記事一覧

ファイル 1452-1.jpg

2019年10月3日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村で採集しました。
大浦です。今でもこの地名はぞわっとします。琵琶湖来たぞ。カワニナやるぞぉと。

ファイル 1452-2.jpg
1箇所目。ここらあたりは変なのばかり出る場所。少しポイントを変えます。
ドライスーツのさわだ君(風邪中)と、ウエットスーツの西村(副鼻腔炎中)が潜ります。
200mほど泳いでポイントへ到着。体力のあるうちに深潜りしておこうと思い、
最初から5mほどへ潜ります。2mほど潜行すると頭が痛い。もしかしてこれが…。
すぐに気が付きました。これまでmaikyさん、sugiura君、ささき君などが、
頭が痛くて1mも潜れないと言っていたやつか。私は初めての経験でした。
サイナススクイーズ(副鼻腔痛)。副鼻腔が腫れたり、膿などで詰まったりして、
圧平衡が取れなくなり、痛みが出る。私は水深と共に、左眉付近の痛みが強くなる。

これまで副鼻腔炎で潜っていても、痛みは出なかったが、最近服用し始めた、
チクナ○ンが悪さをしているかも。私はこうした頭痛は、マスクがきつかったり、
別の理由があると思って、そんなん気合で何とかしろと、内心は思っていました(謝)。
しかし、これは痛い。1mも潜れない気持ちがわかる。それでも私は潜ってやる。
2mくらいから激痛です。5mほどに気合で4本潜りました。潜らなくても痛む状況に…。
車へ戻って、痰を吐いたら、血が混じっていました。陸でも痛む。頭を下げると激痛。

写真は右上のバットが私の成果。この倍くらいは捕るつもりだったのですが…。
左上と下がさわだ君の成果。ナガタニシやイボ種群も複数いて羨ましいです。

ファイル 1452-3.jpg
2箇所目。潜ろうと思っていた場所が、環境的にあまりに酷いので諦める。
3箇所目。さわだ君だけカワニナ潜り。普段よりも30cmくらい増水しています。
4箇所目。さわだ君は潜り、ささき君と私は胴長。バックスライディングで全身ずぶ濡れ。
パンツの換えを間違えたのを持って来ていて、パンツは濡れたままで過ごしました。
5箇所目。小物釣り。6箇所目。水路でカワニナ捕り。底が腐泥になっていました。
腐泥(ふでい)はささき君が使って、そういう言い方があるのかぁと感心しました。
7箇所目。ウナギとカワニナ狙い潜り。サイナススクイーズは4mくらいから痛みが出て、
1箇所目よりはマシになっていました。チクナ○ンの服用を止めたからかも。
タテヒダやヤマトなどが捕れました。動画 https://youtu.be/FuscUxEyf7s

ファイル 1452-4.jpg
8箇所目。さわだ君がクロダが捕りたいということで、A内湖へ行きました。
前は普通にいたのになぁ。1個体も捕れず。前と言っても5年前なので絶滅したのかな。
9箇所目。B内湖へ。ここもクロダがおらず。水路の方で前に捕ったので移動。
前と言っても7年前ですが、クロダはたくさんいました。それが写真の個体です。

同日、同場所、同種類、それなのに蓋は普通~無いまでいます。
カワニナ属の蓋の有無や形状が、識別形質に成らないという証拠です。
しかも、屋内の安全そうな環境で飼育すると、蓋を落とす個体が多いです。
水槽内で生まれた個体も、蓋を作らなくなります。蓋は環境や個体によって、
大きく変わることに気付いてから、蓋の撮影や保存を止めました。
ホロタイプに蓋が残っているものが極希(無い?)で、同定にも使えないです。

10箇所目。陸貝捕り。さわだ君に貴重な種類を拝ませてもらいました。
3日04時に起きて、10~00時まで滋賀県で採集し、4日02時半頃に帰宅し、
力尽きて車で1時間半ほど仮眠。それから片付けや雑用で昼前に寝ました。
さわだ君は前日まで発熱し、当日は頭痛でこの濃密な採集。凄い体力です。

