記事一覧

ファイル 949-1.jpg

三重県の水路で採集したヨコハマシジラガイです。
10年余り前に、岐阜県の小河川で何種類かイシガイ科が捕れ、その中にそれっぽい個体を、
捕った記憶があり、その場所で昨年も狙いましたが、イシガイ科は何も捕れませんでした。
前と環境はそれほど変わっていないですが、雑誌に貝がいることが載せられてしまい、
更に前よりも川へ入り易くなり、たぶん乱獲で消えたのだろうと推定しています。

先日、うなたろうさんに、ヨコハマシジラやオバエボシの捕れるところを、聞いてみました。
すると、何貝かはわからないが、何種類かの貝が捕れるところを知っていると。
蛤捕りを終えて、うなさんと別れた帰りに、maikyさんと行ってみることにしました。

教えられた場所に着きました。ビニール手袋は蛤捕りで濡れてしまっていたため、
素手で気温-1℃の中、胴長を履き、水路の中へ入りました。そして数回たも網を入れると、
ヨコハマシジラガイがざくざく、更にオバエボシまで混じる、夢のような場所でした。
要芽さんとは琵琶湖へ潜って、漕艇部に怒られてまで、真剣に探していたオバエボシが、
こんなにあっさり。2種類とも捕れるなんて。どんだけ苦労して探したことか(感慨無量)。

ファイル 949-2.jpg
一掬いで5個体くらい捕れるので、採集は狭い範囲をしただけで、すぐに終わりました。
maikyさんと捕れた理由を分析しました。まずmaikyさんと私の2人だけで採集へ行くと、
目的の物が捕れる確率が非常に高い。そこにどなたか加わると、確率が下がります。
そして、うなさんから聞いた、ぼやっとした情報は、たいてい当たりが多い。
更にハマグリが不漁で、他で挽回したいという、やる気力がまだ残っていた。
しかも、昨年にtさんだけが胴長で入った水路でした。私が二枚貝は捕れませんか?
と聞いたら、捕れないと答えが返って来ました。tさんが捕れないと答えた場所は、
捕れる確率が高い場所です(爆)。様々な好条件が重なって、採集するに至りました。

ちなみに、三重県RDBでは↓のようにあります。本冊も確認しています。
「既知の生息地は5地点以下で健全な個体群が維持されているのは1地点のみである」
この場所は地図にプロットされた場所ではありません。kondo先生のサイトで確認しても、
プロットされていませんでした。しかも健全な個体群。次記事のオバエボシも同じです。
うなさん、maikyさん、要芽さん、そして忘れてはいけないtさん、ありがとうございます!!


追記 2020年01月25日
Y氏にご教示して頂きました(感謝)。当産地はニセマツカサガイ三重県中部型(暫定名称)で、
三重県の他産地や愛知県・岐阜県などは、ヨコハマシジラガイだそうです。