記事一覧

ファイル 1434-1.jpg

2019年7月6-7日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村で採集しました。
3箇所目で素潜りで捕りました。半分は水深5~6m、もう半分は水深1mくらいです。
ここのも難し過ぎます。化石方式で新種記載していたら、100種は未記載種がいそうです。

ファイル 1434-2.jpg
4箇所目はさわだ君だけが潜りました。

ファイル 1434-3.jpg
カゴメのようですが、右は沖の白石で捕ったら、迷わずシライシにしていると思う。
よーく見れば螺塔が押し潰されたようになっていて、螺肋の数が1~2本少ないけど酷似。
これは私も捕りたくて、深潜りが必要なので、真夏に海パンマンで頑張りたいです。

ファイル 1434-4.jpg
3箇所目で捕った個体の胎殻。こんなのエイヤー同定するしかないのですが、
左上タテヒダ、右上イボ、左下ハベ、右下ヤマロクということにしておきましょう。

ファイル 1431-1.jpg

2019年6月23日は琵琶湖で、さわだ君、ささき君、西村の3人で採集しました。
3週末連続琵琶湖です。1箇所目。ゴムボで浮くささき君と、ドライで潜るさわだ君。
こんな場所でゴムボを浮かべると、カワニナ丸とシライシ号を思い出すわ。

ファイル 1431-2.jpg
2箇所目。先週末の浅カゴメの場所でささき君だけ潜る。さわだ君と私はカワニナ談義。

ファイル 1431-3.jpg
3箇所目。ささき君がゴムボで浮き、私がウエットで潜ると、あまり良い環境ではなく、
ドライでさわだ君が潜ると、調査には不向きな環境ということで、すぐに止めました。

ファイル 1431-4.jpg
一応クロカワニナとタテヒダカワニナは拾いました。
動画です https://youtu.be/ZxYCX-7GPDA
4箇所目。ここもさわだ君が潜って、不向きということで、すぐに止めました。
その後になんやかんや行って、家へ帰ったのが24日01時前。寝られたのが02時前…。

ファイル 1429-1.jpg

2019年6月16日は琵琶湖で、T.Nagaさんと西村の2人で採集しました。
1箇所目。魚捕りのついでに胴長で採集。ここのはよくわからん。難し過ぎる…。
写真は無関係な場所です。メリーポピンズの不時着に見えた。下から上から水な日でした。

ファイル 1429-2.jpg
2箇所目。ここは本気潜りです。水深6mは潜ってカゴメを捕るつもりでした。
水深3.5~4mでカゴメが普通に捕れて拍子抜け。これ以上捕っても、帰って処理が大変なので、
45~60分の予定が30分で終了。こんなに簡単にカゴメが捕れるところは初めてかも。

ファイル 1429-3.jpg
胎殻形態や大きさからもカゴメぽいですね。動画です https://youtu.be/pA_PXumRmGE

ファイル 1429-4.jpg
これ1箇所目で水深1mほどで採集。ハベ?タテジワ?コセイ?怖すぎる。

ファイル 1426-1.jpg

2019年6月9日は琵琶湖で、でれれ、Yso、Y諸氏および西村の4人で採集しました。
1箇所目。胴長で探すも4人でチリメンカワニナぽいの1個体だけ(Y君採集)。
2箇所目。胴長で短時間だけ私1人でやるも、タテヒダカワニナがぽつぽつ捕れるだけ。
3箇所目。胴長で魚捕りのついでに探すも、ハベカワニナがたまに捕れるだけ。
4箇所目。ここは前から潜りたかった場所。4人でウエットスーツ潜りしました。

ファイル 1426-2.jpg
水深0~4mの浅場にはカワニナや二枚貝がほとんどいない。どうなっているんだ。
水深4m付近に斜度45℃くらいの駆け上がりがあり、泥濁りの層で覆われている。
視界の悪い中を抜けて、水深5mくらいになると、ようやく普通にカワニナが見られる。
ようするに、カワニナ捕りたければ、毎回5m以上潜らないといけない。
海パンマンと違って、ウエットスーツは深く潜るのは、倍くらいの体力を使う。
何度も潜っていられない。納得できる成果ではないが、57分間ほどで終了。
カワニナにあまり興味のないだろう3人に、付き合ってもらって感謝します。
動画です→ https://youtu.be/JGlcFC8oNis
ナガタニシ2個体は深場で捕りましたが、オオタニシの疑いもあります。

