記事一覧

ファイル 1887-1.gif

先日にアザイカワニナが新種記載されたので、日本産カワニナ科(カワニナ属のみ)の、
献名について詳しく知りたくなって、少し調べましたので記事にしてみました。
有効名23種+未記載7種=30種で、そのうち献名は8種(敬称略)です。

●ナカセコカワニナ (中瀬古川蜷)
Semisulcospira (nakasekoae) nakasekoae Kuroda, 1929
Semisulcospira nakasekoae Kuroda, 1929 ※略記
原記載論文黒田徳米から中瀬古(種小名・和名)へ献名。
「宇治川(中瀨古, 黑田, 福岡)」とあるが由緒は不明。

●クロダカワニナ (黒田川蜷)
Semisulcospira (niponica) kurodai Kajiyama & Habe, 1961
Semisulcospira kurodai Kajiyama & Habe, 1961 ※略記
Semisulcospira kurodai K1-K4 sensu Morita et al. (2023) ※種群
原記載論文梶山彦太郎波部忠重から黒田徳米(種小名・和名)へ献名。
「この研究について終始御激励と御助言を賜った黒田徳米先生に新種を献名して
感謝の意を表することが出来るのを,深く喜びとしている.」と明記。

●ハベカワニナ (波部川蜷)
Semisulcospira (niponica) habei Davis, 1969
Semisulcospira habei Davis, 1969 ※略記
原記載論文Davis, George Morganから波部忠重(種小名・和名)へ献名。
「A special note of gratitude is due Dr. Tadashige Habe」とあるが由緒は不明。

●モリカワニナ (森川蜷)
Semisulcospira (nakasekoae) morii Watanabe, 1984
Semisulcospira morii Watanabe, 1984 ※略記
原記載論文渡辺直から森主一(種小名・和名)へ献名。
「This species is named after Dr. Syuiti MORI, the President of Shiga
University, who made the pioneering ecological works on Semisulcospira,
and advised me to study this genus in Lake Biwa.」と明記。

●サザナミカワニナ (細波川蜷)
Semisulcospira (nakasekoae) davisi Sawada & Nakano, 2021
Semisulcospira davisi Sawada & Nakano, 2021 ※略記
原記載論文澤田直人中野隆文からDavis, George Morgan(種小名)へ献名。
「The specific name is dedicated to Dr. George M. Davis, who greatly
contributed to the systematics of Japanese Semisulcospira.」と明記。

●チクブカワニナ (竹生川蜷)
Semisulcospira (niponica) nakanoi Sawada in Sawada & Fuke, 2022 ["2023"]
Semisulcospira nakanoi Sawada, 2023 ※略記
原記載論文】澤田直人から中野隆文(種小名)へ献名。
「The specific name is dedicated to Dr Takafumi Nakano, who greatly
supported the first author’s study of Japanese Semisulcospira.」と明記。

●トキタマカワニナ (時偶川蜷)
Semisulcospira (niponica) watanabei Sawada in Sawada & Fuke, 2022 ["2023"]
Semisulcospira watanabei Sawada, 2023 ※略記
原記載論文】澤田直人から渡辺直(種小名)へ献名。
「The specific name is dedicated to Dr Naoshi Watanabe, who significantly
contributed to the systematics of Semisulcospira in Lake Biwa.」と明記。

●アザイカワニナ (浅井川蜷)
Semisulcospira (niponica) nishimurai Sawada in Sawada et al., 2024
Semisulcospira nishimurai Sawada, 2024 ※略記
原記載論文】澤田直人から西村俊明(種小名)へ献名。
「The specific name is dedicated to Toshiaki Nishimura, who first
discovered the new species through his exhaustive survey of the
distribution of Semisulcospira in Lake Biwa (Nishimura 2024).」と明記。
澤田直人から浅井氏(和名)へ献名。浅井氏は分布域と領地から浅井長政
「The new Japanese name refers to the Azai clan, a Japanese daimyo
(feudal lord) of the Sengoku period, whose largest territory roughly
corresponds to the distribution of the new species (Ota 2011).」と明記。

