記事一覧

ファイル 1370-1.jpg

三重県の汽水域で採集したチョウシガワメリタヨコエビです。
T.NagaさんAalさん西村の3人で探し、コザヨコエビやヤツメヨコエビと一緒に見られました。
和名から生息地を隠しようがないのですが、この個体は銚子川ではなくS川産です。

ファイル 1334-1.jpg

三重県の下流域で太神佐清さんが捕ったヤツメヨコエビです。
私も捕ったのですが、家に着いて確認すると、その個体は死んでいました。

ファイル 1332-1.jpg

三重県の下流域で捕ったコザヨコエビです。
名前がカッコイイ。紀伊半島一周で古座川を渡ると、ようやくここまで来たかぁ感がある。

ファイル 1332-2.jpg
普通のコンデジでは小さすぎて、うまく撮れなかったので、Seventeenのマクロレンズを装着し、
撮ってみましたが、これが限界でした。照明とピントが合うまで根気が必要ですね。

ファイル 1331-1.jpg

三重県の中流域でT.Nagaさんが捕ったスジエビ両側回遊型です。
スジエビ陸封型とは全く違いますね。早く分類学的に整理されると良いなぁ。

ファイル 1331-2.jpg
額角下に3つの歯がありますね。陸封型よりも大きくてテナガエビ感があります。

ファイル 1318-1.jpg

福井県の川で捕ったヨコエビ目の一種(未同定)です。
見慣れないヨコエビ類がたくさんいたので、とりあえず撮影用に持ち帰りました。
輸送に弱いのか、大半は死にましたが、写真の個体は生きた状態で撮れました。
その後はオオクチユゴイの餌になりました。

ファイル 1307-1.jpg

北海道の道端で撮影したワラジムシです。
(オカ)ダンゴムシかと思ったのですが違いました。

ファイル 1307-2.jpg
このミミズは本州にもいそうな感じ。

ファイル 1227-1.jpg

和歌山県の汽水域で採集したヨコエビ目の一種(未同定)です。
ヒメハマトビムシやフサゲモクズに似ていますが、ちょっと違う気もして未同定。

ファイル 1219-1.jpg

和歌山県の汽水域で採集したオオヒライソガニです。
オオヒライソガニとタイワンオオヒライソガニは酷似します。
どちらかわからない幼体は、何度も捕っていますが、同定は困難でした。
比較的に大きな個体を、タイワンオオヒライソガニは捕れて、同定することが出来ました。
オオヒライソガニは、何年も捕れずにいました。今回ようやく捕ることが出来ました。

ファイル 1219-2.jpg
夜に見かけて手掴みで捕りました。捕って腹節を確認して、オオヒライソガニだと確信しました。
持ち帰って調べると、タイワンオオヒライソガニの記載論文(Fig. 2. B)の腹節よりも、
尖っているように見えて自信喪失。そこでツイッターの皆さんの力をお借りし(感謝)、
オオヒライソガニで良さそうだという見解に落ち着きました。

ファイル 1219-3.jpg
これを撮れるまで長かったぁ。

ファイル 1219-4.jpg
これは1枚目左上の個体です。
タイワンオオヒライソガニの疑いもありますが、とりあえずオオヒライソガニとしておきます。
このサイズはたまに捕れますが、想像以上にタイワンオオヒライソガニの割合が多い印象です。

ファイル 1162-1.jpg

三重県の海で撮影したフジツボ亜目の一種(未同定)です。
ヒラフジツボ属かなぁ。こんなたまたま写り込んだような生物まで、同定しようとすると、
切がなくなるけど、微小貝とかは載せたくなるので、その線引きは難しい。

ファイル 1130-1.jpg

三重県の高塩分の汽水域で採集したフトミゾエビです。
クルマさんかと思ったけど、何か違うなと思って、色々と調べたらフトミゾさんでした。

本日、蜂毒抗体アレルギー検査のため、大嫌いな病院へ行きました。
K病院は蜂毒アレルギー診察可と、ネットに書いてあるのに、オオスズメバチは特殊なのでと断られ、
どっかやっている病院ないかと聞くと、蜂に刺された時に、受診された病院の方はどうですかと。
病院へは行ってないと言うと、すごい怪訝な顔で見られ、もう一度ネット検索して下さいと。
ネット検索してここがヒットしたのに、どうしようもないだろ。そしたら一件ずつ電話を掛けてと。
ほとんど追い出されるような言い方をされ、話にならないので出てきました。
どうせ採血して外注して、結果だけ伝える問診で、金取るだけなんだから、やってくれよ…。
仕方がないので、思いついたE病院へ電話をし、検査可とのこと。急げば間に合いそうだったので、
受付時間に何とかセーフ。30分待って1分半の問診。採血されました。結果は再来週だそうです。

ページ移動