jpg
カワニナ種群(チリメンカワニナ形態)とヒメタニシですね。
琵琶湖の浅場で捕れたヒメタニシを、ナガタニシと誤同定している場合が多い印象です。

ファイル 1693-3.jpg
カワニナ種群(チリメンカワニナ形態)とハベカワニナです。
このあたりはクロダカワニナもいたはずだと思っていたら、右から4番目はそうかも。

ファイル 1691-1.jpg

2022年9月10日は琵琶湖でさわだ君とカワニナ採集、11日はmaikyさんとうな潜りしました。
1箇所目。待ち合わせ時刻の30分ほど前に到着したので、1人でカワニナ採集しました。
日中は石や消波ブロックの裏に隠れている個体が、夜になると上へと這い出てきます。
特にヤマトカワニナ系はその傾向があって、とても捕りやすくなります。
ここはトキタマカワニナが多く、ヤマトカワニナが少し混じる程度でした。

ファイル 1691-2.jpg
さわだ君が到着。ウナギはいないと思うけど、やすを持って入水。さわだ君は徒手採捕。
海パン、10日19:35~20:22(47分間)、387m遊泳。先週末にハリーさんへお貸しして、
大量の水が出て来た水中ライトに、防水ゴム部分へグリセリンを塗って隙間を無くし、
使って見たところ、5分くらいで暗くなって浸水。水を抜くとしばらく使えましたが、
何度も消えかかるので、別の水中ライトと交換しました。これはもう駄目でしょう。

ウナギは全く見られないので諦めて、カワニナ採集に切り替えようと岸へ近づいた時に、
やすで右足脹脛あたりを誤って刺して出血。ダイビング用ソックスも貫通していました。
こういう怪我には成れているのでカワニナ採集を続行。写真はその時に捕った個体。
ホソマキとタテヒダの中間型、ハベ、ヤマト、トキタマという感じでした。

ファイル 1691-3.jpg
2箇所目。海パン、10日21:15~21:45(30分間)、298m遊泳。さわだ君はドライスーツ。
ここは狙っている種類がいて、それだけを探し続けましたが、私は捕れませんでした。
左が私の成果ですが、6個体は目的の種類ではないです。右がさわだ君でこちらも捕れず。
この採集で琵琶湖淀川水系調査は402箇所で、そのうち潜水は200箇所となりました。
余呉湖3+北湖179+南湖11+内湖5+瀬田川2=200箇所潜り。瀬田川を増やしたいなぁ。
動画 https://youtu.be/8Gpexr_g6ns

3箇所目。今年3月に何も捕れなかったが、昔に興味深い個体が捕れていたので、
時期を変えて再び狙います。岸沿いを歩いて探してみる。すると右足に激痛(イタイ!)
コンクリートの破片から錆びた針金が飛び出し、それがサンダルを貫通して右足裏に刺さる。
引き抜いてからはあまり痛くなく、またよくある怪我だと流そうと思っていたら、
さわだ君から破傷風の心配をされる。錆びた釘とかは危険。病院へ行った方がいい。
ワクチンを打った方がいい。体験談も説明してくれる。最悪は死ぬこともあるらしい。
とても不安になる。ただ、病院が大嫌いなので、この場での判断は持ち越すことにした。

ファイル 1691-4.jpg
4箇所目。さわだ君の案内でトキタマカワニナの模式産地へ移動。
記載論文にある場所と少しだけ違いました。記載論文の場所はヤマトがほとんどでした。
00時も過ぎて解散となりました。さわだ君お疲れ様でした。楽しかったです。
その後にmaikyさんと合流。5~6箇所目はウエットスーツでうな潜りして帰宅となりました。

ファイル 1691-5.jpg
左は1箇所目のタテヒダ、中央は2箇所目のハベかなぁ、右は4箇所目のトキタマ。
11日夜にさわだ君から足のお怪我お大事にとあって、もうこれは病院へ行くしかない感じに。
私は大丈夫だと思っても、心配してくれる人を、安心させるためにも行くしかないです。
ちなみに、やす(これも鉄錆)で刺したところは化膿して痛くなっていました。

