記事一覧

ファイル 1398-1.gif

学名を斜体(イタリック体)で表記するのは、生物屋さんには常識だと思います。
私が斜体には、イタリック体とオブリーク体の2つ存在し、異なることを知ったのは近年です。
命名規約や書体に詳しいわけでもないですが、何となくわかったことを整理します。

書体(フォント)の標準は立体と呼ばれています。それを右へ傾けたものが斜体です。
斜体を指定した場合に、イタリック体が有る場合は、イタリック体で表示され、
無い場合はオブリーク体で表示されます。但し、斜体がない書体も僅かにあります。

ファイル 1398-2.gif
先日もとある論文の学名が、本文はイタリック体で、図表はオブリーク体で気になりました。
これは使い分けというよりは、おそらく本文は雑誌側が正しいイタリック体にして、
図表は著者側が制作したものを載せているため、オブリーク体だったと思われます。
著者側はアルファベットを斜体にしたら、全てイタリック体だと勘違いしているのでしょう。

[命名規約]生物の学名は、なぜイタリックで書くのか?
こちらを拝読すると、italicsを斜体と翻訳しています。これが問題なのかもしれません。
命名規約はイタリック体と指定して記されていますが、斜体と翻訳してしまうと、
イタリック体(italic)だけではなく、オブリーク体(oblique)も含まれてしまいます。

学名が斜体(イタリック)な理由
こちらと先のブログを読むとわかりますが、簡単に言うと、
「地の文字と学名は違うフォントにしてね。学名は普通イタリック体を使うよ。」です。
そのため極端なことを言えば、地の文字がイタリック体の場合は、その中での学名は、
イタリック体で表記するべきではないです。しかし、そんな雑誌は無いと思います。
また、普通はイタリック体であって、地の文字と違いさえすれば、どんなフォントでも可能です。
それこそオブリーク体でも問題ないでしょう。しかし、そんな雑誌は無いと思います。

雑誌には投稿規定があって、学名はたいていイタリック体に強制されます。
例えば魚類学雑誌投稿規定/原稿作成上の注意/3.学名とその著者名によると、
「学名は原稿ではイタリック体または下線を引いて示す.」とあるため、
イタリック体か下線が使われます。ただ、現在では下線を使うことはほぼないと思います。

地の文字以外で学名を表記する場合は、アルファベットならば、まあ何でも良いのです。
日本語の図鑑で、急に学名が出てくるとき、まずイタリック体で書かれています。
この場合は地の文字が日本語であるため、わざわざイタリック体にする必要はなく、
立体にすれば見やすいはずです。日本語の図鑑で新種記載するわけでもないため、
命名規約に従う必要など全くありません。それでもイタリック体にするのは慣例でしょう。
慣例がルールのように使われ「学名はイタリック体。当たり前だろ。」という状態です。
確かに私もそれに従っていますし、学名は単独表記でも、イタリック体にしています。

このような学名はどんな場合も、イタリック体で書くべきという、ルール(強力な慣例)で、
論文・図鑑・ネットを見ると、オブリーク体が散見されます。これは当ルールでは誤りです。
先日とある論文で、図の6行にもわたる説明英文に、学名がオブリーク体のを見つけました。
査読段階でよく通ったなと思いました。引用文献のタイトルにある学名はイタリック体でした。
また、岐阜なんちゃら魚類という地域資料は、学名は全てオブリーク体で、
引用文献のタイトルにある学名もオブリーク体でした。これは地の文字からして誤りです。

イタリック体とオブリーク体が混在する論文は多く存在しますが、
そんな細かいルールより、本文の内容が大事なのは、言うまでもありません。
それでも、あえてオブリーク体にしなくても、イタリック体にしましょうよということです。
推奨フォントはTimes New Romanのイタリック体です。多くの論文で使われています。

ファイル 1398-3.gif
魚類学会の日本産魚類の追加種リストを見ると、学名の全てがオブリーク体です。
投稿規定ではイタリック体って書いてあるのにも関わらずです。なぜオブリーク体なのか。
学名は斜体にすれば良い。斜体はイタリック体しかない。そう間違われているからでしょう。

