記事一覧

ファイル 1503-1.jpg

1999年8月27日からWebサイトを開設して、来月でお陰様で21年です。
1999年にYahoo! JAPANへ登録してから、しばらくして「淡水魚」で検索すると、
日本淡水魚類愛護会はトップ10に必ず入っていました。トップだったことも多かったです。
その後は主要検索エンジンがGoogleに変わり、トップ10を2014年まではキープし続けました。
「淡水魚で検索したら西村さんのサイトにたどり着きました」なんて話も何度か耳にし、
ネットで淡水魚と言ったら日淡会という自負もありました。変化は2014年から始まります。

2014年2月27日。ツイッター利用者から教えて頂きました。Googleで検索したら、
「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります」と表示されると。
ブランドバッグ販売などの宣伝投稿を、自動で行うプログラムを確認(phpファイル)し、
ローカルとの比較で、怪しいものは全削除。サーバーのパースワードを難解なものに変更。
Googleにも対処報告。この時に流行っていた、クラッキングという乗っ取りでした。
一時的にSEO評価は下げましたが、この時は何とか乗り切ったと思います。

2017年2月1日。当ブログや掲示板類を、SSLに対応させました。
SSLは簡単に言うと、http→httpsに変わり、暗号化でセキュリティ向上です。
新旧2つのアドレスが出来るため、SEO評価が下がることを、この記事1でも懸念しました。

2018年3月14日。懸念した通りに下がり、トップ10に入らなくなりました。
記事2でも焦っています。もうアドレス統一するしかないと決意しました。

2018年3月16日。サイト本体と当ブログや掲示板類のアドレスを統一しました。
Googleにも報告するが、なぜか同一サイトと見なしてくれません。
過去にアドレス変更した際は、移動したんだねという感じで、すんなり変更が出来ました。
同じ内容のサイトが、2つあると思われている。これでは駄目です。でも直せませんでした。

2018年4月18日。当ブログの新規記事とプロフィールに、広告のスパム投稿を見つけました。
ブログのパスワードを見破られて、侵入されました。サーバーのパスワードは難解にして、
たまに変更していましたが、ブログに侵入するとは、思ってもいなかったので、
少し簡単なものにして、変更もほとんどしていませんでした。以後は極難解に変更しました。
この乗っ取り状態のとき、Googleのボットが閲覧して、危険サイトの烙印を押したようで、
その後に「淡水魚」と検索しても、トップ100にも入らない状況になりました。

更にレスポンシブデザイン(スマホ画面対応)へ対応していなかったこともあり、
スマホで検索しても、大雑把な検索ではヒットせず、日淡会くらい直で検索しないと、
ヒットしなくなりました。後手後手ではあるものの、セキュリティは向上したし、
そろそろ前のような状態に戻るかなぁと思っていましたが、1年経ってもそのままでした。
一度失った信用は取り戻せないようで、もう諦めていました。エゴサも止めました。

2020年7月5日。パソコンが壊れてHDDを入れ替えて、IEで自分のサイトすら見られないので、
Googleで淡水魚と思わず検索。すぐにあっ出るわけないかと、悲しい気持ちになったら、
トップ10に出たのです!? 約4,190,000件中の7位でした。2018年4月18日に信用を失って、
取り戻すのに2年以上も掛かりました。長かったです。スマホから検索すると11位に、
当サイトの日本の淡水魚のページがヒット。スマホ画面に対応していない中では十分です。
Googleに一応安心できるページとして、再認識されたのだと思います。よかった。

画像は2002年と2005年のものですが懐かしいです。スクショではありますが、
引用ということで、著作権には触れていないと思います。Wikipediaが非常に強いので、
この位置に戻ることはないでしょうが、頑張ってトップ10をキープしたいです。

ファイル 1490-1.jpg

2020年5月30日に素潜りする際に、デジカメ11号機をヤマノカミ君に貸したところ、
頭から外れて行方不明。装着方法に問題がありました。私も装着時に手伝ったりして、
詳しく教えてるべきでしたが、コロナで接触が憚られ、仕方がないです。諦めはつきました。
カメラ、メモリーカード、バッテリー、ヘッドマウント、総額4,500円くらいですかね。

現行で水中動画が撮れるのは5台。出来れば5台を設置して、その間に1台で素潜りしたい。
計6台欲しい。そういえばmaikyさんアクションカメラを買って使われていなかったような。
連絡して快く応じて頂けました。写真のMUSON Pro 2(2000~3000円で買われたとか)を、
物々交換(1500円ちょっとのコーナンジッパー袋)してもらいました。ありがとうございました。

ファイル 1490-2.jpg
kenyuさんに教えて頂いた防水ライトです。

ファイル 1490-3.jpg
昼間でも真っ暗になる場所へ、防水ライトを付けて、2箇所に入れてみました。
浮遊物や濁りが壁のようになって、そこに光が当たり、あまり遠くが映らない…。
左はよく見ると魚が映っています。でもこれに頼るしかないので、もう1つポチりました。
イワトコナマズがいるような綺麗な場所であれば、夜の撮影がうまく行く気がしています。

ファイル 1483-1.jpg

Victure AC700NEW(5,880円)を買いました。
microSDカード32GB(688円)、1350mahバッテリー×2(1,688円)。
別のカメラ用にヘッドストラップ(699円)、三脚マウント×3(766円)。総計9,721円です。
これらは全て在庫ありで、特別に遅い配達だという注意表記はありません。
カメラ的にはMUSONが良いと思いましたが、紐を付けて投げ難そうなので止めました。