病院へ行きました。受付整理券入手→受付→整形外科→症状記入→外科へ行けと→
2階へ移動→再び症状記入→看護師問診約20秒→医師診察約45秒(目視のみ)→1階へ移動→
セルフ精算機→注射約45秒。約1時間55分。これで医療事故は起こらないのだろうか。
沈降破傷風トキソイドの注射は、コロナワクチンの何倍も痛かったです。それも10分くらい。
子供の頃に4回もよく我慢したと思う。翌日に副反応なのか歯痕舌が出来て少し痛む。
それでも落命の危機を脱したのであれば良かったです。病院はしばらく行きたくないでーす。

ファイル 1688-1.jpg

2022年9月3日は琵琶湖でハリーさんと潜りました。
細かく書くと長くなるのですが、7月30日に道具を貸しますので、一緒に潜りましょう、
という話から始まり、ハリーさんがマスクを発注して、出品者の遅延で1箇月近く掛かり、
ようやく決行できると思ったら、ハリーさんの車が壊れて、行けないという連絡があり、
このままでは10月に海パン潜りになりそうなので、私が送迎することになりました。

コロナ禍になってから、生物関係者を助手席に乗ってもらうのは、初めてです。
3日朝に薬局へ行き、 医療用抗原検査キット1980円を買い、陰性を確認しました。
ハリーさんは無料検査所で陰性。もう少し早ければ私も近くで無料検査が出来たのですが…。
お宅へ伺って車へ乗って頂いて、お互いにマスク着用。これ抗原検査の意味あるのかなぁ。
まだ夏ということで、私の困った過敏な鼻が、臭いを感じてしまい、運転に集中できず、
窓を開けて走行。頭の中で悶え続ける。我慢できずに途中で着替えてもらってすみません。

1箇所目に到着。ハリーさんがマクスを着けるが、空気が漏れるらしくてしばらく調整。
マスクのスカート部分が普通より長いのと、髭を剃って来ていないので、密着が悪い感じです。
マクスは顔へ吸盤のように付くので、髭があると浮いてしまって、うまく着きませんし、
スカート部分が長いために、髭部分までかぶさって、って当たり前のように思って、
意識もしていないことが、初めての方はわからないのだと、今更気が付いて後悔しました。

雲行きも怪しくなり、マナーの悪い遊泳者がいるのか、警察も来て物々しくなって来たので、
スカート部分と髭はどうにもならないので、とりあえず琵琶湖岸へ移動しました。
マスクと顔を濡らして、10分近く試されて、密着できるようになったようで良かったです。
シュノーケリングの泳ぎの方は、すぐに慣れて上達が早いなぁと感心しました。
潜る方はまだ難しいようでした。1箇所目、海パン、15:56~16:25(29分間)、282m遊泳。
二枚貝を探しましたが捕れず。写真はフトマキカワニナとホソマキカワニナです。

ファイル 1688-2.jpg
2箇所目へ移動。対岸は積乱雲がうごめいて稲光が凄い。さっさと二枚貝を捕りましょう。
ここは水深2.5~3mでタテボシガイが容易に捕れる場所です。私がすぐに捕る。
岸を見るとハリーさんはまたマスクと格闘中。何とか密着したようだが、今度は潜らない。
シュノーケルの水の排出がうまく行かないようで、私は言葉で伝えるが、自分でやってみて、
コツを掴むしかないだろう。5回くらい潜ったそうですが、二枚貝は捕れずに暗くなって終了。
2箇所目、海パン、17:01~18:17(1時間16分間)、519m遊泳。写真はフトマキカワニナですが、
右のはヤマトカワニナかもしれないし、交雑しているかもしれないです。

ファイル 1688-3.jpg
ヌマガイとタテボシガイです。カイビル類も見られました。

ファイル 1688-4.jpg
3箇所目。軽くカワニナ捕り。3個体はハリーさんが捕った個体。
左はチクブカワニナ、中央はトキタマカワニナ?、右はハベカワニナ。

ファイル 1688-5.jpg
4箇所目はやす潜り。ハリーさんは岸沿いを右へ。私は左へ泳ぎます。スマホ地図を見せて、
この場所から折り返す(180×2=380mの距離)のですよ。地形を必ず覚えて下さい。
40~60分(ハリーさん時計装着)で戻ります。確り伝えて入水。私の進んだ左方向は、
釣り人がいて短距離で引き返し。4箇所目、海パン、21:11~21:44(33分間)、775m遊泳。