それとは別の問題も存在します。Webサイトのプログラミング言語であるHTMLで、
イタリック体にしたい場合は、<i>abc</i>と入力すると、「abc」と表示されます。
これはイタリック体ではなくオブリーク体です。近年はこのHTMLよりも使いやすく、
綺麗に見せることが出来るCSSへ移行しています。ようするに古い書き方なのです。
CSSであれば「abc」とイタリック体で表示されます。追加種リストはHTMLなのです。
HTMLでiタグはイタリック体ではなく、実はオブリーク体だったという問題です。

最後に総本山のICZN/国際動物命名規約を見てみましょう。
「6. The scientific... italics ...letter.」
「6. The scientific... <i>italics</i> ...letter.」 CSSを使おうね!!
とりあえず、学名をオブリーク体で表記するのは、何か違うので止めましょう笑。

ファイル 1397-1.jpg

木曽三川公園アクアワールド水郷パークセンターの堀田展示を見に行きました。
私はウシモツゴの次に、堀田へ青春を捧げたくらい、思い入れのある溝渠農業形態です。
堀田と淡水魚に関して、口頭発表や何れも共著ながら会報と書籍を書いています。
日淡会でも稚拙な文章を20年近く前に書きました。1990年代に残存する堀田は、
全て見に行ったつもりです。写真も数多く撮りました。そして私は堀田のある大垣生まれです。

ファイル 1397-2.jpg
水郷パークセンター(海津市海津町)の堀田は2017年に完成しましたが、5.3km(車で8分)離れた、
海津市歴史民俗資料館(海津市海津町)には、1993年から堀田が既に展示されています。
同市同町に2つの堀田がなぜ必要なのでしょう。何かお金や業績や政治的な臭いがします。
モツゴやツチフキと書いてあるあたり、魚の専門家は入っていないのでしょう。

ファイル 1397-3.jpg
堀田を見るとなんじゃこりゃでした。

ファイル 1397-4.jpg
蛇篭の上に土嚢を乗せて土を盛る。これは構造から堀田とは違う。
しかもコンクリートによる排水口と、堀潰れを仕切る水門まである。
これを再生堀田とは言い過ぎです。海津市歴史民俗資料館のはもっと再現度が高いです。
管理の楽さを優先したのでしょうが、管理が大変で苦労したのも、堀田の歴史や特長でもあり、
これは近代的に改変し過ぎです。蛇篭と土嚢は、せめて木杭と木板にして欲しかった。
私の好きな堀田じゃない。人力車にエンジン付いた感じ。それを人力車と称している。

ファイル 1397-5.jpg
海津市と養老町の境あたりの国土地理院(1982/10/27)の空中写真です。
左上に4つ池があり、数本の水路が左下方向へ並んでいます。これが堀田(河間吹型)です。
その場所(養老町横屋)を頭において陸軍(1945/04/05)で同じ場所を見て下さい。
周りにも堀田が広範囲にあり、4つの池付近が最後の堀田だったことが分かると思います。
この最後の堀田に1983~1984年にいた魚が、内山りゅうさんが発見したウシモツゴです。
ウシモツゴは堀田の消滅と共に、濃尾平野から消えて行ったと考えています。

その後にこの堀潰れも埋められてしまい、池の隣に堀潰れが再現されました。
国土地理院(1987/10/18)に3本ある堀です。これは堀田とは別物です。
そして濃尾平野のウシモツゴは自然絶滅し、飼育下の個体だけが生き残りました。
そのウシモツゴを養老町横屋ではなく、養老町有尾に放流し、里帰りと称する活動もあります。
現在は堀田だけではなく、池も2つが埋められて、悲しい感じになっています。

ファイル 1386-1.jpg

2018年10月20日は淡水貝類研究会(岐大)へ行きました。
ちりぼたんに要旨が掲載されるので、隠す必要はないのですが、大変に刺激を頂きました。

ファイル 1386-2.jpg
魚類学会よりも真面目に拝聴していた気がします。何かすみません。
懇親会が4時間もあるっていいです。2000円の元を取ろうと、缶酎ハイではなく、
一番搾りばかり呑んでいたのは私です。酔っぱらって何を話したか、あまり覚えていませんが、
重鎮ともお話できて勉強になりました。後半は美人のS女さんと、心理戦をやっていたような。
こうして楽しく終われるのも、会場の設営や片付け等で、世話を焼いて下さる、
岐大の皆さんがおられてこそで、毎年感謝しています。また来年も宜しくお願いいたします。

