記事一覧

ファイル 1404-1.jpg

2019年1月5日に三重県の汽水域で採集したテッポウエビ属の一種Fです。
捕った瞬間に初顔のテッポウエビ類だと思い、家へ持ち帰って撮影し、水槽へ入れました。
吉郷英範(2009)を確認すると、テッポウエビ属の一種Fに酷似している。
分布は沖縄島と西表島とある。捕ったのは三重県です。吉郷さんに尋ねてみたところ、
よく似ているが、歩脚の棘を要確認とのとこ。写真から確認しようとしましたが、
ピンボケだったり、隠れていたりで無理でした。でも別の種類が思いつかないんだけどねぇ。

ファイル 1404-2.jpg
後日に水槽から牡蠣殻や砂利を取り出して、探してみましたが見つかりませんでした。
確認する手段が無くなったので、暫定的にテッポウエビ属の一種Fと同定しました。

ファイル 1331-1.jpg

三重県の中流域でT.Nagaさんが捕ったスジエビ両側回遊型です。
スジエビ陸封型とは全く違いますね。早く分類学的に整理されると良いなぁ。

ファイル 1331-2.jpg
額角下に3つの歯がありますね。陸封型よりも大きくてテナガエビ感があります。

ファイル 1130-1.jpg

三重県の高塩分の汽水域で採集したフトミゾエビです。
クルマさんかと思ったけど、何か違うなと思って、色々と調べたらフトミゾさんでした。

本日、蜂毒抗体アレルギー検査のため、大嫌いな病院へ行きました。
K病院は蜂毒アレルギー診察可と、ネットに書いてあるのに、オオスズメバチは特殊なのでと断られ、
どっかやっている病院ないかと聞くと、蜂に刺された時に、受診された病院の方はどうですかと。
病院へは行ってないと言うと、すごい怪訝な顔で見られ、もう一度ネット検索して下さいと。
ネット検索してここがヒットしたのに、どうしようもないだろ。そしたら一件ずつ電話を掛けてと。
ほとんど追い出されるような言い方をされ、話にならないので出てきました。
どうせ採血して外注して、結果だけ伝える問診で、金取るだけなんだから、やってくれよ…。
仕方がないので、思いついたE病院へ電話をし、検査可とのこと。急げば間に合いそうだったので、
受付時間に何とかセーフ。30分待って1分半の問診。採血されました。結果は再来週だそうです。

ファイル 1125-1.jpg

和歌山県の河川で貞蔵さんが採集したオニヌマエビです。
ツイッターに上げたら1日で、8リツイートと23お気に入り。その一方でマクガイはゼロ。
この差は何なんだ。目立つ種類は人気なのでしょう。ロックシュリンプファンも多そう。
20種類のよくわからない珍魚よりも、1匹の婚姻色の出たカネヒラの方が上な気がする…。

ファイル 1037-1.jpg

三重県の海で撮影したサラサエビ科の一種(未同定)です。
サラサエビかと思ったら模様が違う気がして未同定に。模様同定も不確実な形質だけど。

ページ移動