献名された種小名(学名)の語尾は、男性がiで女性がaeを示します。
種小名は1758年(266年間)から基本的に不変で世界共通の名前です。
23種の最古はカワニナのGould, 1859で、165年間も使われ続けています。

和名は日本語なためにルールがなく、改称を提唱されることもしばしばです。
今年もトゲナガタカサゴイシモチが、ヒメタカサゴイシモチに改称されました。
日本産カワニナ科で、和名が改称されたものはないですが、シノニムは多数あります。

中瀬古(中瀨古)氏は苗字だけで名前が不詳。どこかに書かれていないだろうか。
Davis氏は不明ですが、献名を拝受した中野氏と西村以外は、鬼籍に入られています。
渡辺氏と浅井氏は亡くなられてから献名。西村を除いて偉人揃いで恐縮です。

ファイル 1886-1.jpg

2024年6月15-16日は琵琶湖で内山りゅうさん、ささき君、ヤマノカミ君、
西村の4人で採集しました。その前に1人でカワニナ潜りしていました。
潜る予定の場所はバサーだらけで、7~8人の前を泳いで横切ることになるため断念。
潜ったことが無い人のいない場所へ。ウエットスーツ、18:08~18:43(35分間)、1070m遊泳。
今年初のフード無しの革手袋で、寒くはなかったですが、風が強くて湖流も発生していて、
泳ぎ難くてかなり体力を消耗し、着替える時は強風でタオルが飛んで行く状況でした。

ファイル 1886-2.jpg
左からカワニナ種群、ケショウカワニナ、イボカワニナ、ナガタニシ、トキタマカワニナ。

ファイル 1886-3.jpg
左と中央は水深1.5~2mほどの浅場、右は水深5~6mの深場。
右はナガタニシで良いかなと思ったのだけど、左と中央はオオタニシかナガタニシか迷う。
もしかすると、全部オオタニシかもしれないが、その根拠が示せない。わかりますか…。
夜にイワトコタニシも狙ってみましたが、よく似たつるつるのヒメタニシだけでした。
動画 https://youtu.be/XGWCFeTmWvA

ファイル 1886-4.jpg
琵琶湖へ来ると、また虹かくらいよく見るのだけど、これは撮影したくなりました。
虹の内側が明るいのはよくあるけど、虹の内側だけ茜色なのは珍しい気がします。

ファイル 1886-5.jpg
上段左は内山さんから頂きました(感謝)。移入の純系のオオサンショウウオだそうです。
上段右はヤマノカミ君が、シマヘビがいるというので見に行くと、マムシでした(怖)。
でも今見るとシマヘビかも。ヘビはよくわからないので、近付かない様にしよう。
下段の左はトキタマ、中央はイボ、右はケショウ。また来年も琵琶湖で会いましょう。

ファイル 1885-1.jpg

コセイカワニナ改めアザイカワニナがようやく新種記載されました!!!
正直な感想は長いっ。未記載種と思ってから14年ですよ。でも本当にありがとうございます。
アザイカワニナ Semisulcospira (niponica) nishimurai Sawada in Sawada et al., 2024
新種記載論文 https://evolsyst.pensoft.net/article/124491/
プレスリリース https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2024-06-12

2010月08月28日にmaikyさんと私(西村)は、安曇川河口にカワニナ類目的で潜りました。
陸でmaikyさんと同定を試みると、カゴメカワニナぽいけど、何か違う感じの個体がいました。
次体層の縦肋数などの計数形質が当てはまらない。家へ帰ってS先生にメールで、
同定をお願いしました。それが画像(Outlook)です。下段中4つについて微妙と書いています。
今見返すと下段一番左も同種だと思います。他にも誤同定がありますね。