ファイル 1350-1.jpg

APEMAN A66(3,980円)を買いました。
アクションカメラです。川で魚を撮るために買いました。
これで水中動画が撮れるのは、3号機8号機9号機、10号機の4つになりました。
私は魚撮るおもちゃとしてしか使わないですが、激安なのにドライブレコーダーにも使えて、
動体検知機能があるので、駐車中も人が近付けば撮り始めるので、防犯的に使えるかも。

ファイル 1350-2.jpg
試しに90cm汽水魚水槽へ入れて撮ってみました。撮影は3,980円の他に、
microSDカード32GB(1,580円)、セリアのスマホ三脚スタンド(108円)を使っています。


これだけ撮れていれば満足です。GoProは41,078円だったので、扱うのに気を使いますが、
1/10以下の価格で、無くしてもあまり痛くないので、粗く気楽に使えて良いですね。

ファイル 1349-1.jpg

本日にコメントをしたが、反映されていないと、maikyさんから連絡がありました。
そんなはずは無いと思って試しましたが、本当にコメントが出来ませんでした。
4月1日以降にログインとコメント投稿が出来ない問題が発生し、スパム対策規制を緩めることで、
2つの問題は解決したはずでした。しかし、ログインとコメント投稿は、それぞれ別の問題で、
2つがほぼ同時期に発生していることがわかりました。原因を1時間ほど調べたところ、
3月16日にアドレス変更した際、古いアドレスのままだった箇所が見つかりました。
それを新しいアドレスへ直したところ、正常に投稿が出来るようになりました。
早速にmaikyさんとスパムさんが投稿して下さいました。スパムが増える予感がプンプン。

ということは、2018年3月16日~4月25日までの約40日間に、コメントをして下さった方は、
それが反映されていない状況でした。大変申し訳ありませんでした。お詫びします。
先ほど他にも直し忘れはないか、チェックしましたが、おそらく大丈夫だと思います。
教えて下さったmaikyさんありがとうございました。そしてすみません。

言い訳と愚痴ですが、このブログは31フォルダー(6,608ファイル)で構成されています。
画像のmフォルダ以下がそれです。モザイクはセキュリティから明かせないファイルです。
確認の必要性が低い画像ファイルを除くと、1,143ファイルを確認しないといけません。
特に重視しないといけないのが、約100ファイルあります。こうしたファイルは、
例えば:の前に¥(半角)を書き忘れただけで、Not Foundで何も出来なくなります。
それを見つけるだけでも一苦労で、独自で設置するブログは大変なんですよ。

このブログ、日淡会、カワニナ図鑑など全体は、108フォルダー(72,021ファイル)です。
もう個人が管理できる量ではないです。もしも他に問題がありましたら、
メール等で教えて下さい。今後も至らない点があると思いますが、よろしくお願いします。

ファイル 1311-1.jpg

2017年10月28日は淡水貝類研究会(岐阜大学)へ行きました。
この研究会のことは、随分前から知っていましたが、拝聴したのは昨年が初めてでした。
14演題と多くて、参加者は60人弱でした。新知見も多くて、興味深い内容ばかりでした。
写真は「琵琶湖産カワニナの新型」を発表しているさわだ君です。
カワニナ図鑑で言うところのコセイカワニナです。とても良かったです。

何枚か撮影して、なぜこの写真にしたのかは、昔から気になっていた文言だからです。
「採集されたカワニナ」という表記をばらします。
採集=標本・資料などにするために、取って集めること。
された=されるの過去形。
カワニナ=Semisulcospira libertina もしくはカワニナ属やカワニナ類。

この中で「された」が気になりました。されるは「する」の尊敬や受身の意で、
その過去形のされたは、自分ではなく、他人や第三者がしたことを意味します。
すなわち、自分が採集したカワニナ類に、採集されたは適切ではないのです。
この場合は「採集したカワニナ属」の方が良いと思います。

重箱の隅をつつくようなことですが、目に余るほどだからです。
"採集された"で検索すると、たくさんヒットします。報文ではよく使われる文言です。
この中には執筆者ではなく、他人が採集された個体を、報文化した場合もあるでしょうが、
多くは執筆者が採集したものです。おそらく、採集したよりも、採集されたとする方が、
丁寧で品があると思われて、報文の世界では、誤用が常用化しているものと推測します。