ファイル 1426-3.jpg
小さめのカゴメカワニナとコセイカワニナを狙っていたのですが、
それぞれ1個体しか捕れませんでした。左がカゴメ(胎殻無し)、右がコセイです。
他にイボ、タテヒダ、タテジワ、チリメンなども捕れましたが、
内唇(矢印)が確りめくれあがっているのは、カゴメだけでした。

ウエットスーツで何度も深潜りは、しんどいとよくわかったので、
次は海パンマンで行ける時期に、数を狙って頑張ってみたいです。

ファイル 1421-1.jpg

2019年4月30日-1日は琵琶湖ででれれさん、ささき君、西村で採集しました。
ウナトコ狙いの平成(2019年4月30日23:38)~令和(2019年5月1日01:25)潜りを終えて、
1日01:33~01:36に私だけ琵琶湖に潜ってカワニナ採集しました。

ファイル 1421-2.jpg
左からヤマトカワニナ(結節型)2、ヤマトカワニナ(肋型)、クロカワニナ3、タテヒダカワニナ。
ヤマロクは肋が弱くなったら、右から2番目のクロと同じ感じ。やはり同種なのかな。

ファイル 1421-3.jpg
無作為に捕った7個体は全て雌でした。カワニナやチリメンカワナでは、
雌雄だいたい半々ですが、琵琶湖固有種は雌の割合が高いのが気になります。

ファイル 1420-1.jpg

2019年4月27日は滋賀県でmaikyさん、さわだ君、ささき君、西村で採集しました。
1箇所目。私はカワニナ採集したことがある場所で様子見。狙っていたものはいました。

ファイル 1420-2.jpg
2箇所目。初めての場所。左が琵琶湖、右が流入河川。ここでも変なの捕れた。

ファイル 1420-3.jpg
左はドブガイ類、右はタテボシガイです。さわだ君が捕った個体は、
殻長11.8cmもありました。こんなデカイのは初めて見たかもしれない。
下方は変なカワニナ。産地が不明だと誰も同定できないでしょう。産地がわかっても難解。

ファイル 1420-4.jpg
これ北岸で捕りましたって書いたら、クロカワニナで終わりだけどね。
高島市今津町の西岸です。分布的にはタテジワカワニナとクロカワニナの中間くらい。

昨年に引き続き、日本産カワニナ属の化石種(絶滅種†)が、3種記載されました。
昨年の5種は和名が付されていました。現生種に似るのがいるけど、前と違って圧縮や不完全な殻で、
識別できるポイントが限られているので、もう何か書くのも疲れるので、もういいです。


追記 2019年05月04日
「おこぼれ掲示板 Re: 2019/4/27 琵琶湖 - さわだ 2019/05/03(Fri) 15:41 No.529」参照。
タテボシガイはタガイでした。こんなデカイのいるわけないですよね。失礼しました。

ファイル 1417-1.jpg

2019年4月6日未明から明け方は、愛知県で採集しました。
カワニナ採集するつもりはなかったのですが、魚が空振りだったので、5個体だけ拾いました。
胎殻も確認しましたが、たぶんチリメンカワニナB型。軟体部はオオクチユゴイのお腹に。

ファイル 1417-2.jpg
このブログでは未登場の某生物を狙って、明け方に頑張ったのですが、これも空振り。
帰路にあれここあそこの近くかと思い、寄り道して撮影しました。任侠さんの生息地。