ファイル 1885-2.jpg
2010月08月30日に胎殻を確認し、それをS先生へメールしました。それが画像(Outlook)です。
これはカゴメでもハベでもない。カゴメモドキやタカシマカワニナと書いています。
2010年09月1日に当ブログにて記事化。現在は一部を残して削除。
2010年09月18日に再びmaikyさんと同所へ潜り、S先生へ採集したカワニナ類を送りました。
2010年09月23日にS先生から「カゴメ系の新種でいいでしょうね」とお墨付きを頂きました。
2010年11月30日に「日本産カワニナ科図鑑」を開設しコセイカワニナを掲載。当ブログで記事化

未記載種だろうということはわかっても、自分で新種記載する能力がない私は、
誰か記載やってくれないかなぁと探すことに。S先生やTさんにお願いするもうまく行かず。
2014年に別のTさんがやってくれそうでしたが、2015年に予算申請が通らず立ち消え。
2016年7月24日にさわだ君と採集し、記載してくれるというので全面協力しました。
最速で2016年の冬には、記載の見込みもありましたが、そんなにうまく行くわけがありません。
詳細に書くと色々な方面への、不平不満になりそうなので、途中おもっきり割愛しますが、
2回のリジェクトの後に、3回目の2024年6月10日にようやく新種記載されました(歓喜)。

ファイル 1885-3.jpg
コセイカワニナではなくアザイカワニナとしたのは私の提案です。
湖西地域以外からも同種と思われる個体が見つかり、地域名を付す必要が無くなったからです。
それではニシムラカワニナかというと、これも何だかしっくりこないところもあり、
さわだ君と考えていたのですが、滋賀県で有名な武将の浅井長政公を思い出しました。
小谷城跡へ下調べにも行きました。「これでアレは決定」と匂わせています。
和名はアザイカワニナに決定。プレスリリースには「浅井氏の最大勢力」とありますが、
それは長政公の時代です。学名と和名どちらも人名という、割と珍しい新種になりました。

この日を迎えるには、多くの方にお世話になりました。改めてありがとうございました。
新種記載にご尽力された、さわだ君を始めとする著者、そして協力・関係者の皆様。
この種小名は駄目だと言えば、献名はそこで潰えたので、度量の大きさが窺えます。
発見へ至るまでに、採集へ同行して下さったmaikyさん、精査して下さったS先生、
お二人の代わりとして、献名という名誉を頂いたこと、忘れないように受恩刻石します。
今は石よりもネットの方が、深く刻まれるので、受恩刻網ですかね。ここに残します。

ファイル 1885-4.png
日本産カワニナ科図鑑は1月から更新を停めていますが、アザイが記載された後に、
変更する予定でした。ただ、タテヒダ近似種群(タテヒダ、オオウラ、ケショウ、シノビ、
サザナミの5種)の識別があまりにも難しく、というか出来る人なんていないと思うので、
それをどうエイヤー同定しようか、悩んでいるうちに、進まなくなっていました。
とりあえず変遷表だけ更新しました。 https://tansuigyo.net/a_biwae/00.html

ファイル 1881-1.jpg

茨城県の河川敷で撮影したヒタチマイマイです。
さわだ君が採集して撮らせてくれました(感謝)。Xにポストしたらセンシティブ画像かも。

ファイル 1876-1.jpg

愛知県の公園で撮影したオカチョウジです。
5月3日に撮影した、愛知県の公園シリーズが続いていますが、陸貝までいました。
どんな公園だという感じですね。別の生き物を撮影したつもりでしたが、
家へ帰って写真を見たら、端の方でたまたま写っていました。軽くネット検索すると、
オカチョウジガイかなと思って、さわだ君に教えを乞うと、オカチョウジだそうです(感謝)。
何々ガイって付すか付さないか迷いますよね。それに関しては過去に書いたので割愛。

ページ移動