言葉は通じれば良いですが、正しく伝わりません。例えば自分が金貨を見つけて、
誰かに報告するとき「金貨を発見されました!」って言わないですよね。
「金貨を発見しました!」ですよね。されたって誰に?って、言われちゃいますよ。
しました(した)は自分、されました(された)は他人です。自戒の念を込めて注意しましょう。

ファイル 1311-2.jpg
懇親会にも参加させて頂きました。ふなみそ、イサザ佃煮、モロコ佃煮もありました。
会を準備し、後片付けして下さった方々、ありがとうございました。とても楽しかったです。
その後はTMさんに車で自宅まで送ってくれました。そして蒲焼を作り採集もしました。

2010年にmaikyさんと私が、コセイカワニナを採集されてから、じゃなくて採集してから、
7年が経って、研究会での口頭発表という形で、 ようやく日の目を見ましたが、
このネタを優秀で恩義も大事にする、さわだ君に拾ってもらって、良かったと思っています。
新種記載は容易ではないでしょうが、その日が来ることを楽しみにされています。誰が?


追記 2017年11月01日
通りすがりさんに私の誤解を指摘されました(感謝)。詳細はコメント欄をご覧下さい。

ファイル 1308-1.jpg

10月2日にウナギ4匹(4産地)をたいち君へ発送。10月21日にサケ1匹(雄)をたいち君から頂く。
食べられるところがウナギの何倍もあって、何か申し訳ない気持ちになりました。
ありがとうございます。頭、半身、内臓はmaikyさんにお裾分けしました。

ファイル 1308-2.jpg
骨と鰭は揚げました。骨折者にとっては最高のさけの肴でした。

ファイル 1308-3.jpg
身はチャンチャン焼きにしました。やや煮詰め過ぎた感あり。少し物足りなかったので、
マヨネーズをかけて食べたところ、味が劇的に変わって、とても美味しかったです。
身は冷凍でまだ残っているため、どう食べようか迷うのが楽しいです。

ファイル 1289-1.jpg

先日に買った GoPro HERO5 Black ですが、少し不安なことがありました。
ハウジング純正品の仕様が、本体のレンズカバー(レンズリプレースメント)を外さないと、
装着できないのです。このレンズカバーには、ゴム製のパッキンが付き、レンズ周辺からの浸水を、
防ぐ効果があると思えました。ハウジングが岩などにぶつかって、ひび割れて浸水して来たり、
バッテリーやメモリの交換の際に、手がすべって川に落としてしまった場合に、
浸水して壊れる危険性があると思いました。これは確認が必要です。

本体への防水にレンズカバーは必要なのか?
ネットで検索しましたが、全くヒットしません。ユーザーマニュアルを確認します。
「カメラはドアが閉じた状態で 10m (33’) の防水性能を備えています。」
「ドアが開いているまたはドアを取り外した状態では、カメラは防水ではありません。」
レンズカバーのことは記されておらず、ドアにに関する注意が記されているだけです。
ドアという名称があるのは、「サイド ドア」と「バッテリー ドア」の2つだけです。
この書き方は裏を返せば、2つのドアさえ閉じていれば、防水性能があるとも読み解けます。

それでも不安だったので、Yahoo!知恵袋で尋ねてみることにしました。
閲覧数は50件を超えるも、3日経っても回答無し。別のGoPro5関係の質問には、
回答があるところを見ると、誰もわからないのではないかと思えました。

仕方がないので、GoProに電話してみました。即答でした。
レンズカバーを外した状態では浸水します。はぁ? そんなのどこにも書いていない。
むしろユーザーマニュアルは、2つのドアだけ閉じていれば、いいみたいな書き方やん。
食い下がるも、納得がいく説明もなく、日本の優秀なメーカーとの違いを感じました。

GoPro5でハウジング純正品を買う人はきっと、本体(防水)とハウジング(防水)で、
2重に守られた防水性能を期待していると思いますが、本体はレンズカバーを外した、
非防水にした状態じゃないと、ハウジングを装着できず、意味がない気がしています。
ただ、本体は10m防水ですが、ハウジングは60m防水なため、深く潜る人には良いのかも。