ファイル 1452-5.jpg
1箇所目の胎殻です。左上、右上、左下は広義のハベとしておきます。
左下はクロダそっくりの胎殻が出てきました。右下はイボ種群かなぁ。
先日の研究会がきっかけで、イボがますますヤヴァイことを知ったので、
これはイボだねとか、軽々しく言えなくなってきました。カワニナやっぱりおもろい。

ファイル 1450-1.jpg

2019年10月19-20日は琵琶湖で採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2回潜り4箇所でカワニナ拾いしました。
1箇所目。岸から100mほど沖に出ても、水深4mくらいで、カゴメとかはいなかったです。
コセイとハベの区別がつかないものが多くて困りました。
https://youtu.be/v4q-M2em4uE

ファイル 1450-2.jpg
2箇所目。ここは水草だらけで、岸から200mほど沖に出ても、水深4mくらいでした。
ふわふわの泥に、ヒメタニシだらけで、そこにハベぽいのがぽつぽつと。

ファイル 1450-3.jpg
浅場はコセイかハベかよくわからないのが、お楽しみ中でした。
https://youtu.be/zxB8vJ3uJEw

ファイル 1450-4.jpg
胎殻です。よくわかりませーん。整理するのはまた今度にします。

ファイル 1448-1.jpg

2019年10月6日は滋賀県でさわだ君と採集しました。
2人で南湖に潜りました。maikyさんのウエットスーツのお古を、
さわだ君が欲しいということで、それを着て入水です。私のもそろそろ買い替え時。

ファイル 1448-2.jpg
私はヒメタニシくらいしか見られず。さわだ君はメンカラスガイ生貝を捕っていました。
私が捕れて同行者が捕れないが、よくあるパターンで、その逆を出来るようになった、
さわだ君の成長に、私はもういらんなと思いました。まだ治らぬ副鼻腔炎のせいかも笑。
動画です https://youtu.be/Axk60VREt1s

ファイル 1448-3.jpg
瀬田川へ行きました。琵琶湖病でも瀬田川で採集がしたい!
これを思い出して、時間がない中、やってもらったのですが、指さす必要は無いし、
しゃがむ場所も違うし、眼帯無いし、とてもクオリティの低いものですみません。

ファイル 1448-4.jpg
中二病の聖地とは違う場所で、カワニナ採集しました。
ヤマトカワニナとチリメンカワニナ(この表記正しいのだろうか)です。

ファイル 1448-5.jpg
琵琶湖博物館で常設展は観覧せず、難しい話をしてきました。ありがとうございました。
さわだ君が京都で買って来てくれた3人分の手土産。なぜか1つ余ってしまいました…。

ファイル 1443-1.jpg

2019年9月7日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
ウナギ狙いのついでに、2箇所でカワニナ拾いしました。

8月22日から急性上咽頭炎による、関連症状に苦しめられ、だいぶ良くなったものの、
9月7日も鼻水で鼻声、時々咳が出る、左耳が中耳炎で、鼓膜が張ったような状態。
鼓膜は鼻水の侵入によって、伸びて弱くなっていて、破れる恐れもありました。
それでも潜りましたよ。1箇所目でコセイカワニナぽいのは捕れました。

ファイル 1443-2.jpg
2箇所目です。左がmaikyさん、右が私の成果です。
動画です→ https://youtu.be/TBoQcTYJoR8

ファイル 1443-3.jpg
カゴメカワニナだと思います。左の変だね。

ファイル 1443-4.jpg
1箇所目は13個体のうち、7個体から胎殻(54%)が出ました。
2箇所目は14個体のうち、2個体しか胎殻(14%)が出ませんでした。
しかも、カゴメぽいのの胎殻は小さい。なんでだろうねぇ。

8日明け方に帰宅して、体調悪化も予想していましたが、大丈夫だなと思って、
飯を食べていたら、歯の詰め物が取れて、硬いものが食べられなくなりました。
7日夜から上咽頭炎の飲み薬が切れていましたが、そのせいもあるのか、
鼻水と咳がやや悪化し、左耳の中耳炎は少しだけ張りが弱くなりました。
今日歯医者へ行ったら、治療に後5回は来て下さいと。もう長引くのは嫌だーっ。

