記事一覧

ファイル 1530-1.jpg

2020年11月21-22日は琵琶湖と福井県で採集しました。
初めての場所で、岸沿いを600mほど泳いだら、アオミドロやゴミが流れてくる。
底に張り付いたアオミドロが、みんな同じ方を向いて揺れている。川は近くに無い。
風波は無い。フィンを強く動かさないと進まない。やや強い湖流が発生していました。
琵琶湖の中でも変わった場所で、前から潜りたかったのですが、諸事情で容易に行けず、
ようやく潜ることが出来ました。思ったよりも変わった場所でした。

タテヒダカワニナ、コセイカワニナ?、ヤマトカワニナ肋型、タテボシガイです。
もう少し長くやりたかったのですが、底はおびただしいカワニナ類が見られて、
どれを捕ったら良いのか迷うほどで、琵琶湖ならばどこでもいるタテボシガイを、
軽く狙っていたのですが、ぜんぜんおらずに、何度も深潜りして、体力が無くなりました。
小さめの1個体だけで諦めました。また潜りたいけど、気軽に行ける場所じゃなかったです。

ファイル 1530-2.jpg
4個体とも広義のタテヒダカワニナです。矢印は代表的な胎殻です。
左上は赤茶色で確りした顆粒。右上は斜めに入る太い縦肋。左下は間隔の空いた細い縦肋。
右下は分かり難いですがほとんど肋が無い。生育段階によるものもありますが色々いました。

ファイル 1530-3.jpg
福井県へはイシガイを捕りに行きました。私が濃尾平野などで捕ったていたものは、
タテボシガイとされ、イシガイの分布域だと、富山県でしか捕っておらず、写真も無い。
ということで、家から一番近い福井県で探すことに。事前に4氏に情報を乞いました。
ご協力に感謝申し上げます。S氏から有力な情報を頂きましたが、そこへ行く前に、
何とか見つけられました。その場所は1時間近く頑張って、貝殻すら全く見つけられず、
普通にいるカネヒラが、雄は婚姻色が薄っすら残り、雌は産卵管が出ていたので、
産卵床となる二枚貝は、絶対にいるばずだと信じて、粘って探し続けました。
そうしたら暗渠に、イシガイが密にいる場所を見つけて、ほくほく帰路となりました。