ハリーさんは大丈夫かなと探しに行くと、折り返し地点へ泳いで行ってもいない。
笛を鳴らし、耳を澄まし、ライトの明かりを探すが、近くにもいないようだ。やばい。
道路へ出て探す。折り返し地点よりも向こうの方から、ライトの明かりが見えた。
どこまで行ってんだ笑。地図を2回も見せて確認したのに…。心配するからね。
泳ぎは大丈夫そうなので、1箇所目から比べると、随分と上達したと思いました。
結局は100分くらい泳いで、900mくらい泳いだ感じですかね。生きて戻って良かったです。

二人とも成果は無し。私はナガタニシ属の一種がいたので、それだけを捕りました。
これまで捕った中で、一番浅い(水深約3m)ところにいた個体だと思います。
この種類はこちらの論文で、竹生島で発見されましたが、琵琶湖に割と広くいる感じです。
動画です https://youtu.be/CFKo70Jzono ハリーさんお疲れ様でした。楽しかったです。
睡眠4時間余り、走行距離260km余り、帰宅して雨の屋外で、2人分を水洗いでびしょ濡れ、
水中ライトを開けたら大量の水。これでよく100分も点いていたなぁ。寝れたのは04時過ぎ…。

ファイル 1684-1.jpg

2022年8月20日は琵琶湖でさわだ君とカワニナ拾いしました。
5年ぶりくらいかな。沖島行きです。この島は過去に低体温症や車のキー置き忘れ事件など、
色々あったので事前に綿密なスケジュールを作り、想定外は無いように道具も準備しました。
そして朝一番の07:15の通船へ乗ることにしました。しかし、私が遅刻してしまって、
全ての計画が崩れ去りました。すみません。それとさわだくんは肩を痛めたそうで、
あまり潜れそうにないそうです。朝早くにささきくんに某道具を借してもらったのですが、
大き過ぎて2人ともバッグに入らず、車へ置いていくことになり、計画は完全に破綻しました。
07:45の通船で沖島へ。形骸化したアルコール消毒剤が、コロナ禍後期を感じさせます。

ファイル 1684-2.jpg
1箇所目、海パン(さわだくんはドライ)、08:18~08:54(36分間)。
左がさわだくんで右が西村。狙っていたものが捕れず。別の機会にささきくんの
某道具を再び貸してもらって、大きめのキャリーカートに乗せて持って行き、
本気採集しないといけないかもしれません。秋に計画中。また破綻することでしょう。

ファイル 1684-3.jpg
オバエボシガイ琵琶湖産です。2010年くらいから探し続けていた貝が初めて捕れました。
貝殻や琵琶湖以外(オリエボシガイ)では何度か捕っています。他産地と形態が違ってますね。
捕ったとわかった瞬間に、これまで探して見つからなかった原因が、すぐにわかりました。

水深4.5mくらいの場所で、カワニナ類を捕っていて、息が限界なので最後の1つだと、
荒っぽく砂ごとカワニナ類を掴んで、浮上したら小さな貝(オバエボシ)を握っていました。
他の貝のように砂上に水管を出したりせず、見た目ではわからない状況で潜っていたのです。
これを捕るには水深4.5mまで潜って、手探りで砂を掘って探すしかないです。
そんな確率の悪いことを続けられません。今後に狙っても捕れる気がしません。

ファイル 1684-4.jpg
2箇所目、海パン(さわだくんはドライ)、10:27~11:03(36分間)。
左がさわだくんで右が西村。ニセマツカサガイ琵琶湖型が大量です。
私は海パンなので潜るのが楽で、体力が有り余っていて、3箇所目へ行きたいのですが、
さわだくんが肩のこともあって、もう無理だと言います。12:00の通船に乗るため
(その次は14:00なので絶対に乗り遅れたくない)、荷物の片付けをさわだくんに任せて、
私だけ着替えず走って次の場所へ。慌てて準備します。その時に気が付く。