ファイル 1441-1.jpg

2019年8月17日は琵琶湖でmaikyさんと採集しました。
ウナギ狙いのついでに、軽くカワニナ拾いしました。

ファイル 1441-2.jpg
ハベ、タテヒダ、ヤマト、モリでしょうね。

ファイル 1441-3.jpg
モリの胎殻。ここや周辺のは他産地よりも小振りで、もしかするとモリではないかも…。

ファイル 1437-1.jpg

2019年7月27日はさわだ君と採集しました。
台風が12~18時頃に最接近するため、10時頃までしか採集が出来ません。
そのため睡眠約2時間で出発し、余呉湖へ04時半過ぎに到着。夜が明けるまでカワニナ談義。

ファイル 1437-2.jpg
昨夏の余呉湖は緑水で汚かったですが、この日は琵琶湖と変わらなかったです。
二枚貝はニセマツカサガイ琵琶湖型。カワニナはほとんどヤマトカワニナです。
水深4m以浅は水温27℃くらい、4m以深は水温15℃くらいで、凍えました。
これを昨夏に知っていたので、ウエットスーツで潜って正解でした。

ファイル 1437-3.jpg
とうとう台風が近づいて、雨が降って来ました。琵琶湖北岸で潜りました。
この近くは水温躍層が激しかったので、ここもウエットスーツを着用しましたが、
水深6mくらいもあまり冷たくなく、全体的に水温27℃くらいで、海パンで行けそうでした。
カゴメカワニナ、コセイカワニナ、イボカワニナなどが捕れました。

ファイル 1437-4.jpg
小谷城戦国歴史資料館へ行きました。もちろん観光ではありません。
館のガイドさんには1時間近く、こちらの質問に付き合って頂いて、感謝しています。
浅井三姉妹の郷(道の駅)にも行きました。これでアレは決定だそうです。
なぜここへ出かけたのかは、そう遠くないうちに、わかると思います。

ファイル 1437-5.jpg
これで帰路の予定でしたが、さわだ君がマイマイ捕りと、琵琶湖で1箇所やりましょうと。
えーっ。もう眠いし帰らないと、土用の丑の日に捕って来た、鰻を食べる時間が無くなる。
ここからだと琵琶湖は家からは反対方向。しかも、台風最接近の12時を過ぎている。
それでも行きましたよ。土砂降りのマイマイ捕り。そして琵琶湖へ着いたら大荒れ。
傘は強風で引っ繰り返りました。横殴りの雨にほとんど傘の意味は無し。
私はズボンをまくって入るも波が高過ぎて濡れる。さわだ君は普段着で突っ込みます。
動画です→ https://youtu.be/XHmEUDIL4tE

戻って着替えるも、横殴りの土砂降りで、ちょっとでも外に出ると、びしょびしょに。
ここでさわだ君とはお別れ。お疲れ様でした。今回もとても有意義で楽しかったです。
この後にさわだ君は車中8時間睡眠したそうです。私は鰻を焼かねばならないっ。
長浜市~名古屋まで高速道路を使って(一般道は通行止めの恐れすらある状況)の帰路。
15時過ぎは台風直撃コースを通ることに。ハイドロプレーニング現象でひやひや、
視界が大雨と水しぶきで真っ白、法定速度100kmが50km制限という状況でした。

家に何とか帰っても、荷物を降ろすが、土砂降りで濡れてしまう。
外でウエットスーツなどの洗濯はとてもできないので、風呂で洗濯して干すことに。
その他の雑用をこなして、なんやかんやで、寝られたのは22時。そして13時間寝ました…。

ファイル 1434-1.jpg

2019年7月6-7日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村で採集しました。
3箇所目で素潜りで捕りました。半分は水深5~6m、もう半分は水深1mくらいです。
ここのも難し過ぎます。化石方式で新種記載していたら、100種は未記載種がいそうです。

ファイル 1434-2.jpg
4箇所目はさわだ君だけが潜りました。

ファイル 1434-3.jpg
カゴメのようですが、右は沖の白石で捕ったら、迷わずシライシにしていると思う。
よーく見れば螺塔が押し潰されたようになっていて、螺肋の数が1~2本少ないけど酷似。
これは私も捕りたくて、深潜りが必要なので、真夏に海パンマンで頑張りたいです。