ハウジング装着したGoPro5を、琵琶湖で初めて使い、2回目は三重県の川で使いました。
水から上がって驚きました。ハウジングの中に少し水が入っている!? おいっ!!
慌ててハウジングから取り出して、水を拭き取りました。浸水していた部分が、
非防水状態のレンズから遠く、壊れませんでしたが、これはダメですね。ダメなのです。
別に60m以上潜ったわけではなく、おそらく岩にぶつかった際に、パッキンが緩んで、
少しだけ水が入ったのでしょう。こんな程度の衝撃は7号機で毎回のようにありましたが、
それを耐えて2年半も頑張ってくれました。終末期にレンズ周りはぼこぼこでした。
ハウジング純正品(5,890円)がゴミに見えた瞬間でした。高物買いの銭失い。

ファイル 1289-2.jpg
非純正品を買うことにしました。失敗したくない気持ちから2種類をポチりました。
Deyard(1,990円)EloBeth(1,399円)です。届いてビックリ。同じ物でした笑。
Deyardの方が布と紙があり、ネジが少し短い。これに591円の差は見出せない。

ファイル 1289-3.jpg
左が純正品、右が非純正品です。

純正品5,890円
 A.本体非防水状態 B.ケースが小さい C.60m防水 D.開閉ダブルロック有り
 E.ボタンガード有り F.ボタンの先が丸い(本体ボタンへの影響が小さい)
非純正品1,399円
 A.本体防水状態 B.ケースが少し大きい C.45m防水 D.開閉ダブルロック無し
 E.ボタンガード無し F.ボタンの先が少し尖る(本体ボタンへの影響が少しあるかも)

非純正品はレンズカバーを付けた状態で、ハウジングに装着が出来るため、2重防水です。
品質は純正品が良いですが、本体が防水状態かどうかを重視すると、非純正品が良いです。

ファイル 1289-4.jpg
ヘッドストラップ純正品は、ハウジング純正品を装着すると、可動域がとても狭く
使い物になりませんでしたが、ハウジング非純正品も試したところ同様でした。
ヘッドストラップ非純正品は正常に使えましたので、ヘッドストラップ純正品はゴミですね。

ハウジング非純正品は開閉ダブルロック無しで、ぶつかり方次第では開く恐れがあります。
しかし、通常の使用では、写真のように、本体が飛び出す隙間は、出来ることがなく、
ネジが緩んでいない限りは、本体がどっか行っちゃった、という問題は無さそうです。
この度、高い買い物して学んだことは、純正品でも信用ならん、日本製は素晴らしいです。

ファイル 1287-1.jpg

GoPro HERO5 Black(41,078円)を買いました。
microSD+ハウジング+ヘッドストラップ+充電器+バッテリー=19,778円 総計60,856円。
購入にあたって、ご助言を下さった、Kさんありがとうございました。
GoPro5は10m防水なので、普通の人はハウジングを使わないと思いますが、
私は川で岩にぶつけたりするので、その保護目的で買いました。

8号機は安価な割に、とても良いのですが、バッテリー問題がありました。
GoPro5は2時間と記されていたので、総計が4.2倍もしますが、買うことにしました。
microSDを除いて全て純正品で揃えました。これでウェアラブルカメラの最高峰を確認できます。

バッテリーを入れて初期設定しようとすると、バッテリー残量が1%、予備の2つも1%。
これではすぐに色々と試すことが出来ません。3時間以上も充電待ちすることになりました…。
説明書は十分とは言えないものでした。こういうところが日本のメーカーとの違いでしょうか。
GoProのサイトで説明書をダウンロードしないと、不慣れな人はたぶん使いこなせません。
防水性を保つために、必要なことなのかもしれませんが、サイドドア、バッテリードア、
レンズカバーはとっても硬く、指の皮が挟まってめくれました。力の弱い人に出来るのかな。

ファイル 1287-2.jpg
純正品ヘッドストラップに純正品ハウジングを装着しました。
可動域がとても狭く、後ろへ無理やり倒そうとすると、パキパキッと壊れそうな音がします。
仕方がないので8号機で使っていた、非純正品ヘッドストラップを装着すると、
少し斜めではあるものの、十分に使えそうな場所まで、倒すことが出来ました。

解決方法はこちらのように、アタッチメントを装着する必要があると思います。
この方の買われたWIMIUS Wifi 4Kは、アタッチメントが付属していますが、
GoPro5と純正品ハウジングに、このアタッチメントは付属していませんし、
公式サイトのアクセサリーにも見当たりませんでしたので、どうやって解決するのでしょうか。