2020年04月09日(木)00:23 メール 「通常48時間以内に出荷する予定です」
2020年04月10日(金)11:11 ポスト投函 microSDカード32GB
2020年04月17日(金)14:43 メール 残りの4つ発送
2020年04月18日(土)12:09 置き配で完了

結果は206時間後に出荷。注文から届くまで10日です。最遅記録を更新しました。
今Amazonを見たら「お届けにかかる時間が通常より長くなる場合があります」と。
このご時世それは覚悟していましたが、買う前にその表記を出して欲しかったなぁ…。

ファイル 1483-2.jpg
これで現在も使える、水中で撮影できるカメラは、6台になりました。
水中動画撮影はこの時期に合った、楽しみ方かもしれません。

1.車に1人で乗って、誰もいない川へ出かける。
2.カメラを沈める。
3.車へ戻って30~60分待つ。飯食べたりテレビ見たりスマホいじり。
4.カメラを回収する。
5.家へ帰って、動画をだらだら見る。

この時期でも採集していると、マスク無しで話しかけて来られる方はいます。
地元の方であれば、お邪魔している立場ですし、悪気はないですから、邪険には出来ません。
撮影はカメラを沈めて、回収する際だけ、車の外へ出ます。人に見られ難いです。
車の中にいれば、窓ガラスを叩いてまで、話しかけてくる人は、さすがにいません。
遠方へ移動する場合は、現地の方との接触を避けるため、地元のコンビニやスーパーで、
予め2食分買ったり、ガソリン満タンにしたり、出先で迷惑にならない行動を心がけています。
水中動画撮影はこうしたことが出来れば、この大変な時期に許される遊び方かもしれません。

ファイル 1481-1.jpg

2020年3月28日08:45に「通常48時間以内に出荷する予定」が4月6日14:12に置き配で到着。
9日も掛かりました。この遅さはコロナと因果関係がありそうですね。仕方がないです。
ブーツ(ダイビング用)です。左は5年7箇月余り使用。右は今回買ったものです。
ダイビングショップで違うブーツを、試着したかったのですが、ご時世的に諦めて、
足に合う同じ物を注文。店舗は感染が怖いし、ネットは9日も掛かる。どっちが良いのかな。

ファイル 1481-2.jpg
ダイビング用のベルトは、硬くてウエイトを動かし難い、幅が広くてカラビナを付け難い、
余分なベルトが邪魔になる、何かに引っ掛かると外れるのではないかという不安感があり、
あえて胴長ベルトやスーツケースベルト(百均)という、軟らかいベルトを使っていました。
しかし、先々月にスーツケースベルトが緩んで、とても潜り難くなったので、再検討しました。

軟らかくて、幅が狭く、余分なベルトが出ない、外れる不安のない、ダイビング用がないか。
アマゾンで検索しましたが、1つもありませんでした。それでも今回買ったベルトは、
カスタマーレビューで「かなり薄いです」とあったので、軟らかいかもと思ってポチッ。

ベルトにウエイトを通したら、やっぱり硬い、幅が広い、余分なベルトが出る、外れそう。
カラビナを通しましたが、無理やりやれば何とかなる程度で、硬くて手が痛くなりました。
余分なベルトは切れば良いのですが、Kさんのは先がボロボロになって通し難そうだった。
ウエットスーツにバックルが触れるので、傷ついたり穴が開きそうです。うーん。
スーツケースベルトよりも良い点は、緩んだらすぐ締められることくらいかも。
ダイビング用は1,619円で、スーツケースベルトは110円。14個買える差があるかな。
しばらく使ってみて、スーツケースベルトに戻すかもしれないなぁと思いました。

ファイル 1474-1.jpg

防水スマホ浸水しますたから3週間経ち、浸水したスマホも十分に乾きましたが、
電源は入らないので完全終了です。浸水の原因を探るべく、2月1日と同じことをしてみました。
スマホスタンドに挟んで、キャップが確りと閉じていることを確認し、メダカ水槽へ入れると、
ぽこぽこと泡が出てきました。引き上げてキャップを開けると、中から水が出てきました。
どこが浸水しているか分からず、見やすいバケツで、実験することにしました。

ファイル 1474-2.jpg
スマホスタンドの挟む圧力で、外側が開いて浸水したかと思って、普通の状態で入れました。
泡は出ない。スマホスタンドに挟んで入れました。泡は出ない。どういうことだろう。
水圧が関係しているかもと思って、120cm水槽へ入れて見ると、僅かに泡がぽこぽこと。

ファイル 1474-3.jpg
120cm水槽に手を入れて、スマホを拾い上げたとき、ぽこぽこぽこっと泡が出ました。
その場所はヘッドセット接続端子でした。やはりキャップではなかった。
動画をツイッターに載せました。軽く押すだけで、泡が出ました。

しつこいですが「SONY Xperia X Performance」は防水(IPX5/8)です。
「IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、
 約30分間放置後に取り出した時に通信機器としての機能を有することを意味します。」
120cm水槽は砂を敷いているため、水深0.4mくらいです。約1分間くらいで泡が出ました。
また、ヘッドセット接続端子から、浸水する恐れがある注意書きは、見当たりません。

ヘッドセット接続端子は、TVアンテナケーブルを、抜き差しするため、傷は付いています。
3年3箇月足らずで浸水するようならば、製品の強度に問題があるのではないでしょうか。
SONYはデザインが最高、壊れやすさも最高という印象が、より強くなりました。

買い替えた「AQUOS R3」も防水(お風呂対応)IPX5/8ですが、水中には入れません。
SHARPは大丈夫かな。ジュウマンで気が付くようでは遅いです。皆様もお気を付け下さい。

ページ移動