ファイル 1684-5.jpg
3箇所目、海パン、11:16~11:28(12分間)。
フィンが片方ない。さわだくんの二枚貝を乗せるために、さっきの場所に置いたままだ。
仕方がないので、右足だけにフィンを付ける。とても泳ぎ難い。とても潜り難い。
12分してさわだくんが合流。時間もないので終了です。ここでも思ったものが捕れない。
慌てて着替える。重い荷物の入ったキャリーバッグを、汗だくになりながら、
悪路を引き続ける。腕が伸びた気がする。11:57に乗船。何とか間に合う。
動画 https://youtu.be/FKaLzaRo33c

駐車場へ戻りました。ここまでキャリーバッグを引いた距離は4755mでした。
そのうち429mはさわだくんが引いてくれたので、4326mの苦行を無事に終えました。
2時間ほどカワニナの難しい立ち話をして解散。さわだくんお疲れ様でした。
今回も楽しかったです。もう2~3箇所は潜れる体力は残していましたが、
ささきくんの家へ使わなかった某道具を置いて、ゆったりとした運転で帰宅しました。
今回はウエットスーツやドライスーツが、どれだけ体に負担をかけているのかを学びました。

ファイル 1673-1.jpg

2022年7月10日は琵琶湖で、ヤマノカミくん、さわだくん、かおるさん、
ささきくん、西村で採集しました。1箇所目は魚狙い。2箇所目は魚と貝狙い。
3箇所目は川蜷捕り。某カワニナの模式産地(地名は明記されている)とされる場所で、
同じ水深を探しても、酷似する個体が捕れません。少し離れた別の場所では捕れることから、
模式産地が誤りかもと想像しました。他の記述などからも間違えていそうな要素があります。
ただ、模式産地とされる場所は、同地名内で2箇所ある疑いが出てきたため、
そこを徹底的に調べてからでも、結論を出すのは遅くないだろうということで、
朝に海パンでヤマノカミくんと潜って来ました。浅場にいるとされるので採集は楽でした。

ファイル 1673-2.jpg
私の成果です。動画 https://youtu.be/WcDFEcvlSrI

ファイル 1673-3.jpg
ヤマノカミくんの成果です。ざっくり左ハベで右タテヒダです。
某カワニナは全くおらず。私の中では模式産地は誤りだとほぼ結論が出ました。
それを証明するには状況証拠しかなく、事実認定の判断は誰も出来ないでしょう。
しかし、模式産地で捕れたから、某カワニナだというのも、間違いだと思います。

例えば、スイゲンゼニタナゴの記載論文(Regan, 1908)によると模式産地は、
「R. Nodogawa, Kioto, Japan」とあります。京都にNodo川はありません。
淀川との間違いだとしても、京都では宇治川と呼ばれています。
更に現在のスイゲンは京都にも淀川水系にも分布していません。兵庫県~広島県です。
模式産地が誤記かそれとも絶滅したのか、どのみちトポタイプを得ることは不可能です。
ホロタイプや記載論文と形態的に合致したものがスイゲンです。産地同定は使えません。

某カワニナの場合は、模式産地とされる場所に、形態的に酷似する個体が捕れないため、
それが捕れる別の場所のを遺伝子解析して、その種として比較検討するべきだと思います。
ようするに、同定において形態よりも、模式産地が優先されてはならないと思います。

ファイル 1673-4.jpg
ヒラガマノセガイ(オトコタテボシガイ)の死殻が捕れました。
4箇所目はさわだくん、かおるさん、ささきくんが貝調査している場所へ合流。
天気予報は曇りで風速1m程度でしたが、雨で風速4~7mほどと大外れ。
高波が発生して、さわだくんが使っていた調査道具が、岩にぶつかって壊れて終了。
強風で木から毛虫がたくさん降って来て、ささきくんはゴマフリドクガに刺されました。
5箇所目はささきくんと魚探し。そして帰路。お疲れ様でした。楽しかったです。
某カワニナの真模式産地は、今夏にでも探したいなぁと思っています。

ページ移動