仮に非純正品でアタッチメントを買って装着したとしても、割と重いネジが頭に増えるのと、
GoPro5が少し前へ出ることになり、岩などに顔を近づけると、先にぶつかる確率が高まります。
また、こういう隙間には、水草などが絡み易く、出来れば密着して欲しい物なのです。
ようするに、非正規品を金出して買って、重さ増やして、ぶつかって壊れやすくなり、
最初から直接装着で、可動域が十分に設計しておくべきだし、それが出来ないならば、
アタッチメントを付属や販売させるか、十分な説明書きが必要だと思います。

映像の質がどうこう以前に、高価な割に細やかさがなくて、何だこりゃと思いました。
8号機の方がアタッチメントが、これでもかというくらい入っていて、説明書も良かったです。
GoPro5は日本製の繊細な良さに、慣れた人にとっては、不便さや不満が残ると思います。

肝心の映像は良かったですが、ずば抜けて良いという程でもない気がします。
音はハウジングの問題か、装着していた私の声だけ、風呂場みたいな、こもった感じでした。
GoPro5から直接的にPCへ動画(mp4)を移動すると、撮影日時が移動日時に変換されて、
いつ撮った動画かわからなくなります。そのためGoPro5から硬いバッテリードアを開き、
microSDを抜いて、変換アダブタへ入れ、PCへ差す必要があります。これまあまあ面倒です。
画質が良いので、仕方が無いかもしれませんが、1920×1080ピクセルで約10分撮ると、
約3.1GBもあります。先日は64.4GB撮りました。すぐにPCのHDが一杯になりそうです。
また、3.72GB(11:49)でファイルが分割されます。連続して見るには結合が必要になります。

バッテリーはフル充電で1時間55分持ちました。2時間は持って欲しかったのですが、
これは許容できます。結論的には私のように、バッテリー持ちを気にしない人は、
高価で不備のあるGoPro5より、安価な中華カメラの方が良いと思います。

ファイル 1287-3.jpg
これは使っていなかった、防水ライト(水深20m)の中身を、ペンチでくりぬき、
バッテリー2つ、メモリーカード、セームタオルを入れた防水ケースです。
先日は腰に引っ掛けて潜りましたが、特に気になるほど邪魔になりませんでした。
セームタオルで何度か手を拭きましたが、多少の水滴は、腕から伝って、流れ落ちるため、
それがカメラやバッテリーに少し付き、安心できる状況ではありませんでした。
もうちょっと工夫が必要かなと思いました。1時間55分撮れるなら、交換しなくてもいいかな。
安価な8号機、高価な9号機を使って、7号機の良さを知りました。良い経験が出来ました。

ファイル 1286-1.jpg

MUSON-MC2(8,480円)を買いました。
microSD2つ+ヘッドストラップマウント+バッテリー=5,959円 総計14,439円。
購入にあたって、ご助言を下さった、KさんYさんありがとうございました。

7号機が壊れて(おそらく消波ブロックに激突して水没)、新しく買うことにしました。
私の荒い使い方に耐えた7号機は、これまでよく頑張ったと思います(ありがとう)。
7号機と比べると、画質はやや劣るが、この価格は安い。かなりのお買い得な良品です。
普通に使う人にとっては、十分だと思いますし、川に沈めて固定カラメとしても良さそうです。

しかし、バッテリー(フル充電)が、1時間30分で切れ、私の用途に合いませんでした…。
川の下流に駐車し、ウエットスーツ着の状態で、1.27km上流まで歩いて、そこから流下。
川へ入る直前の21:03に録画開始し、バッテリー切れで22:33にストップしました。
車まではまだ遠く、バッテリー交換が出来ません。23:10に川から出て、0.25km歩いて戻りました。
21:03~23:10(2時間7分間)を撮りたかったのですが、バッテリー切れで37分間が撮れず。

7号機は約2時間、8号機は1時間30分間。この30分間は私にとっては大きいのです。
今回もこの30分間でウナギ3本捕れました。それが撮れなかったのは、残念な気持ちです。
G○pro HERO5 の購入を検討しています。バッテリーを重視して、調べようと思います。

ページ移動