ファイル 1434-4.jpg
3箇所目で捕った個体の胎殻。こんなのエイヤー同定するしかないのですが、
左上タテヒダ、右上イボ、左下ハベ、右下ヤマロクということにしておきましょう。

ファイル 1431-1.jpg

2019年6月23日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村の3人で採集しました。
3週末連続琵琶湖です。1箇所目。ゴムボで浮くささき君と、ドライで潜るさわだ君。
こんな場所でゴムボを浮かべると、カワニナ丸とシライシ号を思い出すわ。

ファイル 1431-2.jpg
2箇所目。先週末の浅カゴメの場所でささき君だけ潜る。さわだ君と私はカワニナ談義。

ファイル 1431-3.jpg
3箇所目。ささき君がゴムボで浮き、私がウエットで潜ると、あまり良い環境ではなく、
ドライでさわだ君が潜ると、調査には不向きな環境ということで、すぐに止めました。

ファイル 1431-4.jpg
一応クロカワニナとタテヒダカワニナは拾いました。
動画です https://youtu.be/ZxYCX-7GPDA
4箇所目。ここもさわだ君が潜って、不向きということで、すぐに止めました。
その後になんやかんや行って、家へ帰ったのが24日01時前。寝られたのが02時前…。

ファイル 1429-1.jpg

2019年6月16日は琵琶湖で、T.Nagaさんと西村の2人で採集しました。
1箇所目。魚捕りのついでに胴長で採集。ここのはよくわからん。難し過ぎる…。
写真は無関係な場所です。メリーポピンズの不時着に見えた。下から上から水な日でした。

ファイル 1429-2.jpg
2箇所目。ここは本気潜りです。水深6mは潜ってカゴメを捕るつもりでした。
水深3.5~4mでカゴメが普通に捕れて拍子抜け。これ以上捕っても、帰って処理が大変なので、
45~60分の予定が30分で終了。こんなに簡単にカゴメが捕れるところは初めてかも。

ファイル 1429-3.jpg
胎殻形態や大きさからもカゴメぽいですね。動画です https://youtu.be/pA_PXumRmGE

ファイル 1429-4.jpg
これ1箇所目で水深1mほどで採集。ハベ?タテジワ?コセイ?怖すぎる。

ファイル 1426-1.jpg

2019年6月9日は琵琶湖で、でれれ、Yso、Y諸氏および西村の4人で採集しました。
1箇所目。胴長で探すも4人でチリメンカワニナぽいの1個体だけ(Y君採集)。
2箇所目。胴長で短時間だけ私1人でやるも、タテヒダカワニナがぽつぽつ捕れるだけ。
3箇所目。胴長で魚捕りのついでに探すも、ハベカワニナがたまに捕れるだけ。
4箇所目。ここは前から潜りたかった場所。4人でウエットスーツ潜りしました。

ファイル 1426-2.jpg
水深0~4mの浅場にはカワニナや二枚貝がほとんどいない。どうなっているんだ。
水深4m付近に斜度45℃くらいの駆け上がりがあり、泥濁りの層で覆われている。
視界の悪い中を抜けて、水深5mくらいになると、ようやく普通にカワニナが見られる。
ようするに、カワニナ捕りたければ、毎回5m以上潜らないといけない。
海パンマンと違って、ウエットスーツは深く潜るのは、倍くらいの体力を使う。
何度も潜っていられない。納得できる成果ではないが、57分間ほどで終了。
カワニナにあまり興味のないだろう3人に、付き合ってもらって感謝します。
動画です→ https://youtu.be/JGlcFC8oNis
ナガタニシ2個体は深場で捕りましたが、オオタニシの疑いもあります。

ファイル 1426-3.jpg
小さめのカゴメカワニナとコセイカワニナを狙っていたのですが、
それぞれ1個体しか捕れませんでした。左がカゴメ(胎殻無し)、右がコセイです。
他にイボ、タテヒダ、タテジワ、チリメンなども捕れましたが、
内唇(矢印)が確りめくれあがっているのは、カゴメだけでした。

ウエットスーツで何度も深潜りは、しんどいとよくわかったので、
次は海パンマンで行ける時期に、数を狙って頑張ってみたいです。

ページ移動