ファイル 1416-1.jpg

2019年3月24日は三重県の汽水域でシジミ捕りしました。
魚や別の二枚貝も探しながら、1時間ほどで味噌汁1杯分ほど捕って終了。

ファイル 1416-2.jpg
左上はヤマトシジミ、右はイシガイ、他はタイワンシジミ種群だと思います。
中央下はバチ型なので、もしかすると、タイリクシジミかもと思いましたが、
家へ帰って色々と調べたところ、これもタイワンシジミ種群のようです。
その調べている最中に知ったのは、マシジミは外来種かもしれないということ。

ファイル 1416-3.jpg
ここと同じ場所です。このときはマジジミだと思っていました。
何となく3つに分けてみました。上はヤマトシジミですが、中央と下は境が曖昧で、
これはタイワンシジミ種群の表現型が多様なのだろうと思います。

ファイル 1416-4.jpg
1日砂抜きして味噌汁にしました。水、昆布、酒、赤味噌を使いました。
いつもと違って、昆布と酒を入れたからか、味に深みがあって美味しかったです。
ヤマトシジミは、ぷりっとした食感で、濃くて切れの良い味ですが、
タイワンシジミ種群は、少し軟らかく、薄くて切れが悪く、少し下品な味でした。
ただ、味を確かめながら食べなければ、普通は気にならない程度の違いです。

ファイル 1415-1.jpg

2019年3月20日23時~21日01時はsugiura君とハマグリ捕りしました。
汽水魚採集のついでにゆるくやりました。左が私で右がsugiura君の成果です。
硫化水素と鉄分で、黒くなっていますが、前は付着物の少ない場所でした。
前よりも水は綺麗になっている感じがするため、原因はよくわかりません。
オキシジミが1つ混じっています。他にシオフキ、ユウシオガイ、イソシジミもいました。

ファイル 1415-2.jpg
水道水に粗塩を入れて、塩分10‰ほどにし、半日ほどしたら、たくさんシルトを出したので、
これはもう少しやらないといけないと思い、水換えしてもう半日ほどシルト抜きしました。

水から茹でて、貝が開いてから、1分半ほど火にかけました(ノロウイルス対策)。
身だけ小皿に取り出したら、まだシルトがあったので、水道水で洗い流しました。
しょうゆを掛けました。出汁は舐めたら、かなり塩辛く、味もよかったので、
スパゲティ150g(7分茹で用)を7分ほど茹でて、コーンを入れて更に1分半ほど茹でました。

丼にマーガリンとバターを入れ、湯切りしたスパゲティとコーンを入れ、箸でかき混ぜ、
ふりかけ(数種)、あおさ、青のり、一味唐辛子を、混ぜ合わせました(手抜き料理)。

ファイル 1415-3.jpg
スパゲティはあおさで、何だか汚く見えますが、美味しかったです。
ハマグリは変な癖などなく、美味しかったです。中間くらいの大きさのが一番食感が良いです。
ホンモロコの南蛮漬けも一緒に食べましたが、味が濃くて他の2つとは合わなかったです。

ファイル 1414-1.jpg

2019年3月17日は滋賀県でmaikyさんとカワニナ採集しました。
1箇所目。めっちゃ泥深いし汚い。これはダメだと思って、すぐにやめました。
前から気になっていた場所だったので、そこの状況がわかって良かったです。もう来ない。
2箇所目。ここも胴長で入ると、ずぶずぶだが、植物が腐ったのが積もっている感じ。
腰より深い場所を進み、砂の場所まで移動して、何とか捕れたのが写真の貝です。
私が捕ったのはタテボシガイ3つ、トンガリササノハガイ1つ、ドブガイ類1つです。
他のオグラヌマガイ殻とメンカラスガイ殻はmaikyさんが捕りました。
ここは死殻が多く、大量死があったのかもしれないです。カワニナ類は捕れず。

ファイル 1414-2.jpg
maikyさんにカワニナ類が捕りたい、というわがままを聞いてもらい、琵琶湖で頑張りました。
ホソマキカワニナとハベカワニナだけしか捕れませんでした。でも良かったです。
よく考えると琵琶湖へ来たのは、2018年9月23日以来かもしれない。半年ぶりだ。
数年前の私では考えられないです。maikyさんのお蔭で今回の採集も満喫できました。

ページ移動